分娩室での流れとは?移動のタイミング、立ち会いや時間などをまとめました

出産が初めてのママにとって分娩室は未知の世界ですよね。分娩室に移ってから分娩までの流れ、分娩室の種類、陣痛室や分娩室での過ごし方、立ち合い出産の注意点等、出産時に戸惑わないよう詳しく解説します。初めに知っておくと少し安心ですよね。

分娩室ってどんなところ?

分娩室はお産のクライマックス、赤ちゃんの出産のために作られた特別な部屋です。一般的な産院には、子宮口が開くまでの時間を過ごす「陣痛室」、赤ちゃんを出産するための「分娩室」、産後体を休める「回復室(病院によっては陣痛室が回復室を兼ねていることも)」があります。

分娩室には、「分娩台」と呼ばれる出産時に医師や助産師がケアしやすいよう特別に設計されたベッドを中心に、ママにトラブルがあった時にすぐに対処するための点滴や赤ちゃんの心拍や陣痛の強さ・時間を測る分娩監視装置が置かれています。

分娩台にはいきみやすいように握る「握り棒」や足を開きやすくする「足台」等が備え付けられていることが多いようです。

ママにとことん優しい「LDR」という特別な分娩室も

産院の中には「LDR」という特別な分娩室を用意しているところがあります。LDRとは「L=Labor(陣痛)」、「D=Delivery(分娩)」、「R=Recovery(回復室)」の頭文字を取った用語で、一般的には別々の部屋である「陣痛室」「分娩室」「回復室」の機能を集約した特別な部屋のことを言います。

陣痛室と分娩室が分かれている場合、陣痛のピーク時に分娩室に歩いて移動する必要がありますが、LDRでは陣痛を耐えるためのベッドがそのまま分娩台に変わるため、移動する手間や移動時の苦しみがなくなるのが何よりのメリットです。

陣痛室の機能も兼ねているため、陣痛をやり過ごすためのグッズや、家族がくつろげるソファ・テレビ等があることもあります。

助産院の分娩室は個性豊か

助産院の場合、いわゆる病院の「分娩室」のような特別な部屋や分娩台がないところもあるようです。アットホームな和室だったり、オシャレな洋室だったりと個性豊かな部屋で出産するのが特徴です。

出産時も分娩台上に仰向けで寝て足を広げて産むというスタイルにこだわることなく、立ち膝や立位などママがリラックスできる姿勢で自由に出産することができます。施設によっては水中出産ができることも!ただし、病院のように医療設備が十分整っているわけではないため、予期せぬアクシデントがあった時にはリスクが生じることもあります。



分娩室に移動するタイミングやその後の流れ

分娩室までは陣痛室や部屋で過ごす

入院直後からは部屋で、陣痛が始まると部屋または陣痛室で過ごすことが多いようです。特にLDRでない一般的な産院の場合、入院直後は陣痛室で過ごします。

陣痛室には分娩第一期(開口期)と呼ばれる、陣痛開始から子宮口が全開になるまで待機することになります。子宮口が全開になるまでは、個人差はありますが初産婦で10~12時間、経産婦で4~6時間と言われています。

陣痛室では、陣痛が落ち着いているときはテレビを見たり、部屋を歩いたり、スクワットをしたり、食事をしたりと自由に過ごせますが、陣痛がきつくなってくるとパパや助産師さんにいきみ逃しを手伝ってもらうようになります。陣痛の合間に分娩監視装置(NST)を付けて赤ちゃんや陣痛の状態を確認したり、内診をして子宮口の開き具合を確認し、分娩室に移動するタイミングをはかります。

分娩室へは陣痛間隔が初産婦:5分以内、経産婦:10分以内 が目安

陣痛開始から子宮口全開大するのを待って分娩室へ移動します。目安としては、陣痛間隔が初産婦の場合5分以内、経産婦の場合は10分以内になった時とされています。また子宮口の目安としては、初産婦さんの場合子宮口が9cm~10cmの全開大のタイミング、経産婦さんや切迫早産の人で子宮口の開きが早い場合は、子宮口5~7cmで分娩室に移動することも。

子宮口が全開に近づくと、陣痛間隔が1~3分おき、陣痛の継続時間が30~60秒と痛みも非常に強くなます。それでも歩いて分娩室に移動しなければならないため、「この移動が心底つらかった!」と感じる先輩ママさんも多いようです。

しかし、分娩室に入れば出産まであと少し!気合を入れて移動しましょう。

生まれるまでは初産婦:1~3時間、経産婦:30分~1時間 程度

分娩室に入室してから出産までにかかる時間は、平均で初産婦の場合1~3時間程度、経産婦の場合30分~1時間程度と言われています。

分娩室に入り分娩用の服に着替え、分娩台にあがります。(入院の時点で分娩用の服を着ることも。)お腹にはNSTが装着され、万が一の時とのために点滴のルートをとり、下半身にはママやパパから見えないようシートをかける病院もあります。

