着床痛ってどんな痛みでいつ起こるの?生理痛との違いは?

着床痛は文字通り、受精卵の着床と同時に起こると言われている痛みのこと。妊娠検査薬でまだ陽性反応のでない、妊娠超初期に起きる兆候のひとつとして知られています。実は、この着床痛に医学的な根拠はないと言われているのをご存知でしょうか。着床痛について詳しく見ていきましょう。

着床痛って何?

着床と同時に起こるといわれている下腹部の痛み

卵子と精子が出会い、受精卵となると、その受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管をゆっくりと下りていきます。受精卵が子宮にたどり着くまではおよそ約6日間。その間に、子宮も内膜を柔らかく・厚くし、受精卵を迎え入れる準備をしています。

受精から約6日間後、ゆっくりと移動していた受精卵がついに子宮に到達し、子宮内膜に取り付き、母体と結びつきます。これが着床です。
そして、着床痛とは、文字通り受精卵が子宮に着床した際に起きるといわれている下腹部の痛みのことをそう呼んでいます。

医学的には未解明な着床痛

ただし着床痛に関しては、医学的に確かなことは分かっておらず、多くの妊娠経験者や先輩ママが後々に振り返って着床のタイミングに痛みを感じたといっていることから生まれた言葉なのです。
そのため、「着床によって痛みを感じることはない」と主張する専門家の声もあります。受精卵が着床する際に痛みが生じるほどの影響が母体へと現れることはないという見解もあるのです。実際には排卵時に感じる排卵痛や妊娠初期の子宮の変化に伴う痛みを着床痛と勘違いしている可能性も指摘されています。
医学的には解明されていないという点は覚えておいてくださいね。 そのときの痛みは人によって様々です。

*チクチクした痛み
*キューっと締め付けられるような痛み
*足の付け根あたりが突っ張るような痛み
*ツーンとした痛み
*激痛が走った

こうした痛みの他に、お腹の張りを訴える方もいるようです。また、痛む場所も、お腹全体という方もいれば、足の付け根のあたりが痛いという方も。個人差も大きいようです。



生理痛、排卵痛との違い

「これって着床痛かも!」と思う一方で、「そろそろ生理だし、これは生理痛かも…」と区別がつきにくいこともあるかもしれません。それもそのはず、実際に妊娠を経験した方でも「生理痛だと思っていた痛みが、振り返ってみると着床痛だったかも!」という声もあるようです。

着床痛は生理痛だけでなく、排卵痛とも似ていると言われることがあります。排卵痛もまた、女性が感じやすい下腹部の痛みのひとつです。着床痛・生理痛・排卵痛はどのようなところが違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

生理痛と着床痛は時期も痛みも似ている

まずは、生理痛についておさらいしましょう。
生理痛(月経痛)は、月経時に子宮内膜が剥がれ落ちる痛み・子宮内膜を排出するために子宮が収縮することによって起きる子宮の痛みです。実はこの生理痛、生理期間にだけ生じる痛みというわけではありません。いわゆるPMSのひとつとして、生理前から徐々に下腹部に痛みを感じる方もいるのです。
”PMS”とは月経前症候群のことで、人によって生理の1週間前あたりから頭痛やイライラ、下腹部の張りといった症状がでることで知られています。そのPMSのひとつとして、生理の1週間前あたりから下腹部に痛みを感じる方もいると言われています。そのため、生理開始直前から生理期間の前半に下腹部に強い生理痛を感じると言う方が多いかもしれませんね。 これに対し、着床痛が現れる着床の時期は排卵日から10日前後が目安です。生理予定日を基準にしていうと、生理予定日の1週間前から数日前となります。つまり、先述した生理痛が起こりうる期間と重なるのです。そのため、中には「また生理が来る?」と妊娠を心待ちにしている方を悩ませることも多いもの。生理痛と着床痛の判断に迷う方も多いようです。
着床痛は、「チクチクとした下腹部の痛み」と表現されることが多いですが、痛みの感じ方はひとそれぞれです。「針で刺されたような激痛」と表現される方もいれば、中には「生理痛と似たような痛みを感じた」という方もいます。タイミングが似ているだけに、腹痛の内容だけで着床痛か生理痛かを見極めるのは難しいようです。

