PTA役員の仕事内容は?役員を引き受けるメリットや役員選出の方法など

毎年春になるとママたちの頭を悩ませるPTA役員問題。そもそもPTA役員って何をやるの?毎年のようにPTA役員をやっている人もいるけど、もしかしたら引き受けると何かメリットがあるのでしょうか?役員選出の方法もいろいろあるようですし、断る方法があるなら知っておきたい。その場になって困らないように、あらかじめ知識と情報を入手しておきましょう。

PTA役員の仕事内容

PTA役員の仕事は、大きく分けて「PTA本部役員」と「クラス役員」の2種類あります。

1.PTA本部役員:円滑な学校運営のための仕事を総括して行う


PTA本部、三役、事務局などいろいろな呼び方はあるようですが、保護者と先生で作るPTAの代表部門です。
役職は、学校によっても多少呼び方が違いますが、会長、副会長の他、会計、庶務(総務、書記など)、会計、会計監査などがあります。

仕事の内容は、市や区など校外のPTA連合、または町内会といった地域と学校をつなぐ役割、子どもの安全に関すること、学校行事の取りまとめ、校内の役員さんの取りまとめなど、円滑な学校運営のためのお仕事を総括して行っています。

PTA本部各役員の主な役割


・会長…PTAの代表として、挨拶をしたり、対外的な連携を取り持ったり、運営全体に関わります。
・副会長…会長の補佐をしたり、会長不在時の代役と、校内の役員の取りまとめなどをします。
・庶務(総務、書記)…役員会議事録を残したり、書類を管理しながら、連携して本部の運営に携わります。
・会計…PTAで使われるお金を管理しながら、本部の運営に携わります。
・会計監査…PTA会費が不正使用されていないか、定期的にお金の監査をする人です。

PTA本部役員の主な仕事


・学校行事(運動会や入学式、卒業式など)の運営
・地域の他の幼稚園、小学校、または中学校や町内会との連携
・登下校の安全や、子どもたちが健全に学校生活を送れる手伝い
・子どもたちの健全育成のための勉強会への参加
・学校や子どもたちの様子、または役立つ情報を載せた広報誌の作成
・記念品の準備、購入

2.クラス役員…学年委員と補導安全やベルマークなどの専門委員から構成


各クラスから一人、または複数人選出するようになっているクラス役員。実はこちらの方がみなさん戦々恐々としているのでは?

保健厚生委員、広報委員、図書委員、補導安全委員、推薦委員、ベルマーク委員などの専門委員は、その委員会で、クラスや学年という枠を超えた集まりで話し合い、それぞれに活動します。

さらに、学年委員や各専門委員の中の委員長、副委員長があり、これらは本部役員と連携して活動します。

学年委員とは、いわゆる学級委員のことで、懇談会などの司会進行を任されたり、クラスで何かする時の代表となって、他の委員を招集したりします。



PTA役員を引き受けるメリット3つ

PTA役員は、子どもたちが安心、安全に幼稚園や小学校生活を送れるように、先生たちと協力してさまざまな仕事をしていることがわかりました。

有意義な活動であることはわかったけど、でも実際にやるのはとても大変なこと。PTA役員をやるとどんなメリットがあるのでしょう?

1.幼稚園、学校の様子がわかる


子どもが一日の大半を過ごす幼稚園や小学校のことですから、何でも知っておきたいですよね。よくわかっているつもりでも、PTA役員になってみて初めてわかることはたくさんあるので、お子さんとの会話もますます弾みますよ。

役員として学校に行くと、子どもたちの普段の様子が見られたり、行事をお手伝いする係もあるので、子どもと一緒に学校行事を体験できたりすることもあります。

2.先生たちとの信頼関係が深まる


PTAは先生と保護者で一緒になって作り上げていく会です。
先生と何度も顔を合わせて話していくうちに、お互いに信頼関係ができ、話しやすくなりますね。

先生だって人間ですから、全然見かけない人よりも、何度も顔を合わせた人の方が話しやすいということはありますよね。

3.ママ友や顔見知りが増える


同じ幼稚園、小学生ママとして、一致団結して何かに取り組む経験は貴重ですよね。いつのまにかお友だちになっていたり、挨拶ができる人が増えると、学校行事に顔を出すのが楽しくなりますよね。

ママを通しての情報交換などができると、今まで知りえなかった情報が手に入ったり、相談ができたり、何かあった時にとても心強いはずです。

PTA役員選出の方法

基本は立候補制。決まらない場合は他薦や適任者にお願いなど

PTA本部役員の場合


PTA役員の選出の方法は、地域や学校によっても違いますし、同じ学校でも途中から変わったりすることもあるようですが、本部役員、クラス役員ともに、基本的には立候補を募ります。

それで立候補がいない場合、本部役員は推薦委員が他薦を募ったり、独自に適任者を探してお願いするという形をとるようです。

クラス役員の場合


年度初めや年度末のクラス懇談会で、クラス役員を決める幼稚園、学校が多いようですね。中には入園、入学した時に「子どもが何年生の時に何委員をするか」計画書を提出するところもあるそうです。

卒園、卒業の年に役員をやると、謝恩会や卒園、卒業式のもろもろの仕事が増えそうだし、専門委員会などの委員長(部長)になってしまうのではという懸念から、なるべく早いうちにやってしまおうと、低学年のうちに立候補が殺到する場合もあるとか。

最終的に立候補がいない場合は全員でくじ引きとか、じゃんけんで決める学校もあるそうですが、「楽だという噂」の役員に希望者が殺到して、逆に奪い合いじゃんけんになることもあるそうです。

じゃんけんやくじ引きをしない学校では、担任の先生が決まるまで保護者に電話をかけ続けたり、家庭訪問が「役員お願い行脚」になるという話もあります。



断り方はあるの?

仕事を理由にするのは、避けた方が無難です


お仕事をされている方は、フルタイムにせよパートタイムにせよ、毎日ただでさえ大忙しですよね。それなのにPTA役員を兼任なんて絶対無理!という状況でも、それを全面に打ち出さない方が賢明かもしれません。

共働き世帯はどんどん増えていますし、高学年になると専業主婦世帯の方が珍しいという説もあります。
「あなたお仕事してないんだからやってよ」という意味と受け取られかねません。

出産予定があることを伝える


妊婦さんや乳児がいる家庭では免除という幼稚園や小学校は、わりと多いかもしれません。
他に、ご家庭に介護の必要な方が同居されているとか、特別な事情がある場合は免除されることもあるそうです。

他の学年でやっている、または昨年やったというのはアリ


きょうだいが同時に在籍している場合、「上の子の学年でやっているので」と言えば、他の学年でやることは免除されるようです。

また、「去年やったので」という理由も、免除されやすくなるようですね。

懇談会を欠席するのも、おすすめできません

欠席者はくじ引きやじゃんけんにも当たらないという学校であれば、欠席してしまえば役員にならないということになりますね。

ただ、協力的な保護者とはとられないので、あまりおすすめできるやり方ではないですよね。

PTA役員を引き受けるメリットもあります!


何となく大変そうだから敬遠していたPTA役員、だけどやってみたら楽しかったし、達成感も得られた!という人もいます。顔見知りが増え、子どもの学校に顔を出すのも気が楽になることも。

でもどうしても最初の一歩が踏み出せない人も、中にはいますよね。
役員を引き受けられないけれども、「できることは手伝います」という姿勢を打ち出せることが大切なのかなと思います。

大事な我が子が通うところですから、できる限りで協力したいですよね。
幼稚園や学校にパパやママが来ていると、子どもたちが喜びますよ!