切迫流産の原因と症状 仕事はダメ!安静にして対応を。

切迫流産とは「妊娠が終わってしまうかもしれない状態」ではあるけれど、見方を変えれば「妊娠継続中」ということ。たとえ「切迫流産」と診断されても、お医者さんのいう通りに安静にしていればほとんどの場合が元気な赤ちゃんに会えるのです。今回は切迫流産の基本知識として、原因や症状、対処法などについて幅広く解説します。

切迫流産とは?

そもそも流産ってどういう意味?

切迫流産の話をする前に「流産」の意味についてご説明します。
流産とは、とても悲しいことに、妊娠したにもかかわらず赤ちゃんがお腹の中で死んでしまうこと。赤ちゃんがお腹の外に出てきても生きていくことができないといわれる妊娠22週より前の時期に起こるものが流産とされています
そして流産全体の約8割は妊娠12週未満の早い時期に起こり、妊娠12週を過ぎると流産する確率が低くなるといわれています。

具体的に流産とつくものには、切迫流産以外にも、稽留流産・進行流産・科学流産・切迫流産など、他にもたくさんあります。この中でほとんどのものは妊娠の終わりを意味するのですが、切迫流産は「妊娠が終わってしまうかもしれない未遂状態」なので妊娠が継続しているという点が大きな特徴です。

妊娠初期にはよくあること?

いくつかの種類がある流産のうち、切迫流産とは、妊娠22週未満の時期に子宮に出血のある状態で流産が始まろうとする状態をいいます。流産のほとんどが妊娠初期に起こっているように、切迫流産もまた、妊娠初期に起こりやすいものです。実際に診断を受けた方は多く、筆者もそのひとりです。

切迫流産の中には、流産につながる可能性がある場合・流産につながる可能性が低い場合など状況によって異なります。十分体に気を付けたい状況ではあるものの、あまり悲観的になりすぎず前向きに過ごすことも大切です。

流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
※こちらを参考にしました



出血などの主な症状と兆候

切迫流産は出血が大きなサイン

切迫流産とは「流産が始まろうとする状態」のこと。お腹が大きくなってくると、妊婦さんはお腹の”張り”を気にして過ごすことが大切ですが、まだお腹のふくらみも目立たない妊娠初期に体調のバロメータを知る手がかりはあるのでしょうか。

妊娠初期に体調の異変を知る大きな手掛かりとなるのが出血です。切迫流産の兆候のひとつにもなります。
少量の出血であれば、特に問題はいらないという診断が下りることもありますが、切迫流産かどうかを確かめるために、念のためにクリニックを受診したという妊婦さんも。出血がある場合は、まずはかかりつけ医に電話で確認してみるといいでしょう。

出血と言っても、おりものが茶色い・薄いピンク色の血がショーツにつく・尿に血が混じる・生理のような出血が続く、というように症状は様々です。生理のような出血が続く場合は、すぐにでも受診が必要です。出血量の増減に気が付けるように、ショーツは薄い色にしたりパンティライナーをつけたりしておくといいですね。トイレに行ったときはティッシュに血がついていないかも確認するようにしましょう。

生理痛のような下腹部痛・腰痛

切迫流産のもうひとつの代表的な症状が、下腹部痛と腰痛です。軽い痛みが次第に強くなるという方や、突然生理痛のような下腹部痛や腰痛が症状として現れるという方も。
なお、妊娠初期でお腹がまだあまり目立たない時期であっても、子宮は赤ちゃんを育てるために大きくなり始めています。その子宮が大きくなることによって、下腹部や腰に痛みを感じることも。そのため、下腹部痛・腰痛が一概に切迫流産によるものと自己判断するのは難しいものです。軽い痛みであれば、次回の健診時の診察で十分と言われることも。

痛みの感じ方には個人差がありますが、生理痛やそれ以上の強い痛みを感じるようであれば、すぐにかかりつけ医を受診したほうがよいでしょう。まずは、出血と同じように、痛みを感じた時点でかかりつけ医に相談しておくと安心ですね。

