コスパも実力も優秀な洗顔石鹸はコレ!上手な泡立て方のコツも教えます

最後にスキンケアについて気にしたのはいつですか?子どもたちのお世話でいつも忙しくしているママ。そんなママでも簡単にスキンケアができる、肌に優しいおすすめ洗顔石鹸をご紹介します!

忙しくて、スキンケアまで気にする余裕がない…

皆さんが最後にご自分のスキンケアについて考えたのはいつですか?
産後、肌の調子はどんどん悪くなるのに、育児や家事・雑事などでスキンケアをする余裕なんてありませんよね。

産前まで使用していたスキンケアアイテムでは、肌トラブルに追いつかなくなってしまったというママも、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなママにおすすめなのが、肌に優しい洗顔石鹸。毎日必ず行う洗顔に使うアイテムですから、習慣的にスキンケアを行うことができますよ。

また、なかなか外でショッピングができないママにも嬉しい、ネットショッピングで購入できるおすすめ洗顔石鹸もご紹介します!



ママに嬉しい洗顔石鹸のメリット

肌に良さそうな洗顔石鹸。でも、泡立てたりするのが面倒…。

便利な洗顔フォームに慣れてしまうと、どうしても石鹸を使うのが億劫に感じてしまいますよね。

しかし、そんなデメリットを跳ね除けるくらい、洗顔石鹸は肌に嬉しいメリットがたくさんあるんです。

合成界面活性剤が使用されていない

合成界面活性材という言葉を聞いたことはありませんか?

これは、洗顔フォームなどの成分と水を馴染みやすくするために使われている添加物です。洗顔フォームがとてもよく泡立つのは、この合成界面活性材の作用で泡立ちやすくなっているから。
ただし、人工的に作られた添加物なので、完全に水で洗い落とすことができず、結果的に肌に負担がかかってしまいます。

その点、石鹸の界面活性剤は動物性・植物性の成分が使われており、水で洗い落とすことができます。また、合成界面活性材のように肌に吸収されることもないのです。

天然成分が使用されている

石鹸は、動物性または植物性の油脂などから作られており、ほとんどが天然成分で作られています。

余計な化学物質や人工的な添加物が含まれているものは少ないため、肌に優しい成分だけで洗顔することができるんです。また、天然の保湿成分などが含まれた石鹸を使えば、肌を優しく保護しつつ、しっかりと潤いを閉じ込める効果も期待できますよ。

石鹸は人工的な成分が使われていない分、洗浄力の点では洗顔フォームに劣るものもありますが、余計な皮脂を落としすぎないので、肌のバリア機能を守ってくれます。洗顔フォームで洗うと、どうにも肌荒れが気になる…といった方は、一度洗顔石鹸を試してみてはいかがでしょう。

泡切れがいい

とても忙しいと、洗顔のすすぎの時間さえも惜しいと感じることがありませんか?

石鹸は、洗顔フォームに比べると泡立ちが弱く、物足りないと感じる方も多いかもしれません。しかし、そのおかげでとても泡切れがいいんです。

朝の忙しい時間でもサッとすすぐことができるので、慌てていても大丈夫!1分1秒でさえ惜しい状況でも、泡切れがいいと安心ですね。

コスパも優秀なママ向けおすすめ洗顔石鹸 7選

ママがお高い化粧品やスキンケア用品を揃えられない原因のひとつに、子どもに勝手に使われてしまう・いたずらされてしまう…というお悩みがある方も多いのでは?

今回ご紹介する石鹸は、コスパがよく、家族で使える安心素材のものを集めました。これなら、家族の普段使いの石鹸としてもおすすめですし、コスパがいいのでいたずらされても負担が少なくて済むかと思います!

ぜひお気に入りの石鹸を見つけてみてください。

1、ソンバーユ石鹸:クリームで有名なソンバーユの石鹸

ソンバーユ石鹸 85g
※価格は2016年2月22日現在のものです。 馬油100%のクリームでも有名な、ソンバーユの石鹸です。

クリームと同じく馬油を使って作られており、石鹸なのに洗い上がりがつっぱらない、しっとりとした洗い心地が人気の商品。低刺激石鹸としても有名で、赤ちゃんの肌にも使える優しい洗い心地が魅力です。

洗顔用途だけでなく、体や髪までこの石鹸まで洗えるので、コスパも最強!
ソンバーユの石鹸とクリームをセットで揃えれば、さらにしっとり肌になれるかも?

