妊娠初期のじんましんにはどう対処した?みんなの体験談まとめ

妊娠初期のじんましんについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

妊娠初期に感じるじんましんはどんな感じ?

妊娠中期から数か月、ものすごくひどいじんましんに悩まされました。

妊娠5か月ごろからちょっとした刺激でしんましんのようにミミズ腫れになってしまうようになりました。例えば、指でちょっとひっかくと真っ赤になって膨らむ。少し掻こうものならかなり広い範囲で真っ赤になって盛り上がる。
そのあと後は猛烈な痒みです。検診の時に主治医に聞いてみると妊婦にはよくあることで、ホルモンの影響で起こる妊娠性痒疹というものだそうです。ステロイドの塗り薬をもらいましたが、体のかなり広範囲のため薬が一回でなくなってしまうのです。広範囲に毎日塗ることへの不安もありました。結局、よく売っている虫刺され用のスーッとする塗り薬。あれの液体の物を買ってきて使っていました。痒みも赤みもすぐおさまります。ただ、あまりに広範囲なので2日で1本使ってしまうこともあって。とにかくあの時期のじんましんには本当に苦しみましたが、7か月ごろにうそのようにおさまりました。ホルモンの影響とはいえ、参りました。【まつたけさんさん(40代)】

かゆみのない急なじんましん!もしかして麻疹や風疹?

妊娠4週目の時の出来事でした。まだ、妊娠していることも発覚していおらず、最近頻尿になり、汗をかくことも多くなったなぁと感じていた頃に背中からお腹、足にかけてじんましんができました。じんましんに気付いたときは、ちょうど県外へ旅行をしに行った夜でした。お風呂で裸になるとお腹と背中にじんましんができていました。かゆみはなく、その後太ももから膝のあたりまでじんましんができました。1週間くらいしてから徐々にじんましんは消えて行きました。まさか妊娠しているとは思っていなかったので、麻疹や風疹ではないかと焦り、皮膚科を受診しましたが、結果はウィルス性のじんましんだろうと診断されました。次の日、もしかしたらと思い産婦人科を受診してみると妊娠していることがわかりました。妊娠でじんましんができる人はあまりいないようですが、まれにあるようです。かゆみの伴わないじんましんは、妊娠の可能性があるので、皮膚科だけではなく妊娠チェッカーや産婦人科も受診してみるとよいかと思いました。【Kママさん(20代)】

妊娠中のじんましんは、早めの対処ですぐに良くなりました。

元々、肌はあまり強い方ではないのですが、妊娠した途端更にデリケートになってしまいました。乾燥によるかゆみもありましたが、酷かったのはじんましんです。
皮膚が赤く腫れたようになってしまい、それは腕や足を中心にどんどん広がっていきました。赤ちゃんに、何か悪影響があるのではないかと、不安になり病院でも相談してみました。
妊娠中のじんましんは、決して珍しいことではないようで、念のため塗り薬を処方してもらいました。ステロイドは怖かったのですが、そうではなく抗ヒスタミン薬の塗り薬をもらうことができました。赤ちゃんへの影響もほとんどなく、じんましんが驚くくらい引くと言われ、早速塗りました。
気になる部分に伸ばすだけで、本当にすぐ良くなりました。早めに病院へ行っておいて良かったと思いました。【伸子さん(30代)】

つらかった!

現在3人目を妊娠中です。上の2人ではなかった症状が、妊娠初期の胸やけと身体の弱い部分にできた発疹でした。
胸やけは、とりあえず横になったり炭酸飲料を飲むといったことで症状は和らぎましたが、発疹は、どうしていいかわからず病院に行きました。見た感じは虫刺されのようなもので、ぽつぽつと大きめの発疹が足や手にできていてかゆみのあるもの。家ではオロナインやムヒやボディオイルを使ってました。自分では乾燥によるものかしらと思ってましたが、診察結果は蕁麻疹。薬を処方されやっと落ち着きました。先生は「妊娠によるものじゃないと思うよ」と言われましたが、今まで肌のトラブルがなかっただけに妊娠の影響によるものだと考えています。その1か月後には、帯状発疹にもなり…何かと肌トラブルに見舞われた妊娠初期でした。【kinoko0060さん(30代)】

妊娠初期 じんましん・アレルギー症状の悪化

妊娠検査薬で陽性を確認したくらいから、頻繁にじんましんが出るようになりました。痒くて痒くて寝れなくて、でも薬でステロイドを使うのは避けたいしどうしよう?とネット検索魔になっていたところ、もともとアレルギー体質がある人は妊娠がきっかけで症状が悪化することがあるようです。(もともとアレルギーじゃなくても出る人もいるそうです)私は特に酷くなっているようで顔まで痒いし、なんだか熱いし、掻けば掻くほどあれるし、じんましん繋がって大変なことになってるし、寝れないし!!で本当に苦労しました。結局薬はつかいたくなかったので、氷でひやして痒みをやわらげました。調べてると外用剤くらいなら使ってもいい。と書いている人もいましたがやっぱり私は初期につかうのは不安だったので・・・。初期を通り越すとだいぶじんましんの症状もおちついて、器官形成の時期を見て中期をすぎた頃には、ひどすぎると薬にも頼っていました。【ちーさん(20代)】

好きなものを我慢

普段よく行くスーパーで買ったカツオのたたきを食べると手やおなかがかゆくなり、蕁麻疹が出ていました。妊娠するまでは生魚でそんな症状がでたことは一度もありません。主人が魚が好きなのでよく購入するのですが、それからは生ものを自粛しました。でも、やはり普段から食べなれている生魚は食べたかったです。が、大好きなエビは食べられなくなりました。自分なりに育児書などを読んで妊娠中に食べてよい魚などを調べました。鰻や大型の魚は水銀が含まれているから食べないほうが良いなど・・・でも、食べたくなるときはありました。我慢の限界には新鮮なものを食べました。【いろままさん(30代)】



妊娠中のじんましんに関する詳しい情報はこちら