妊娠12週~22週未満の流産は”出産”に似た症状も

妊娠22週未満にお腹の赤ちゃんが死んでしまうことを意味する流産。その流産が差し迫っている状況が切迫流産であることは先述しました。中でも、妊娠12週~22週未満の切迫流産では、出血や下腹部痛などの他にも、出産に似ている症状がでてきます。
たとえば、
*お腹が張る
*子宮口(赤ちゃんの出口)が開いてくる
といった症状が、妊娠12~22週未満の切迫流産では見られることもあります。

「お腹が張る」と、触った時にガチガチに硬くなります。バレーボールのような硬さと例えられることもありますが、仰向けに寝て触ってみて、いつもと感触が違い、硬いような感じをしたら張っているかもしれません。お腹がまだあまり目立たないこの時期では、お腹の張りを判別するのは初産婦さんでは難しいとも言われていて、”下腹部が重い”といった違和感を覚えることもあります。

妊娠22週は「切迫流産」と「切迫早産」の呼び方の分かれ目。お腹の赤ちゃんが生きることができるかどうかの境ともいえます。現代の医療技術では低体重で生まれた赤ちゃんの命を高い確率でつなぐこともできるようになっていますが、後遺症の可能性を考慮すると、できるだけお腹の中で育ててあげた方がよいことには変わりありません。そのためにも、出血や下腹部痛・腰痛などのからだのサインには慎重に対応するようにしましょう。

原因はなに?

妊娠初期の流産はほとんどが染色体異常が原因

妊娠初期(妊娠12週まで)の流産は、ほとんどが胎児の染色体異常が原因と言われています。そのため、非常に残念なことではありますが、受精卵の段階で赤ちゃんの運命は決まっていたという言い方をされることも。言い方を変えると、妊娠初期の流産はほとんどの場合がママの責任ではないということ。「今朝食べたものがいけなかった」というようなことはありません。

妊娠初期(妊娠12週まで)に起こる切迫流産では、およそ半数の方が妊娠を継続、残りの半数の方は残念ながら流産となってしまうというデータもあります。この流産となってしまう赤ちゃんは、残念ながら遺伝子異常(染色体異常)が原因と言われています。そのため、ママに原因があるというのではなく、医師の指示を守り安静にしていても、流産を防ぐことが難しいということもあるのです。

一方で、切迫流産の原因についてはよく分かっていません。流産へと進行するケースでは、先述したような受精卵の段階での遺伝子異常が原因とされることが多いものの、妊娠が継続するケースに関しては詳しい原因が明らかにされていないのが現状のようです。

山本産婦人科(三重県津市) 切迫流産・流産・習慣流産について
山本産婦人科(三重県津市)の切迫流産・流産・習慣流産についてのページです。 ※こちらのサイトを参考とさせていただきました

母体・子宮に原因があるケース

受精の瞬間から流産が決まっているといえるようなケースが大半と言われていますが、特に妊娠12週以降の流産・切迫流産については、様々な原因や可能性が指摘されています。

*胎盤後血腫
受精卵が着床するときに、胎盤と子宮の間に出血が起き、血液が溜まってしまい、”血腫”(血の塊)となってしまうこと。はじめは少量の出血ですが、次第に出血量が増えると、胎盤がはがれてしまう危険性があります。胎盤がはがれてしまうと、流産・早産となってしまうため、絶対安静(入院安静)となります。

*頸管無力症
子宮の入り口である頸管の力が弱く、大きくなった赤ちゃんを支えることができず、子宮の入り口が緩んでしまうこと。妊娠14~15週以降の母体側に原因がある場合の流産では、頸管無力症の場合が多いと言われています。

*子宮頸部円錐切除の影響
子宮頸がんなどの治療で行われる「子宮頸部円錐切除」の影響として切迫流産となることも。これは子宮の入り口である頸管を円錐状に切除する治療法で、妊娠の可能性を残した治療法ではありますが、妊娠時には経過に気を配る必要があります。

*子宮口・絨毛膜羊膜における炎症
細菌性腟症などから子宮頸管、子宮まで炎症がひろがると切迫流産を引き起こすことがあります。胎児を包む絨毛膜羊膜における炎症(絨毛膜羊膜炎)となると、子宮収縮が促されたり、出産と同じような状況をつくり出すことも。妊娠すると体の抵抗力が弱り、カンジダ膣炎などを起こしやすいため、痒みなどを感じたら早めに炎症を抑えることが大切。

