妊婦さんこそ歯科検診を!お口トラブルで早産になる可能性も

妊娠するとお口のトラブルが増えるってご存知でしたか?妊婦さんこそ歯が命、ほおっておくと早産を引き起こすかもしれません。元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠中の歯科検診はぜひ受けましょう。妊娠中のお口トラブルや治療の注意点についてご紹介します。

妊娠中のお口トラブルって?

妊娠すると体調も変化しますがお口の環境も変わります。
つわりやホルモンバランスの変化などで口腔内のトラブルが起こりやすい状態となるのです。
妊娠中に起こりやすいお口のトラブルについて具体的にご紹介します。

つわりでむし歯や歯肉炎になりやすくなる

妊娠初期から始まるつわりの期間はむし歯や歯肉炎が起こりやすい傾向にあります。

吐きづわりの場合、お口の中に歯ブラシを入れるのも辛く歯磨きもおろそかになりがちですよね。奥歯や歯と歯茎の境目に汚れが残りがちになり、むし歯や歯肉炎の原因となってしまうのです。

また、食べづわりもお口トラブルの原因になります。
唾液には、食事で歯から溶けだしたミネラル分を再び歯に戻す働きがあります。これを再石灰化と言います。規則正しい食生活をしていると、再石灰化もうまく行われむし歯を防ぐことができます。

しかし食べづわりで口の中に物が入っている状態が続くと、ミュータンス菌が活発になり歯垢が溜まりやすくなります。唾液による歯の再石灰化もうまくいかなくなるのでむし歯になりやすくなるのです。

唾液の減少もむし歯の原因に

妊娠による唾液の減少もお口トラブルの原因となります。
唾液は汚れやばい菌を洗い流しお口を綺麗に保つ役割をしています。ところが妊娠中は女性ホルモンの影響で唾液の分泌が少なくなります。唾液が少ないと浄化作用がうまく働きません。そのためむし歯や歯茎の腫れと言った症状が起きやすくなるのです。



ママの口内環境でお腹の赤ちゃんにも影響が!

ママのお口トラブルを放置しておくと、胎児や出産後の赤ちゃんにも影響を与える場合があることをご存知でしたか?
どのような悪影響があるのか具体的にご説明します。

歯周病が原因で早産になることも

歯周病による早産の危険性はアルコールやタバコよりも高いってご存知でしたか?

妊娠中は女性ホルモン増加の影響で歯周病菌が活動しやすい口内環境となっています。
歯周病によって歯茎の炎症が起こると、子宮収縮作用のあるプロスタグランジンが分泌されます。歯周病が進んでいる人ほど多く分泌されるため早産の危険性があるというわけです。

歯周病は歯科で行われるクリーニングやブラッシングで改善されます。検診を受けて自分が歯周病にかかっていないかチェックし必要であれば治療を受けましょう。

子どものむし歯リスクが高まる

ママがむし歯を放置したままだと、子どもがむし歯になる可能性が高くなると言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんには、むし歯を引き起こすミュータンス菌はいません。
離乳食の始まるあたりに、身近な大人のだ液を介して感染します。
子どもにとって一番身近なママにむし歯があると子どもの口に住むミュータンス菌も多くなってしまうのです。

子どもがむし歯にならないようにするためには、まずママのミュータンス菌を減らすことが大事です。
妊娠中の歯科検診でむし歯を見つけたら早めに治療し、生まれてくる子どものむし歯リスクを下げましょう。

妊娠中の歯科治療でよくある3つの疑問

歯科治療を受ける際に妊娠していることを伝えると、治療をするとき配慮してくれるはずです。
でも赤ちゃんへの影響が気になりますよね。
妊娠時の歯科治療で注意すべき点をまとめました。

1.妊娠中にレントゲンを受けてもいいの?