着床痛と排卵痛は痛みが似ている

女性の体で排卵が起きるのは、生理予定日から14日前のこと。その排卵日が近くなると、下腹部のあたりにチクチクとした痛みを感じることがあります。それが排卵痛です。排卵期と呼ばれる、排卵日前後3日の間に起こると言われています。

そもそも、女性の体では生理が終わった頃から、卵胞と呼ばれる袋を成長させ、その中で卵子を成熟させています。その卵胞が破れて卵子が飛び出すのが排卵です。この一連の流れの中で、卵胞が発育するときに生じる痛み・卵胞が排卵により破れること起きる痛みが”排卵痛”と言われています。
排卵痛は、下腹部全体にチクチクとした痛みを感じるという方もいれば、左右どちらか一方にチクチクとした痛みを感じるという方もいます。また、排卵期に起きる他の症状としては、胸の張り・頭痛・めまい・吐き気・気分の落ち込みなどもあります。もちろん、個人差がありますので、何の症状も感じないという方でも排卵していないというわけではありません。

この排卵日に排出された卵子が、おおよそ24時間以内に精子と出会うことで、受精卵が誕生します。それから受精卵は細胞分裂を繰り返し、無事に子宮に着床すると妊娠が成立するわけです。その間、排卵日から着床までには7日~10日程度の時間がかかります。そのため、着床痛と排卵痛は時期で考えると区別しやすくなります。
その一方で着床痛も排卵痛も「チクチクとした痛み」と表現されることが多く、痛みそのものは似ているところがあります。痛みを比較するよりも、時期を考えると排卵痛と着床痛は区別しやすいかもしれませんね。

時期や期間は?

着床痛の時期は排卵日から1週間~10日前後、高温期で言うと7日目以降

受精卵が子宮に着床するのは、排卵日から計算して7~10日後。つまり着床痛が起きるのもこの時期ということになります。
排卵日は基礎体温を付けている方であれば、体温の様子から割り出すこともできます。一般に、体温がガクッと下がる”最低体温日”から数日のうちに排卵されると言われています。この排卵期を過ぎると、今度は「高温期」が続きます。そして、高温期に入ってから7日目以降に着床痛を感じる方が多いようです。 一方、基礎体温を付けていてもセオリー通りに体温が推移するというわけではありません。そのため、排卵期に明確に体温が下がらないという方や高温期が不安定という方も多いのではないでしょうか。排卵日がよくわからないという方は、次の生理予定日を基準として考えることも可能です。次の生理予定日の14日前が排卵日となります。
着床時期を生理予定日を基準として考えると、次の生理予定日の1週間前から数日前が着床時期の目安になります。つまり、生理予定日の1週間前から数日前に起こる下腹部のチクチクした痛みは着床痛の可能性もあるというわけです。

着床痛の期間は人それぞれ

着床痛の時期は、排卵日から1週間前後が目安となります。一方で、着床痛はどの程度継続する痛みなのでしょうか。実は着床痛は1日だけという方もいるのです。夜寝ている時に、下腹部にチクチクとした痛みを感じたものの、翌朝は何ともなかったという方も。また、生理が始まる前のような感じで、下腹部に全体的な痛みを感じたものの、実際には生理が来ないまま、痛みもそのまま消えていったという方もいるとか。