*絨毛膜羊膜血腫
絨毛膜の下に血液が溜まってしまう状態のこと。この血腫が子宮口(子宮の出口)付近にできると出血しやすい状態になります。血腫が大きくなると入院措置(入院安静)が取られることも。

そのほかにも、子宮にできる”子宮筋腫”などが原因となることもあると言われていて、妊娠以前より切迫流産の危険因子を持っているという方もいます。

切迫流産 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
熊本の産婦人科 森川レディースクリニックへようこそ!不妊・更年期でお悩みの方はどうぞ! *こちらのサイトを参考とさせていただきました

日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-流産
*こちらのサイトを参考とさせていただきました

冷えや過労など、日常生活にも原因はある

切迫流産の原因はよくわかっていない部分があるのは事実です。ただし、胎児の染色体異常も含め、子宮の炎症など子宮に原因があるケースも指摘されているのは先述した通りです。

その一方で、体の冷え・疲労・ストレスなど目に見えにくいことが原因になることもあると言われています。体の冷えは妊婦さんの敵。妊娠週数に関わらず、体は冷えないように注意しましょう。お腹周りはもちろん、足元にも気を配ると効果的です。疲れやストレスも、体に大きな負担となりますので、睡眠不足には特に気を付けましょう。妊娠中はちょっとお昼寝するくらいの気持ちでいいかもしれません。

切迫流産となったことを自分のせいだと責める必要はありませんが、予防のことを考えると、十分に休息をとり、疲れをためずにリラックスした生活を心がけることも大切です。



治療法、対策は?

切迫流産は流産が始まろうとする状態。早めに受診を

切迫流産は”流産”とは違い、まだ妊娠が継続できる可能性が残っています。先述したように、ほぼ半数の妊婦さんは妊娠を継続し、無事に赤ちゃんを出産しているという報告もあります。

その一方で、切迫流産とは「流産が始まろうとする状態」であることには変わりありません。妊娠初期における出血や下腹部痛は正常妊娠でもよくあることではありますが、切迫流産の可能性も否定できません。特に、出血と下腹部痛の両方がある場合は、切迫流産の中でもすぐに安静が必要と言われるような状態です。そのため、”よくあること”と軽視せずに、念のためにかかりつけ医に問い合わせることも忘れないようにしましょう。まずは体を休めるといった対策も大切です。

少量の出血は様子を見ることも

妊娠初期には、様々な原因で出血することがあります。たとえば、「生理予定日のあたりで少量の出血がみられた」というような場合は、「胎盤兆候」と呼ばれる一時的な出血の可能性も。この場合は、自然妊娠としてそのまま良好な経過をたどることもあります。とはいえ、切迫流産やその先の流産につながる可能性も否定できません。

妊娠初期における少量の出血であれば、医師の診察で経過観察となることもあります。妊婦健診はまだ4週間に1度の時期ですが、経過観察として翌週に再度診察を受けるように言い渡されることも。

妊娠12週までの切迫流産に有効な治療法はない?

妊娠22週までに起こる流産のうち、妊娠12週までに見られる切迫流産では、有効な治療法がないと言われています。胎児の染色体異常は受精卵の段階で決まっているものがほとんどであるために、治療法がないのです。

この時期のママにできる唯一のことが、赤ちゃんの生命力を信じて安静にしていること。お腹の赤ちゃんの心拍が確認でき、赤ちゃんが大きくなるのを待つことしかできないというのがママのつらいところなのですが、ここでは出血の有無より、赤ちゃんが順調に発育しているかどうかが重要なポイントなのです。
なるべく大きく構えてゆったりのんびりと過ごしてくださいね。

安静が一番の治療法。寝ているだけでも効果あり

”有効な治療法がない”という言い方をすると、絶望的にも思えるかもしれません。特に、妊娠初期においては、切迫流産と診断をされても、ただ「自宅安静」と言われるだけで、「この先どうなるのか…」と不安に思うこともあるでしょう。筆者自身も、妊娠8週に自宅安静を言い渡され、数週間不安な日々を過ごした経験があります。

