どうして妊婦さんにアルコールはダメなの?苦にならない乗り切り方とは

「妊婦さんにアルコールはNG」という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。実際に妊娠を機に「やめたい」「減らしたい」と思っている方も多いはず。今回は「どうして妊婦さんにアルコールがダメなのか」から「苦にならない乗り切り方」まで、アルコールとの上手な付き合い方について考えていきましょう!

妊婦さんにアルコールがダメと言われる理由

妊婦さんにとってアルコールは害になるからダメ、とただ言うのは簡単です。しかしお酒好きな人がお酒を断つためにはある程度しっかりした動機が必要となってきます。ここではどうして妊婦さんにアルコールがダメなのか、その理由をしっかりと見ていきましょう。

妊婦さんの転倒リスクが上がるから

妊婦さんに限ったことではありませんが、アルコールにはリラックス効果があります。リラックス効果と言えば聞こえはいいですが、見方を変えると「緊張感がほぐれ不注意になる」とも言え変えることができます。

アルコールを摂取すると、いつもならすんなり避けられる障害物にぶつかったり、段差に気付けなかったりすることで、転倒リスクがあがります。妊娠していなければ笑い話で済みますが、ぶつかったり転倒したりした際にお腹をぶつけてしまったりすると、お腹の赤ちゃんの命に関わることもあります。
少しでもそのリスクを減らすために、妊婦さんはアルコールを摂取するべきではないと言われているのです。

胎盤を通して赤ちゃんにアルコールが移行するから

妊婦さんにアルコールを勧められない最大の理由がこれです。

妊婦さんがアルコールを摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんに移行してしまいます。通常、赤ちゃんにとってあまり良い影響を与えないものに関しては、胎盤がフィルターの役割を果たして移行量を減らしてくれるのですが、アルコールに関してはあまりこのフィルター機能が働かないとされています。
つまり妊婦さんがアルコールを摂取すると、赤ちゃんもアルコールを摂取しているのと同じことになってしまうんです。

妊娠初期は器官形成期で、まだ赤ちゃん自身でアルコールを分解する力は持っていませんし、器官が形成されても大人と比べてその働きは劣ります。結果的にアルコールが体内に長くとどまってしまい、その影響を受けやすいため、妊婦さんはアルコールの摂取を控えるべきと言われています。

日常的な飲酒は「胎児性アルコール症候群」のリスクが増大

妊婦さんのアルコール摂取で一番危惧されているのが「胎児性アルコール症候群」の発生です。
胎児性アルコール症候群とは、習慣的なアルコールの摂取によってお腹の赤ちゃんに顔面奇形や、学習障害・行動障害・発達障害などをもたらす先天性の疾患のことを言います。

この胎児性アルコール症候群は、妊娠中にアルコールを一切摂取しないことで発生を予防することができます。発生のリスクは1日6杯以上のアルコールの摂取で増大とも言われていますが、人によってアルコールの分解能力や速度が違うため、あくまで目安でしかありません。
胎児性アルコール症候群に関しては「1日○杯まで大丈夫」ではなく「妊娠したら一切飲まない」が最大の予防法なのです。

妊娠発覚前の飲酒に対してはそれほど心配する必要はなし

ここまで妊婦さんのアルコール摂取による影響を見てきた中で不安になるのが「妊娠発覚前に飲んでしまったアルコールは大丈夫なの?」ということだと思います。
アルコールは妊娠中の薬と同じく、知らないうちに数回飲んだ程度であればそれほど心配する必要はありません。
ただしその量はやはり常識的な範囲内でのことですので、妊娠を希望しているのならば、その時点から飲酒量を減らすなどの対策をしておくようにしましょう。



妊婦さんにとってアルコールは害ばかりじゃない?

ここまでアルコール摂取によるリスクを見てきましたが、習慣的にアルコールを嗜んでいた人が妊娠発覚を機にパタリとやめることが必ずしもいい影響だけを与えるとは限りません。ここでは妊婦さんのアルコール摂取によるリスク以外の面を見ていきましょう。

無理なアルコール制限は強いストレスがかかる

例えば1日に1リットルのアルコールを摂取する習慣があった人にとって、それをいきなりゼロにすることは相当なストレスがかかります。普段アルコールを摂取しない人は、コーヒーや紅茶、チョコレートやアイスクリームなど、自分が普段好んで飲食しているものに置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。

妊婦さんに強いストレスがかかると、お腹の赤ちゃんの成長を阻害する可能性があることがわかっています。妊娠発覚後は摂取量を抑えつつ、ストレスのかからないアルコールの摂取方法を考える必要があります。

ストレスの矛先が赤ちゃんに向いてしまうことも…

妊娠発覚後にアルコールを制限することによって一番危惧されるべき問題は、そのストレスの矛先がお腹の赤ちゃんに向いてしまうことです。
「お腹の子さえいなければ自由に飲めるのに…」「お腹の赤ちゃんのせいで私はこんなに我慢しなければならない」このような思いは一度湧きあがってきてしまうと、中々消えることはありません。

