専業主婦のお家のパパにも!少し慣れたらお願いしたいお手伝い6選

ママが専業主婦のお家では、どうしても家事や育児はママがメインになってしまいますよね。でも赤ちゃんのためにも、パパにも育児に参加してもらうのはとても大切なこと。新米パパからステップアップして、さらにイクメンに近づいてもらうために、お願いしたいお手伝いをまとめてみました。

旦那さんがパパの自覚を持ち始めたら…

パパは赤ちゃんに慣れてきましたか?

パパは赤ちゃんとのふれあいに慣れてきていますか?
スムーズにだっこしてくれるようになっていますか?
そういったことができるようになったら、新米パパからイクメンに向けてステップアップしてみましょう。

▽全然育児に協力してくれないという方や、何から頼んでいいか分からない新米パパさんは、まずはこちらの記事をチェックしてみてくださいね。
赤ちゃんが産まれたばかりのママの声として多いのが「パパが育児に協力してくれない!」という悩み。でもひょっとしたら、パパはまだ手伝い方が分からないだけなのかも…?そこで今回は、なかなか育児に参加しようとしない新米パパをイクメンにするための第一歩として、簡単に頼めるお手伝いをご紹介します。

仕事で忙しいパパ…でも育児は一緒にやりたい!

ママが専業主婦でお家にいると、「家事や育児はママがやるもの!」という雰囲気になりがちですよね。
もちろんパパが仕事でたいへんなのは分かるけど、1日中赤ちゃんと一緒にいるママだって、大変なのは同じです。
パパが帰ってきて少しでも育児に協力してくれたら助かりますよね。

パパがだっこや簡単なお手伝いにも慣れてきて、一緒に赤ちゃんのことを見てくれるようになれば、少しずつママの大変さにも気づいてくるはず。
ママが息抜きする時間を作るためにも、もう少しお願いするお手伝いを増やしてみませんか。



旦那さんをもっとイクメンにするための3つの魔法のことば

お手伝いを頼むときにぜひ使うようにしたい言葉を3つご紹介します。
「赤ちゃんもママも、パパが大好きなんだよ!」という気持ちをたくさん伝えてあげると、パパのやる気も出てくるのではないでしょうか。

(1)「ママよりもパパのほうが…」で自信を持たせて

パパが面倒を見ようとしてくれたのに、赤ちゃんが大泣きしてしまったりすることもありますよね。
せっかくやる気がでてきたのに、「自分じゃ駄目なんだ…」とがっかりさせないためにも、自信を持たせる言葉をかけてあげるのがおすすめです。
「私がだっこするよりもパパのほうが嬉しいみたい」「私よりもパパのほうがミルクあげるの上手なんじゃない?」など言ってあげると、パパも自分のほうが得意なのかも!と前向きな気持ちになれますよね。

(2)「ちがうよ!」ではなく「こっちのほうがもっといいよ」にしよう

パパのお手伝いを見ていると、自分とはやりかたが違ったり、教えたはずなのに全然違うことをしたり…。
赤ちゃんのことが心配になって「そのやり方ちがうよ!」と言いたくなることもありますよね。
でも、そう言ったら「だったら自分でやって」と言われてしまったというママの声も…。
できれば優しく「こうやってやったほうがもっといいよ」と言ってあげるようにしてくださいね。

(3)お願いするときは具体的に!「…してくれたら、助かるんだけど」

男性に話すときは、結論から話したほうが伝わりやすいといいます。
これは話す過程を楽しむ女性の脳と違って、男性の脳は早く本質や結論を知りたがるようになっているから。

「今日は用事ができて出かけないといけなかったから、家の片付けが終わってなくて…」と原因を長々と話しはじめるより、
「ちょっと洗いものを手伝ってもらえる?」とやってほしいことを短く具体的にお願いしたほうが、会話がスムーズに進みます。
細かい理由を話さなくても、ママが赤ちゃんのお世話で大変で、なかなかスケジュール通りにいかないのはパパだって分かってくれていると思いますよ。

