夏の妊婦は太りやすい!原因と体重管理のポイント6つ

妊娠中の体重管理に苦労しているプレママさんは多いもの。妊娠すると、カラダの変化から太りやすくなりますが、特に夏こそが体重の増えやすい季節だということをご存知でしたか?そこで今回は、夏の妊婦さんが太りやすい理由とその対処法をご紹介していきます。

夏の妊婦は太りやすい!?

最大の敵はズバリ“むくみ”!

「こんなに大変だったなんて!」「空気を吸っても太っちゃう~!」

…妊娠中の体重管理に悩むプレママさんは多いですよね。妊娠中であっても、バランスのとれた食事や適度な運動を心がければ、それほど太りすぎることはないと言われています。けれど、きちんと気をつけているつもりでも太りやすい季節があります。ズバリ、それは“夏”!

妊娠中は、赤ちゃんへ栄養を送りやすくするために、血液量が通常の1.3倍にまで増えます。そのため、カラダの中に水分をためこみやすい体質へと変わり、むくみやすくなるのです。
さらに、夏は室内のクーラーや冷たい飲みものなどによって、思った以上にカラダが冷えてしまっています。その結果、知らず知らずのうちに血液循環や水分代謝が滞り、むくみがひどくなってしまいます。

つまり夏の妊婦さんは、むくみやすいカラダをさらにむくませてしまうため、いわゆる“水太り”による体重増加を起こしやすいのです。



夏の水太りを撃退するポイント6つ

水分を控えればむくみは解消する、なんて思っていませんか?実はそれは大きな間違い!
そこで、むくみを解消できる方法を6つご紹介していきます。カンタンなことばかりですが、きちんと実行すれば効果を実感できるはずですよ。

1.クーラーの効いた部屋では重ね着を

外はムシムシと暑いのに、一歩室内に入るとキンキンの涼しさ……そんな環境ではむくみの原因である“冷え”が進行してしまいます!
オフィスなど、クーラーの効いた場所ではカーディガンやひざ掛け、ストール、腹巻、靴下などで冷え対策を万全に整えましょう。また、自宅でもクーラーの設定温度を低めにするのが理想。おすすめは政府も推奨している28℃!扇風機を併用すれば思った以上に涼しくすごせますよ。

2.運動をして血行をよくする

長時間立ったままだったり、座ったままだったりすると、血行が滞ってむくみがひどくなってしまいます。
目安としては1時間に1度、屈伸や足首まわしなどのストレッチを取り入れましょう。自宅で横になれる環境だったら、足を高くして寝転がるのもおすすめです。

3.冷たい飲みものを控える

汗をたっぷりかくので、水分補給はとっても大切!
けれど、暑いからと氷たっぷりの冷たい麦茶を飲んでしまうと、カラダが急激に冷やされてしまいます。できれば常温の飲みものを選びたいところですが、冷たいものも飲みたいですよね。そんなときは一気に飲まず、少しずつ口に含むといいですよ。

4.お風呂にゆっくりつかる

1日中クーラーにあたったカラダは知らず知らずのうちに冷えています。冷えをとるために、1日の終わりには、シャワーではなくお風呂にゆっくりつかりながら、むくみの気になる箇所をもんであげるのがおすすめです。

5.塩分の摂取を控える

塩に含まれる“ナトリウム”は、“カリウム”の働きによって尿や汗として排出されます。ところが、過度の摂取では排出が追いつかなくなります。そうして体内に残ってしまったナトリウムを中和するために、カラダが水分をたくわえようとしてむくみを引き起こすのです。
塩分のとりすぎは妊娠高血圧症候群の原因にもなりますので、摂取量にはじゅうぶんに気をつけましょうね。

6.むくみに効く食材をとりいれる

先ほども出てきましたが、とりすぎた塩分(ナトリウム)の排出を助けてくれる“カリウム”を多く含む食品を取り入れるのも効果的です。
カリウムは野菜や果物、いも類などに多く含まれているので、野菜たっぷりのバランスよい食事を心がけていれば、自然と摂取できます。代表的な食材には、アボガド、にんじん、ひじき、バナナ、りんご、サツマイモ、納豆などがあります。

夏野菜であるきゅうりやなす、トマトなども、カリウムが豊富なことで有名です。サラダとして手軽に食べられて便利ですが、夏野菜には水分が多いほか、体を冷やす効果もあるので、とりすぎには注意しましょう。

ママと赤ちゃんの健康が第一!

食生活と生活習慣の見直しを

プレママさんが悩む体重管理ですが、体重が増える原因のほとんどが“食事内容と運動不足”。
「1日3食しっかりとる&間食はほどほどにする」といった健康的な食生活と、ひと駅分を歩いたり、エスカレーターより階段を利用するといった適度な運動を心がけると、体重に悩まされることもさほどありません。

「さほどむくんでいないのになぜか体重が増えてしまう……」という人は、食事日記をつけて助産師さんに相談してみるのもおすすめです。意外な原因がみつかるかもしれませんよ。

体重管理=ママ&赤ちゃんの健康管理

夏のむくみ以外にも、妊婦さんが太りやすい原因があります。妊娠すると、人間のエネルギー源である“糖質”が赤ちゃんを育てるために優先的に使われます。そのため、不足したエネルギーを補おうとして、脂質を蓄えやすくなっているのです。
増えやすいからと体重の増加ばかりを心配する人もいますが、最近はやせすぎ妊婦さんによる早産、新生児黄疸、妊娠糖尿病といったリスクも増えているようです。

大切なのはママと赤ちゃんの健康であるということを忘れずに、毎日健やかにすごせるといいですね。