ママの足が冷える意外な原因とは?おすすめの解消法も伝授!

「足が冷たくて眠れない」「年中つま先が冷えてる」頑固な冷え性ってつらいですよね。いろいろやっても効果が感じられないあなたは間違った対策をしているのかも!ひどい冷え性は体調不良や生理不順、不妊を引き起こしかねません。ここではママ世代の足が冷える原因3つとおすすめの対策法4つをご紹介します。

子育てママの足が冷える原因3つ

人間は一定の体温を保つ恒温動物です。それなのに足が冷えてしまうのはどうしてでしょうか。

体温の調節は脳の視床下部というところで行っていて、気温や体の状態に合わせて体の各部分に命令を出しています。
寒さを感じると体内部の熱を逃がさないようにするため皮膚の表面や手足は冷えやすくなります。そのためどんな人でも多少は冷えを感じるものですが、氷のように冷たくなったり年中冷えを感じるときは何らかの原因があるのです。

足が冷えるさまざまな原因の中から、子育て中のママに多い3つの原因をご紹介します。

1.育児や仕事などのストレス

仕事や子育てなどでイライラすることって多いですよね。日々積み重なるストレスも冷え性を引き起こす可能性があります。

強いストレスにさらされると自律神経がうまく働かなくなり外の気温変化に対応できなくなります。その結果心臓から遠い手足が特に冷えやすくなるのです。ストレスは自律神経だけでなく女性ホルモンにも影響を与えます。
ホルモンバランスが崩れることでも血の流れが悪くなるので手足の冷えを感じやすくなります。このように万病の元と言われるストレスは冷え症とも関係があるといわれています。

2.無理なダイエットによる筋肉不足

産後太りやすくなったからと言って無理なダイエットはしていませんか?極端な食事制限ダイエットをすると足が冷えやすい体になってしまいます。

食べないダイエットをすると熱を作る材料が足りなくなります。緊急事態を感じた体は、大事な内臓を暖めようとするため血管を縮めて熱を逃げないようにします。その結果手足の毛細血管までの血流がゆっくりになり頑固な足の冷えを感じるのです。

また、運動しないダイエットでは筋肉も使わないので熱を作り出すことができず冷え性を悪化させます。やせた結果冷え性になってしまっては元も子もありませんよね。

3.腰回りの筋肉のコリ

ママ世代の足が冷える原因として腰やおしりの筋肉が凝り固まっていることも考えられます。
子どもを抱っこしたり、子どもと手をつなぐときに無理な姿勢を取ることも多いですよね。下半身への負担が増えると腰まわりの筋肉が固くなります。その結果、下半身にある坐骨神経が圧迫されて血液が流れにくくなり足の冷えにつながるのです。



体の中と外から!足の冷えを解消する方法4つ

足の冷えは体のバランスが崩れているというサインです。そのため足だけを暖めても根本的な解決にはなりません。
体全体を暖めるようなアプローチをすることが冷え性改善への近道!足の冷えを解消する方法について効果的な方法を4つご紹介します。

1.夕方に軽い運動をする

「足の冷えは運動不足のせいかな?」と感じるなら、夕方から夜に体を動かすのが効果的です。
夕方に運動すると筋肉の動きと血流増加により体がポカポカしますよね。足の冷えも改善されますし、上がった体温が夜にかけて少しずつ下がるので眠りにつきやすい状態に。良い睡眠が取れると体の疲れやストレスが解消されるので自律神経も整ってきます。

このように夕方から夜にかけての運動はメリットがたくさん!午後5時から8時ぐらいまでに行いましょう。でも子どもがいるとウオーキングに出かけるのは難しいですよね。
ダンスエクササイズを子どもと一緒に楽しむ、時々は家族に預けてマイペースにウオーキングしてみるなど自分のできる範囲の運動を続けるよう心がけて。

2.足指マッサージで血流改善

つま先の冷えが気になるなら、血流促進の足指マッサージがおすすめです。簡単なのに効果は抜群、足の指がポカポカしてくるのを実感できます。椅子でも床でも座ってできるので、空き時間やお風呂の中で取り組んで毎日の習慣にしましょう。

1 右足を左太ももにのせ、右足首を右手でつかんで固定する
2 右足の指の間に左手の指を入れ、握手するようにつかむ
3 そのまま回したりもんだりして足指をほぐす
4 左足の指も同様にマッサージ

3.全身浴で冷え改善

足の冷えを改善したいならお風呂に全身つかったほうが効果的です。ダイエットでおなじみの半身浴は上半身が冷えてしまうため冷え性改善には向いていません。また長すぎる入浴時間も自律神経が乱れるので逆効果です。冷え性に効くお風呂のポイントをまとめました。

・40度ぐらいのお湯に肩まで入る
・入浴時間は15分以内
・入浴しながら軽くマッサージを行う

このほか入浴剤を使うとお風呂上りのポカポカ感が続くのでおすすめ。いろんな入浴剤をストックしておいて効能や色、香りなどその日の体調や気分で選べばストレス解消にもなります。「今日は水色のお風呂にしようか」と子どもと一緒に選んでも楽しいですよ。

4.朝に白湯を飲む

体を温める飲み物はいろいろありますが、白湯(さゆ)を飲むのも手軽な冷え性対策としておすすめです。白湯とは沸騰させたお湯を冷ましたもので、体を温める効果のほかに美肌やデトックスも期待できます。

作り方は水を数分間沸騰させ40度ぐらいまで冷ますだけです。これをコップ一杯分、ゆっくりと飲みます。朝起きたらお湯を沸かしてコップに入れ、朝食やお弁当作りの間に冷ましておけばOK。これなら忙しくても続けられそうですよね。

足の冷えを解消して元気な毎日を

いかがでしたか?足の冷えでお悩みなら今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。続けることで足が温まってくるはずです。
また、セルフケアで解消できない足の冷えは体の病気が原因かもしれません。
心臓疾患、甲状腺の異常、レイノー病、貧血、子宮など婦人科系の病気でも手足が冷えやすくなります。冷えのほかにも気になる症状があるなら病院で相談してみてくださいね。