レントゲンで赤ちゃんに影響があるのではないかと不安に思う妊婦さんも多いのではないでしょうか。
歯科レントゲンの被ばく量はわずかですし、お腹から離れた場所で撮るのでほとんど影響はないと考えられています。鉛のエプロンをつけるなどの配慮もしてくれるでしょう。

ただ、いくら安全性が高いといっても自分が納得していないと不安になるものです。疑問点はしっかり確認して納得してからレントゲンを撮った方がいいですね。

2.局所麻酔や薬は使っても大丈夫?

歯科治療でよく使われる麻酔や薬も、妊娠中使って大丈夫なのか気になるところですよね。

麻酔については長年使われてきた歴史があり妊婦さんに使っても安全だとされています。痛み止めや抗生物質などのお薬も、臨床上安全性が分かっているものを使うこともできます。
副作用を怖がり痛みに耐えるほうが母体や胎児にとっても悪影響です。麻酔や薬について医師と相談しながらより良い治療を受けてくださいね。

3.妊娠中に歯科治療をするならいつがいいの?

妊娠中に歯科治療を受けるなら安定期に入った妊娠中期がよいとされています。
妊娠初期は胎児の器官が作られる大事な時期ですしママの体調も不安定です。それに妊娠後期だとお腹が大きくなるため、治療を受けるのも苦しく早産の危険もあります。

その点、体調が安定してくる妊娠中期だと赤ちゃんへの影響も少なく治療も受けやすいです。
妊娠5ヵ月から7ヵ月ごろまでの体調の良い時期を選んで治療をしましょう。



自治体の制度を利用して歯科検診を受けよう

ここまでご説明したように、ママのむし歯や歯周病に気づかないと大変なことにもなりかねません。
自治体によっては歯科検診の助成制度がある場合もあります。
次にご紹介する制度を利用して赤ちゃんのためにもぜひ歯科検診を受けましょう。

妊娠中は無料で歯科検診が受けられる自治体が多い

妊娠中の歯科検診が無料で受けられる自治体が多いです。
妊娠中はどうしても歯ぐきが腫れたり歯の痛みが出やすくなったりするものです。それに出産すると赤ちゃんのお世話が忙しくなり治療どころではありません。
また、日本人の8割は歯周病にかかっていると言われています。無症状のため気がつかないうちに悪化して歯がぐらぐらになることも!とても怖いですね。

このような事態を防ぐためにも、出産前の身軽なうちに制度を利用して歯科検診を受けましょう。市町村の歯科医院に行って検診を受ける場合と、妊娠中のパパママ教室と同時に検診を行う場合もあります。

医療費の助成制度が利用できる場合も

妊娠中に歯科治療を受けたほうがいいのは分かっていても、さらに医療費がかかってしまうので二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。

地域によってはかかった医療費が戻ってくる場合もあります。
これは妊婦さんが安心して出産できるように設けられた制度で、市町村で定めた自己負担金を超えた分の医療費は戻ってくるというものです。この制度を使えば医療費の負担も抑えられるので嬉しいですよね。

歯科検診でママと赤ちゃんの健康を守ろう

筆者が歯科検診を強くおすすめするのは、自分の失敗体験があるからです。
市から無料歯科検診の案内が届いていたのに、動きたくなくて行きませんでした。そしたらある日歯に激痛が!あわてて歯医者さんに行ったらむし歯が進行していて神経を抜かなければならない状態でした。

その時すでに妊娠後期に差し掛かっていて、治療するための椅子に座るのも一苦労。あおむけの姿勢で座ったら動悸と息苦しさで治療どころではありませんでした。
そのため応急処置だけしてもらって、残りの治療は出産後に行うことに。ところが出産後は実家も遠いため赤ちゃんの面倒を頼める人がいません。仕方なく一緒に連れて行き看護師さんに迷惑をかけてしまいました。

母体や赤ちゃんの影響も気になりますが、私のようにならないためにも早めに歯科検診を受けておくと安心ですよ。早めの歯科検診でチェックしてママと赤ちゃんの健康を守りましょう。