泣く子も眠る魔法の抱っこ紐「ベビースリング」を手作りしよう!

布団に寝かせると泣き出すのに、これを使えば赤ちゃんがご機嫌になるという魔法の抱っこ紐「ベビースリング」をご存知ですか?様々なものが市販されていますが、シンプルな作りなので手作りできちゃうんです!自分好みのスリングを使えれば育児の負担もやわらぎます。妊娠中などに手作りしてみてはいかがですか?

魔法の抱っこ紐「ベビースリング」とは?

新生児から2〜3歳まで使える抱っこ紐

スリングは、輪っか状の布でできている抱っこ紐です。股下で支えるようなおんぶ紐と違い、体全体をハンモックでくるむように支えるので、首のすわっていない新生児から使えます。
応用がきき「横抱っこ・縦抱っこ・前向き・おんぶ」などもできるので、年齢とともに使い方を変えれば、長く使用することができます。

赤ちゃんが安心する体勢で抱っこできます

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中では、手と足を曲げ、背中を丸めた状態で入っていました。新生児の赤ちゃんはこの体勢を再現してあげると落ち着くと言われています。スリングは、まさにこの体勢で抱っこしてあげられるため、赤ちゃんにとっても安心で快適な環境が作れるのです。スリングで抱っこしているとご機嫌になることが多いのはこのためです。

布だけでできているシンプルな構造

タイプによって多少違いますが、スリングは基本的には布一枚の簡単な構造をしています。カチャっと留めるバックルや背当てなどはなく、赤ちゃんをスポッと入れるだけなので慣れると着脱の手間もあまりいりません。

かさばらないのでお出かけの際に便利

エルゴなどの高機能だっこ紐と違い、シンプルな作りなので、畳めばコンパクトになります。ベビーカーでお出かけの際に、バックに入れておいても邪魔になりません。布なのでお洗濯も気軽にできるのも良いですよね!

抱っこしたまま授乳することも可能

抱っこした際に、赤ちゃんの顔がママの胸あたりにくるので、スリングで抱っこしたまま授乳することもできます。スリングで胸のあたりが隠れるので、授乳ケープいらずで助かります。
授乳中も両手が使えるので、多忙ママには便利なアイテムです。



様々なベビースリングが市販されています

【リングありタイプ】

リングがあり、赤ちゃんが入るポケット部分の大きさが調節できるタイプです。調節ができるので、ママでもパパでも、新生児から幼児まで使えます。
広げれば一枚の大きな布なので、肌寒い時の肌がけ代わりにも重宝しますね。

リング付きスリング 高級しじら織り BS-701(淡ミルキー系) 綿100%
【リングなしタイプ】

リングがなく、伸縮性のある生地を使用しているのがこちらです。生地が伸びるので、調節をしなくても赤ちゃんの大きさに合わせてスポっと入りますよ。

カドルミー ニットの抱っこひも 国産ベビースリング【2年間保証】 ゆりかご抱っこで寝かしつけ Mサイズ モカラトル
【バックル付き高機能タイプ】

赤ちゃんをハンモックのように包んで抱っこするという点では共通ですが、こちらはバックルで調節でき、つくりもしっかりしている高機能タイプのスリングです。

Baba Slings 【正規代理店】 ベビースリング ネイビーボーダー STR033

意外と簡単!ベビースリングの作り方

市販のスリングを購入して使うのも、もちろん良いのですが、手作りなら生地の色・柄・素材・厚さ・サイズ等々、自分好みにアレンジできます。
ほとんど直線縫いのみで簡単にできますし、材料代もそれほどかからないので、まずは一枚、手作りしてみてはいかがでしょうか?
使ってみて改良ポイントが見つかれば、アレンジして洗い替え用にもう一枚作っても良いですね。

リングありスリングの作り方

【1】
図のような布を用意し、長い辺を2つ、短い辺を1つ、合計3辺を三つ折りして縫います。
(布の耳を利用している場合は、二つ折りでも大丈夫です。) 【2】
図のように、左側の布を8等分した線に沿って、点線を谷折り、実線を山折りにして、屏風のように折り畳みます。 横から見ると、折り目が図のようになります。最後の布端が中心で合わさります。 【3】
畳んだ状態で、幅が12cmくらいになればOKです。
左の布端を2つのリングに通してから、点線部分を谷折りします。 【4】
赤線の部分を、しっかりと縫い付けます。縫い目は図のようでなくても構いません。赤ちゃんの体重がかかる部分になるので、頑丈に縫って下さい。 できあがりです!簡単でしょ?
使用するときは、右側の布端をリングにベルトの用に通して使います。

リングに通した後の布は、ひらひらと垂れることになります。ひらひら広がるのが嫌な場合は、【2】で右側の布端も左側と同じように折り畳んで縫い付けるのもOKです。赤ちゃんが入るスペースは、縫い付けずに広がるようにしておいて下さいね。

