はづきと読む女の子の名前アイデアまとめ!爽やかな名前を!

はづきという名前は、葉月という言葉が昔からあるからか、日本的で爽やかなイメージがありますね。また、葉月から8月を連想するので、元気いっぱいの夏のイメージもあります。ここでは、はづきの色々な名付けのアイデアをご紹介します。画数や、漢字が持つ雰囲気なども参考にして、ご家族みなさんで、素敵な名付けをして下さいね!

子どもに「はづき」と付けたい


はづきという響きが気に入ったら、次は漢字を考えますよね。葉月以外にも、色々な漢字があり、色々な組み合わせもあります。お子さんに付けたいと思う名前のイメージを膨らませながら、アイデアを参考にしてみて下さい。たくさんあり、迷ってしまうかもしれませんが、自分がどうしても使いたい漢字から、決めていくのも一案ですよ!



【女の子】のはづきと読む漢字アイデアと画数


八月(2,4)
響きが素敵で、夏に生まれた子にはぴったりの名前ですね。
初妃(7,6)
女の子にぴったりのかわいらしい名前ですね。
初月(7,4)
男女ともに使うことのできる名前ですね。
巴月(4,4)
男の子に似合うかっこいい名前ですね。
悠月(11,4)
月という漢字が含まれていて素敵な名前ですね。
映月(9,4)
漢字の組み合わせが良い名前ですね。
春月(9,4)
春という漢字が含まれているさわやかな名前ですね。
晴月(12,4)
澄んだ空という意味の晴という漢字がある良い名前ですね。
桜月(10,4)
女の子の名前に人気な桜という漢字が含まれている良い名前ですね。
沙月(7,4)
沙には良いものを選び出すという意味があるため、名前に最適ですね。
波月(8,4)
波という漢字の通りさわやかな名前ですね。
波津妃(8,9,6)
津という漢字はうるおすという意味があるので、きれいな名前ですね。
羽月(6,4)
羽に月というきれいな感じの組み合わせの名前ですね。
羽津稀(6,9,12)
全体の響きがきれいで素敵な名前ですね。
翔月(12,4)
翔という漢字ははばたくという意味があるので素敵な名前ですね!
芭月(7,4)
はなの名前である芭という漢字が含まれているかわいい名前ですね!
華月(10,4)
華やかな名前で、女の子にぴったりですね!
葉月輝(12,14,15)
輝という漢字が入っていてきれいな名前ですね!
覇月(19,4)
かっこいい漢字が入っていて男の子に良い名前ですね!
陽月(12,4)
明るくカラッとしたさわやかな名前ですね!

はづきという名前の印象は?意見をチェック

・昔は8月を「葉月」と言っていたことから、夏生まれにピッタリの名前だと思います。

・しっかり者で弱さを見せないような負けず嫌いな印象も受けます。

・若々しく伸び始めた葉っぱやふんわりとした羽のイメージなど汎用性のある名前です。どちらもフレッシュで希望に満ち溢れた素敵な響きがあります。

・夏生まれの子に名付けるイメージです。爽やかでかわいらしい名前だと感じます。女の子に多いですが、男の子でもいいと思います。

・陰暦の八月をさす言葉です。夏の盛りに生い茂り日陰を作る葉のように、人に安らぎを与え、生命力の強さを表すようなイメージの名前です。



はづきがつく名前の有名人とは

神津はづき(こうづ はづき)
1983年に「わが家はカタログ」でデビューした女優
現在は俳優の杉本哲太と結婚し、3人の子供を持つ母として暮らしている

鈴木葉月(すずき はづき )
日テレジェニック2001に選ばれてグラビアアイドルとしてデビュー
グラビアを控える様になった後は女優として映画やVシネマなどで出演した

水瀬葉月(みなせ はづき)
山口県出身のライトノベル作家
「逃がし屋 〜愚者達の結界〜」で電撃ゲーム小説大賞選考委員奨励賞を受賞し
「結界師のフーガ」や「Fate/kaleid liner プリズマ

イリヤ」の脚本家など、人気ライトノベル作家として活躍し続けている

中浜葉月(なかはま はづき )
現在朝日放送の東京支社編成部に所属している元アナウンサー
1993年に朝日放送にアナウンサーとして入社し数々のニュース番組に出演していた

最相葉月(さいしょう はづき )
科学や人間の関係、音楽など様々なテーマを扱うノンフィクションライター
著書「絶対音感」がベストセラーになり、「星新一 一〇〇一話をつくった人」では数々の賞を受賞するなどノンフィクションライターとして高評価を受けているライター

素敵な名付けの時間を!


はづきの素敵な名前は見つかったでしょうか?日本的で爽やかな名前ですので、それに見合った素晴らしい漢字を探したいですよね。名付けは産まれてくる子供のことを考えられる楽しい時間です。きっとあなたのご両親も、またそのご両親も、素敵な名付けの時間を過ごされたことでしょう。時代を超えて受け継がれていく名付けの時間、大切にしたいですね!