学んで遊べるはまぎんこども宇宙科学館!宇宙を身近に感じよう!【神奈川県】

遊び場や公園など、毎日、毎週のように出かけているとどんどんレパートリーもなくなってきます。そんな時におススメしたいのが「はまぎんこども宇宙科学館」。遊び場や公園では体験できないようなものがたくさんあります。たくさん学べて遊べる宇宙科学館の魅力を紹介したいと思います。

はまぎんこども宇宙科学館ってどんなところ?

はまぎんこども宇宙科学館は宇宙船をモチーフにしていて、JR根岸線・洋光台駅から徒歩3分、と駅から近い場所にあります。

館内は地下2階から5階まであり、1日楽しめるように様々な工夫がされています。各階にテーマがあり、宇宙の広がりを知ることができる「宇宙船長室」、カミナリやオーロラの不思議に触れられる「宇宙研究室」、月面ジャンプや空間移動ユニットが人気の「宇宙トレーニング室」、光や電波で遊ぶことができる「宇宙発見室」、土日祝日を中心に科学工作教室やサイエンス・ショウなどがあります。また、B2にある特別展示室では色々なイベントが開催されます。



はまぎんこども宇宙科学館の魅力とは?

はまぎんこども宇宙科学館の魅力は、科学に対する学び心と遊び心を上手く結びつけている場所、というところです。
小さい子向けに身体を使って遊べるジムがあったり、小学生も楽しめる科学工作教室や、月の重力を体験できる場所があったりします。また科学や宇宙に興味を持ちやすいように、プラネタリウムにも工夫がされています。子供が何度もまた来たいな、と言うのがわかる科学館です。

宇宙劇場プラネタリウムは必見!

はまぎんこども宇宙科学館には直径23mのドーム型宇宙劇場があり、壮大な宇宙空間を体験できます。
子供向けのものから大人向けのものまでプログラムがあり、見て終わりだけではなく、どのプログラムにも10分~15分間スタッフによる星の解説があるので、星に興味を持てます。

平日、土日祝日、春休み夏休みで上映されるプログラムの時間帯が変わるので注意が必要です。なので、プラネタリウムも見るつもりでお出かけされる場合は、どれにするのかを選んだ上で時間に間に合うように行きましょう。上映間際になると、混雑している日はチケットがなくなっていることがありますので、入館の際に購入しておく方が安心です。座席については自由なので、混雑日は上映時間よりかなり早い時間から並んでいますので、時々様子を伺っておきましょう。
プログラムは子供がよく知っているキャラクターの物もありますので、幼稚園のお子様からでも楽しめる内容です。



1日中楽しめる!楽しく学べる体験がいっぱい!

新しい展示物「ビーコロ®」

4階にある「宇宙発見室」は11月1日(日)にリニューアルオープンし、新しい展示物「ビーコロ®」が加わりました。次々と仕掛けが連動していくからくり装置のようなもので、ビー玉を転がして遊びます。ビー玉を置く位置によって変わる速度に注目してみたり、ビー玉の動きを予想したり確かめたりして、体験することができます。
ビーコロは2台あって、1台は木琴や鉄筋の音が鳴るもの、もう1台はレンゲや鍋蓋、菜箸やフライパンなどの調理器具を使ってあるものです。ビー玉の転がり方や音も楽しめます。

宇宙トレーニング室は子どもたちも大興奮!

宇宙トレーニング室では思い切り体を動かせます。上ったり下りたり滑ったりできる「惑星ジム」、月の重力でジャンプを体験できる「月面ジャンプ」、決められ枠の中に光を当てる「空間移動ユニット」など、他にもたくさん体を動かしたり、頭を使った体験ゾーンがあります。
「惑星ジム」は小さい子が入る場合は保護者が付き添わなければなりませんので、お父さん、お母さんにもいい運動になります!「月面ジャンプ」や「空間移動ユニット」には年齢制限や身長制限もありますので、注意してください。

体験型の科学工作教室やロボット教室も充実!

土日祝日や長期休暇中を中心に多くの科学工作教室が行われます。こちらは有料ですが、作ったものを持ち帰ることができます。難しい科学用語も出たりしますが、「なぜ?」「どうして?」をわかりやすく説明して下さるので、子供たちもきちんと話を聞いている印象があります。
ロボット教室では自律型ロボット(レゴ・マインドストーム)を使って、プログラミングの基本操作を学ぶことができます。レゴで作ったロボットをプログラミングで動かしてみる、というものです。
科学工作教室もロボット教室もそれぞれプログラムによって対象者が指定されているので、確認してから申し込みましょう。

参加費:有料
申し込み:当日先着順(科学工作教室)、事前予約(ロボット教室)

宇宙船長室で遊びながら宇宙について学べる!

5階にある宇宙船長室では宇宙の広がりについて遊びながら学べます。身近なものを使った「サイエンスショー」を見ることができます。人気なのは、2本のレールを両手で操作して滑り落ちてくる鉄球をそれぞれの惑星の穴に落として得点を入れる「惑星レール」、お祭りにあるスマートボールのようなもので打つ方向を変えながらゴールを狙う「スイングバイ」は混雑時は並んで順番を待つことも多いです。

休憩できる場所はあるの?

