赤ちゃんの高熱!もしかして突発性発疹?症状と対処法をおさえよう

突発性発疹をご存知ですか?赤ちゃんが突然の高熱を出す病気で、生まれてはじめての発熱がこの突発性発疹という子も多いポピュラーな病気です。しっかりと予習をしておいていざという時に慌てないように備えておきましょう!

突発性発疹って?

突発性発疹はほとんどの子が経験する病気です。
病気にかかる年代が限られていたり、かかった時の経過が特徴的だとされています。

まだかかったことのない赤ちゃんを育てているママは、「もしかして突発性発疹かも?」という時に慌てずに済むよう、この病気のことをしっかりチェックしておくといいですよ。

ではまず、かかりやすい月齢や一般的な症状と、その経過について確認してみましょう。

生後6ヶ月~1歳前後が最も多い

ママからへその緒を通して貰っていた免疫が切れ、様々な風邪などにかかりやすくなる生後6ヶ月あたりからが、この突発性発疹になりやすい月齢です。生まれてはじめての高熱がこの病気であるパターンは多く、ママをとても驚かせます。1歳前後がピークで2~3歳までかかります。

高熱が数日続いたあとストンと下がり発疹が出る

突然の発熱ではじまることが多いようです。比較的高い熱(38度台後半~40度ぐらい)が3~4日続いた後、急に平熱付近まで下がります。

その後、顔や身体にパラパラと赤い不規則な発疹が出始め、半日~1日程度で全身に広がります。この発疹に痒みはありません。発疹は数日で少しずつ消えていきます。

発熱期間は厳密に3~4日というわけではなく、2日程度で下がる子もいれば5日続く子もいます。

高熱の割には元気なことも多い

高熱の割に全身状態が良く、元気であることが多いのが特徴と言われています。
ですが必ずしもそうではなく、不機嫌でぐったりとしていたり、風邪のような症状(喉が赤い、鼻水など)がある場合もあり、最初の受診では風邪と診断される場合があります。

下痢をする子も多いようです。
また高熱の出始めは嘔吐してしまう子もいますので、注意してあげてくださいね。

熱が下がってから不機嫌が続く場合がある

この突発性発疹は「不機嫌病」などとも呼ばれていて、熱が下がって発疹が出たあたりから非常に機嫌が悪くなる子が多いことでも有名です。発疹自体は、赤ちゃんが掻く動作をしないことから、痒いものではないはずなのですが、なぜか非常に不機嫌になるようです。

この不機嫌の原因は今のところ不明です。
突発性発疹になるのは、まだ喋れない子がほとんどですので、不機嫌の理由を説明出来ないため真相は謎なまま…なのだそう。

不機嫌な状態は2日程度でおさまる子から「10日続いた!」という子まで様々。ママや家族は大変ですが、赤ちゃんが成長する一段階だと思って抱っこしたり、あやしたりとパパの力も借りて乗り切りましょう。



突発性発疹の原因は?

突発性発疹はウイルス感染によっておこる

ヘルペスウイルス6型と7型によって引き起こされます。
原因となるウイルスが特定できたのが最近のことで、感染経路などはあまり詳しくわかっていません。

季節を問わず感染しますが、はしかや水ぼうそうほど感染力の強い病気ではありません。
実際、発疹が出始めたあたりで感染力はかなり少なくなっているようです。

ほとんどの子は2歳までにかかる

多くが生後6ヶ月~2歳までにかかります。2歳までにかからなければ、その後かかることは無いとされていました。しかし、数は少ないですが3歳でもかかる子はいるようです。

また感染しないまま大きくなっても特に問題はありません。

2回かかることもあります

先ほど突発性発疹の原因はヘルペスウイルス6型と7型であると書きましたが、それぞれのウイルスは一度感染すると終生免疫を得て、二度と感染することはありません。ですが、6型に感染したあと、7型に感染するパターンもあるようです。

突発性発疹になったら?対処法は?

それでは、突発性発疹にまだかかったことがない子が、実際に高熱を出した場合、どのように対処すればいいのでしょうか?
ここでは、ママがすべきことをピックアップしてご紹介します。

まずは病院で他の症状をチェックしてもらう

高熱が出て突発性発疹にまだなったことが無かった場合、まずママは「突発かな?」と思いますよね。ですが、気づかない他の症状が隠れている場合もありますので、一度必ずお医者さんで診てもらってください。また、ママの目から見て気になる症状がある場合も、きちんと相談してくださいね。

安静と水分補給が大切です

お医者さんで「突発性発疹かな?」と診断されたら、後は対症療法で熱が下がるまで見守っていくことになります。

赤ちゃんの手足が冷たいときは、まだまだ熱が上がっていくサインですので安静に。熱が高く上がっている時は出来るだけ薄着にしてあげてください。可能であればお部屋は少し薄暗いほうが、赤ちゃんはゆっくり出来ます。