外陰部や大腿内側を消毒すると、いよいよ赤ちゃんを産むためにいきみを開始します。いきむタイミングは自分でもわかりますが、助産師さんの指示に従うと安心でしょう。陣痛の合間は赤ちゃんに酸素を送るためしっかり呼吸してくださいね。

出産が近づくと破水がおこり、さらに陣痛が強くなります。しかし破水が起こらず陣痛がなかなか進まない場合は人工的に破水をすることも…。

赤ちゃんの頭が出始めると、ママの会陰と赤ちゃんの頭の大きさによっては「会陰切開」を行います。会陰切開を怖がるママは多いですが、切開時にはほとんど痛みがわからなかったと感じるママが多いようです。

そして赤ちゃんの頭が出た後はいきむのを止め、肩が自然に排出されるのを待ちます。赤ちゃんの肩が出ると下半身もスルリと排出され、赤ちゃんが誕生し、長かった陣痛もぴたりとおさまります。

家族が立ち会いする場合

出産に立ち会えるのは「夫のみ」という病院多し!

「義母が出産に立ち会いたいと言っています(涙)」というのはよくある立ち合い出産の悩みです。どうやって断ろう?と悩むママも多いと思いますが、安心してください。義母は立ち合いNGという病院がほとんどです。

通常、家族の立ち合い出産であっても、立会できるのは夫のみという病院が多いのですが、病院によっては夫に加え妊婦の実母までOKという病院もあります。

上の子がいるママの中には、上の子も出産に立ち会わせたいと考える人もいますが、多くの病院では感染症等の問題で子どもの立ち合いを制限していることが多いので気を付けましょう。上の子の立ち合いを希望する場合は、分娩する病院を決める際に立ち合い可能かどうか確認しておくことが大切です。

立ち合い時にあると便利なグッズ

分娩室に移動すると出産もクライマックスです。ママの苦しみもピークですがそのすぐ後には人生で最も感動する瞬間が…。新しい命を生み出すママをサポートするために便利なグッズを忘れないように持ち込みましょう。

■ペットボトルストロー
分娩が始まるといちいち体を起こして水分補給をするのは大変です。陣痛の合間に寝ている状態で水分補給をするために、ペットボトルに装着できるストローを用意しましょう。100円ショップでも入手可能です。
■タオル
陣痛室に引き続き、痛みのピークと戦っているママは汗びっしょり。ママの顔に流れてくる汗をぬぐってあげましょう。
■うちわ
お産の最中はとても暑いので、陣痛の合間にクールダウンをするための団扇もおすすめアイテムの一つ。間違ってもパパ自身を扇ぐのではなく、頑張ってるママを扇いであげてくださいね。
■カメラ
我が子がこの世界に誕生した瞬間をとらえるためにもカメラは必須アイテム!赤ちゃんが誕生する瞬間は感動でカメラを構えることを忘れてしまいがちなので、助産師さんにひと声かけてもらえると安心です。
ビデオに関しては持ち込みNGの病院もあるので事前に確認が必要です。

パパが立ち会うときの心構え

立ち合い出産のための両親学級で助産師さんがよく言うのは「パパは自分のことは自分でやってください」というセリフです。

愛する妻のためにしっかり立ち会うぞ!と気合を入れても、想像以上の長丁場だったり、ママの出血を見てびっくりしてしまったりすると、具合が悪くなってしまうパパもいるそうです。分娩中は医師も助産師さんもパパにかまっている暇はありません。自分の体調はしっかり管理するようにしてくださいね。



産後の流れ

胎盤が排出されたことを確認し、ママの状態を診察します

病院によってはママが希望すると赤ちゃんが生まれた後すぐに赤ちゃんを抱っこさせてもらえます。しばらくはようやく会えた我が子との時間を楽しみましょう。

出産後20分前後でこれまで赤ちゃんに栄養を送ってくれていた胎盤が排出されます。この胎盤が全部排出されたことを確認してから、医師が会陰の状態を確認し縫合が必要な場合は縫合をします。

回復室で数時間ゆっくり休息

出産直後の処置が終わると回復室に移動し、2時間程度安静に過ごします。これは産後にも子宮からの出血があることがあるためで、順調に子宮が収縮していることを確認することが必要だからです。

回復室で過ごす間は、食事をしたり飲み物を飲んだりすることができます。病院によっては早速母子同室になることも。パパと赤ちゃんとの時間を楽しんでくださいね。

リラックスして出産しましょう

初めての出産の場合何もかもわからず心配が募りますよね。陣痛の痛みで何も考えられない!とパニックになってしまうこともあるかもしれませんが、分娩室に移動したら助産師さんの指示に従っていれば大丈夫。

助産師さんは数え切れないほどの出産に立ち会っているので、呼吸法やマッサージ等ママを的確にサポートしてくれます。ママの体が緊張してしまうとお産も進みづらいので、まずはリラックスすることを心がけましょう。かわいい赤ちゃんに会えるのはもうすぐです!