しかし、安静による効果はきちんとした報告例もあります。特に、子宮内に血の塊である”血腫”が見られる切迫流産の例では、安静にすることで具体的な効果が得られるという報告が。

安静については後ほど詳しく解説しますが、仕事を休むことはもちろん、トイレなど最低限のこと以外は横になって過ごす、という生活に。状況によっては、入院し安静生活となることもあります。この”安静”という治療法は、妊婦さんによく用いられます。切迫早産と診断された場合にも安静となるケースがあり、お腹の赤ちゃんが成長するのを待ち、のんびりと過ごすことは大切な治療のひとつなのです。

流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
*こちらのサイトを参考とさせていただきました

ホルモン剤の投与や張り止めの薬が処方されることも

切迫流産の治療としては安静が最も多いのですが、その一方で、子宮に原因がある場合や、妊娠週数によっては、投薬治療を施すことで回復が見られることも。妊娠維持効果のあると言われる黄体ホルモンの投与やお腹の張りを止める薬を服用することで効果が得られることがあります。まずは診察を受けて、医師の指示を仰ぐことが大切です。

切迫流産 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
熊本の産婦人科 森川レディースクリニックへようこそ!不妊・更年期でお悩みの方はどうぞ! *こちらのサイトを参考とさせていただきました

仕事をしてはダメ?家事は?

仕事をしてはダメ?家事は?

切迫流産と診断された場合は、基本的には安静が原則と言われています。特に、出血に加え、下腹部痛・腰痛がある場合は、仕事もお休みし、必要最低限のこと以外は横になって生活するのがベストです。
一方で、少量の出血のみというように、軽い症状のみであれば、普段通りの生活も可能とする医師も。ただし、重いものを運ぶ(保育士・看護師など)や長時間立つ・歩く仕事(営業職・美容師・販売職など)は、経過が順調な妊婦さんでも負担を考慮しながらはたらきたい仕事ですので、仕事内容はセーブしたほうがいいでしょう。まずは、かかりつけ医や看護師さんなどに仕事内容について相談してみるといいかもしれませんね。

ワーキングママの味方「母性健康管理指導事項連絡カード」

安静に!と言われたとはいえ、「即仕事を休むのは気がひける」「上司になんと説明しよう」と思い悩む方もいます。
妊娠中に何か体や胎児に異常があった場合は、医師に「母性健康管理指導事項連絡カード」を出してもらうことができます。「母性健康管理指導事項連絡カード」を事業者に提出すると、事業者は記載内容に応じて必要な措置を講じなければなりません。自宅安静はもちろん、勤務時間の短縮などの措置がとられることも。また、切迫流産以外にも、つわりがひどい場合や高血圧の症状がある場合などにもこのカードは活用することができます。

母性健康管理指導事項連絡カードの活用について|厚生労働省
母性健康管理指導事項連絡カードの活用についてについて紹介しています。 *「母性健康管理指導事項連絡カード」についてはこちらに詳しく記載があります

家事をするなら最低限が鉄則

家の中の仕事、家事はどのようにすればよいのでしょうか。もちろん、最低限の事柄にとどめるのが原則です。具体的なポイントをご紹介しましょう。

1.買い物
宅配サービスを利用しましょう。ネットスーパーは当日に持ってきてもらうことも可能。まとめ買いをすると送料の負担がなくなりお得にも。家族が休みの時にまとめ買いしてもらうのもいいですよ。

2.料理/後片付け
宅配のお弁当やお総菜を利用。家族の融通がきけば、ご主人に買ってきてもらうのもいいかも。
もしくは椅子に座って簡単な調理のみするように心がけ、配膳や食後の片付けは、家族に任せる。上のお子さんの分はさておき、ご主人の食事は本人に任せるのもいいかもしれませんね。

3.洗濯
洗濯機と乾燥機が一体になっている洗濯乾燥機が自宅にあると仕上がったものをたたむだけでよいのですが、ないときは座ってゆっくり干したり取り込んだりするようにします。濡れた洗濯物は案外重いもの。運ぶ際は注意してくださいね。
取り込む時間帯に家族がいなければ干すだけでもお願いできるとずいぶんラクに。

4.掃除
家族にお願いしたり、家事代行サービスなどを利用すると良いでしょう。きれい好きな方は苦痛に感じるかもしれませんが、このときばかりは多少の汚れは目をつぶることも大切。

