服の収納方法はハンガーと引き出しでもっと良くなる!子供服収納アイデアも紹介♪

引き出しの中の服をギューギュー押さないと閉まらない。ハンガーにかけている服が多すぎて取り出しにくい…その服収納の悩み解決します!素材やサイズの違う服の収納は難しくクローゼットの中は乱れがちですが、ちょっとの工夫で収納スペースが増えるんですよ。今回はスペースが増える服の収納アイデアをご紹介します・

服の収納どうしてますか?

服の収納はどうしてますか?クローゼットはいつ開けてもスッキリ片付いている!というご家庭は少ないですよね。

子ども服は小さいのであまり収納スペースを必要としなさそうですが、普通に収納しただけではデットスペースが多くなってしまいがち。せっかくならデットスペースも使ってすっきり収納したいですよね。
子どもは1日に何度も着替えるので、取り出しやすい収納にするとママはとっても楽になりますよ。

今回はたくさん服を持っているママも、兄弟がたくさんいて服収納に困っている方も必見の服の収納術を紹介していきます。



ハンガーを使って収納する

ハンガーの種類を統一しよう!

クローゼットの中にかけているハンガー、バラバラではありませんか?
ハンガーの種類なんて…と思うかもしれませんが、収納できる数が全然違うのでハンガーの種類は統一することをおすすめします。
それに、同じ種類のものを使うと見た目もすっきり。色や太さが違うハンガーを使っているよりもきれいに収納することができますよ。

ハンガーは服が滑り落ちないタイプがオススメ!
厚みがないハンガーなら更に◎です!限られた空間にたくさんの服を収納できるようになるので、パンパンだったクローゼットにゆとりができますよ。

山善(YAMAZEN) 山善起毛ハンガー 10本セット アイボリー NSQ-07(IV)
※2016年1月3日現在の価格です。 カラーは淡い色がおすすめ!主張しすぎない色を選ぶとたくさん服がかかっていても、すっきり見えますよ。

ハンガーにかけた服は丈の長さ順に並べる

服をかけて収納するときは丈の長さ順に並べましょう。
服の素材や色などで分けるのもいいですが、丈の長さを揃えて収納するとクローゼットの中がとてもすっきり!長い丈の服と短い丈の服を分けることで、短い丈の服の下にスペースがうまれ、他の服などを収納できるようになりますよ。

S字フックとチェーン、つっぱり棒でハンガースペースを増やす!

引き出しに入れるよりもハンガーにかけて収納する服が多い!という方はハンガースペースを増やしてみませんか?
100均に売っている「S字フック」と「チェーン」、「つっぱり棒」を使って簡単DIYしてみましょう。

◆材料◆
S字フック          4つ
プラスチックチェーン     必要な長さ
つっぱり棒          1本

◆作り方◆
1.ハンガーパイプにS字フックを2つかけ、そこに2本のチェーンをぶら下げます。
2.ぶら下げたチェーンのお好みの場所にS字フックをかけ、そこにつっぱり棒を通して完成!

クローゼットにデットスペースがあるなら、ぜひ試してほしいDIYです。材料はすべて100均で揃えられるので、500円以内で収納スペースを増やすことができますよ。
子ども服はハンガーパイプにかけても下のスペースがかなりもったいないですよね。この方法でスペースを増やせば、兄弟がいてクローゼットがパンパンでも収納スペースができるのでおすすめです。

引き出しを使って収納する

収納する服に合わせて引き出しの深さを変える!

下着や靴下は浅い引き出し、シャツやパンツは深めの引き出しが使いやすいですよ。
靴下を深い引き出しに収納すると、下に入っている靴下を探しにくく結局上にある靴下ばかり履いてしまいますよね。
逆に浅い引き出しにシャツを収納すると、小さく畳んだ分厚みが出てしまうため、あまり収納できなかったり、シワができてしまいます。
そのため、収納する服に合わせて引き出しの深さを変えると収納しやすくなりますよ。

今から引き出しを買う、買い替えるという方は、クローゼット内の統一感が出すことができるので、同じタイプの引き出しを使うのがおすすめ。
更に、使っている引き出しと同じセットをもう1組用意すると、衣替えがラクになりますよ。一番下の引き出しにキャスターが付いていたら1分で衣替え完了!お掃除も簡単ですね。

天馬 Fits フィッツケース ワイド (幅45×奥行45×高さ20cm) カプチーノ
※2016年1月3日現在の価格です。 フィッツケースはサイズが豊富!クローゼットにも押入れにもぴったりのサイズがありますよ。

引き出しには立てて収納する

畳んだ服を重ねて引き出しにしまうと、下にどんな服が入っているかわかりにくく、取り出しにくいですよね。
そのため、服は立てて収納しましょう!服を立てることで、引き出しの奥に入っている服も一目見ただけでわかります。取り出すときも、そのまま引き抜くだけなので簡単ですね。
服をしまうときは、入っている服を手で押さえておけばスッと入れることができるので大丈夫!