2、家族の無添加ソープ:無添加で優しい天然石鹸

家族の無添加ソープ 3個パック
※価格は2016年2月22日現在のものです。 石鹸素地と水だけで作られた、石鹸分100%の無添加石鹸。

皮膚に刺激を与える防腐剤や安定剤、香料・着色料など、全ての添加剤を使用していないのが特徴です。家族の無添加ソープという商品名通り、赤ちゃんの頃から使用できる石鹸のため、家族で長く愛用できます。

石鹸素地だけを使っているので水に溶けやすいのが難点ですが、その分泡立ちがとてもいいのが魅力!泡立てが苦手な方でも泡立てやすい石鹸なので、いつでもふわふわの泡で優しく洗顔することができますよ。

3、カウブランド 赤箱(しっとり):牛乳石鹸、よい石鹸で有名なカウブランド

カウブランド 赤箱10入 10コ入
※価格は2016年2月22日現在のものです。 昔懐かしい牛さんのパッケージが目を引く、カウブランドの石鹸です。

ミルク成分とスクワランを配合しており、肌をしっとり・うるうるに洗い上げることができます。赤箱のしっとりタイプと、青箱のさっぱりタイプの2種類があり、肌質や季節などで使い分けができるのも嬉しいポイント。

香りはローズ調のものが、ふんわりと優しく香ります。もちろん体にも使えるので、洗顔だけでなく、バスタイムのお供にもおすすめです!

4、パックスナチュロンフェイスクリアソープ:2ヶ月しっかり熟成させた、こだわりの洗顔石鹸

パックスナチュロンフェイスクリアソープ (洗顔用固形石鹸) 95g
※価格は2016年2月22日現在のものです。 琥珀色をした半透明の見た目がかわいい洗顔石鹸です。

ひまわり油・パーム油などの天然成分を使用しており、石鹸を作る際に出てくる天然保湿成分(グリセリン)を分離せずに使っているのが特徴。さらに、保湿効果の高いはちみつも配合し、洗い上がりがつっぱらない、優しい石鹸に仕上げています。

余計な添加物が入っていないため、外からの刺激に疲れてしまった肌におすすめです。

5、自然ごこち はちみつ 洗顔石けん:もちもちの泡でもちもちの肌に!

自然ごこち はちみつ 洗顔石けん 80g
※価格は2016年2月22日現在のものです。 アカシア蜂蜜と、6種の天然ケア成分(ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・コラーゲン・オリーブスクワラン・シアバター・アルテアエキス)を配合した洗顔石鹸。

泡はもちもちとした弾力のある泡が立ち、肌を優しく洗い上げます。泡立てると、ほのかにはちみつの香りが!天然成分が肌の潤いを守りつつしっかりと洗い上げるので、肌本来の健康状態を取り戻し、もっちりとした潤いのある肌へ導いてくれますよ。

また、小麦由来成分は不使用で、皮膚アレルギーテスト済み。アレルギー体質の方にもおすすめできます。
泡立てネットも付属しているので、届いたその日から豊かな泡で洗顔できますよ!

6、水の天使 無添加せっけん:溶けにくく、長持ちするのが魅力

水の天使 無添加せっけん
※価格は2016年2月22日現在のものです。 防腐剤・香料・着色料といった、肌に刺激を与えやすい成分を無添加にした石鹸。
無添加石鹸の中でも泡立ちが良いのが特徴。天然保湿成分のトレハロースを配合しており、洗い上がりもしっとり・なめらかです。

また、こちらの石鹸は水に溶けにくく、かなり長持ちするという特徴もあります。長く使っていても形が崩れにくいので、コスパの面でもおすすめですよ!

洗い上がりの肌がつっぱらず、ピリピリしない!という口コミで、アトピー肌の方や敏感肌の方にも人気の石鹸です。

7、美人ぬか 純米洗顔石鹸:米ぬかを配合した潤い石鹸

美人ぬか 純米洗顔石鹸 100g
※価格は2016年2月22日現在のものです。 いい水といい米にこだわって作られた米ぬか石鹸です。

昔から、米ぬかはお肌にいいと言われてきましたよね。こちらは、こだわりの米ぬかエキスをたっぷりと使用しているのが特徴です。米ぬかに含まれるビタミンやミネラルなどの肌にいい成分を、たっぷりの泡洗顔で感じることができますよ。

また、米ぬかには天然の保湿成分も含まれています。洗い上がりはさっぱりとしていつつも、しっとり・もっちりとした仕上がりに。
使えば使うほど、米ぬかの力を実感することができるはず!



