妊婦さんはアロマでリラックス♪妊娠期の症状別おすすめアロマと注意点

妊娠中、ちょっとした体の不調が感じられても手軽にお薬がのめないのがつらいところ。そこで体に極めて優しいアロマテラピーで不調を緩和できたら嬉しいですよね。即効性はお薬にはかないませんが、アロマの香りでゆっくり時間をかけてのんびりケア、そんな気持ちの余裕が心にも体にも嬉しかったりします。

リラックスしたいときにアロマ。しかし注意点があります

ヒーリング効果がありそうなアロマテラピー。お薬を使えない妊娠中の体調不良にほどよい癒やし効果を期待してしまいますが、妊娠中は特にアロマは避けたほうが良いと言われたりもしています。なぜならば、精油によっては、その効果が妊婦さんには良くないとされているものがあるからです。

しかし、特に妊娠中のように病気ではない体調不良には香りによるリラックスは最適であり、産婦人科やマタニティヨガなど、アロマを利用している環境も増えてきています。そこで、妊娠中の体調に合わせたオススメの精油をいくつかご紹介したいと思います!

ですが、その前に避けたほうが良いとされる精油についてご紹介させていただきますね。

妊娠中の使用を避けたほうが良い精油

妊娠中の体は、通常とは違ってお肌も嗅覚も敏感になっています。精油は直接お肌につけるのは基本的にダメとされているので、精油を薄めたものをブレンドしたマッサージオイルやクリームが使われます。
特に妊娠中は、精油により皮膚に刺激があるものや通経作用(月経を促す作用)のあるものがあり、使わないほうが良いとされるものが通常よりも多くあります。人気のラベンダーやカモマイルも妊娠初期にはなるべく使わないほうがベターといわれます。

特に注意すべきはマッサージにアロマを使用する場合ですが、精油を数滴ほどアロマポットやディフューザーなどで香りを楽しむ芳香浴ならば特に問題がないとされています。

【通経作用、分娩促進作用、皮膚刺激性などの理由で使用に気をつけたい精油は以下のとおりです】

レモングラス、ラベンダー、カモマイル、イランイラン、ゼラニウム、シナモン、サイプレス、シダーウッド、クラリセージ、ジャスミン、ジュニパーベリー、ローズ、ローズマリー、ミント、メリッサ、マージョラム

※他にも希少な精油で妊婦さんに禁忌されているものがあります。ご購入、ご使用の際は、アロマセラピストへのご確認をおすすめします。



妊娠中の症状別、おすすめアロマ

妊娠中の不調の症状ごと一般的に効果があるとされる精油をご紹介します。ただし、妊娠中は個人によって匂いの好き嫌いが違いますので、自分が香りを嗅いで心地よいと感じない精油はご使用なさらないようにして下さい。

つわり

つわりの不快さは、吐き気や胸焼け、食欲不振などが考えられます。よく、つわりの時は酸っぱいものが欲しくなると言いますが、リフレッシュしたい、臓器の不快を整えたいときに柑橘系のアロマはおすすめです。

グレープフルーツ、オレンジ、レモン、ベルガモット

GAIA エッセンシャルオイル グレープフルーツ 10ml

頭痛

妊娠初期は、脳の血管が拡張するため頭痛が起こりやすいと言われます。また、妊娠中全般に渡り、ホルモンバランスや体の疲れ、肩こりなどから頭痛に悩まされます。家でゆっくりしながらの芳香浴が一番ですが、いつでもどこでもハンカチに1滴たらして対応できるようお気に入りの精油1本を携帯しておくのもいいですね。

ペパーミント、カモマイル、ローズマリー、マージョラム、ラベンダー

マギーティスランド マージョラム

イライラしたり、落ち込んだり、気分が下向きな時

ホルモンバランスのせいなのか、妊娠中はちょっとしたことで気分が落ち込んだり、イライラしてしまったり、泣き出しそうになってしまったり、ちょっと情緒不安定な事がありますよね。そんな時は、ネロリやベルガモットがおすすめです。ご自分の一番好きな香りがある場合は、それを使うのが一番落ち着きますね。

ネロリ、ベルガモット、フランキンセンス、レモン、ローマンカモマイル

生活の木 チュニジア産 ネロリ エッセンシャルオイル 1ml

とにかくリラックスしたい時

何も考えずに、ゆーっくりリラックスしたい時、ありますよね。一日が終わって、ちょっとむくんでしまった足のためにも横になって、のんびり香らせたいアロマは、甘い香りのローズウッドやオリエンタルなサンダルウッド、森林浴の気分がするティートリーなど、いずれもリフレッシュ、リラックスしたいときにおすすめです。