服を探せないパパさん、探しているうちに引き出しの中をぐちゃぐちゃにしてしまうお子さんがいるならぜひお試しを。

ニットを収納するときはブックスタンドを使う!

ニットなど柔らかい服やパーカーなどの厚めの服は、立てて収納するのが難しいですよね。
そんなときには「ブックスタンド」を使いましょう!
ブックスタンドは100均で売られているものでOK。服の間にブックスタンドを挟むだけで、服を1つとっても他の服がぐちゃぐちゃにならないので便利ですよ。



子供服収納のアイデア

伸縮棚で収納スペースを増やす!

寒いときに着せるカーディガンやパーカーの置き場に困ることありますよね。
たまに着るけど、使わないときに置いておくスペースが欲しいものがあるなら、伸縮棚がおすすめ。壁と壁の間に突っ張るので、どんな場所でも設置できます。
棚の上にかごなどの収納グッズを置いて小物や普段着を入れたりするときに便利ですよ。

※耐荷重以上に物を乗せると落ちることがあるので気を付けてくださいね。

アイリスオーヤマ 超強力伸縮ワイド棚 幅110-190cm ホワイト SW110
マフラーや帽子などを置くスペースにも◎!短いものから長いものまで種類が豊富なので、クローゼットに合ったものを選んでくださいね。

可愛い仕切りを使って兄弟の服を分ける

兄弟で同じクローゼットを使っていると、上の子と下の子の服がわかりにくいですよね。
そんなときは可愛い仕切りでわかりやすく収納しましょう!
ハンガーパイプに仕切りをはさめば小さな子どもでも自分の服を取り出しやすくなります。ママも服を仕舞いやすくなるのでおすすめです。

◆作り方◆
好きな紙や布を貼った厚紙の上にCDなどを乗せて型を取ります。型の通りに切って、一か所だけ切れ目を入れたら完成。
子どもの名前を書いたり、子どもの好きなキャラクターのシールを貼ってもいいですよね。

仕切りを使って小さな服をきれいに収納

引き出しなどに子どもの服をしまうと、服が小さいのでスカスカになったり、ぐちゃぐちゃになりやすいですよね。
その場合は、引き出しの中に仕切りを入れてるとすっきり収納することができますよ。
赤ちゃんは特に服が小さいので、一段の引き出しに肌着、カバーオール、靴下、スタイなどまとめて収納している方もいると思いますが、布製の仕切りを使うとママも管理しやすくなるのでおすすめです。

引き出しに服のイラストステッカーを貼るとわかりやすい!

引き出しに服のステッカーを貼っておくと、中に何が入っているかわかりやすいのでおすすめ!
子どもが自分で着替えをするとき、「靴下はここ」と引き出しを開かなくてもわかるので便利です。ママが服をしまうときもわかりやすいので家事がはかどりますよ。

赤ちゃんの服を保管するときは月齢別に収納する

赤ちゃんは1年で大きく成長するのでサイズアウトが早い!50~60サイズの服は1ヶ月だけだった…ということもよくありますよね。
次に産まれてくる子のために、親戚やお友達にあげたいからなどの理由で保管することもあると思いますが、月齢別もしくはサイズ別に保管するのがおすすめです。

大きな衣装ケースに保管すると、いざ使うときに欲しいサイズを取り出すのが大変ですよね。月齢やサイズ別に保管しておくと、探しやすく取り出しやすくなります。
衣装ケースを「新生児」のケースにして、新生児のうちしか使わないグッズをまとめて収納するのもいいですね。

幼稚園や学校に着ていく服は取り出しやすく

幼稚園にもなると、身支度を自分でできるようになります。
そうなったら幼稚園の準備も自分でできるように、取り出しやすいところに置いてあげましょう。大人がとりやすくても、子どもにとっては取るのが大変なこともあるので、お子さんと一緒にどの場所に置くか考えてみてくださいね。

カバンや上着、マフラー、手袋などの一式をまとめておくと朝になってバタバタすることもないのでおすすめです。

礼服など普段使わない服の収納方法

クローゼットの壁にフックを付けて収納する

礼服の収納はどうしてますか?普段使わないけれど、突然使うこともあるのできれいに保管しておきたいですよね。礼服はクローゼット内のデットスペースに収納しましょう。

例えば、ハンガーポールに服をかけていても、その奥にはデットスペースがありますよね。そこにフックをつけて、礼服スペースに。普段目につかなくても、使いたいときはサッと取り出せるので便利です。
フックは粘着式でもねじこむタイプでもOK。かける服の重さで使い分けてくださいね。

冠婚葬祭の小物類はそれぞれまとめて収納

礼服と同じように、冠婚葬祭で使う小物もきれいに保管しましょう。
礼服のときにしか使わない真っ白のシャツも小物類と一緒に収納するのがおすすめ!100均に売られている書類ケースを使うと、シャツと袱紗、数珠などをまとめて収納できますよ。
バッグなどもクローