手強い便秘はアローゼンで改善できる?その効果や妊娠中、授乳中の服用について

妊娠すると多くの人が経験する便秘。処方された薬を前に、「妊娠中の下剤って本当に大丈夫かな?」「赤ちゃんや母乳に影響はないの?」など不安になるママもいるのではないでしょうか。ここでは代表的な便秘薬「アローゼン」について、効果や副作用、妊娠や授乳への影響、注意点、マグラックスとの違いなどについてご紹介いたします。

便秘ってつらい…

実は妊婦さんの半数以上が便秘を経験しています

妊娠すると、それまで全く縁のなかった人でもなってしまう便秘。あまりに苦しいため病院で相談すると、多くの場合なんらかの「下剤」が処方されます。しかし飲んだとたん今度は下痢になってしまったり、腹痛を伴ったり、いきみ過ぎて流産や早産しちゃうんじゃないか…など、こわくなってしまう方も多いのではないでしょうか?

通常よりなりやすい妊婦さんの便秘、その理由はちゃんとあります。自分で改善しようと思っても難しい場合は、一時的に便秘薬の力を借りることもひとつの手です。ひどくなる前に早めに手を打ち、苦しい便秘をすっきり治しましょう。

便秘になりやすい理由はプロゲステロンが多く分泌されるため

妊婦さんが便秘になりやすい理由をご存知でしょうか?それは個人の問題ではなく、妊娠したことによってプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が活発になったため、と言われています。

プロゲステロンには妊娠を維持するためのさまざまな作用がありますが、「体内に水分を貯めこむ働き」によって大腸内の必要な水分まで奪われて硬い便になったり、「腸の動きが弱くなる」ため、ますます便秘傾向になると考えられています。他にも赤ちゃんの成長に伴い、子宮が大きくなって大腸が圧迫されること、ママの運動不足や腹筋の低下も便秘の一因となっています。

▼女性ホルモンについてはこちら



アローゼンを処方されたら

アローゼンとは?

アローゼンとは、便秘時に処方される「大腸刺激性下剤」のひとつです。黄色い包装で、漢方薬のような茶褐色の色・におい・味がするので飲みにくく感じるかもしれませんが、その効果は強力です。

病院で処方される刺激性下剤は他にも、ダイオウ、プルゼニド、ヨーデル、ラキソベロンなどが知られています。また、ドラッグストアなどで手に入る同様の下剤として、コーラック、スルーラック、センナ茶などが有名ですが、基本的に妊娠中は服用せず病院で医師の処方を受けるようにしましょう。

アローゼンの成分

アローゼンの主成分は下剤効果が高いお茶として有名な「センナ」で、アントラキノン系の下剤に分類されます。薬剤添付書には1gのアローゼンに、センナ(葉)が577.9mg、センナジツ(実)が385.3mg含まれ、他にもオノニス根エキス、タラクサシ根草エキス、ミレフォリウム草エキスといった、植物由来の天然成分が含まれていると記されています。

飲むと尿が赤褐色や黄色っぽくなることがありますが、薬の成分によるものなので心配しないでくださいね。

アローゼンの効果と服用方法

アローゼンは、「弛緩性便秘」という腸の運動が鈍くなっておこる便秘症の人に有効とされています。効果(作用機序)・服用方法・発現までの時間をまとめると以下の通りになります。

○アローゼンの効果(作用のメカニズム)
1.センナの有効成分である「センノシド」が大腸の腸内細菌によって分解される
2.これが大腸を刺激する「レインアンスロン」という物質に変化する
3.さらにこの物質が大腸を刺激して腸のぜん動運動を活発にし、便が出やすくなる

○服用方法
成人1回につき0.5~1.0g(1~2包)を1日1~2回服用する

○効果の発現まで
内服して8~12時間後、寝る前に飲むと翌朝効果が期待できる

アローゼン服用上の注意点

飲む時の注意点は、一度飲んで全く効果がなかった場合でも、自己判断で容易に増量しないことです。通常2包/回まではよいとされていますが、妊婦さんは妊娠週数など個人差があるので、もし効果がない場合は医師に相談してみましょう。また飲み忘れた場合も、たて続けに飲むことは避けましょう。

けいれん性便秘(ストレスが原因の便秘症)や便がとても硬い場合は、アローゼンを飲むことでかえって逆効果となることもあります。薬が余っているからといって安易に内服せず、飲む前に相談すると安心ですね。

アローゼンの効果はいつまで続く?

