吸引分娩の赤ちゃんへの影響は?費用はどのくらいかかる?

妊娠中は不安なことがたくさんありますね。吸引分娩と聞くと驚く方もいるのではないでしょうか。言葉からでは想像できないかもしれません。赤ちゃんへの影響や費用など気になることもあるでしょう。心配を少しでも減らしましょう。

吸引分娩とは?

シリコンもしくは金属製のカップを使用して行われます。カップを、産道にいる赤ちゃんの頭につけて吸引圧をかけて赤ちゃんを引き出します。分娩に対する介助の方法の一つです。

分娩の途中で急を要するために行われることがあります。赤ちゃんの生命優先の処置といえるでしょう。
吸引分娩を行う場合はなんらかの理由によって分娩の進みがうまくいかない時が多いです。吸引分娩を行うにあたって必要な条件を整えて行われます。
また、医師によりお母さんの体を考えて必要と判断されると行われることもあります。



どんな時に吸引分娩になる?

吸引分娩を行うとき

主に、子宮口が全開大(10cm)かそれに近い状態であるにもかかわらず、なかなか赤ちゃんが下りてこない時に使われます。通常は産道が開き陣痛によるいきみに合わせて赤ちゃんは産道を下りてきます。産道が開ききらず、赤ちゃんの頭が産道の途中でひっかかってしまっているのは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても良いことではありません。
また、通常はお母さんのいきみにあわせてお産は進みますが、微弱陣痛だとそれがなかなかうまくすすみません。そういった時にも、赤ちゃんや母体の状態を見て吸引分娩の判断をされることがあります。

下の条件の欄にもありますが、吸引分娩を行っても分娩が進まない場合には帝王切開に切り替えられることがあります。そのため、すぐに対応できる状態で行われるようになっています。

吸引分娩が行われる時の条件

吸引分娩にはいくつか条件が必要となります。
・子宮口が全開大、もしくはそれに近い状態
・赤ちゃんの頭が確認できるくらいは下りてきている
・児頭骨盤内不均衡がない
・破水している
・すぐに帝王切開に切り替えられる
などの条件がそろっている時に吸引分娩は行われます。

また、急を要するときや、お母さんの体の状態によって判断される場合もあります。
・赤ちゃんが回旋異常で下がってこない
・赤ちゃんの心拍が低下してきている
・お母さんに合併症(心疾患や高血圧など)がありあまりいきむことができない
こういった場合も吸引分娩の対象となります。

この他、お母さんの体力の消耗状態やかかっている分娩時間などから医師の判断により吸引分娩が行われる場合もあります。

吸引分娩による影響は?

赤ちゃんへの影響

吸引カップを装着し吸引されることにより、主にカップがあたっていた部分の頭皮に傷ができることがあります。
頭が伸びたような形になったり、頭に血がたまって血腫ができる場合もあります。これらは分娩後数日で戻るので大きな心配はしなくていいでしょう。
またそれらにともなって、通常よりも黄疸の症状がでやすくなります。

まれに、頭蓋骨内出血などを起こすことがあります。
吸引分娩の技術も進歩しているため、障害や後遺症が残る可能性は少なくなってきています。

頭皮の傷は皮がむけたような傷のため出血をともなうこともあるため、見た目に驚く方もいるかもしれません。傷自体も順調に回復し退院する頃にはわからなくなる場合が多いでしょう。

母体への影響

会陰や膣壁に裂傷ができることがあります。尿道膀胱に裂傷ができる場合もあります。
裂傷を避けるために医師が会陰切開をすることもあります。
分娩中に裂傷や会陰切開の痛みを感じることは少ないですが、落ち着いたあとに歩行や座位で痛みや腫れを感じることがあります。
退院までに回復するくらいの傷であることが多いです。
また、産後に尿意が戻るのに少し時間がかかる場合があります。

裂傷や会陰切開というと心配になる方もいるかもしれませんが、吸引を用いない正常分娩でも会陰切開や裂傷の可能性はあります。



吸引分娩はどのように行われるの?

局所麻酔を会陰部に施され、シリコン製(ソフト)のカップか金属製(ハード)のカップを赤ちゃんの頭に装着します。
その後吸引圧をかけるのですが、この吸引圧はお母さんのいきみにあわせて行われます。いきみに合わせて行われることによりお母さん自身も自分の力で出産している感覚は保ったまま分娩にのぞむことができます。
また、いきみはなるべく長くいきんだ方がより効果的といわれます。
頭が出る頃には吸引のカップも赤ちゃんの頭から外されます。

吸引分娩の費用は?保険は適用される?

分娩費用に追加

吸引分娩そのもの、吸引によりできた裂傷の縫合、会陰切開などが行われるとそれらの費用は分娩費用に追加されます。
費用は医療機関によって開きはありますが3万円前後の場合が多いようです。健康保険の適用となればその3割が自己負担となり分娩費用に追加で請求されることになります。

吸引分娩は保険の適用

吸引分娩はお母さんと赤ちゃん双方の安全のための医療行為です。主に医師が必要な処置として判断して行われるため保険の適用となります。吸引分娩にともなって行われる会陰切開や縫合も保険の適用となります。
まれに、吸引分娩を行ったものの正常分娩として扱われ保険の適用外とされることもあるため、そうなっていた場合は一度確認されるといいでしょう。

民間の保険には早めに加入を

出産にまつわる時に、民間の医療保険に入っておくことで「よかった」と思うお母さんたちは意外と多いようです。
何事もなく10か月の妊娠期間を終えることができればもちろんいいことですが、妊娠中はさまざまなリスクを背負っています。
出産においてもそれはいえるでしょう。

自然分娩で産みたいと思うかもしれませんが、もしものために備えておくことは悪いことではありません。
吸引分娩も異常分娩の一つになりますので、保険制度を利用して上手に費用を抑えられるとよいですね。

妊娠が分かったら、早めにお母さんが加入している民間の医療保険の内容を確認しておくことが大切です。
また、すでに契約している方も、ぜひ一度契約内容を確認してみてください。
また、吸引分娩で保険の適用を受けたい場合に、医師の診断書が必要となることがほとんどです。それもあわせて確認しておくといざという時に慌てなくていいかもしれないですね。

吸引分娩を経験した先輩ママの声

吸引分娩を過度に心配する必要はありません

吸引分娩という言葉やカップを頭に装着するという措置を想像をすることで不安や心配もあると思います。
確かに産後の頭の形はいびつになります。しかし、それもほとんど産院に入院している間に戻ってくれます。その頃には傷も癒えてくるでしょう。
まずは、お母さんも元気に赤ちゃんも健康に生まれてくることが一番です。そのために医師の判断による必要な処置の一つです。赤ちゃんが出てきやすいように、母体が消耗しすぎないようにと考えられるんですね。
吸引分娩は保険が適用されるため費用の不安も少ない中で行われています。
妊娠中に早めに自分の保険を調べておくことで安心感がでるのではないでしょうか?一つずつ不安を消して安心にかえていくことができるといいですね。

また、異常分娩と言われますが、先輩ママの声にもあるように分娩方法の一つとして出産の現場で使われている方法です。普通分娩をしようとしているお母さんたちにとって誰もが可能性のある分娩方法です。多くの方が経験されている中で技術も進歩しています。

先生を信じて安心してその日を迎えられるといいですね。
ゆっくりとリラックスした心でその日を迎えることがお母さんや赤ちゃんにとって幸せな分娩につながる第一歩です。