ローズウッド、サンダルウッド、ティートリー、ネロリ、ラベンダー、ローマンカモマイル、ベルガモット

ASH オーガニック・サンダルウッドエッセンシャルオイル5ml

いよいよ出産、そして産後

出産が近づき陣痛がなかなか来ない時に使いたいアロマもあります、それはクラリセージです。ホルモンバランスを整え自然な出産を助けると言われています。また、産後のマタニティブルーにもよいと言われます。

同様に出産時におすすめされているのがジャスミンです。またその芳しい花の香りでリラックスしやすいと言われているため、産後のママにも大変おすすめな香りです。妊娠中も芳香浴として使用できますが、少し香りが強いので体調に合わせて使用して下さい。

GAIA エッセンシャルオイル ジャスミン・アブソリュート 3ml

精油のおすすめの使い方

優しい香りを楽しむ、芳香浴

妊娠中、特に気にせずアロマテラピーを楽しむには、芳香浴がおすすめです。禁忌とされている香りでも、お部屋に数時間漂わせる芳香浴なら問題ないとされていますし、少しの精油でリラックス効果は抜群、ぜひいくつかの精油を並べて、気分によって好きな香りを使って下さい。

芳香浴の方法はさまざまです。以前はキャンドルを使用して上部のお皿に入れた水と精油を蒸発させて香りをおこすアロマポットが主流でしたが、火を扱うため危険とのことで、現在では、キャンドルのかわりに電気の熱で精油を気化させるアロマウォーマーや、ミストで香りを拡散させるアロマディフューザーが人気です。

また、手軽に扱う方法として、マグカップにお湯を入れそこにアロマオイルを1〜2滴落としたり、ハンカチやミニタオルに同様に1〜2滴含ませたりするだけでも、効果があります。(直接肌に触れないよう注意して下さい)

DRETEC アロマディフューザー ホワイト DF-701WT

安定期に入ったら、マッサージオイルとして

先に述べたように、妊娠期はアロマの効能がマイナスに働く場合もあるため、禁忌とされる精油でのマッサージは気をつけなければなりません。特に妊娠初期(4ヶ月頃まで)は避けるべきと言われています。

妊娠中期以降は、むくみ防止や妊娠線予防として、ごく薄く希釈した(キャリアオイルに対して1%未満の濃度)マッサージオイルは、おすすめです。精油の扱いに不安がある場合は、妊婦さんにもOKな配合のマッサージオイルを購入してしまうのもいいですね。

【むくみに効く精油】
ジュニパーベリー、グレープフルーツ、ゼラニウム、サイプレス(7ヶ月以降)

【妊娠線予防に効く精油】
ネロリ、マンダリン、ラベンダー、ローズウッド、ゼラニウム、カモマイル

エッセンシャルオイル ジュニパー・ベリー(オーガニック) 10ml

ピジョン オーガニクス マッサージオイル 140ml

リラックスするには、アロマバス

妊娠中は、頭痛や肩こりがあったり、また不眠に悩まされたり、様々な体調不良がおこります。そういった症状にお風呂は最適で、疲れや痛みがスーッと和らぎますよね。お風呂にやさしいアロマの香りで、さらにリラックス。と言いたいところですが、アロマバスもマッサージ同様、アロマオイルを直接お肌に浸透させるため、やはり妊娠初期は避けておいたほうが無難かと思います。

4ヶ月を過ぎてから、バスタブに1〜4滴の精油を直接落とす、またはバスソルト(天然塩)大さじ2〜3杯に1〜4滴の精油を含ませバスタブにいれて、入浴して下さい。
お好きな香りの精油が良いですが、リラックスできるアロマバスにおすすめの精油は以下になります。

ネロリ、マンダリン、ラベンダー、カモマイル

GAIA エッセンシャルオイル マンダリン・グリーン5ml



心地よいと感じる香りで、不調を遠ざけましょう

アロマテラピーは、多くの人に認められてきています。特に、薬が使えない痛みだったり、気持ちのバランスが不安定だったり、ケアが難しい妊娠期には優しい効果のアロマテラピーはおすすめです。

精油にはそれぞれに特徴がありますが、リラックスや気分転換には、自分が好きな香りが一番効果的です。妊娠すると、妊娠前とは香りの好みも変わったりするため、直接匂いが試せるお店に行って精油選びをしてみてください。また、精油で気分が悪くなったりしたらすぐに使用はやめて下さい。
好きな香りで、ゆっくりリラックスして、素敵な妊娠生活を送れますように。