赤ちゃんの英語耳を育てよう!0歳から始める英語教育の必要性と注意点

日本では今、国をあげて英語教育に力を入れており、小学校の授業でも英語が取り入れられるように。小さいうちから英語に触れさせてあげたいと考えているママも多いのでは。英語耳って、何?赤ちゃんのうちから英語を聞かせた方がいいって本当?赤ちゃんに早くから英語を聞かせてあげることの必要性と注意点についてのご紹介です。

赤ちゃんから英語を聞かせるといいのはなぜ?

英語耳って何でしょう?
そう、英語を聞き取ることができる耳のことです。
けれど、大人になってから英語を聞くことトレーニングして成果を上げる人もいますよね。なぜ赤ちゃんのうちから英語を聞かせる必要があるのでしょうか。
生後間もない赤ちゃんの特徴についてご説明します。

赤ちゃんはさまざまな言語を聞き分ける語学の天才!

ワシントン大学の学習脳科学研究所所長パトリシア・クール教授によれば、世界中のどの赤ちゃんであっても、多種多様な音を聴き分ける能力を持っているのだそうです。
つまり、赤ちゃんはどの国の言語であっても判別することができるフラットな状態であるということ。
ところが成長するにつれて、いつも聞いている母国語以外の言語を聞き分けることは難しくなってくるといわれています。

生後1年を迎える前に聞き取れる言語は限定される

前述のパトリシア・クール教授は、東京に住む赤ちゃんとシアトルに住む赤ちゃんに、「ra」と「la」の音の違いを聞き分けられるかテストしました。
(英語では「r」と「l」の違いが重要ですが、日本語ではあまり重要ではないためです)

◆生後6ヶ月~8ヶ月
東京の赤ちゃんとシアトルの赤ちゃんに、差は見られませんでした。

◆生後10ヶ月~12ヶ月
東京の赤ちゃんは音の違いを聞き分けることが難しくなりましたが、シアトルの赤ちゃんは聞き分けることができました。

このように、たった2ヶ月の間で、赤ちゃんの耳は母国語をより聞き取りやすいように変化しているのです。

早ければ早いほど英語を聞き取りやすい耳に

赤ちゃんは生まれながらの天才!けれどそれは期間限定なのです。
1歳になる前に日本語を聞き取るための耳になってしまうので、英語を聞かせるのならば、0歳代から聞かせた方がより効果的だといえるでしょう。



赤ちゃんに英語を聞かせる際に注意すべき5つのポイント

赤ちゃんを英語に触れさせてあげることは、刺激にもなってとても良いことです。
ですが、いくつか気にかけてあげるべき点もあるのです。

1. CDに頼りすぎない!聞くときはママも一緒に

ただCDで英語を聞かせっぱなしにしても、効果は得られにくいといわれています。
大事なのは、ママと一緒に聞くこと。
そしてできればママもCDと一緒にお話してあげましょう。

2. 日本語で話しかけることも大切に

語学な堪能な人は、母国語の扱いに関しても長けていることをご存知でしょうか?
さまざまな言語を操るには、まず母国語の能力が確立していることが重要なのです。
また日本語をないがしろにして、赤ちゃんに英語ばかりに触れさせた結果、トラブルが起こってしまったという例も報告されています。

◆頭が混乱する
 日本語と英語の区別がつかなくなってしまいます。

◆どちらの言葉も中途半端に
 母国語である日本語の習得にも遅れが生じてしまいます。

世界で最も難しく、また美しいともいわれている日本語を正しく身に付けることも、大切にしてあげてくださいね。

3. 遊びの一貫として英語を楽しめるように

赤ちゃんは興味を持ったものをどんどん吸収します。
そのためには赤ちゃんが「楽しい」と感じなくてはなりません。
あくまでも遊びの一環として、英語に触れさせてあげるといいかもしれません。

4. 英語以外の遊びもしっかりと

他の遊びをおろそかにしないように気を付けましょう。
英語教育に力を入れすぎて体を動かすことが減ってしまったせいで、運動能力の発達に悪影響が出てしまうこともあるようです。
お散歩に行ったり、ママとスキンシップをする時間もしっかり確保しましょう。

5.継続は力なり!大きくなっても聞き続けましょう

小さいころから外国で暮らしていたため、英語が堪能になった帰国子女であっても、長い間英語を使っていないと、聞き取ることが難しくなることもあるようです。
それと同じように、赤ちゃんの頃から英語を聞かせ始めても、きちんと続けなければあっという間に英語耳ではなくなってしまいます。
せっかく赤ちゃんのうちから英語に親しんだのに、それではもったいないですよね。
なかなか大変なことですが、ぜひ続けてくださいね。

赤ちゃん向けの英会話教室やCD、絵本などの教材を活用しよう

赤ちゃんとママのためのスクールや教材はたくさんあります。
いろいろなものがあって、どれがいいか迷ってしまいますよね。
そんな時は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

子どもに英語力をつける!お手ごろなのに効果バツグンの英語教材|cuta [キュータ]

出典: http://www.thinkstockphotos.com/image/stock-photo-little-boy-with-headset-using-touch-pad/481991577

小学校から英会話の授業が必修になるかも?英語必須の会社が増えている!ということで、子どもの将来を考えると英語を習わせようか悩みますよね。数十万する教材や、月謝が数万のスクール通いなど、お金がかかるイメージだった子どもの英語教育ですが、今回は英語力アップのポイントと、お手ごろなのに効果バツグンな英語教材を紹介します。

出典:

バイリンガルへの第一歩!聞かせたい読ませたい英語の絵本10選|cuta [キュータ]

出典: http://www.gettyimages.com/detail/photo/caucasian-baby-boy-looking-at-books-royalty-free-image/155771210

将来、我が子が英語習得に苦しんで欲しくないと願っている方も多いですよね。でも、高い英語教材や英語スクールに通わせるのはどうかと思われている方に、ぜひ試していただきたいのが英語の絵本の読み聞かせです。今回は英語の絵本を読み聞かせる目的と、おススメの英語絵本10選をご紹介します♪

出典:



赤ちゃんもママも英語を楽しもう!

グローバルに活躍するためには英語力が必要不可欠です。
後々英語に対する苦手意識を生まないためにも、早くから英語に親しんでおきたいですよね。
「英語が苦手!」というママもいるかもしれません。
でも大丈夫!ママが得意かどうかは関係ありません。
赤ちゃんはママと一緒に遊ぶことが大好き。
ママと一緒に英語で遊べたら、きっと英語耳に近付けるはずですよ。