日頃家事を一手に引き受けているというママほど、いつも通りにできないことをもどかしく感じたり、家族を頼ることに慣れていないという方もいるかもしれません。「できないものはできない」と割り切ることも大切ですよ。
また、上にお子さんがいると、横になって安静にしていても何度もそばに来ては遊びを要求され、のんびりもしていられないと思います。お子さんに具合が悪いと伝え、家族に頼ったり保育サービスなども利用して、ママはひとまずお布団を敷きっぱなしにして横になっていてくださいね。

入院安静

出血の量や症状によっては入院することも

切迫流産は、症状の程度によっては「入院安静」になる場合があります。
お腹に張りがあって、自宅で張り止めの薬を服用しても張りがおさまらないときは点滴による治療が必要となり「入院安静」になることが多いようです。
入院の仕方は、妊婦健診時にそのまま入院になる場合と、不正出血や下腹部痛により健診外で受診したあとに入院になる場合があります。どちらの場合も、すぐに入院して安静生活を送ることになるため、自宅に荷物を取りに戻ることは許されない場合がほとんどです。

入院安静の段階

入院安静にはいくつかの段階があります。
*絶対安静
*ベッド上安静
*病室内フリー
*病棟内フリー
*院内フリー
などと呼ばれていて、共通の取り決めはなく、各病院の医師が指示するもので、妊婦さんの状態に合わせて段階が変わります。

最も安静が要求されるのは「絶対安静」。たとえば、胎盤後血腫があり出血している場合は、胎盤がはがれてしまう危険性があるため、絶対安静状態になります。これは歩いてトイレに行くことも禁止され、導尿などの処置を行う場合もあります。
次はトイレと洗面程度の少しの移動が許される状態です。ただし、車椅子での移動になります。
もう少し症状が軽くなるとトイレへの歩行ができるようになり、シャワーも浴びることができたり、さらに軽くなれば院内を歩き回れるなど、具体的な指示が出されるため必ず従ってください。

入院する場合の多くは、子宮収縮抑制剤の点滴を24時間行って経過を診ていき、おなかの張りの状態をモニターで監視します。入院期間は妊婦さんの状態や妊娠週数によって変わり、2~3週間の場合もありますが、長ければ3~4ヶ月かかる人や、なかにはお産まで入院となる場合も。
入院当初は先のことを考えて不安もあると思いますが、長くなってくると病院にも慣れ、自宅よりも安静にできる病院にいるほうが、医療のプロが24時間ずっとそばにいるわけですし、安心して休めるという声もあるほどです。

切迫流産 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
熊本の産婦人科 森川レディースクリニックへようこそ!不妊・更年期でお悩みの方はどうぞ! *こちらのサイトを参考とさせていただきました

予防するには?

流産の前段階である切迫流産の原因は、明らかになっていない部分があります。一方で、流産は胎児の染色体異常が原因となる場合が多く、受精の段階から決まった”運命”という言い方をされることも。そのため、切迫流産はママが防ぎようもないのも事実です。「こういう行動がダメ!」と限定できないため、予防が難しいと言われることも。
しかし、ママにもできることはあります。切迫流産の予防についてご紹介しましょう。

体に負担がかかりやすい職業の方はセーブする

切迫流産と診断された場合、仕事は休み、安静に過ごすのが原則。一方で、切迫流産と診断される前から働き方に気を付けておくと、未然に防ぐことにもつながると言われています。

たとえば、
*体を激しく動かす仕事(スポーツインストラクターなど)
*重いものを運ぶ仕事(保育士・看護師・介護士など)
*長時間立ちっぱなし・歩きっぱなしの仕事(営業職・販売職・美容師など)

こうした職業の方は、体への負担が特に大きいため、妊娠が分かった段階で働き方を見直しておくとよいでしょう。たとえば、椅子に座って休む時間を小まめにつくのも、そのひとつです。
事務職・SE・編集など、デスクワークの方も、負担がないわけではありません。パソコンからしばらく目を離す時間を作るといいかもしれませんね。