洗顔石鹸の上手な泡立て方

石鹸のデメリットでもある泡立て…

石鹸にメリットがあるのは分かったけど、そもそも泡立てるのが大変・難しい!とお感じの方も多いのでは?
洗顔フォームに比べると、石鹸は泡立ちが弱いので、最初から泡立てるのがとても面倒ですよね。私自身も、それで一度洗顔石鹸を断念したことがあるくらいです。

でも、便利な道具やちょっとしたコツをつかむだけで、石鹸は驚く程泡立つようになるんですよ!

石鹸を泡立てる上でまず一番大切なのは「手を綺麗に洗っておくこと」。手指についた余計な油分や汚れがついていると、石鹸の泡立ちを阻害してしまうのです。洗顔する前には、簡単にでもいいので手を洗ってから泡立ててみましょう。

泡立てネットを上手に使いましょう!

手で石鹸を泡立てるのが苦手・泡立てを丁寧にやる時間がない…といった方におすすめなのが泡立てネット。袋型のものやボール型のものなど、形状も様々で、使い勝手や好みに応じて揃えることができるのも嬉しいポイントです。

泡立てネットで石鹸を泡立てる時のコツは、やはりネットを清潔にしておくこと。手で泡立てる時と同様に、余分な汚れがついていると泡立ちを阻害してしまいます。また、石鹸を泡立てる時は洗面器などがあると、さらに泡立てやすくなりますよ。 ◆洗面器&泡立てネットを使った石鹸の泡立て方◆

1.洗面器にお湯(または水)を大さじ2杯くらい入れます。(適当でOK!)
2.洗面器の中に石鹸と泡立てネットを入れ、石鹸を溶かすように5~6回揉みます。
3.石鹸を取り出し、泡立てネットでさらに石鹸を揉みます。
4.好みの量の泡が出るまで続けましょう!

泡立てネットで石鹸を揉む時は、空気を含ませるように揉むのがコツです。また、「いい感じに泡立ってきたな」と思ってからさらに4~5回揉むようにすると、よりきめ細かくもっちりとした泡を作ることができますよ。

小久保 『簡単に泡立つ洗顔用・泡立てネット』 ホイッパー 1379
¥ 173
※価格は2015年2月22日現在のものです

炭酸水を使うという手段も

泡に空気を含ませるという点では、炭酸水を使うという手段も有効です。細かい炭酸ガスの泡の効果で、手やネットで泡立てるよりもふわふわの泡ができるんですよ。

少し前に、炭酸水で体や頭を洗うという美容方が流行りましたよね?実は、炭酸ガスには肌の血行をよくする効果や、毛穴の汚れを浮かしてくれるという効果も期待できるんです。この炭酸ガスとふわふわの泡の相乗効果で、いつもよりワントーン明るい肌になれるかもしれませんね。

ただ、普通の水に比べるとやはり刺激があるので、敏感肌の方は様子を見ながら試すようにしてみてくださいね。

普段遣いのアイテムで、賢く時短スキンケア!

いかがでしたか?

洗顔石鹸は、どうしても泡立てることの面倒くささや、収納の不便さなどがあって、とっつきづらいと思われるかもしれません。でも、一度使ってみると、優しい洗い心地がきっと病みつきになりますよ!

洗顔石鹸には、肌本来の性質を守り、健康な肌に戻していくという効果もあると言われています。そのため、普段洗顔フォームだと肌が荒れやすいといったようなことでお悩みの方にこそ、洗顔石鹸は試していただきたいアイテムなのです。

この記事を読んでみて、いつもは洗顔フォームを使っていたというママも「洗顔石鹸使ってみようかな…」と感じてくれたなら幸いです。
毎日欠かさず行う洗顔だからこそ、肌に「少しいいもの」を使って賢くスキンケアしていきたいですね!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

家庭用品から文具、育児グッズまで、今やそろわないモノはない便利な100円均一ショップ。そんな100均アイテムの中でも、ぐんぐん支持を集めているのが美容グッズなんです♪そこで今回は、プチプラでも侮ることができない実力派100均美容アイテムをご紹介します! アルガンオイルの使い方がスゴイと話題になっているのをご存知でしょうか?全身に使えて、ヘアケアまでこれ一本でOK。乾燥が気になる場所には全身どこでも使えると言うから驚きですよね。そんなアルガンオイルについてまとめてみました。