おしるしって何?妊娠したら知っておきたいおしるしの時期や量、対処法

お腹大きくなり臨月に入るとそろそろ出産。そのサインのひとつが「おしるし」です。育児書ではおしるしから出産が始まるような記載も見られますが、いったいどんなものなのでしょうか。おしるしっていつ?どんなもの?どうすれば?といった妊婦さんの疑問を解説しましょう。

おしるしとは

出産兆候のひとつ

おしるしは、別名「産徴」とも呼ばれる、出産兆候・陣痛兆候のひとつです。
出産が近づくと、少しずつ赤ちゃんの出口である子宮口が柔らかくなり、開いてきます。あわせて、お腹が頻繁に張るようになったり、子宮も若干ですが収縮するように。その際、卵膜(赤ちゃんを包む袋)が子宮壁からはがれるために多少の出血が起こります。その血液がおりものと混ざり、ショーツにつくことがあるのです。これが”おしるし”です。
おしるしは、「これから出産にはいりますよ」というサインですので、臨月に入ってからや出産予定日近くという方が多いようです。

すべての妊婦さんが経験するものではない

おしるしは出産の兆候のひとつですが、必ずしもすべての妊婦さんがおしるしから出産へと移行するわけではありません。中には、おしるしを確認した当日に出産したという方もいれば、おしるしから1週間後という方まで様々です。
また、出産前におしるしを経験しなかったという方もいます。出血の量も人によって異なるため、少量過ぎて気づかなかったという例もあるようです。



おしるしの量や色って?

量・色ともに個人差が大きいもの

おしるしは少量の出血を伴った粘り気のあるものですが、見た目には「血の混ざったおりもの」といった印象を受ける方が多いようです。
ただし、出血量には個人差があります。茶色・褐色・薄いピンク色のおりもののようだったというように出血が少量という方が多い一方で、「真っ赤な血がショーツについていた」「生理のようだった」というように、出血量が多くびっくりしたという方も。
このように、おしるしは妊婦さんによって色・量ともに様々であるという点は抑えておきたいポイントです。

臨月に入ると、いつ陣痛がきてもいいような状態に入ります。つまり、おしるしもいつ来てもおかしくないということ。そのため、臨月に入ったら念のために生理用ナプキンやおりものシートを持ち歩いておくと安心です。

おしるしが出たらどうしたら?病院へ連絡?

すぐに陣痛が来るというわけではない

おしるしはもうすぐ出産というサインではありますが、必ずしもすぐに陣痛が来るというわけではありません。そのため、まずは、しばらく様子を見るような心積りでよいでしょう。病院への連絡は急を要するものではないというのが一般的な考え方のようです。慌てずに落ち着いて対応してくださいね。
なお、おしるしのあとに破水した時はもちろん、お腹の張りが強い、お腹に痛みを感じるという場合は病院へ連絡しましょう。いよいよ赤ちゃんとの対面かもしれません。

出血が多い・出血が続く場合は要注意

おしるしは多少の出血を伴うものですが、場合によっては赤ちゃんからの危険信号の可能性もあります。たとえば、出血量が明らかに多いと感じる場合や出血が何日も続くようであれば、おしるし以外の出血という可能性も否定できません。
おかしいと感じた場合や、不安に感じた場合はかかりつけ医に連絡をし、受診するようにしましょう。



おしるしが出た時の子宮口はどうなっている?

おしるしがあった段階では、子宮口が緩み始めていると捉えてよい

出産の日が近づくと、これまで固く閉じていた子宮口が次第に柔らかくなり、緩みはじめます。さらに陣痛の準備運動のように子宮が収縮することが出てくるので、頻繁に張りを感じたり、また前駆陣痛のように実際にお腹に痛みを感じることも。こうした子宮収縮によって、赤ちゃんを包む卵膜が子宮壁から剥がれかかることによって起きる出血がおしるしです。

おしるしがあった段階では、子宮口が緩み始めていると捉えてよいでしょう。おしるしは子宮口が緩み、出産に向けて準備が始まっているサインでもあるのです。
臨月に入ると次第に子宮口が開きはじめ、健診時に「1㎝くらい開いているよ!」と言われる方もいるとか。臨月に入りいよいよ出産という時期の子宮口のゆるみは正常な変化ですので、心配はいらないと言われています。

おしるしが出てから出産まではどのくらい?

おしるしから出産までの時間・日数は個人差が大きい

おしるしがあると、より一層赤ちゃんとの対面を心待ちにするママも多いかもしれませんね。

おしるしから出産までの時間・日数は個人差が大きいため、具体的にどの程度と言うことは難しいものです。中には、朝おしるしがあり、その日のうちに出産したというスピード型の方もいれば、おしるしから今か今かと待ち続けて1週間かかったという方も。
中には、規則的な陣痛を感じ始めてから、おしるしがあったという方もいます。それくらい個人差が大きいものなのです。

おしるしから出産まで早ければいいというものでもありませんし、予測するのも難しいもの。気にしすぎるとママ自身が疲れてしまうので、どーんと構える!くらいの気持ちで過ごす方がいいかもしれませんね。

おしるしに関する口コミ

先輩ママのみなさんの”おしるし経験談”を見ても、すぐに出産につながったという方から、赤ちゃんの誕生を今か今かと待っている方まで様々。とはいえ、赤ちゃんに会えるのを心待ちにしているのはどの妊婦さんも同じようですね。

慌てず落ち着いて対応しましょう

臨月に入り、出産予定日が近づいてくると、ちょっとしたことでも「陣痛が来るかも!?」と期待が一層膨らみますが、おしるしが来ても赤ちゃんと会えるまでは時間がかかるかもしれません。
まずは慌てずに落ち着いて対応するのが大切です。おしるしは全ての妊婦さんが経験するものではありませんので、おしるしが経験できたら「ラッキー!」くらいの気持ちがちょうどいいかもしれませんね。

おしるしがあっても、破水があったり、痛みがある場合を除いては、緊急を要するものではないと言われていますが、体に異変を感じたら必ず医師に相談するようにしましょう。