このように痛みがすぐに消えたという方もいれば、着床出血が続く期間ずっと、着床痛のような痛みを感じたという方もいます。着床出血とは、着床時に起きる出血のこと。受精卵が子宮内膜に降り立つことを着床といいますが、実際は表面に”くっつく”のではなく、子宮内膜に深く”潜り込む”ため、子宮内膜に傷がつき出血することがあると言われています。これが着床出血で、妊娠超初期の症状のひとつとして知られています。なお、着床出血は医学的には「月経様出血」と呼ばれています。この着床出血は3~7日程度続くことがあり、この間ずっとチクチクとした着床痛が下腹部に続くという方もいるのです。 また、先述したように、妊娠の超初期症状として腹痛が起こることもあるため、着床痛としての痛みが過ぎた後も妊娠による体の変化から下腹部に痛みを感じることがあるかもしれません。まだまだ目に見える変化はありませんが、母体の中ではすでに子宮で変化が起きていることから、子宮が大きくなる痛みもあると言われています。このように、腹痛の理由がほかにもあることもまた、着床痛の期間を明確にしにくい理由でもあります。 生理以外での出血は、女性なら誰でも不安を感じてしまいますよね。特に妊活中の方にとって、生理予定日付近の出血は「また生理か…」とがっくりしてしまうものです。でもちょっと待って、その出血、着床出血かもしれません。着床出血とは何か、生理との違いは何かをまとめました。



腹痛や腰痛との関係は?

妊娠超初期はお腹のふくらみもまだないため、妊娠しているとはたから見ただけでは区別がつきにくいものです。しかし、受精卵が着床すると同時に、赤ちゃんを体の中で育てるために、そして赤ちゃんを無事に出産するために、日に日に変化を始めます。下腹部におけるチクチクとした痛みが特徴的な着床痛ですが、そのほかにも受精卵が着床する時期である”妊娠超初期”には腹痛や腰痛などの痛みが生じることがあるのです。着床後に見られる腹痛や腰痛についてもご紹介しましょう。

着床痛はチクチク・ツーン・シクシクなど様々な痛み

チクチクとした痛みという表現がされることが多い着床痛ですが、実際には感じ方は様々です。

*チクチクとした針で刺されるような痛み
*ツーンと足の付け根の上あたりがつるような痛み
*下腹部が突っ張るような感じ

また、痛みの程度に関しても、

*無意識にお腹に手を当てた
*イタタタタとお腹をさするほど
*横になっている時に痛みを感じ、体を丸くした

というように、人によって様々です。
もちろん、痛みの感じ方は個人差がありますが、明らかに痛みを感じるという方からなんとなくモヤモヤするという程度まで着床痛は人それぞれという言葉がぴったりなようです。。

着床痛以外にも腹痛が起こることがある妊娠超初期

着床後のいわゆる”妊娠超初期”と言われる時期に見られる腹痛は着床痛だけではありません。そのひとつに、ホルモンバランスの変化が関係しているケースがあります。

受精卵が着床すると、母体にはhCGホルモンが分泌されます。このhCGホルモンは妊娠を継続させるのに重要なはたらきをするホルモンで、黄体を刺激し、プロゲステロン・エストロゲンといった妊娠に必要なホルモンの分泌を調整するはたらきをもっています。市販の妊娠検査薬でも一定量のhCGホルモンが尿中に分泌されているかどうかで妊娠判定を行っているのです。
hCGホルモンは妊娠の継続に不可欠なホルモンでありますが、その一方で体質によってはホルモンの刺激が強すぎるということもあります。hCGホルモンによって卵巣が刺激され、卵巣に痛みを感じたり、卵巣のあたりに軽く突っ張ったような感じを覚えることがあると言われています。こうした痛みに加え、妊娠初期には卵巣が腫れたり、少し水が溜まったりする(腹水)ということは決して妊娠に異常があるというわけではありません。こうした卵巣の一時的な変化も、妊娠超初期の腹痛の原因となることがあります。

ただし、hCGホルモンによる卵巣の変化が極端に症状が進んでしまうと、「卵巣刺激症候群」と診断されることも。極端な体重増加・手のしびれ・頭痛・痛み止めが必要なほどの腹痛を感じた場合は、注意が必要です。妊娠が判定可能かどうかに関わらず、産婦人科を受診するようにしましょう。

