出産準備の費用はいくらかかる?妊娠から出産までにかかるお金を知っておこう!

出産というと、お金がかかる、まとまったお金が必要などのイメージがありませんか?最近では、妊娠・出産に関する国や自治体の助成が拡大しています。自己負担がどのくらいになるか知っておきましょう。

出産にかかるお金はどのくらい?

妊娠・出産は健康保険適用外

妊娠・出産は病気で病院に受診する場合と違って健康保険が適用されないため、全額自己負担になります。しかし、定期検診は自治体から助成があったり、出産時には出産育児一時金があったりと自己負担分は年々少なくなっています。

出産費用とは妊娠から出産までにかかるお金すべてのこと

一般的に出産にかかるお金は、妊娠してから出産するまでにかかるすべての費用のことを指します。分娩や入院にかかるお金だけでなく、マタニティグッズや生まれてくる赤ちゃんのためのベビー用品、里帰りのための費用も含まれています。
出産費用の項目ごとにどれくらいお金がかかるのか紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。



妊婦健診費

出産費用で最初に費用がかかるのは妊娠検査

出産費用の中で最初に費用がかかるのは妊娠検査になります。「妊娠したかも?」と思ったら、産婦人科で超音波検査や尿検査を行って妊娠の有無をみてもらう妊娠検査を受けます。
妊娠検査にかかる費用は、産婦人科によって異なりますが、5,000~10,000円前後です。

妊娠検査後の定期検診は多くの自治体が負担

妊娠検査後の定期検診は、多くの自治体から助成されるようになっています。
最初の妊娠検査を受けて妊娠が判明したら、妊娠届を提出し、母子健康手帳とともに「妊婦健康診査受診票」をもらいます。この「妊婦健康診査受診票」を使って、定期検診を受けることができます。


妊婦の定期検診は、23週までが4週間に1度、24週~35週までが2週間に1度、36週~出産までが1週間に1度となっており、妊娠中に10回以上定期健診に行かなくてはいけません。
国が望ましいとする妊婦健診の回数の15~16回分ですが、助成の回数、内容や金額は自治体によってさまざまです。

また、基本的な助成項目以外は自己負担になることに注意が必要です。例えば、切迫流産、貧血や切迫早産などで薬が処方された場合は自費になります

分娩・入院費用

実質的な負担は数万円〜10万円程度

分娩入院費には健康保険が適用されないので、出産には40万円前後のまとまった費用が必要になります。しかし、健康保険に加入している人は、健康保険から42万円(産科医療補償制度に加入していない産院での出産なら39万円)の出産育児一時金が給付され、実質的な負担は数万円〜10万円程度で済む人が多いようです。


ただ、サービスを重視する産院での分娩入院費は年々高くなってきています。入院中、個室を希望するとプラス10万円前後必要になるなど、実質的な負担が増えてきているのが現状です。

直接支払制度や受取代理制度を利用すれば差額のみの用意でOK

出産一時金直接支払制度とは、平成21年10月から開始され、出産一時金が健康保険から直接病院に支払われる制度です。実際にかかるまとまった出産費用を用意しなくても、出産一時金以上の費用が発生した場合、差額のみを支払うだけで済むので安心です。

また、受取代理制度とは、直接支払制度では事務的負担などのの影響が大きいと考えられる施設(年間の分娩件数が100件以下の助産所が多い)で、医療機関等が被保険者に代わって出産育児一時金を受け取る制度です。
直接支払制度との大きな違いは、妊婦さんが手続きに必要な書類を集めて健康保険へ書類を提出しなければならないところです。

産院が直接支払制度や受取代理制度を導入しているかどうか確認しておこう

直接支払制度は、産院などが任意参加するというかたちになっており、導入していない産院もあるので事前に確認しておきましょう。

直接支払制度を導入していない産院などでは、産後申請方式を利用します。この方法だと、退院後、必要書類を準備して加入している健康保険へ提出し、後日出産育児一時金を受け取ることができます。
しかし、退院時に出産費用は一度全額支払うため、まとまったお金を用意する必要があります。
また、他にも分娩予約金などが現金で必要な病院もあります。一度出産予定の病院に確認しておきましょう。



マタニティ・ベビー用品費

マタニティ・ベビー用品は最低限用意

マタニティ・ベビー用品はいろいろと揃えたくなりますが、どちらも使う期間が短いので、必要なものだけ選んで買うようにしたいものです。
マタニティ用品だと、チュニックのようなお腹が隠れるものやワンピースなど、妊娠前に着ていたものを上手に使い回しながら、パンツや肌着、入院時のパジャマなどどうしても必要なもののみだと5万円以内で収まる人が多いようです。

ベビー用品も必要なものを必要なときに買うようにしましょう。肌着類など最初は最低限用意し、必要に応じて買いたしていく、お下がりやレンタルで済むものは購入しないなど上手に揃えましょう。
一般的に10〜20万円くらいかかると言われています。

里帰り出産の場合は?

パパの交通費や実家での生活費、お礼も忘れずに

里帰り費用には、ママの交通費のほか、パパが通う交通費も含まれます。ママの実家に滞在する生活費は、お礼の分も考慮して用意する場合が多いようです。5万円〜10万円ほどかかると考えておきましょう。

産後かかるお金は何がある?

産後検診費用

多くの産院で、産後1ヶ月でママの検診が一度あります。ママの場合は尿検査、体重測定、血圧測定、内診等、妊婦検診とほぼ同じ内容で4,000円〜5,000円ほどかかる場合が多いようです。

内祝い

出産祝いをもらったら内祝いのお返しをします。費用の目安は、お祝いでもらった金額の3分の1から2分の1す。お祝いをもらったら、その1ヶ月以内には相手に届くように手配し、失礼のないようにしましょう。

内祝いにかかる費用は、もらうお祝いの金額や数によりますが、平均は8万円ほどのようです。

安心して出産を迎えるために…

出産という大仕事の前に出産育児一時金などの申請先は、余裕のある妊娠中に確認しておき、各種手続きも済ませておきましょう。
出産してからは、予想以上の忙しい赤ちゃんとの日々が待っています。心にゆとりをもって安心して出産を迎えたいものですね。

▼子どもが生まれたとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
こちらを参考にしました。

こちらもあわせてどうぞ

出産費用ってどれくらいかかるかご存知ですか?今回は、出産にまつわる費用や、知っておいてほしい公的制度をご紹介します。 今では5人に1人が帝王切開で出産するといわれています。帝王切開でかかる費用についてまとめてみました。