洗濯物の干し方にはコツがある!対処別干し方のポイントと便利グッズをご紹介

主婦、特に専業主婦ですと家の中の仕事で毎日大忙しですよね。料理や掃除、そして洗濯など。家の中の仕事は多岐にわたります。その中のひとつである洗濯はちょっとしたコツで洗濯物の仕上がりがグッとよくなるのをご存知でしょうか。今回は洗濯物の干し方のコツやポイント、そして便利グッズをご紹介します。

洗濯物の干し方にはコツがあるんです

洗濯物は洗濯機で回してただ干すだけ、ではありませんか?洗濯物は干し方によって色んな効果があることはご存知でしょうか。干し方を少し工夫することで早く乾いたり、シワを防げたり、ニオイを防いだり等々、仕上がりに違いがでます。洋服を着るのも洗濯をするのも毎日のことなので、可能ならば綺麗に仕上げたいですよね。

洗濯物はちょっとしたコツで綺麗に仕上げることができます。毎日の暮らしに取り入れたい洗濯のコツを早速みていきましょう!



寒い時期に早く乾く干し方

洗濯物が早く乾く条件とは『空気が乾燥しているほかに気温が高く、風があること』です。気温が高くカラリと爽やかな日は、洗濯物はとても早く乾燥してくれますよね。一方寒い冬は、空気が乾燥していますが、気温が低いのでどうしても乾燥しにくい季節なのです。そんな寒い時期に早く乾く干し方をご紹介します。

水分をバスタオルなどで吸収させる

洗濯機で脱水が終わっても、衣類の中に水分が残っている事があります。それを取り除くためにバスタオルなど大きめで吸水性の良い布でクルクルと巻き、水分を取り除きます。余分な水分を取り除くことで、乾きは早くなります。

洗濯物の下に新聞紙を敷く

新聞紙には吸湿効果があることをご存知でしょうか。タンスの引き出しに仕舞う衣類の下に敷く方も、この吸湿効果を期待している事と思います。洗濯物を干す時も、新聞紙を利用すると乾きが早くなります。室内干しに限りますが、試してみると違いを感じて頂けると思います。

干すのを2段階に分ける

夜に洗濯をする場合、一度室内で干し、日中は外に干す2段階干しも早く乾かすには効果的です。夜間の室内の乾燥を防止する意味でも効果的です。少し重めなセーターやニットなどで試してみたいですね。

アーチ干し

洋服を干す時に、横から見たときにアート状になるように干すと、洗濯物が早く乾きます。端から中央にかけて、パンツやタオルなど長い洗濯物から、靴下などの丈の短い洗濯物となるように干すのです。
アーチ干しは洗濯物の間に風の通り道を作るので、ランダムに干すよりも早く乾きます。

ハンガーとハンガーの間をあける

洗濯物同士が密着していると乾きづらくなります。ですので、ハンガーとハンガーの間を空けて干すことも早く乾かすためのコツです。室内干しは特に、干す場所の狭さから洗濯物同士が密着しやすくなりますので、少し離してあげましょう。

シワになりにくい干し方

洗濯物が乾いても、シワができていたりしませんか?洗濯をしたらどうしてもシワができてしまうものですが、そのシワが軽減できる干し方もあるのです。

広い所で広げてしわを伸ばしてから干す

洗濯が終わってから一度テーブルなど平らな所で衣類を広げ、シワを伸ばしてから干すとシワが軽減されます。干す直前にパンパンッと広げてから干す方も多いと思いますが、こちらもシワが軽減されますのでお試しください。
アイロンの様に手でサッとシワを伸ばしてから干すとより効果的です。

脱水を加減する

洗濯機の脱水にかける時間を短くするとシワができにくくなります。通常通りの脱水ですと衣類がクシャクシャになりがちな衣類に是非試してみてください。



ニオイを防ぐ干し方

洗濯物のニオイも、ちょっとしたコツで防ぐことができます。洗濯物のニオイは乾くのに時間がかかってしまった場合などに菌が増殖することが原因です。洗濯物のニオイを防ぐためには早く乾かす事が肝になります。

アーチ干しをマスターしよう

洗濯物が一番乾きやすい干し方がアーチ干しです。アーチ干しをマスターすることで洗濯物が早く乾くだけでなくニオイを防ぐことができます。小さく丈が短い衣類は真ん中に、端は長めの衣類がくるように干してみましょう。

太いハンガーを使う

細いハンガーを使用すると生地同士がくっついてしまうのでなかなか乾きにくくなりますし、長時間湿った状態になってしまうのでニオイの元になります。太めのハンガーを使う事で生地と生地を離すので洗濯物の早い乾燥を助けてくれます。

室内干しのポイントは?

浴室かエアコンの効いている部屋で干す

浴室と言うと湿度が高いので意外性を感じるかもしれませんが、実は洗濯物を干すには最適な場所です。湿度を逃がすための工夫が浴室にはされており、洗濯物を干す30分~1時間前くらいに換気を行い、浴室内の湿度をクリアにしてから干すと良いでしょう。最近は浴室に乾燥機能がついているお家も多いことでしょう。是非利用してみてください。

また、エアコンの効いている部屋は乾燥しやすい環境です。そんなエアコンが効いている部屋に干すのもお勧めです。乾きにくいセーターなども早く乾きます。部屋も洗濯物によって加湿されるので一石二鳥です。

扇風機を置く

部屋に洗濯物だけ置いておくと部屋がジトッと湿度が高くなり、洗濯物もなかなか乾きにくくなります。洗濯物を乾燥させるのに風は重要な存在です。洗濯物にあたるように、扇風機を稼働させておくと室内でも洗濯物を乾燥させることができます。

扇風機だけでなく、除湿機を置いても良いですし、前述した新聞紙を洗濯物の下に敷いても効果的です。

洗濯を干すときに活躍する便利グッズ

ドアハンガー

山崎実業 ドアハンガーライト ロング ブラウン 6355
※価格は2016年1月13日現在のものです。 ドアにひっかけて使うハンガーです。室内干しをすると、家族の洗濯物が大量で干す場所がなくて困ってしまう事ってありますよね。そんな時に使いたい便利グッズです。

エアコンハンガー

平安伸銅工業 エアコンハンガー ホワイト 幅109cm 耐荷重5kg ACH-1
※価格は2016年1月13日現在のものです。 エアコンにひっかけて使うハンガーです。エアコンの乾燥した風を利用して干す事で早い乾燥が期待できます。設置もサッと取り付けられるので便利です。

除湿機

コンパクト除湿機 「カラッと爽快」 TU-400
※価格は2016年1月13日現在のものです。 雨天や冬の寒い時期だけでなく、花粉が飛来する春にも洗濯物は室内干しすると思います。そんな時にとても役に立ちます。洗濯物の乾燥の時短だけでなく、室内のカビの予防にも大いに役に立ちます。

100円均一のタオルハンガー

saizome1968
バスタオルは他のタオルと比べて大判ですので、なかなか乾かしにくいですよね。そんなお悩みに応えてくれるのが100均のタオルハンガーです。普通のハンガーと比べて幅が非常に広く、大きなバスタオルでも余裕で干すことができます。家族の人数分欲しいところですね!

洗濯上手なママになろう♡

旦那さんだけでなく、子供がいるとどうしても洗濯物って増えてしまいますよね。幼稚園や保育園、小学校に通うお子さんを持っていると体操服等すぐに使いたい衣類がなかなか乾かなかったりしますと大変です。

冬場は梅雨ほどではありませんが、洗濯物が渇きにくい季節です。洗濯物が早く乾くコツを駆使して洗濯上手な素敵ママを目指してみましょう♪