痛みに効くだけじゃない!甘草湯の気になる効能や飲むタイミング

天然の成分をもとにした漢方薬を取り入れることで体にも優しくうれしい効果がたくさんあります。今回は痛みに効く漢方として有名な「甘草湯」の効能や飲むタイミング、注意したい副作用などをご紹介します。

甘草湯とは?


甘草(カンゾウ)というマメ科の多年草の主に根っこの部分を乾燥させたものを原料とした生薬です。「甘草湯」は甘草1種類のみを原料としたもののことを指します。

この甘草という植物は国内の約7割の漢方薬に配合されていて、シャクヤクと甘草を合わせた「芍薬甘草湯」、ダイオウと合わせた「大黄甘草湯」などが有名ですね 。

昔から「咽痛の者は甘草湯を与うべし」と言われていて、効き目が早く重宝されてきました。

主に痛みを和らげるために使う漢方薬です


甘草湯は痛みを和らげ、解毒効果のある漢方として幅広く使われています。効き目が早いのも特徴です。

甘草は主にお醤油の甘味料として使われている


甘草は砂糖の50~80倍の甘味があるとされ、天然の甘味料として有名です。国内では主にお醤油の甘味料として多く使われています。

甘味の成分であるグリチルリチン、そしてリクイチリンやリクイリチゲニン、イソリクイリチン、イソリクイリチゲニンといった抗酸化作用のあるフラボノイド系の成分が入っています。



甘草湯の効能


甘草湯は主に痛みや炎症をおさえる漢方として有名ですが、主成分の「甘草」という植物には他にも様々な効能があり、注目されています。一般的な漢方薬の約7割に配合されている甘草の期待できる効果をご紹介します。

1.痛みを和らげる


のどの粘膜を保護してくれる働きを持っており、激しい咳やのどの痛みに効果的です。胃の痛みなど鎮痛薬としても幅広く使われています。炎症をとってくれる効果が高く、扁桃炎や急性咽頭炎の治療薬として効果があるとされています。

2.活性酸素を除去


生活習慣病や老化の原因になってくる活性酸素は紫外線の他に喫煙や飲酒、ストレスなどで増加するといわれています。甘草に含まれるフラボノイド系の成分は抗酸化作用があるといわれていて、活性酸素の除去にも効果があるといわれています。

3.アレルギーを抑制する


甘草に含まれるグリチルリチンには抗アレルギー作用があり、炎症を抑えたり、かゆみを和らげたりする効果があります。皮膚炎やじんま疹、花粉症などにも有効とされています。

4.肝機能を高めてくれる


甘草の主な成分のグリチルリチンが肝臓の解毒作用を強くしてくれるといわれています。お酒が好きな人には嬉しい効果ですね。

5.ホルモンバランスを整えたり、ストレスを和らげてくれる


甘草には女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た成分が含まれていて、ホルモンのバランスを整えてくれる効果があるといわれています。また、抵抗力を高めストレスからくるいろいろな症状を和らげてくれます。

甘草湯の飲み方

1日2~3回を食前または食間に飲む


成人の甘草湯の一日量は6.0gとされています。これを2~3回分に分け、食前または食間に飲みます。

食間とは食事と食事の間という意味で、食後2時間後ぐらいのことを指します。空腹の状態で飲むことで吸収が良くなり、薬の効果も高くなります。

顆粒をそのままお水で飲んでも良いですし、お湯に溶かしてリラックスした気持ちで飲むのも効果的です。



授乳中、妊娠中でも飲んで良い?赤ちゃんへの影響は?

自己判断せず医師に相談を


妊娠中や授乳中の安全性は確立されていません。漢方薬だからと安易に自己判断せず、医師に相談するか病院で処方されたものを飲むようにしましょう。妊娠の可能性のある人も服用には気をつけましょう。

甘草湯の副作用はある?

大量に摂取すると偽アルドステロン症を引き起こす可能性も


漢方薬に大きな副作用はあまりないとされていますが、甘草湯を大量に摂ってしまうと偽アルドステロン症を引き起こしてしまうことがあります。

主な症状として体がだるい、むくみや血圧の上昇、体重増加、手足のしびれ、筋肉のふるえ、力が入らない、低カリウム血症などがあげられます。

特に水分を貯め込む性質があるのでむくみに注意し、長期服用は避けるようにしましょう。また、他のお薬や漢方薬(甘草含有製剤やグリチルリチン、利尿薬)を服用している人は飲み合わせに気をつけましょう。

甘草湯の値段

処方された場合と自分で購入する場合の違い


一般的にドラッグストアなどで市販されているものや病院で処方されるものはどちらも原料を煎じたものからエキスを抽出し、濃縮した顆粒タイプですが、「生薬含有量」に違いがあります。手軽に購入できる「一般用漢方薬」と医師の処方箋が必要な「医療用漢方薬」があり、医療用漢方薬のほうが多めに入っています。

病院で処方してもらうと健康保険が適用されるので少しお得になります。すぐに医療機関を受診できない場合などはじぶんで購入するなどうまく使い分けると良いですね。

購入できる場所や処方してもらえる病院は?

ドラッグストア

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方甘草湯エキス顆粒S 12包
2016/7/15現在の価格です 顆粒タイプの甘草湯です。一般的なドラッグストアで気軽に購入できますが、店舗に置いてないなど取り扱ってない場合もありますのでお店に問い合わせてみましょう。ネットショッピングでも購入することができます。

一般的な病院での処方


婦人科やその他の一般的な病院で処方してもらえます。病院で医師に処方されたものは健康保険が適用になり、その場合負担は1割~3割になります。

ドラッグストアなどで売られているものと同じ顆粒タイプでありながら、生薬含有量は多めとなっていています。普段処方されているお薬と同じ程度の金額になります。

漢方専門医


漢方専門医では顆粒ではなく煎じて飲む本格的なものになります。顆粒タイプよりも効き目が高く、効果も期待できます。ただ、健康保険の適用外になるので経済的な負担が大きくなってしまいます。

甘草湯を上手に使って快適に過ごそう


いかがでしたか?天然の成分で作られている漢方薬も「薬」の一種であり、飲み方や副作用には注意が必要ですが、症状を楽にしてくれるだけでなくうれしい効果が期待できますね。上手に取り入れて快適に過ごしましょう。