館内も広く、遊ぶ場所も一杯!でも大人はついていくのが大変です。お昼ご飯のこともありますし、休憩できるところについて紹介します。

コスモカフェ

コスモカフェはちょっとした休憩や軽食に最適です。ランチタイムにはカレーやハヤシライス、おこさまカレーがありますので、持ち合わせがない場合はこちらで食べることも可能です。ちょこっとおやつにもいい、ホットケーキやワッフルもあります。メニュー表にはアレルギーの表示もありますので、アレルギーがあるお子様にも選びやすいです。詳細はスタッフの方に聞いてみましょう。
また毎週土・日曜12:00~は「星パン屋」の星パンが月替わりで2種類ずつ、各10個限定で販売されているそうです!

■利用時間:10:30~16:30(ラストオーダー16:00)
■ランチタイム:11:00~14:00
■座席数:約50席・全席禁煙

持ち込みも自由な休憩室

カフェだけではなく、持参してきたものや買ってきたものを食べられる、自由な休憩室があります。地下1階の休憩室はとても広いので、あまり混雑を気にせずに食べたい時間に食べられます。
ただし団体利用客が使用している場合もありますので、様子を見ておく方が安心です。平日は席に余裕がありますが、土日祝日は一杯になることもありますので注意しましょう。

近辺のおすすめランチ

一旦外出して再入館もできますので、近くでランチを購入して持ち帰るのおすすめです。はまぎんこども宇宙科学館から近い順に、ご飯が食べられたり持ち帰りができるところを探してみました。

■ピッコリー Olympic洋光台店
はまぎんこども宇宙科学館の隣にあり、徒歩2分という近さです!
こちらのフードコートにはラーメンやうどん、カレーなどの定番メニューがあります。価格もリーズナブルなものもあるのでお子様連れでも入りやすいです。

■ケンタッキーフライドチキン洋光台店
はまぎんこども宇宙科学館から洋光台駅の方に向かって、徒歩5分です。
公式アプリをダウンロードすれば、お得なクーポンが利用できます。アツアツを食べるなら店内で食べましょう!持ち帰りにして再入館して食べるのもいいですね。

■ビッグボーイ洋光台店
はまぎんこども宇宙科学館から徒歩7分で、洋光台駅から少し離れる形になります。
ファミリーレストランなので、お子様メニューも充実しています。土曜日はランチもやっていますので、たくさん食べたいパパも一緒の場合もおススメです。

はまぎんこども宇宙科学館についての詳細情報

基本情報

・名称:
 はまぎんこども宇宙科学館

・住所:
 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1

・電話番号:
 045-832-1166
 045-832-1161(FAX)
 045-832-1177(団体専用電話)
 ※受付:9:30~17:00

・アクセス:
 電車:
 ・JR京浜東北・根岸線「洋光台」駅下車 徒歩3分
 バス:
 ・京浜急行線・横浜市営地下鉄ブルーライン
  「上大岡」駅および「港南中央」駅から
  横浜市営バス111系統「洋光台駅」「港南台駅」行き、
  または江ノ電バス「洋光台駅」行き
 ・京浜急行線金沢文庫駅西口から
  京浜急行バス107系統「洋光台駅」行き
 ・横浜市営地下鉄ブルーライン「上永谷」駅から
  横浜市営バス112系統「洋光台駅」行き
 ※すべて「洋光台駅」下車 徒歩3分
 車:
 ・横浜横須賀道路「港南台IC」から 約5分
 ・鎌倉街道「日野中央公園」から 約5分
 ・国道16号線「屏風ケ浦」から 約10分
 ※横浜方面から右折禁止

・駐車場:
 約70台
 9:00~17:00(入車は16:00まで)
 700円(1日)

・営業時間:
 9:30~17:00(入館は16:00まで)

・休館日:
 第1・3月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日火曜日)
 年末年始(12月29日~1月3日)
 ※その他プラネタリウム番組入れ替え時および展示機器点検保守等のため、臨時休館あり

・対象年齢:
 △ 0歳・1歳・2歳の赤ちゃん(乳児・幼児)
 ◎ 3歳・4歳・5歳・6歳(幼児)
 ◎ 小学生
 ○ 中学生・高校生
 ○ 大人

・子どもの料金:
 小・中学生:200円(入館料のみ)、300円(宇宙劇場入場料)、400円(定期入館料)
 4才以上:300円(宇宙劇場入場料)
 ※毎週土曜日は小・中・高生入館料無料

・大人の料金:
 400円(入館料のみ)、600円(宇宙劇場入場料)、800円(定期入館料)

※2016年1月18日時点の情報です

公式サイトはこちら

赤ちゃん情報

・ベビーカーOK(エレベーターあり)
・授乳室 有(1F)
・オムツ交換台 有(B1と5F)
・キッズスペース 無(キッズスペースと決められた場所は無)
・雨の日OK

所在地はこちら

何度も来たい場合は定期入館券で!

幅広い年齢層が楽しめるのがはまぎんこども宇宙科学館の魅力です。あまりの楽しさにまた来たいとねだられることも多いのではないでしょうか?嬉しいのが発行日から6か月間有効な「定期入館券」があることで、大人も子供もリーズナブルな値段で半年間入館できるので、何度も来ようと思われた方は定期入館券をおススメします。
是非はまぎんこども宇宙科学館で遊びつくして下さいね。