脱水症状に気をつけて、きちんと水分をこまめにあげてください。
おっぱいやミルクでもいいですし、お茶や赤ちゃん用のイオンウォーターなど、お子さんが飲みやすそうなものならOK。ただし柑橘系のジュースはお腹がゆるくなることがありますので、病気のときは避けたほうがいいでしょう。

突発性発疹は高熱が何日も続く病気です。熱も少し下がったかな、と思ってもまた上がっていくのを繰り返します。ママは不安になるかと思いますが、睡眠と水分がしっかり取れていれば、それほど怖い病気ではありません。

また風邪のような症状がある場合は抗生物質も処方される場合があります。
こちらは、飲んでいる途中で熱が下がり突発性発疹だと判明しても最後まで飲んで大丈夫です。気になる場合はお医者さんで相談を。勝手に飲み止める判断はしないでおきましょう。

辛そうな時は解熱剤を

高熱が出てお医者さんに診てもらったら、大抵の場合「解熱剤」を処方されることと思います。

解熱剤を使うタイミングは、熱で子供が辛そうにしていたら、です。しんどくて、眠れない・飲めないというような時は解熱剤を使ってあげてください。

突発性発疹の場合は解熱剤で熱を下げても、すぐにまた熱があがってくるのですが、解熱剤で熱が下がっているスキに水分を補給したり、睡眠を取ったり、赤ちゃんの体力を回復させてあげましょう。

熱性けいれんに注意

突発性発疹は高熱が出る病気ですので、熱性けいれんを起こすことがあります。
白目を剥いて、手足がこわばり、がくがくと震え、意識が消失し…という症状が出ますので、お子さんの初めての熱性けいれんと遭遇したママは非常に驚くと思います。

その時は、落ち着いて深呼吸。時計で時刻をチェック。
けいれんは数分でおさまりますので、何分けいれんしていたかを確認してくださいね。

お子さんを揺さぶったりせず、服をゆるめて、吐いた時に喉を詰まらせないよう、横向きに寝させてあげてください。そしてけいれんがおさまったら病院に電話で連絡を。指示をしてもらってください。

ただし、けいれんが10分以上おさまらない場合は、何か他の病気の可能性がありますので、救急車を呼んでください。

突発性発疹だと決めつけず様子を見守ってあげて

最初に病院で「突発性発疹かな」と診断をされても、突発性発疹は熱が下がって発疹が出始めるまでは、突発性発疹と確定出来ない病気です。ですので、油断せず様子を見守ってあげてください。

まれに重篤な合併症になる場合もありますので、もし「おかしいな?」と感じることがあれば、すぐに再受診をしてくださいね。



突発性発疹は予防できるの?

ワクチンや特効薬はありません

現在、突発性発疹の原因ウイルスに対するワクチンや特効薬はありません。感染経路もよくわかっていないため、病気自体を予防する方法はいまのところありません。

ですので突発性発疹にまだかかっていない場合は、いつ高熱を出しても慌てないように、ママが気持ちの準備をしておくといいですね。

突発性発疹後のワクチンスケジュールは病院に相談を

突発性発疹になりやすい月齢は、予防接種スケジュールが過密な時期でもあります。突発性発疹が治った後、何かの予防接種をする場合は、何週間空けてから、など病院によって決めている場合があります。熱が下がったから、発疹が治ったから、といってすぐに接種出来ない場合がありますので必ず確認するようにしましょう。

ママも一緒に乗り越えよう!

初めての発熱だったり、こんなに高熱が続く経験がこれまで無かったり…ママは不安になりますよね。自分のことのように心配なのに、代わってあげられないもどかしさや、しんどそうにしている子を見る辛さは何より堪えると思います。

ですが、しんどい時にママが心配してくれたり、傍にいてくれる安心感はきっとお子さんの支えになるでしょう。ママは慌てず、しっかりとお子さんの様子を観察して、水分や睡眠を確保してあげてくださいね。

また、どんな病気でもそうですが、教科書どおりの症状でないことも多々あります。

実際に私の子供は2人とも突発性発疹になりましたが、1人は感染時に3歳を超えていましたし、もう1人は喉が真っ赤に腫れ上がり、「どうみても風邪」という症状からスタートしました。
比較的元気、というものには2人とも当てはまらず、ずっとぐったりしていました。突発性発疹だと予想できず、なかなか熱が下がらないので、とても心配で何度も小児科で相談したのを覚えています。

疑問に思ったこと、心配なこと、気になること、しっかりと聞いてくれて診断してくれる信頼のおける小児科医の先生をきちんと調べて決めておくことも大切です。
お医者さんにきちんと診てもらって、ホームケアの体制をしっかり整えてあげたら、あとはママはどーんと構えてください。ママが落ち着いていれば、きっとお子さんはそれを感じ取って安心してくれるはず。親子二人三脚ならきっと大丈夫。一緒に病気を乗り越えていきましょう♪