長い妊娠期間中ずっとこんな思いを持っていると出産してからも正常な母性を育むことができなくなってしまう可能性があります。妊婦さん本人はもちろん周囲の人も一緒にアルコールの摂取とストレスについて考えていくべきです。

適度なアルコール摂取は母子に良い影響を与えるという説も

健康な人の1日にグラス1杯程度の適度なアルコール摂取は、リラックス効果や血流の改善が認められ、健康に良いとされています。中には妊婦さんも同様で、胎児の健やかな成長に役立つという医療関係者も少なくありません。
ただし胎児性アルコール症候群は、少量のアルコール摂取でもお腹の赤ちゃんに影響が出る可能性が否定できません。

リラックス効果を求めるのならアルコールではなくアロマやハーブティーを使用してみたり、血流の改善を求めるのならフットマッサージや半身浴を試してみるなど、お腹の赤ちゃんへの影響を心配しなくても良いものを探してみてもいいのではないでしょうか。

妊婦さんが上手にアルコールと付き合っていくには

妊婦さんにとって無理なアルコール制限はよい影響ばかりではありませんが、それでも妊娠した以上今まで通りの飲酒はやめて、ある程度制限する必要はあると思います。ここではアルコール制限ができるだけ苦にならない乗り切り方をご紹介します。

つわりは最大のアルコール制限のチャンス!

つわりは妊婦さんにとって最大の敵であるかのように感じている人も多いでしょう。しかしこのつわりは飲食習慣のあるものを制限するのには最大のチャンスでもあるのです。
つわりを体験した妊婦さんの多くは、多かれ少なかれ吐き気や胸焼けといった胃部不快感を感じています。アルコールはこの胃部不快感を増大させるので、つわり期間中は「飲みたくても飲めない」という人が多いんです。

自分の意志でアルコール制限をすることは難しくても、つわりで気持ち悪いから飲まないでいるというのは案外平気なもの。毎日の飲酒習慣に悩んでいる人は、ぜひこの期間を利用してアルコール制限を成功させてくださいね!

目標を持ってアルコール制限に取り組むことで成功率UP!

つわりがない、つわりがあってもアルコールが飲める程度、つわりで一旦はアルコール制限に成功したものの終わってからリバウンドしてしまった…こんな場合は自分の意志で成功させなければなりません。
ただこの自分の意志でのアルコール制限も、ある程度のコツを押さえればそれほど苦にはならないものです。

この場合一番おすすめしたいのは「自分なりの目標を持って取り組む方法」です。
例えば1日1リットル飲んでいた人は1日350mlを1本までとしたり、1日1本飲んでいた人は1週間に4本までとしてもかまいません。とにかく『ちょっと我慢すれば達成できる目標』を設定し取り組みましょう。

赤ちゃんのことを考えればすぐにでもアルコールを断つのがベストではありますが、そこは少し赤ちゃんにもがまんしてもらい、ママも飲みたい気持ちを少し我慢します。赤ちゃんとママがお互い我慢して頑張っているという意識を持つことで達成感が生まれ、次の目標にステップアップしていけるはずです。

ママだけじゃなくパパも一緒に取り組みましょう!

「なんでママだけいろいろと我慢しなくちゃならないの?痛い思いするのも我慢しなくちゃならないのも全部ママじゃない!」ほとんどの妊婦さんが大なり小なりこのような不満を持った経験があるのではないでしょうか。

例えばアルコール制限しているママの前で堂々と好きなだけお酒を飲んでいたり、禁煙しているママの前で喫煙したり…。実際にこのような妊娠中のパパの行動が原因で夫婦間に溝ができてしまうことも少なくありません。

ママのお腹にいるのはパパの子どもです。実際パパがアルコール制限をしてもお腹の赤ちゃんに影響はないように思えるかもしれませんが、パパが一緒にアルコール制限を頑張ることにより、ママの精神状態が安定して赤ちゃんによい影響を与えることにつながります。
パパも他人事だと思わずに、ぜひ一緒に取り組んでみてくださいね!

ノンアルコール飲料も上手に利用

1日1本程度アルコールを嗜むくらいならば、意外とその習慣性だけに依存しているのであって、酔う酔わないはあまり重要じゃない場合もあります。そんな場合にはノンアルコール飲料が大活躍です。
今はノンアルコール飲料も開発が進み「なんでこれで酔わないの?」と不思議になるくらいビールと同じ風味が楽しめるものも出てきています。ただしノンアルコール飲料という名称は『アルコール度数1.0%未満』のものに使用することができるため、多くの商品で微量ながらアルコールが含まれています。

通常のアルコール飲料を飲むよりも格段にアルコール摂取量を抑えることはできますが、だからといって大量摂取することは控えましょう。



大切なのは妊婦さんがアルコールを減らそうとする努力

妊婦さんにとってアルコールはできるだけ控えるべきものです。しかしアルコール制限によるストレスも妊婦さんにはよくないものです。
一番ベストな形は、アルコール摂取によるリスクをしっかり理解した上で、自分ができる最大限のアルコール制限をすることではないかと思います。『赤ちゃんのためにアルコールの量を減らしたい』その気持ちが一番大切なのではないでしょうか。