子宮頸がんの検査結果はどのくらいで出るの?見方は?

年々増加傾向にあるという子宮頸がん、しかも20~30代に多いがんでもあります。子宮頸がんは定期的に検診を受けることで予防できるといわれていますが、その結果がどのくらいで出るのか、その見方について解説します。

子宮頸がんとはどんな病気?

子宮は、ご存知の通り赤ちゃんを育てる器官です。子宮の下から3分の1、膣に繋がる部分を子宮頸部と言います。上側は子宮体部と言います。そして、子宮頸部のがんを子宮頸がん、子宮体部のがんを子宮体がんと言います。

20~30代に多いがんです

子宮がん全体の80~90%を占める子宮頸がんは、若い世代に多いがんで、20~30代で発症することが多いのです。年間で1万人近い人が子宮頸がんにかかっており、死亡人数も近年増加傾向にあります。

日本では年間がん検診というと40歳以上というイメージもありますが、子宮頸がんのがん検診は20代から受けることが奨められています。

定期的な検診が重要です~2年に1回検診を受けましょう~

子宮頸がんは子宮頸部の入り口に出来ることが多く、ゆっくりと進行し、定期的に検診を受けているとがん細胞になる前の異形成の段階で発見することが出来ます。この段階で見つけることができれば、治療は簡単です。

しかし、検診を受けていないと初期の自覚症状が全くないので、おりものの異常や不正出血などの異常に気が付いたときにはがんがかなり進行していることになってしまうのです。異形成の段階からがんになるのには5~10年かかると言われています。ですからこの異形成の段階で見つけるために2年に1回の検診がとても大切です。

何が原因でなるの?

ヒトパピローマウィルスによる感染

子宮頸がんは性交渉が原因で感染するヒトパピローマウィルスが関係していて、性交渉の経験がある女性なら誰でも罹る可能性があります。妊娠や出産の回数が多いほど感染の確率が高いと言われています。

ウィルスが体の中に入ってきても、すぐにがんになる訳ではありません。免疫機能が正常に働いていれば、このウィルスは排除されるのですが、何らかの原因で免疫機能がうまく働かず、ウィルスが排除されずに長期間子宮頸部に残ると長期間感染が続くことになり、細胞が徐々にがん化してしまうのです。

子宮頸がんの検査後はどんな症状が出るの?

出血することがあります

子宮頸がんの検査は子宮頸部の細胞を綿棒やへらのようなものでこすりとって、その細胞を検査します。そのため、粘膜を傷つけてしまう可能性があり、検査後に出血することがあります。

特に、子宮頸がんと子宮体がんの検査を同時にした場合には、体がんの検査はより出血しやすいので、出血が長く続くことも。また、生理前後や生理中は少しの刺激でも粘膜が傷つきやすいので出血しやすい傾向にあります。

検査後の出血はあまり心配せずに1週間くらい様子をみましょう。1週間経っても出血が治まらない場合は検査を受けた病院を受診して相談してみましょう。

検査結果はどのくらいで出るの?

1週間から1ヵ月ほど

1週間から10日くらいでわかることが多いようですが、病院や自治体によっては1ヵ月かかるところもあるようです。結果が出るのが早い遅いで、結果の良し悪しは決まりませんので安心してくださいね。

結果を電話で答えてくれる施設もあります

通常の場合、検査の結果が出ると、病院から連絡が来るでしょう。病院からの指示にもよりますが、10日以上経っても連絡がなければ、こちらから問い合わせてみてもよいかもしれません。「検査結果が来たので取りに来てください」という連絡になると思いますが、施設によっては電話口で結果を答えてくれる場合もあるようです。

検査結果の見方は?

子宮頸がんの検査結果はクラスⅠ~Ⅴで表されます。

クラスⅠ~正常な細胞のみ、心配なし~

正常な細胞のみで、現時点でがんの心配は全くない状態、ということです。安心ですね。これでもう大丈夫と思わず、定期的に最低2年に1回はがん検診を受けるようにしましょう。

クラスⅡ~何らかの良性変化あり~

がんの心配がない、という点ではクラスⅠと変わりありません。「良性変化」というのは、細菌などによる炎症や年齢による変化です。クラスⅠから悪化してⅡになったという訳ではありませんよ。状態がよくなってクラスⅠに戻ることもあれば、クラスⅡのままのこともありますが、心配はありません。

クラスⅢ~がんの一歩手前の異形成の状態~

クラスⅢ以上は精密検査が必要になります。がんにはなっていないけれど、細胞の形が変化してきている=異形成の状態です。この変化の度合いによってクラスⅢはクラスⅢaとⅢbに分けられます。

◆Ⅲa 軽度異形成◆
この中には、クラミジア感染などによって子宮頸部に強い炎症がおきているために細胞の形に変化がおきている場合も含まれます。つまり、細胞に変化は起きているけれど、がんでないこともあります。このまま様子をみる場合もありますし、クラミジアなどの感染症の検査や精密検査を行うこともあります。

◆Ⅲb 高度異形成◆
がんの一歩手前の状態で、このまま放置すればがん化する可能性が高い細胞がある状態です。クラスⅢb以上の場合は精密検査を行います。しかしこの段階で見つけることができれば、子宮頸部を一部切り取る手術で完治できます。

クラスⅣ~上皮内がん~

悪性の可能性が極めて高いといえます。しかし、上皮内に留まっていて、転移する可能性は低いがんと言えます。詳しく精密検査を受け、治療方針を決めていきます。

クラスⅤ~浸潤がん~

悪性の腫瘍です。直ちに精密検査を受け、すぐに治療を開始します。

結果によって次回の検査間隔はどのくらいあけて良いか異なります

クラスⅠ、Ⅱのがんの心配のない状態でも、その検査結果が有効なのは1年と考えましょう。2年に1回は検診を定期的に受けることで、子宮頸がんを予防することができます。

残念ながらクラスⅣ、Ⅴという結果が出てしまった場合には、すぐに検査、治療を開始して、最善の方法を担当の先生と見つけていきましょう。

クラスⅢの場合、精密検査の結果問題なし、となることもあります。この場合はできれば1年後にまた検査を受けるようにするとよいですね。

結果について医師から説明を受けましょう

簡単な結果は電話や郵送の施設もありますが、そうでなければ詳しい説明を医師からきちんと受けるようにしましょう。結果を電話や郵送で聞いても、心配なことがあればもう一度受診してもよいでしょう。

子宮頸がんは妊娠・出産や、命に関わることもある病気ですが、検診をきちんと受けて、早期発見が出来れば比較的容易に完治することができるがんです。

検診を受けても結果を聞くのが怖くて後回しに…という気持ちはよくわかります。結果がなんであれ、知るのは早いほうが良いのです。勇気をだして、病院に結果を聞きにいきましょうね。

2年に1回の検診で子宮頸がんを予防しましょう

子宮頸がんはワクチンもありますが、皆さんもご存知のように副作用も多く報告されていますよね。それよりもずっと安全な予防法は「最低でも2年に1回の定期検診」です。早期発見し、がん化する前に治療ができれば、子宮も温存することができ、完治します。

自分が「がん」かもしれない…と思うことはとても不安ですし、それを知るのにも恐怖感を感じてしまいます。でも、まずは知ることが治療の第一歩。定期的な検診で子宮頸がんを予防しましょう。

参考サイト

日本産科婦人科学会

日本医師会
日本医師会は, 「みなさんが安心して健康に暮らすこと」を目的にさまざまな活動・提言を行っています。