突然の嘔吐・下痢!ウイルス性胃腸炎で注意すべきことは?

特に冬場に大流行するウイルス性胃腸炎。特に嘔吐したときの対処は大変!今回はよく聞くロタウイルス、ノロウイルスやその他のウイルス性胃腸炎、その症状は違うのか。どういったときにすぐに受診したほうがいいのか。周りへの感染予防はとうしたらいいのか、などについてお話したいと思います。

ウイルス性胃腸炎とはお腹の風邪のこと

ウイルス性胃腸炎、急性胃腸炎、感染性胃腸炎。色々言い方はありますが、要は「お腹の風邪」

冬に大流行する印象ですが、実はどの時期にもかかります。それぞれの季節で多少原因になるウイルスに差はありますが、どの時期にもウイルス性胃腸炎を起こすウイルスはいるものです。



ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスは様々

ウイルス性胃腸炎、というと風邪とは異なる印象を受ける人も多いですが、他の咳などの風邪と同じでいろいろなウイルスが原因となりえます。有名なのは「ロタウイルス」や「ノロウイルス」。
それ以外にもアデノウイルスやアストロウイルスなど実に様々です。

ロタウイルス、ノロウイルスもお腹の風邪

特に冬場によく耳にする「ロタウイルス・ノロウイルス」。区別して特別なものとして捉えている人も多いですが、実際のところは他の「ウイルス性胃腸炎」と区別が必要なものではありません。同じく「お腹の風邪」です。

症状が特別なわけでも、治療が特別なわけでもありません。ただ、ロタウイルスは乳幼児で流行しやすく、ノロウイルスは症状がひどくなることが多いために、元々体力などに余裕がない年齢層の人が感染すると、大変なことがあるのでとても有名になっています。

ロタやノロの迅速検査は必ずしも必要ない

前述の通り、ロタもノロも症状や治療に大きな差があるわけではありませんので、検査をして原因を突き止める必要は本来ありません。意味がないからです。

でも、現実には「保育園で原因の検査をしてもらうようにいわれた」など医師に相談する人もいます。これはあまり意味がないことです。
どんなウイルスが原因の胃腸炎でも他人に移す可能性はあるので、症状があるときには集団生活や出勤は避ける、気をつける、などの対応が必要であり、それはロタやノロに限ったことではありません。

ウイルス性胃腸炎の症状

嘔吐や下痢など症状は様々。時には便秘になることも

よく聞くのが「嘔吐がなくて下痢だけなのに、本当にウイルス性胃腸炎?」という疑問。ウイルス性胃腸炎は先のも書いたとおりお腹の風邪ですから、風邪と同じで症状の出方は色々です。

多いのは嘔吐や下痢。食欲が落ちるなど。
でも、大人になると風邪を引いても熱は出にくくなることからもわかるように、何回もかかっているうちに免疫ができて強くなり、症状が軽く、もしくは出にくくなってきます。
嘔吐や下痢のほかには発熱や腹痛。驚くことに便秘になることもあります。

胃腸炎でもウイルスが悪さをしてお腹の動きを必要以上に活発にしてしまって下痢になったり、逆に動きを鈍らせて便秘にしてしまうことがあります。ガスが溜まってしょうがない、ということもあります。
このように症状は実に色々であり、「この症状がないから胃腸炎、あるから胃腸炎」と言いきれるものではないのです。

間違いやすい食中毒との症状の見分け方は?

食中毒の症状の基本はやはり嘔吐や下痢。
嘔吐や下痢の仕方に特徴があるわけではありませんので、ウイルス性胃腸炎と区別をすることはなかなか難しいことです。

食中毒の場合には「同じものをたべた他の家族なども似たような時期から同じ症状が出ている」ということが一つの証拠になります。ただどこかで風邪に感染した場合にもたまたまほぼ同時に症状が出始めることもありますので、100%の区別はやはり難しいことが多いものです。

便が白い=ロタウイルスではない

ロタウイルスの一つの特徴として便が白っぽくなる、ヨーグルトみたいな酸味臭がするというものがありますが、実はこれはロタだけではありません。

一般的にウイルス性の胃腸炎では便は白っぽくなることはよくありますし、匂いと言うものは主観も入るのでそれだけでは判断はできません。ただ、乳幼児でそういった便が出た場合には、ロタウイルスが原因の可能性は高い、とは言えるでしょう。