このタイプの下剤は、長期連用することによって耐性がつくことで知られています。つまりずっと飲み続けると体がそれに慣れてしまうため効き目が弱まり、次第に薬の量が増えていったり薬に頼りがちになって「依存」する可能性があるということです。

アローゼンの効果はいつまでも同じようには続かないので、できるだけ短期間にとどめておいたほうが良いということを覚えておきましょう。「本当に必要なときだけ、必要な量を使う」。これがポイントです。

アローゼンの副作用

アローゼンは比較的安全性の高い下剤

アローゼンは副作用が比較的少ないことから、高齢者にもよく使用される安全性の高い薬です。でもやはり人為的に腸を動かすため、薬の量が多かったり体質に合わない場合は、下痢や腹痛といった副作用が起こることもあります。

また前述したとおり、効きめが悪いからといって容易に増量を行うと、自然な排便がますます困難になってしまいます。長期連用は血液中のカリウムの減少を引き起こし、動悸や体のだるさ、筋力低下などの症状をまねく恐れもあります。体の不調を感じた時は早めに主治医に相談し、薬は指示通りに内服するようにしましょう。



アローゼンは強い薬なの?

下剤の強さとしては強いタイプ

アローゼンは「大腸刺激性下剤」なので、下剤の強さとしては強いタイプの薬に分類されます。作用時間も寝る前に飲めば翌朝にはお通じがあることが多く、わりと短時間で効果が得られます。

しかし効果が強い半面、腹痛や下痢が起こることもあるので、お腹の張りが強い方や妊娠後期には用いられない場合もあるようです(注:医師の判断で用いることもあります)。妊婦さんの状態をみながら、「マグラックス」や「マグミット」といった緩下剤が処方されることも多いので、これらの薬についても知っておきましょう。

マグラックスはどんな薬?

「マグラックス」や「マグミット」は、主成分が酸化マグネシウム(通称カマグ)で、いわゆる「緩下剤」と呼ばれるものです。マグラックスの効き目は緩やかなので、下剤としては即効性がなく効き目が弱いとされていますが、体への負担は少なく習慣性も比較的少ないので、長期間飲み続けても効果が弱まることはないと言われています。

こちらも副作用はほとんどありませんが、腎機能が悪い人が過剰に飲んだ場合に、「高マグネシウム血症」になることがあるので注意が必要です。

アローゼンとマグラックスの違い

アローゼンとマグラックスの違いは、作用のメカニズムにあります。アローゼンが直接大腸を刺激して人為的にぜん動を起こすのに対し、マグラックスは腸内に水分を引き寄せ、便をやわらかくしながら膨張させることによって便を出やすくします。便そのものに働きかけるので、体への負担が少ないのですね。

余談ですが、マグラックスは「制酸剤」の働きもあるので、胃の粘膜の潰瘍化や損傷を防ぐという嬉しい作用もあります。どちらのタイプの薬が良いかは、ママの排便の状態や体調をみながら、主治医が適切な薬を処方してくれますのでどうぞ心配しないでくださいね。

妊娠中や授乳中には飲める?

早産や流産のリスクがある人は注意が必要です

アローゼンは一般的に妊娠中にもよく処方されていますが、実は薬剤の添付書には、「妊娠中または妊娠の可能性がある人に対しては、子宮収縮を誘発し早産や流産のリスクがある」と書かれ、禁忌となっています。

しかし実際は、少量~通常量であればまず問題ないと考えている専門家は多く存在し、医師の判断でアローゼンが処方されることは普通にあるようです。医師から処方を受けた場合は、「突然に大量内服することは、子宮の収縮を誘発してしまう可能性がある」ということを心に留めつつ、注意しながら指示通りに服用すれば問題ないようです。