リングなしスリングの作り方

リングなしスリングは、長さの調節ができないので、作る際に使う人用に長さを合わせる必要があります。しかし、一度長さを合わせて作ってしまえば、毎回調節する手間もいらず、リングの先のひらひら垂れる布もないのでスッキリとおさまります。 【1】
図のような布を用意します。中表にして、点線部分で谷折りします。 【2】
右端を少し丸みがつくようなカーブで2枚一緒にカットします。(赤の実線部分)
カットしたところの内側1〜2cmあたりを、2枚一緒に縫います。(赤の点線部分) 【3】
カットして縫ったところです。
この段階で、実際に使う人の体に通し、ぬいぐるみや丸めたバスタオルなどを赤ちゃんに見立ててサイズを確認して下さい。
長いようであれば、もう少し縮めて縫って下さい。 【4】
サイズ確認ができたら、布端を「折り伏せ縫い」で処理して下さい。(※「折り伏せ縫い」がわからない方は、検索して調べてみて下さいね。)
赤ちゃんの体重を支える部分なので、しっかりと縫い付けましょう。 【5】
全体を輪のように広げ、上端と下端を三つ折りにして縫って下さい。(布の耳を利用している場合は二つ折りでも大丈夫です) できあがりです!
使う際は、折り伏せ縫いでとめた縫い目のあたりに赤ちゃんのお尻が乗ります。その反対側あたりが、使用する人の肩にきます。

肩にあたる部分を「リングありスリングの作り方【2】」のように折り畳んで縫い付けてもいいですよ。
肩にあたる部分が広ければ、布全体で支えることになるので、赤ちゃんの体重が分散してかかります。狭いとその分集中しますが、すっきりとスタイリッシュになります。



手作りベビースリングのアレンジ方法4つ

上記の作り方は、あくまで基本の作り方です。手作りならいろいろと自分好みにアレンジできます。それが手作りの良い所ですよね!
アレンジ例をご紹介しましょう。

1.屏風の折り方を変える

上の「リングありスリングの作り方【2】」では、布の折り畳み方を一例ご紹介しましたが、こう折らなくてはいけないというものでもないのです。

なんでしたら、折り畳まずに、くしゃっと搾ってリングを通してから縫い付けるだけでもOK!
材料の布の幅によっては、折る回数をもっと増やしたり減らしたりしても大丈夫です。上では、最後に布端が中心で合わさっていますが、両側に開いた状態で終わってもOKです。

2.着用時に肩にあたる部分に綿を入れる

スリングを使っていると、一番痛くなるのは肩です。肩への負担を減らすために、肩にあたる部分に綿を入れたり、キルティングをはさんで縫い付けてもいいですね。
その代わり、持ち運ぶ際に少しかさばるようになります。お好みでアレンジしてみて下さい。

3.スリングの外側にポケットをつける

スリングを装着した際、手が届くあたりにポケットをつけておくと、小銭や定期入れなどを入れられます。お出かけの際に、ちょっとした小物を入れるのに便利ですよね。

4.布を2枚使って、表と裏で違う色にする

リングなしタイプなら布を二枚重ねにしても作れます。二枚重ねなら表と裏、それぞれ自分好みの色・柄を選べます。外側は柄物で裏側は無地にしたり、外側はシックなグレーや紺にして、裏側を明るいピンクの花柄などにしてもオシャレですよね。
手作りなら組み合わせは無限大です!

ベビースリングを手作りする際の注意点

スリングは赤ちゃんの体重を支えるものです。安全面で不安があっては困りもの。手作りする際は以下の点をきちんと注意して下さい。

1.リングは強度が確保されているものを

★KiumiBaby★ ベビースリング用リング 2本セット ナイロン製  6色・ホワイト
¥ 690 リングを購入する際は、必ず耐加重をチェックして下さい。木製や継ぎ目のあるリングだと、使用中に突然割れたりして危険です。
スリング専用のものか、耐加重のしっかりした強度のあるものを使用しましょう。

2.縫い付ける部分は、強度をしっかりと

スリングは、赤ちゃんの体重がずっしりとかかります。縫い目がほどけて赤ちゃんが落下するようなことがあっては大変です。体重を支える部分は、何重にもしっかりと縫い付けて下さい。

3.ベビースリングに適さない布地もあります

使用する布は、大体なんでも大丈夫ですが、適さない布地もあります。

・ガーゼなどの織りが粗いもの
 縫い目から布が裂けてくるおそれがあります。

・厚手すぎるもの(デニムなど)
 布が厚すぎると、リングでうまく調節できません。

薄手で目が詰まっていて伸縮性のないものがオススメです。市販のものでよく使われているのは「しじら織り」という生地です。
リングありスリングの場合は、ひらひら部分で布の裏面も見えます。気になる方は、裏表の差があまり無い布地を選ぶと良いでしょう。夏なら薄め、冬なら少し厚めと使い分けてもいいですね。

ベビースリングの使い方(抱き方)

新生児から使える「横抱っこ」

リングと反対側に頭を向けた横抱っこです。 こちらは、リング側に頭を向けた横抱っこです。

首がすわったら「縦抱っこ」できます

お母さんの方に顔を向けた縦抱っこです。足は下に出して座らせます。 前を向いた縦抱っこです。足はスリングの中で折り曲げて座っています。

腰が座ったら「おんぶ」もできます

上級テクになりますが、スリングはおんぶもできます。おすわりができないうちは危険なので、やらないようにしましょう。

お気に入りのベビースリングを作ってみましょう

いかがでしたか?
スリングを使ってみたいけど、うちの子に合うかどうかわからないのに市販の高いものを買うのはちょっと…と思っているアナタ!
1つは持っているけど洗い替え用にもう1つ欲しいなと思っているアナタ!
ファッションにあわせて複数欲しいけどたくさん買うのもねぇ…と思っているアナタ!

手作りをしてみませんか?
手間も材料代もそんなにかかるものでもないですし、気負わずに、まずは1つ作ってみましょう。お気に入りのベビースリングができたら、赤ちゃんと過ごす時間もきっとまた楽しくなりますよ。