産後の痔、対策と原因は?妊娠中から気をつけるべきポイント

プレママのみなさん、出産が終わったら痛みを伴う時間は終わりだと思っていませんか?実は出産した女性の2/3は発症してしまうと言われている「痔」。これは本当に痛いのです。今回はそんな出産につづく“第2の試練”をむかえないよう、産後の「痔」にならないための対策についてまとめました。

タイプ別に見る痔の原因と症状

妊婦が陥りやすい痔は、大きく分けて以下の2つ。原因はそれぞれ異なるものの、なってしまうと辛いのは同じことです。
両方の原因と症状をおさえたうえで、予防策をしっかりチェックしていきましょう!

イボ痔の原因と症状

出産時の「いきみ」の際、肛門近くの血管を圧迫して血液がたまり、肛門周辺の血管や組織が腫れることが「イボ痔」につながります。
この「イボ痔」は、できる場所によって症状が変化します。

・肛門の内側にイボができる場合…肛門からイボが出たり、出血が多く見られるなどの症状が伴いますが、痛みは比較的軽めです。
・肛門の外側にイボ痔ができる場合…大きく腫れることがあり、その場合は激しい痛みを伴います。

切れ痔の原因と症状

母乳を赤ちゃんに飲ませているママは、実はかなりの量の水分を失っています。
また、出産時に腹筋が緩んだ影響で、産後の排泄時にも上手くいきめないことがしばしば。

この二つが、頑固な便秘を招いてしまいます。
便秘になると、やっと排便する段階になっても、硬くなった便が肛門を傷つけて切れ痔になるという困ったトラブルを招くことに。
症状としては、少量の出血、排泄時の痛みなどが挙げられます。



産後の痔にならないために。妊娠中にできる予防策は?

妊娠中から産後は便秘を未然に防ぎましょう

・妊娠中から出産後は水分をこまめに摂取すると便秘になりにくいと言われています。
特に出産後は毎日最低2ℓは水分をとるように心がけましょう。

・妊娠中から出産後は便秘になりやすいので、食物繊維をこまめに摂取してください。
具体的には、「きのこや果物、海草類」と「穀類や豆類、野菜」を1対2の割合で食べると良いそうです。ただし、ここで注意が必要。
前者は水溶性食物繊維、後者は不溶性食物繊維といい、この2つを同時に食べないと逆に便秘になってしまうことも。両方の食材をいっしょに摂り入れられるよう、メニューには気をつけましょう。
ちなみに【代表的な食材】は、こちら。
水溶性食物繊維…なめこ、アボカド、バナナ、りんご、ひじき、こんにゃくなど
不溶性食物繊維…とうもろこし、いんげん豆、ひよこまめ、パセリ、モロヘイヤなど

・それでも、しつこい便秘になった場合は、医師に相談して下剤を処方してもらうことをおすすめします。

痔のリスクが高まる妊娠後期は、運動などを心がけて

赤ちゃんの成長にともなって子宮が大きくなる妊娠後期は、血液の循環が悪くなるため、うっけつによる痔を招きやすいと言われています。
簡単な運動を取り入れたり、下半身を温めるなどして血流をよくするよう心がけましょう。また、肛門付近を清潔に保っておくことも重要です。お風呂に入った際には丁寧に洗ったり、赤ちゃん用のおしりふきなどで汚れをきちんと拭きとるようにしてくださいね。
 

それでも痔になってしまったときは

産後に痔になった場合、自分の力だけでは治癒することは難しいようです。
入院中の妊婦さんは診察をお願いしましょう。それ以外の妊婦さんは、時間をみつけて早めに受診するようにしてくださいね。



【ママの体験談】産後の痔について

産後に痔になるなんて知らなかった私。
妊娠後期から便秘ぎみだったので、下剤を飲んでいたのですが効き過ぎのため、
服用を中止しました。すると、あっという間に便が固くなり、排泄時に出血。
その後、排泄痔に肛門が切れて痛みを伴うように。それが毎日続きました。

下剤で便が柔らかくなることもなく、悶絶する毎日。
3週間なんとか我慢しましたが、さすがに我慢できずに病院にかけこみました。
すると座薬が処方され、1週間であっという間に良くなりました。
授乳中は乳首は痛いし、夜は眠れないうえ、赤ちゃんを抱っこして肩は痛くて
痛い続き。痔という存在を侮ってはいけないと心から思いました。(30代女性)

出産時に、イボ痔になりました。
生まれてからこのかた、痔になったことはないのに…。
まず、排泄するたびに、イボが出てきます。もちろん出血も。
痛みはご想像にお任せしますが。
今はイボ痔切除の手術をするかどうかを悩んでいます。
もうこんな思いは誰にもしてほしくありません。(40代女性) と、みなさん大変な思いをされたご様子です。
妊娠中や産後には気をつけるべきことが山のようにありますが、自分自身が苦しい思いをしないためにも「痔」の対策はとくにしっかりと心がけておいたほうがよさそうです。

きちんと治療をすれば直ります!

対策をしても、産後の痔は治りにくい場合があり、いつまで痛みが続くのか不安になる方もいると思います。しかし、大丈夫。きちんと診察を受けて治療をすれば治ります。
産後の骨盤のゆがみ、母乳の時の乳首の痛み、痔の痛み…痛みが多い時期もあると思いますが、皆が通る道であり、終わらない痛みはありません。
数ヶ月経った頃には痔になったことを忘れているぐらい余裕が生まれているはずです。きちんと治療し、乗り切ってくださいね。