気をつけたい「血便」の症状

ウイルス性胃腸炎では血便はそれほど多くない

全くないわけではありません。でも、細菌性腸炎、に比べると血便が出ることは少ないです。血便がある場合には細菌性腸炎や別の病気を疑う必要も出てきます。

これは血便?切れ痔?見分け方のポイントは「範囲」

まずはどんな時が血便か、を知る必要があります。血便というのは基本的に「便全体が真赤」なとき。

たとえば硬い便の先にちょっとだけ真赤な血が着いている、とか、下痢の一部に鼻水のような粘液が混じりの血液がついている、ということも日常的にあることですが、これらは血便ではありません。
便が硬ければ出るときに切れ痔になって出血することもありますし、下痢がひどいど腸の壁も出血しやすい状況になっていて、そのためにちょっと血がつくこと、というのはあることです。

ですので、血便といえば全体に真赤、というのは覚えておくと良いでしょう。

血便が出たら要注意!細菌性腸炎、腸重積などが潜んでいる可能性も!

真赤な血便が出た場合、これは注意が必要です。
切れ痔がひどかったり、下痢がひどくて腸の壁が傷ついて沢山出血しただけ、ならいいですが、細菌性腸炎や腸重積のこともあります。
細菌性腸炎でよくあるのが大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクターなど。食中毒で問題になることが多い菌たちです。特に病原性大腸菌O157、などの集団感染のニュースを耳にしたことがある人もいるでしょう

非常に怖い病気は「腸重積」といって、腸が一部重なってしまうもの。これは早めに診断をして治療することがとても大事な病気です。いずれにしろ、真赤な血便が出たら早めに医療機関を受診する必要があります。

ウイルス性胃腸炎治療になってしまったら

ウイルス性胃腸炎治療の基本は脱水管理

ウイルス性胃腸炎、の原因になるウイルスに対する治療薬、というのは現時点ではありません。ですので、胃腸炎を治す薬というものは実はないのです。
よく処方されるのは整腸剤ですが、これはあくまで腸の環境を整える手助けをするものであり、残念ながら気持ち悪いのを我慢して頑張って飲んでも早くに治してくれるわけではありません。

胃腸炎で一番問題になるのは水分の喪失。嘔吐や下痢で体の水分がいつも以上に奪われてしまいます。
ですので、ウイルス性胃腸炎の治療の基本は早く治すことではなく「脱水の管理」ということになります。

嘔吐している時。まずは飲食に気をつけて!

嘔吐している時や吐き気がある時の治療はまずは「絶食」。食事は吐き気が完全に治まるまで待ちましょう。

水分はずっと必要です。一気に沢山飲ませると胃の動きが鈍っているためにまた吐いてしまうことが多いので少しずつ。スプーンで一口ずつ、や氷をなめさせる、などから始めましょう。また、吐いてからすぐに飲ませるのみいけません。一度吐いたら30分程度は置き、落ち着いてから飲ませるようにしましょう。
水分は一気に沢山摂っても体は吸収してくれません。少しずつこまめに、が大事です。

おっぱいもミルクも水分。イオン飲料はただのジュース。

水分の管理が大事、というところまではわかったけれども、では一体どんな水分をあげればいいのでしょうか。おっぱい・ミルクというと赤ちゃんにとっては食事と言う印象ですが、もちろん水分でもあります。ですので、おっぱいやミルクが飲めているのならまず心配ありません。

おっぱいやミルク以外の水分として、赤ちゃん用のスポーツ飲料などを使うこともありますが、実はこれはあまり「失われたものの補給」という意味では意味がありません。嘔吐や下痢で失われた塩分の補給には足りないし、糖分を摂っている部分のほうが大きくなります。

胃腸炎などで飲み食いがうまく出来ないとき、失われた水分や塩類の補給にお勧めなのが経口補液と言われるこれです。

経口補水液 オーエスワン(OS-1) ゼリー 200g×6袋
いわゆる、飲む点滴、です。
ゼリータイプのもののほかにペットボトルタイプのものもありますが、ゼリータイプのものでも9割以上が水出てきています。通常のときに飲むと塩辛い印象ですが、嘔吐や下痢で塩分が失われているときに飲むと非常に飲みやすく、効果的なものです。

食べれていないときの水分は水やお茶だけではダメ

胃腸炎のときに無理して食べる必要はなく、水分だけで十分です。
でも、食べれていないときに水やお茶だけでは血糖がさがってフラフラになって余計に気持ち悪くなりますし、何日も続けば危険です。

水分しか摂れない場合には、水やお茶合間にジュースやうどんの汁、味噌汁の汁などをあげるといいでしょう。経口補液が手に入らなくても、家にあるものでも塩類や糖分の補給はできるものです。最悪、麦茶にちょっとだけ砂糖と塩を入れてあげる、というのでも大丈夫。色々と手段はあるものです。