授乳中に飲む場合は赤ちゃんの便の状態に注意を

授乳中に便秘になった場合も、「便秘薬って飲んでも大丈夫?」と不安になっているママは多いのではないでしょうか。母乳はママの血液中の水分や栄養素から作られるので、やはり気になりますよね。

しかし実際、授乳婦を対象に赤ちゃんへの安全性を立証するのは難しいのが実情です。ちなみに添付書には、「授乳中の婦人は避けさせることが望ましい(乳児に下痢がみられた報告あり)」と書かれています。

経験談として、妊娠前にもらったアローゼンを医師の指示で産後も飲んでいる方は多く存在し、そのために赤ちゃんが下痢になることは非常に稀なように思います。処方を受けた場合は、この点を心に留めておき、もし症状が出た場合はすみやかに相談しましょう。

アローゼンが効かないときは・・・

1.お通じがつきやすいものを積極的に摂る

排便をコントロールするには、毎日の食生活が基本です。特に発酵食品の代表格である納豆やキムチ、ビフィズス菌で有名なヨーグルトや乳酸菌飲料は、腸の善玉菌を増やし便秘の改善に役立ちます。同じく善玉菌の栄養源となる、オリゴ糖や食物繊維も積極的にとりましょう。

また食物繊維には、便を柔らかくしてくれる「水溶性」と、便のカサ増しをしてくれる「不溶性」の2種類あります。妊娠中は腸の運きが鈍くなっておこる、「弛緩性便秘」になりやすいため、不溶性ばかり食べると、便のカサばかり増えてお腹がパンパンになってしまうこともあります。よって両者をバランスよくとることが大切だと言われています。

○水溶性食物繊維
バナナ・プルーンなどの果物、こんにゃくや寒天、海藻類、いも類、大豆類
○不溶性食物繊維
シリアルなど穀物類、豆類、きのこ類、ごぼう・サツマイモ・人参など根野菜

▼おすすめのオリゴ糖

オリゴのおかげ
オリゴ糖は、胃酸や消化酵素で分解されずに腸まで届き、少量で効率的にビフィズス菌を増やします。飲み物やヨーグルトに混ぜると◎公式サイトはこちら
ww.okage-sama.co.jp/mama_kids.html

▼妊娠後期の便秘についてはこちら

2.水分を意識して摂り、便が硬くなるのを防ぐ

妊娠中はお腹の赤ちゃんへ血液を送るため、産後は授乳するために積極的な水分摂取が必要となります。水分を多くとることで便が硬くなることが防げますので、意識してしっかり水分をとり入れましょう。

ちなみに1日に必要な水分摂取量は、非妊娠時で1~1.5L/日、妊娠時ではそれより多めの2L程度と言われています。また他にも以下のような工夫をすることで、便秘を防ぐことができます。

○朝食前にコップ1~2杯の冷たい水や白湯、または牛乳を飲む
○食事の際もお味噌汁やスープなど水分が多めのメニューを取り入れる
○余裕のある時間帯をさがし、便意がなくてもトイレに座る習慣をつける

3.適度に運動して腸のぜん動運動をうながす

妊娠中の便秘対策としては、毎日の家事をこなしたり家の周りを散歩したり、妊婦体操するなど適度な運動があげられます。そして産後は産褥体操などをし、衰えた腹筋を回復させることが便秘の解消に繋がります。

産後問題がなければ徐々に行動範囲を広げていき、赤ちゃんとの散歩や買い物など、軽い運動を無理なく行っていきましょう。

つらい便秘が改善しますように!

妊娠中から産後にかけての時期は、さまざまな理由からどうがんばっても便秘になりやすくなります。スッキリ出したいのに思うように出ないって、本当にもどかしくつらいもの。食生活や生活習慣など、できる範囲で工夫しても解消できない頑固な便秘の場合、やはり無理せず便秘薬の力を借りることも必要です。

薬の効能を理解した上で薬に頼りすぎず、同時に食生活の改善や生活習慣の工夫も続け、一日も早くつらい便秘を解消できたらいいですね。