お七夜で使う命名用紙を一から解説 たくさんあって迷っちゃうかわいい命名用紙も

パパとママからの色んな願いが込められた最初のプレゼントの「名前」。周囲の人たちも「この子はどんな名前を付けてもらったのだろう」と、とても興味がありますよね。日本には、古くよりお七夜といって、赤ちゃんが誕生して無事に1週間たったことをお祝いし、その時に名前をお披露目するという儀式があります。最初のプレゼントの「名前」を思い出に残る素敵な方法でお披露目してみませんか。

命名用紙とは

よく「命名」という字の下に赤ちゃんの名前が書いてあるものを目にすることがあると思います。その紙こそが「命名用紙」です。見たことはあるけど、いつ使うの?そもそも誰が書けばいいの?など意外とわからないことが多い「命名用紙」。今回は、そんな命名用紙についてご紹介したいと思います。

お七夜とは

お七夜とは赤ちゃんが誕生してからちょうど7日目(産後6日目)の夜のことをいいます。昔は、赤ちゃんの死亡率が高く、生後6日までは「神の子」と呼ばれ、その生死は神様にゆだねられていました。お七夜の夜に人間の赤ちゃんと認められた儀式として、家族や地域の人たちとお祝いしたと言われています。

お七夜は別名「命名式」とも呼ばれていて、赤ちゃんの名前を家族や地域の人、その土地の産神様に報告する日とされています。その際に赤ちゃんの名前を「命名用紙」に書いて神棚や床の間に貼り付けてお披露目していました。
昔は、父方の実家が内孫の誕生を披露するために、家族や親戚や地域の人など多くの人を招いて盛大にお祝いをしていましたが、現在はパパとママだけや、双方の両親を招くなどと家族のみで行うのが主流となっています。

命名用紙の書き方

命名用紙の書き方はとても簡単です。

【書き方】
 1.「奉書紙」または「半紙」を横に二つ折りにする
 2.更に縦に三つ折りにする
 3.右側に「命名」
 4.中央に赤ちゃんの「名前」
 5.「名前」の少し右上に「父親の名前と続柄」
 6.名前の左側に「生年月日」
 7.左側に両親の名前と命名式の日付

以上が正式な命名用紙の書き方ですが、地域によって書き方に違いがある場合がありますので、両親や祖父母などに確認してみることをおすすめします。

命名用紙の種類

先ほど正式な命名用紙の書き方をご紹介しましたが、命名用紙には他にも種類があります。

【略式タイプ】
 皆さんがよく目にするのはこの「略式タイプ」だと思います。
【書き方】
 1.「奉書紙」または「半紙」の右側に「両親の名前」「続柄」
 2.中央上部に「命名」
 3.その下に赤ちゃんの「名前」
 4.左側に「生年月日」

【短冊タイプ】
これは「命名札」と呼ばれ、短冊状の命名用紙に赤ちゃんの名前を書いた札です。上下に赤い線が引いてあり、上部に金箔の型押しで「命名」と入っているものが基本的なデザインになっています。
現在では出産内祝いに、熨斗とは別に命名札を添えて渡すことが主流になっていますが、地域によっては親族や知人に赤ちゃんが産まれた際に命名札をいただいて、家の目立つところに貼るという慣習が残っています。

どこで販売しているの?

では、どのようなところで命名用紙は販売しているのでしょうか。

1.文房具店や100円ショップ
「奉書紙」や「半紙」であれば、文房具店や100円ショップで手に入れることができます。

2.インターネットショッピング
「奉書紙」や「半紙」はもちろんのこと、今は様々なデザインの命名用紙が販売されているので、お好みのものを選ぶことができます。

3.ダウンロード
インターネット上で命名用紙のテンプレートを無料ダウンロードすることもできます。デザインも豊富で、名前もパソコンで入力することができ、「字に自信がない」という方にもおすすめです。

命名用紙は誰が書くの?

命名用紙に誰が書くのかについては、決まりがあるわけではありません。昔は、「お七夜」は父方の実家が主催していたため、命名用紙は父方のお父さん、または名づけ親が書くことが多かったそうです。しかし、今では赤ちゃんの父親が書くという家庭が多いです。
「字に自信がない」という方はパソコンで作ることも可能ですし、プロに依頼することもできるので、各家庭で相談の上決めていただくことをおすすめします。

いつからいつまで貼っておけばいいの?

命名用紙は役所に出生届を出す日(生後14日まで)まで飾ることが一般的と言われています。しかし、地域によってはお宮参りまで(生後1か月まで)と床上げまで(生後21日まで)と様々なので、家族に確認することをおすすめします。外したあとは、へその緒などと一緒の箱に水引をかけて保存します。



かわいい♪おすすめの命名用紙5選

ディズニーの命名用紙:赤ちゃん姿がかわいい♪

見ているだけでかわいい、赤ちゃん姿のディズニーキャラクターの命名用紙です。ディズニー好きにはたまらないデザインですね。

マルアイ ディズニー IJ命名用紙A4 ベビーミッキー 3枚 GP-Dメ13B
※2016年2月9日現在の価格です。

マルアイ ディズニー IJ命名用紙A4 ベビーミニー 3枚 GP-Dメ13P
※2016年2月9日現在の価格です。

マルアイ IJ命名用紙A4 ベビープー GP-Dメ13C
※2016年2月9日現在の価格です。

命名紙セット:写真・手形・足型を一緒に飾れる 

名前を書くだけでなく、ついつい忘れがちな写真や手形・足型も一緒に残すことができるタイプです。

おたんじょうきろく 命名紙セット
※2016年2月9日現在の価格です。

短冊タイプ:上品な仕上がりの定番デザイン

上下に赤い線が引いてあり、上部に金箔の型押しで「命名」と入っているものが基本的なデザインの短冊タイプの命名用紙です。下部に梅があしらわれていて、とても上品な仕上がりとなっています。

タカ印 札紙 28-110 命名 金箔印刷 100枚入
※2016年2月9日現在の価格です。

無料ダウンロードの命名用紙:時間がないパパママにおすすめ!

インターネット上より無料でダウンロードすることもできます。パソコンで簡単に作ることができるので時間がないパパやママにおすすめです。

株式会社ササガワ[タカ印紙製品]:無料ダウンロードコーナー>ワードテンプレート>命名紙

思い出に残る素敵な「お七夜」を

いかがでしたでしょうか?「お七夜」は赤ちゃんが家族の一員になったことを、家族全員でお祝いする素敵な行事です。ただし、地域によって書き方や飾り方など慣習は様々なので一度ご両親などに確認することをおすすめします。
また、意外と忘れがちなのが命名用紙と赤ちゃんの写真。ちゃんと写真に残っていると、大きくなったときに見せる楽しみにもなりますよね。
「お七夜」で一番大切なことは、赤ちゃんが無事誕生したことを祝う気持ちです。なので、ママの体調が良くないときなどは無理せず、後日にお祝いしても構いません。形式にとらわれず、パパとママからの最初のプレゼントのお披露目が素敵な思い出になるといいですね。