山口レディスクリニック | 卵巣刺激症候群(OHSS)になりかけたら
*こちらのサイトを参考とさせていただきました

妊娠超初期には腰痛が見られることも

実は、着床痛としては「チクチクとした下腹部の痛み」という方が多いのですが、中には腰痛を感じるという方もいます。生理痛として腰痛がある方はお分かりいただけるかもしれませんが、子宮に起こる変化はお腹・腰の両方に痛みとして現れることがあるのです。そのため、排卵日から1週間~10日前後で起きる腰痛は、着床痛の可能性もあります。 実はこの腰痛は、妊娠超初期に見られる症状のひとつとして挙げられることも多いのです。生理痛における腰痛は、腰から背中にかけての鈍く思い痛み、子宮の裏側あたりの痛みと表現されることがありますが、妊娠超初期の腰痛は、腰が”じんわり”痛い、骨盤のあたりが痛いというのが特徴です。妊娠に伴い、骨盤の靭帯を緩めるはたらきを持つホルモンが分泌されるのが、妊娠超初期の腰痛の原因と言われています。
これからお腹が大きくなるにつれて、骨盤にはさらに重みがのしかかることになりますので、腰痛が妊娠中にひどくなるという方も多いもの。妊娠と腰痛は切り離せないと言われるほど、妊娠中には腰痛がつきもの。これから腰の痛みとは長い付き合いになるかもしれませんね。

気を付けたい腹痛とは?

妊娠初期症状として下腹部に痛みを感じることもありますが、中には流産の可能性もあります。特に出血を伴う場合は注意が必要です。妊娠初期は受精卵の遺伝子異常による流産も多く、自覚症状がないまま胎児の発達が止まってしまうことも珍しくありません。こうした妊娠初期の流産は現代の医学でも防ぎようがないのが現状です。

出血がない場合でも、痛みが流産の傾向を示すこともありますので、痛みが続くようであれば産婦人科に相談する必要があります。先述したように、着床時に子宮内膜が傷つき少量の出血を伴う「着床出血」という場合もあります。この着床出血であれば医学的に心配のいらないものですが、痛みを伴う場合・出血がひどい場合などはいずれにしても受診するようにしましょう。また、妊娠が疑われる場合は、お腹の痛みを感じたら安静を心がけることも大切です。

痛みを感じる場所について

子宮のあたりが痛む方が多い

受精卵が着床することによる痛みと言われている着床痛は、子宮のあたりが痛むという方が大半です。下腹部全体にチクチクとした痛みを感じるという方もいれば、おへその斜め下あたりが痛いという方など痛みを感じる方も。また、着床の時期に腰痛を感じる方もいて、中には腰痛のみだったという方も。このように、痛みを感じる場所には個人差が大きいのが実情のようです。そのため、痛みの場所で着床痛かどうかを特定するというのは少し難しいかもしれません。

妊娠初期の腹痛では、卵巣のあたりが痛むことも

着床痛と同じ時期に見られる妊娠超初期症状としての腹痛は、卵巣のあたりが痛むという方もいます。これは、妊娠した時に分泌されるホルモンの影響で起きる卵巣の腫れが関係しているかもしれません。妊娠判定にも用いられているhCGホルモンのはたらきで、卵巣が刺激され腫れたり、水が溜まったりすることがあるのです。そうした卵巣における変化が軽い痛みとなって現れることがあるのです。

卵巣は子宮の両脇、右と左にある臓器です。左右同時に痛むということもあれば、片側だけに痛みを感じる方も。子宮の脇と言っても、目に見えるわけではありませんので、表現の仕方も様々です。足の付け根の上の方が痛いという感じ方をする方もいるかもしれませんね。おへその斜め下あたりと感じるのも、卵巣の痛みかもしれません。こうした痛みは厳密には着床痛ではないという可能性もありますが、妊娠初期の体の変化にはかわりありません。

体外受精の際の着床痛

体外受精後、着床までの流れ

近年では体外受精も一般的な治療法のひとつとして広く知られるようなりました。
体外受精では、採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精した卵子(胚)が細胞分裂し、4~8細胞になるのを待ってから子宮に戻します。これを胚移植といいます。胚移植後は、受精卵が着床しやすくするためにホルモン薬を投与するのが一般的です。

一般には、胚移植後着床までは3~5日かかり、妊娠の判定はおよそ2週間後と言われています。なお、培養を続け、更に細胞分裂した「胚盤胞」と呼ばれる段階まで育ててから子宮に移植する方法の場合は、着床までの日数が短縮され、移植後着床までは1日程度とされています。どちらの方法を採用するかは、医療機関や体外受精を受けるカップルによっても異なります。