下痢だけの時は食事制限はそれほど必要ありません

実はいわゆる「下痢食」と言われる、下痢をしているときに食事制限をするのは諸外国では必ずしも一般的ではありません。そうしても、特別下痢が治まるというわけではないからです。

もちろん、ジュースを大量に飲んだり、油っぽいものを沢山食べれば普通のときでも便が柔らかくなることはありますから、下痢をしているときはそういったものは避けるということは必要でしょう。でも、あえて絶食したり、無理におかゆのみにする必要はありません。

特に離乳食であればそれほどごってりしたものを食べていることは少ないですから普通で良いでしょう。
何かを食べてどんどん悪化してしまう、と言うときにはその時々で対応するので十分です。

ロタウイルス。治療はないけれど、ワクチンはあり

低月齢の赤ちゃんで特に問題になるロタウイルスによる胃腸炎。残念ながらかかってしまうと治るのを待つだけですが、かかるのを防ぐワクチンはあります。

今はロタリックスとロタテックの2種類。どちらも腸重積の副作用が起こるリスクから、一回目の接種は生後14週6日未満に始めること、がいいとされています。
冬に生まれた赤ちゃんで、特に兄弟が幼児という家庭ではロタウイルスに感染する可能性が高くなるので予防接種を考えてみてもいいでしょう。

何回も吐いて水分がちっとも飲めない、というときは救急へ!

救急や時間外しか開いていない時間で突然発症!と言うときほど困ることはありません。
でも、きちんとポイントを知っておけば落ち着いて対処できます。

救急受診受診が必要なときは
・嘔吐が何回も続いて水分を一切飲めない状況がつづいている
・真赤な血便が出た!
・小さい月齢の赤ちゃんの場合、下痢が十数回以上で非常に消耗しきっている、ぐったりしている

などの場合です。いつもよりも飲みや食事が減るのは仕方ありません。水分の目安として、普段の6割程度飲めていれば急いでどうこうということはありません。食事は数日たべなくても問題ありませんので、焦る必要はないでしょう。

受診して点滴を受けても補給されるのは最低限の塩類や糖分と水。食事の変わりになるような濃いものではない、ということも知っておくといいでしょう。

感染予防の基本はやはり手洗い

これはどんな風邪でも同じです。手洗いが一番の基本。外から帰ったら手洗い。公共の場に行って遊んだら手洗い。それで完全に防げるわけではもちろんありませんが、リスクを減らすことはできます。

アルコール除菌はウイルスにはあまり効果がありませんが、薄めることができる、という意味で多少は効果が期待できるので、やはり特に冬場は携帯のアルコール除菌を持っておくと便利でしょう。

手ピカジェル 60ml [指定医薬部外品]

ウイルス性胃腸炎の処理には塩素系が有効

カビを退治する塩素系の洗剤がウイルスをやっつけるのに有効であることは知られています。
ですので、嘔吐をして汚れてしまった床などを薄めた塩素系で拭くことは有効な手段といえます。

嘔吐で汚れた洋服も薄めた塩素系の洗剤につけておく、というのも有効ではありますが、下洗いをして普通に洗濯し、天日に干す、というだけでも十二分にウイルスは薄まります。ですからあまり塩素系での消毒に躍起にならないほうがいいでしょう。
塩素はにおいもありますし、皮膚を荒れさせたり、床にダメージを与えたり、服をだめにしてしまうこともありますのでやりすぎは注意です。

家族内感染を防ぐのはとても難しい

ウイルス性胃腸炎の原因のウイルスによって違いますが、どんなウイルスも簡単には消えてくれません。
手洗いをしっかりしても、ウイルスなどは案外完全には落ちないもので、風邪を引いている子供やその御世話をしている大人の手などについたウイルスが家中いろいろなところについてしまいます。
上に述べた塩素系の消毒は有効ですが、すべてを消毒しきることはできません。

触ったもの、汚れたものをすべて消毒しきることはできませんし、今回防げてもどこかで風邪は引くもの、ウイルス性胃腸炎は必ずかかります。出来る範囲の予防、消毒をして、あとはドンと構えることも大事です。

基本対策は水分補給。あとは落ち着いて様子をみて

いろいろお話しましたが、ウイルス性胃腸炎で大事なのはとにかく水分。水分さえ摂れていればそれほど大きな問題なく治っていくことが多い風邪。

嘔吐していると本人も、看病している大人も辛いので焦ってしまいますが、どんなときが急ぎなのか、をきちんと知っておけば大丈夫な風邪。備えあれば憂いなし、突然の嘔吐に備えて自宅に経口補液や氷を常備しておくと便利かもしれませんね。