家事もからだと相談しながら進めて

家事も意外とからだをつかうものです。先述したように、”安静”となった場合にはもちろん、家事も制限されます。洗濯物を上げ下げしたり、掃除機をかけたり、立ちっぱなしで料理をすることは、母体の状態に因っては負担となることも。

”妊娠は病気じゃない”という言い方をされることもありますが、お腹に命を宿すこと・無事にこの世に送り出すことは”奇跡”と言われるほど大変なこと。何気ない生活の中でも、こまめに座って休憩を取るようにし、体調と相談しながらやるようにリズムを変えてみるといいかもしれません。

体をしっかり休める

妊娠が分かったら、とにかく体を休めること。「これでは怠けているみたい」と感じるかもしれませんが、こまめに休憩・リラックスタイムをとり、疲労をためないことが大切です。疲労をためないポイントのひとつは睡眠をしっかりととること。夜は早めに布団にはいるよう心がけましょう。

また、精神的な疲れも妊婦さんにはよくありません。ストレスが原因でお腹が張るという妊婦さんは多いものです。妊娠したことで周りへの気遣いが増えるかもしれませんが、ストレスはためずに発散すること。妊娠中でもできる自分なりのストレス発散法を身に着けておくといいですね。

切迫流産と診断されたら?

安静が一番の治療法

繰り返しになりますが、切迫流産の治療法は安静が基本。布団にひたすら横になって過ごすことが一番の治療法と言われています。張り止めの薬を投与するなどの治療法ももちろんありますが、妊娠初期に起こることの多い切迫流産では安静に過ごすことが一番なのです。自宅にいる時は、トイレ以外は横になって過ごし、急な動きは避け、ゆっくりと行動するようにしましょう。
安静と一口に言っても、症状に応じて加わる制限が違います。具体的にどのような行動がOKで、どういう行動はNGなのかは、医師に確認しておくといいですね。

仕事は休み、休める環境を整える

切迫流産の場合、ほとんどの場合が仕事を休職することになります。勤務先には「母性健康管理指導事項連絡カード」を提出するなどして事情を説明し、休ませてもらうようにしましょう。
仮に自宅安静とならなかった場合でも、医師の指示に従って、仕事をセーブしたり、いつもとは家事のやり方を変えて家族に頼るなど、生活の仕方を変えなければなりません。スーパーの宅配サービス・家事代行サービス・一時保育サービスなど、安静を余儀なくされる場合に使える便利なサービスはたくさんあります。こうしたサービスは産後も活用できますので、妊娠発覚と同時に色々とリサーチしておくのもおすすめです。

ストレスも敵!悲観しすぎないことも大切

切迫流産と診断されたママが一番思い悩むのはお腹の赤ちゃんのこと。このまま流産につながったら…と不安でたまらないママも多いかもしれませんね。しかし、胎児の異常が原因であることが多い妊娠初期の流産は、ママのせいではありません。
切迫流産は統計で見ると、残念ながら赤ちゃんを諦めざるを得ないケースはあります。とはいえ、ママ自身が思い悩み、ストレスをためてしまうことはお腹の赤ちゃんにもよくありません。悲観しすぎず、まずは体をやすめることだけを考えてくださいね。ゆったりと流れに身を任せるくらいの気持ちが大切です。

つらい時期を乗り切るためにできること

突然、安静を宣告されると、仕事・家事・出産までにやっておきたかったことがリセットされてしまうような気持ちになりますが、考え方次第では、安静に過ごせる日々は有意義なものになります。

例えば、名づけ本をながめながら赤ちゃんの名前を考えたり好きな音楽を聞いたり、読書やベビー服の手づくりなどに時間をかけるのもおすすめです。また、母子手帳の妊娠記録欄を記入したり健診記録や今までのエコー写真をまとめたり、上手に保存しておくと妊娠期間の思い出になります。とはいえ、無理は禁物。医師の安静指示の範囲内で上手な過ごし方を見つけてくださいね。

頑張っているのはママ一人ではなく、赤ちゃんも一緒。
赤ちゃんが生まれてしまうと、毎日大忙しで時間が早く過ぎてしまい、ゆっくりとした時間が取れません。「赤ちゃんがのんびりと過ごせる時間をプレゼントしてくれた」くらいの気持ちでのんびりと過ごしてくださいね。