イクメンに向けてステップアップ!慣れてきたらお願いしたいお手伝い6選

ここではちょっとステップアップしたお手伝いをご紹介します。
専業主婦で家事や育児は自分がメイン!というママも、1人でがんばりすぎると疲れてしまいますよね。
少しずつパパにお願いできることを増やしてみてはどうでしょうか。

1.泣き止むまでだっこしてもらおう

パパが赤ちゃんを泣き止ませることができるようになれば、ママが困ったときの強い味方になりますよね。
ママでなかなか泣き止まないときも、パパがだっこすると落ち着く、という声もよく聞きます。
パパがだっこに慣れてきたら、ぜひお願いしたいお手伝いです。
なかなか泣き止まないときは、だっこの仕方や揺らし方などをアドバイスしてあげてくださいね。

2.オムツを替えてもらおう

オムツを替えるときにパパが見守ってくれるようになったら、今度はパパにもオムツ替えを手伝ってもらいましょう。
オムツ替えには抵抗のあるパパも多いので、おしっこのオムツのときから練習するのがおすすめです。
オムツを外すと気持ちいいのかにっこりしてくれる赤ちゃんも多いですよね。
赤ちゃんの足を持ってバタバタさせたりと、あわせてスキンシップの時間をとるようにしてもらうと、パパもオムツ替えが楽しみになってくるかもしれません。

3.ミルクを作ってもらおう

ミルクをあげるのに慣れてきたら、ミルクの作り方も覚えてもらいましょう。
普段料理をしないパパには少し難しいかもしれないので、準備やはかりかたなど、なるべく丁寧に教えてあげるといいと思います。
ミルクを作って、あげてもらうところまでできるようになれば、ママが寝不足のときなどはとっても助かりますよね。
つらいときはパパにお願いして、身体を休めてくださいね。

4.少しの間1人で赤ちゃんを見ててもらおう

パパが赤ちゃんに慣れてきたら、赤ちゃんを少しの間まかせるのもおすすめです。
赤ちゃんが授乳やミルクでお腹いっぱいになっているときや、機嫌がいいときなどを見計らって、少しの間パパにお願いしてみましょう。
その間ママは近くのコンビニに行ってみたり、近所を少し散歩してみたりしてはどうでしょうか。
少しの時間でも1人で好きなように動けることで、ママの気分もリフレッシュするかもしれませんよ。

5.お風呂に入れてもらおう

パパがお風呂のお手伝いに慣れてきたら、今度はパパにお風呂にいれてもらいましょう。
手が大きい男の人のほうが、お風呂には入れるのが上手いという声もありますよ。

最初からひざの上などでも洗うのは少し難しいので、ベビーバスの中やベビーマットの上で洗うことから慣れていくと安心です。
赤ちゃんをお風呂にいれてもらえるようになると、ママも1人でゆっくりお風呂に入ることができるようになりますよね。

6.自分のことは自分でやってもらおう

ママが専業主婦のお家でよく聞くのが、「旦那は脱いだら脱ぎっぱなしで…」「食器も片付けなくて…」という声。
赤ちゃんのお世話で手一杯になってしまうことも多いママには、今までのように何から何まで見てあげる余裕はありませんよね。
今まで家事に協力的でなかったパパにも、自分のことは自分でやってもらえるように頼んでみましょう。



慣れた頃こそ感謝を忘れずに!パパを褒めるのが大切です

いかがでしたか?
パパがこういったお手伝いを自然にやってくれるようになれば、ママも少し、育児が楽になるのではないでしょうか?

慣れてきたからといって、やってもらって当たり前の顔をするのはオススメしません。
もちろんママも大変ですが、それをそのまま言ってしまうと、パパだって「仕事で大変なのに、家のことも?」なんてイラっとしてしまうかもしれません。
気持ちよく協力してもらうためにも、パパに「ありがとう」の気持ちをたくさん伝えてあげてくださいね。