鯉のぼりを手作りしちゃおう!子供と楽しむ手作り鯉のぼり

5月5日の端午の節句、男の子のママさんたちにはやはり大きなイベントですよね。今年はお節句当日だけではなくて、少し前から子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。鯉のぼりを楽しく一緒に作って、子どもの記憶に残る端午の節句を過ごしてみませんか。ここでは鯉のぼりを楽しく作る事ができるものをご紹介します。

5月5日のこどもの日

5月5日は「こどもの日」としての呼び名が今は有名ですが、もともと五節句の「端午の節句」にあたり、古くは奈良時代から今と同じ日にお祝いをするようになったそうです。今のように鎧兜を飾るようになったのは、江戸時代の武家社会からの風習で、鯉のぼりはその頃の町人層からの派生とされています。

江戸時代の武家の男の子にとって、鎧兜は身の安全を守るものとして神社に奉納したしきたりがありました。そして今では『体を守る』という意味が引き継がれて病気や交通事故から守ってくれますようにとの願いをこめて飾るようになったようです。

昔からの子どもを思う親の深い愛情が現在までも続く日本の素敵な風習を、これから先の時代へも伝えていきたいですね。



鯉のぼりを吊るす意味って?

鯉のぼりは江戸時代の町人が、どんな環境にも負けずに子どもの立身出世を願って飾ったとされています。
清流だけでなく、沼や池などどこでも生きる事ができる鯉の強い生命力にあやかって、子どもがどんな環境でも強くがんばれるようにとの願いがこめられているのですね。

ほかに鯉に関しての中国の伝説で登竜門の語源となった『竜門という激流の滝をさかのぼった鯉が竜になって天に登る』という話から子どもの出世の願いもこめられているのです。

鯉のぼりを手作りしちゃおう

おりがみで作るこいのぼり

【折り方】
1.縦、横半分に2回折り目をつけます。
2.左側から1/4を折り返します。
3.右上の角を中心点に向かって三角に折り、右下の角を1/4の折線まで三角に折ります。
4.上下を1/4ずつ折り返します。
5.最後に中心線で折って、白い部分を重ねて差し込んだら完成です。

手順が簡単なので、子どもと一緒に楽しく折れるこいのぼりです。

フェルトで作るこいのぼり:切りっぱなしだから楽チン

100均でよく見かけるフェルトで作れば、端の始末がいらないので、子どもと一緒にはさみで切るだけ。簡単にこいのぼりが作れます。 こいのぼりの型紙を作ります。
うろこは大きいものと小さいものを二枚色を変えて重ねるといろいろな配色を楽しめてかわいいこいのぼりが作れます。 【材料】
フェルト 
ボンド

【道具】
はさみ

【作り方】
・こいのぼりの型紙を作ります。
・フェルトに型紙をセロテープで貼り付け、型紙に添って切ります。(マジックで型紙通りの線を写すと切りやすいですよ)
・本体と同じようにうろこの部分を作ります。
・本体にウロコを貼り付けて出来上がりです。

画用紙を使って

色画用紙をつかって鯉の形を作って、うろこや目を千代紙やカラフルな包装紙などさまざまにアレンジしても楽しいこいのぼりを作ることができます。

はさみが使えるようになったら一緒に切って楽しくのり付けして特別なこいのぼりを作るのも楽しいですね。



手作りキットもあります!

最初から材料や道具が揃っていると、準備も手間も少なくすぐに作業が始められますね。子どもと楽しく作れる手作りキットをご紹介します!

Panami ちりめん細工 なかよしこいのぼり

Panami ちりめん細工 なかよしこいのぼり
※価格は2016年2月2日現在のものです ちりめん細工のこいのぼりキットです。もうせんと金屏風もついて飾りやすいセットになっています。

鯉のぼり押絵 手作りキット

鯉のぼり押絵 手作りキット
※価格は2016年2月2日現在のものです 縫わずに簡単に作れるこいのぼりの手作りキットです。ボンドとはさみを準備するだけなので、とても簡単につくれてかわいい!ちりめんを使用しているので和のテイストがおしゃれな壁掛けようの飾りです。

オリムパス 編み物キット こどもの日 くまと鯉のぼりの端午の節句

オリムパス 編み物キット こどもの日 くまと鯉のぼりの端午の節句
※価格は2016年2月2日現在のものです。 こいのぼりとクマのかわいいあみぐるみキットです。中綿やビーズ、フェルトなどすべてがセットになっているので、かぎ針を用意するだけで作る事ができます。

doArtこいのぼりキット

doArtこいのぼりキット
※価格は2016年2月2日現在のものです アクリル絵の具で自由に色付けを楽しむ事ができるこいのぼりのキットです。木製こいのぼり1組と、アクリル絵の具が5色セットで入っています。

こどもの成長を祝う大切な日を素敵な手作り鯉のぼりでお祝いしましょう!

5月5日の「こどもの日」は男の子の成長を祝い、今年も健康であることを願う大切なお節句です。
その日に向けて、こいのぼりを子どもと一緒に作って、そのこいのぼりを記念に保管しておけば、成長記録として楽しむ事もできそうですね。

こいのぼりのうろこを子どもの手形や足型にすれば、とても素敵な記念のこいのぼりが毎年できそうです。
のりを使えるようになった年、お絵かきができるようになった年、はさみを使えるようになった年、配色が上手になった年など、年々できることが増えていく成長の過程を実感できそうです。
今年の『端午の節句』は、子どもと一緒に作ったこいのぼりでお祝いしてみませんか。