産休中にもらえるお金はいくら?出産手当金の計算をしてみよう

仕事をしていて妊娠すると、産休と呼ばれる産前産後休暇を取得できます。それと同時に、産休で休んでいる間に出産手当金が支給されますが、どれくらいもらえるか知っていますか?出産手当金について、支給額の計算方法や申請方法などを紹介していきますので、ぜひ計算してみてくださいね。

出産手当金とは?

仕事をしている人が出産する場合、出産予定日前後の産前42日と産後56日に産前産後休暇を取得できます(多仔妊娠の場合のみ産前98日)。しかし、仕事を休んでいる間、給料が出ない会社がほとんどです。出産手当金は、その間の生活を支える為の経済的な支援制度として、加入している健康保険から支給されます。



出産手当金の支給の対象になるのは?

勤務先の健康保険か共済組合に1年以上加入していて、産休後、仕事に復帰する予定の人

出産手当金の支給の対象者は、勤務先の健康保険か共済組合に1年以上加入していて、産休後、仕事に復帰する予定の人です。
正社員でなくてもパートやアルバイトでも以上の条件に当てはまれば、出産手当金をもらうことができます。しかし、仕事をしていても、国民健康保険に加入している場合は対象外になります。

また、出産手当金は妊娠4カ月(85日)以上で出産した場合に受け取れます。「妊娠4カ月以上」であれば、早産、流産、死産、さらに人工中絶であっても、出産手当金支払いの対象になっています。

制度が変わった点に注意

以前は退職後6カ月以内に出産した場合も対象になっていましたが、2007年4月以降は対象外となっています。また、退職後、健康保険を任意継続したとしても支給されないので注意が必要です。

いくらもらえるの?

日給の2/3× 日数分

「出産手当金= 標準報酬日額 × 2/3 × 産休で休んだ日数分」になります。
日給は実際のお給料から算出した標準報酬日額を使います。標準報酬月額とは、基本給以外に残業代や各種手当などを含んだ金額のことを言います。
しかし、残業時間などは毎月違ってくるものですし、各種手当もない月もあります。そこで、毎年4、5、6月の3ヶ月間の給料を平均した金額を1年を通しての標準報酬月額としています。



実際にもらえる金額を計算してみよう

計算方法

1.まず初めに直近の4月、5月、6月の給与から平均月収(標準報酬月額)を出します。

2.次に、その標準報酬月額を30で割って標準報酬日額を出します。(10円未満四捨五入)

3.次に、標準報酬日額に3分の2をかけて、出産手当金の1日分の単価を出します。(1円未満四捨五入)

4.最後に、1日分の単価に産休で休んだ日数をかけて出産手当金を出します。

例)月給が240,000円の場合

4月、5月、6月の給与が240,000円ずつになるので

・標準報酬月額は
(240,000+240,000+240,000)÷3=240,000万円

・標準報酬日額は
240,000÷30=8,000円

・出産手当金の1日の単価は
8,000×2/3=5,333円
※50銭未満の端数は切り捨て、50銭以上で1円未満の端数は切り上げます。

・出産手当金は
5,333×(42+56)=871,0567円

※日数は出産した日によって異なってきます。
産前休暇は出産予定日の42日前から始まり、産後休暇は出産した日の翌日から始まるので、出産した日が出産予定日とずれるともらえる金額が変わります。

出産が予定より遅れてしまった場合、その分出産手当金が支給される日数が長くなり、反対に出産が予定より早まる場合は、出産手当金の支給される日数が短くなります。

手続きはどうしたらいいの?

手続き方法は以下の通りです。

1. 会社で必要な書類を受け取る

産休に入る前に、勤務先または勤務先を管轄する協会けんぽや保険組合で「健康保険出産手当金支給申請書」をもらって記入します。

2. 医師が助産師に出産した証明をしてもらう

出産後、「健康保険出産手当金支給申請書」に医師に出産の証明を記入してもらわないといけないので、病院で担当医に記入してもらいます。その際、文書料が数千円かかる場合もあるので注意しましょう。

3. 会社で必要事項を記入してもらう

「健康保険出産手当金支給申請書」には勤務先が記入する欄もあるので、産後休暇が終わる出産後57日以降に勤務先で記入してもらい、勤務先または協会けんぽ、健保組合窓口などに提出します。

出産手当金はいつもらえるの?

