臨月に起こる生理痛のような痛みの原因は?症状の特徴や受診の目安まで

臨月に入ると、いつ出産になるのだろうかとソワソワしてしまう方も多いのではないでしょうか。生理痛のような痛みを感じると「もしかして陣痛?」などとドキッとしてしまいますよね。陣痛には特徴がありますので、そちらを知っていれば陣痛かどうかは判断できるかなと思います。こちらでは臨月にある生理痛のような痛みの原因と、症状の特徴から受診の目安までをご紹介します。

臨月に生理痛のような痛みがあるのが心配…

陣痛はどの程度の痛みなのか不安に感じている方は多いと思います。臨月に入ると出産も近くなってくるので、少しでも痛みを感じるとハッ!としてしまうんですよね。確かに臨月に入る36週にもなるとそのような痛みを感じることが増えてくるんです。正常な経過をたどっている妊婦さんでも、頻繁にお腹が張ってくる時期です。

臨月に起こる生理痛のような痛みは「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」といいます。陣痛とついていますが赤ちゃんが生まれるときに起こるのは「本陣痛」といい、それとは区別されます。前駆陣痛は何度か繰り返し、その刺激によって子宮口や産道を柔らかくしていきます。



痛みの原因は、不規則に起こる子宮収縮

前駆陣痛の痛みは、出産が近づいたことで不規則に起こる子宮収縮が原因で起こります。痛みの感じ方も人それぞれで「生理痛のような痛み」「下腹部がシクシクするような痛み」「腰の痛み」などと感じる方もいます。痛みを伴わず、お腹の張りだけを感じるのも前駆陣痛の一種です。

そして、前駆陣痛として子宮収縮が起こる原因は、陣痛時に分泌されるホルモンの感受性が高くなっているためと考えられています。このホルモンの作用により陣痛時に子宮頸部が柔らかくなるのです。

妊娠中のお腹の張りは早産につながる危険性がありましたが、臨月に見られる前駆陣痛は正常な経過です。

本陣痛との違いは、間隔が不規則で痛みの強弱もまちまちであること

前駆陣痛は本陣痛ではありませんので、間隔は不規則で痛みの強弱もまちまちです。痛みもそれほど強くなく、日常生活を続けられることもあれば、横になるほどの痛みを感じたりします。夜に起こると陣痛につながるのではないかと不安で眠れないという方も多いようです。

特に初めての出産を控えている方は、陣痛がどんなものか分からないので区別がつくかな?と思われているかもしれません。ですが、陣痛は前駆陣痛とは明らかに違います。痛みの程度や間隔がはっきりしているので、これはどっちかな?と迷っていられるうちは前駆陣痛だと思っていいでしょう。

ですが、感じ方には個人差がありますので、収縮が始まる時間から、次に収縮が起こるまでの間隔を測ってみて規則的に起こっており、それが10分以内で起こっているようであれば産院に連絡するようにしましょう。



本陣痛の特徴

不規則な痛み

前駆陣痛は不規則な間隔や強さの痛みが起こります。痛みがあっても気づいたら痛みが遠のいていたということも多いです。このような場合はまだ出産になりませんから慌てなくても大丈夫です。

規則的な痛み

それに比べ、陣痛は10分以内の規則的な間隔で、痛みも回数を追うごとに強くなっていきます。特に出産直前の陣痛に気付かない方はいないと思います。

一般的に初産婦は出産に12~15時間ほど、経産婦では5~7時間くらいかかると言われますが、こちらも個人差がありますので、まだまだ出産までには時間がかかるだろうと思わず産院に向かうようにしてください。このときは危険が伴いますので、決して自分で車の運転などをしないでくださいね。

痛みの間隔が徐々に短くなってくる

このとき陣痛であれば、徐々に痛みの間隔は短くなってきます。間隔が短くなるほど出産は近づいていますが、赤ちゃんの状態やママの体の準備が整っていないとすぐには生まれないことが多いです。

痛みが治まっているうちは力を抜いて体力を残しておくようにしましょう。 ▼関連記事

こんなときは受診しましょう

前駆陣痛が始まったからといって病院を受診する必要はありませんが、次のようなことがあった場合は病院に相談し受診するようにしましょう。

○痛みの間隔が短く、強くなってきた
おそらく、病院から受診目安となる痛みの間隔を伝えられているのではないでしょうか。初産婦では10分間隔、経産婦では15分間隔になれば連絡するようにと言われることが多いようです。前駆陣痛が見られたら一度確認しておきましょう。

○破水した
破水は赤ちゃんを包んでいる膜が破れたために、中の羊水が出てきてしまっている状態です。破水をすると赤ちゃんが感染症を起こす危険性があるので治療を行わなくてはいけません。高位破水であれば尿漏れと区別がつかないこともあるようですので、ちょろちょろ下着が濡れる場合も注意しておくようにしましょう。

○胎動を感じなくなった
臨月にもなれば、赤ちゃんが大きくなってきて今までのように胎動を激しく感じなくなることもありますが、全く感じなくなることはありません。胎動を感じないと気づいたら赤ちゃんがしんどい状態になっていることがあります。おかしいなと思った場合は産院に相談してみましょう。

前駆陣痛は陣痛の予行演習。出産の心構えを

前駆陣痛は陣痛ではありませんが、陣痛が起こる前の予行演習のようなものです。慌てたり、必要以上に怖がる心配はありませんが、出産はもうすぐそこに迫っているかもしれません。前駆陣痛が頻繁に起こっているようであれば、遠出は控え、一人でのお出かけも近所のお散歩くらいにしておくようにしましょう。

いよいよ赤ちゃんとのご対面が待っています。そのときまであと少しのマタニティライフを穏やかに過ごしてくださいね。 ▼関連記事