採卵から胚移植までのプロセスはどういった方法を選択するのかという意思によっても異なりますし、医療機関によっても異なります。また、胚移植後の判定も、着床の有無を確認する医療機関もあれば、のんびりと経過を見守るところまで様々です。「いち早く妊娠しているかどうか知りたい!」という方でも、ご自身で市販の妊娠検査薬を使用する場合は、投与したホルモンの種類によっては正しい結果が得られないことがあるので注意が必要です。妊娠検査薬の判定に使用されているhCGホルモンの投与を受けている場合は、注射の効果がなくなってから使用する必要があります。

体外受精(IVF)の過程・プロセス|不妊診療|大阪 医療法人オーク会
*こちらのサイトを参考とさせていただきました

体外受精は着床痛が起こりやすい?

体外受精を経て妊娠されたという方でも、着床痛を感じることはあると言われています。実は、体外受精は、着床痛をはじめとした妊娠兆候を感じやすいという声もあるのです。
着床痛は医学的にはまだ解明されていないものですので、自然妊娠・体外受精のどちらが着床痛が起こりやすい・着床痛の痛みが強い傾向にあるということは分かっていません。ただし、体外受精の場合は、着床日が計算しやすい(割り出しやすい)ことも着床痛に気づきやすい理由のひとつではないかとも言われています。妊婦さん自身が着床日周辺の体の変化に非常に敏感になっているために、些細な症状にも敏感に反応できているのかもしれません。

体外受精の場合は胚移植から3~5日後に着床することになりますので、着床痛も移植から数日後のその時期に現れることになるでしょう。体外受精においても、着床痛の症状は自然妊娠と変わりなく、下腹部がチクチク痛いというケースから、下腹部全体が痛いというように人によって症状が異なります。実際の症状には妊娠方法に関わらず、個人差が強いようです。

生理痛のような痛みは妊娠不成立の可能性も

体外受精後におきる下腹部の「生理痛のような痛み」は、必ずしも着床痛というわけではありません。妊娠超初期にはほかにも腹痛が見られることもありますし、中には体外受精が着床に至らず、生理が来るという可能性があります。しかし、着床痛ではチクチクとした痛みだけでなく、下腹部全体が痛いという方や生理痛のような痛みを感じたという方もいますので、個人差を考えるとやはり痛みの種類・程度で着床痛かどうかを判別するのは難しいものです。一方で、痛みの程度に関わらず、「着床痛だ!」と直感したという先輩妊婦さんの声もあります。
自然妊娠同様、体外受精の場合も一概に定義することが難しい着床痛ですが、着床出血や他の妊娠超初期症状なども見ながら、妊娠判定の日をゆっくり待つくらいの心構えがいいかもいしれません。

考えすぎないことも大切

受精卵の着床後はまだまだこれから体にたくさんの変化が訪れる時期。些細なことでも「妊娠の兆候では?!」と気になるものですが、気にしすぎるのもいいことではありません。着床から実際に妊娠検査薬で陽性反応がでるまでには2週間ほどあります。妊娠を心待ちにしている方ほど、いち早く妊娠判定をしたい!と思うかと思うかもしれませんが、一喜一憂していてはこころが疲れてしまうかもしれませんよ。まずは気長に待ちましょう。

また、妊娠超初期症状・妊娠初期症状としては、このほかにも様々な症状があります。赤ちゃんを心待ちにしている方ほど、自分に当てはまるものはないかとそわそわしがちですが、できるだけリラックスして過ごすことがママにも赤ちゃんにとっても大切です。 「これってもしかして妊娠?」妊活中の女性にとって、ちょっとした体調の変化は気になりますよね。「風邪っぽい」「吐き気がする」「眠気がひどい」など、いつもと違う体調の異変を感じたら、もしかすると赤ちゃんからのサインかも。気になる妊娠超初期と妊娠初期に起こる妊娠の兆候についてまとめました。 妊娠の兆候について症状別に分かりやすくまとめてあります。「妊娠したのでは?」という方にはこの記事必見です!