遅いと出産3〜4カ月後になるので気をつけよう

出産手当金は、出産したらすぐもらえる、産休中にはもらえるというイメージがあるかもしれませんが、実際に口座に振り込まれるまでに結構時間がかかることがあります。
産休が明けた後(産後56日後以降)に勤務先で申請書の必要事項を記入してもらって提出してから、さらに約2週間~2ヶ月後に指定口座に振り込まれることになっています。

そのため、出産したらすぐにもらえるわけではなく、だいたい産後2ヶ月半~4ヶ月後に支給されることが多いようです。
産休中の生活資金を出産手当金でまかなおうと思っていた人もいるかもしれませんが、産休中には支給されないので注意しましょう。

出産手当金の他の注意点

産休中も給料の支給がある場合、出産手当金は調整される

産休中でも会社から給料が出る場合は、出産手当金から給料の分だけ差し引かれて支給されます。そのため、標準報酬日額の2/3以上の給料がもらえる人は、出産手当金は支給されません。

産休期間中の社会保険料は免除

平成26年4月から産休中の社会保険料の支払いが免除になりました。産休中に社会保険料を納めなくてはならないことは、出産手当金で給料の補償があるとはいえ、実際は給料の2/3の金額の支給のため、負担は大きいものでした。育児休暇期間の社会保険料はすでに免除となっていましたが、さらに産休中の負担もなくなっています。

もらい忘れた場合は2年以内なら請求できる

出産手当金をもらい忘れた場合は、産休開始の翌日から2年以内なら全額請求できます。2年経過した後は、1日経つごとにもらえる日数が毎日1日分ずつ減っていきます。気づいたら早めに手続きするようにしましょう。

傷病手当金を支給されている場合は出産手当金が優先

出産手当金の支給期間中に傷病手当金を受けている場合は、出産手当金の支給が優先され、その間の傷病手当金は支給されません。もし、傷病手当金が支給されてしまったときは、支給された額の分だけ出産手当金が調整されます。

産休中にもらえる他の手当

出産育児一時金

他に産休中にもらえる手当には出産育児一時金があります。
出産育児一時金は、出産したときにまとまった支出の経済的負担の軽減を図るために支給されるもので、1人につき42万円が支給されます。

多胎(双子や三つ子)を出産した場合は、人数×42万円の額を受給することができます。ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は平成27年1月1日以降40.4万円となっています。

支給対象となるのは、国民健康保険もしくは健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月以上(85日以上)で出産している場合です。
(ただし、妊娠85日以上で死産もしくは流産となった場合も、出産育児一時金の支給対象になります。)

妊娠・出産は病気で病院に受診する場合と違って健康保険が適用されないため、全額自己負担になります。 まとまった金額が必要なときに頼りになるの出産育児一時金。今回は、出産育児一時金について、申請方法や支払方法などをご紹介します。

出産手当金の気になる疑問

Q1.出産した日は産前、産後のどちらの期間に入りますか?

出産した日は産前休暇期間に入ります。

Q2.出産手当金は、産前と産後分をまとめて申請しないといけないのですか?

出産手当金は、産前分、産後分と2回に分けて申請することもできます。しかし、事業主の証明欄については毎回証明が必要なので注意が必要です。
なお、医師または助産師の証明欄については、1回目の申請が出産後で出産日等が確認できたときは、2回目以降の申請書への証明は省略可能になります。

Q3.産休中に退職すると出産手当金はもらえないの?

以前は、例外的に退職後6ヶ月以内に出産した人や健康保険を任意継続した人が支給の対象になっていましたが、現在は残念ながら支給されません。
ただし、急に両親の介護が必要になった、夫が転勤することになった、などのやむを得ない理由によって、仕事を辞めるつもりがなくても退職をせざるを得なくなってしまうような場合もあります。こういった場合、出産手当金を受けとることができる場合があります。

次の2点を満たしている場合は、退職後も引き続き、出産手当金の支給を受けることができます。
1. 退職した日までに継続して1年以上健康保険の被保険者になっていた期間があること。
2. 退職時に出産手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。なお、退職日に産休に入っておらずに出勤した場合は、出産手当金は支給されません。

※産休を取れる期間(産前6週間、産後8週間)であっても働くことができるかどうかについては、産前と産後で違いがありますが、産前の期間は本人が決めることができるようになっています。職場や自分の体調次第では法的には出産ぎりぎりまで働くこともできます。

しかし、産後は出産直後から6週間は法律によって働くことが認められていません。残り2週間についても、本人が働きたいと考え、加えて医師が働いてもよいという許可を出した場合にのみ働くことができます。
いずれの場合も、働いた日は給料が支払われるので、出産手当金が支給される対象となる日からは除かれることになります。

Q4.パートをしていますが、夫の扶養に入っている場合は支給されるの?

仕事をしていても、夫の保険に扶養で入っている人は除外されます。

妊娠中期頃から出産手当金の手続きについて確認しておこう

出産手当金の手続きは、産休に入る前の妊娠中期頃に確認しておきましょう。
職場で今まで産休を取った例がなかったり、ここ数年で久しぶりに職員が産休を取る場合だったりすると、担当者が手続きに不慣れなこともあります。

出産前や出産直後に申請の手続きに思っていたより時間がかかって焦ることがないように妊娠中期頃から準備を始めておくと安心ですね。

待ちに待った出産はとても喜ばしいことですが、出産・育児にはどうしてもお金がかかってしまします。出産手当金や出産育児一時金などの公的な給付金を活用して、出産による収入減をカバーしましょう。

こちらを参考にしました。

出産で会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

出産手当金について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会

こちらもあわせてどうぞ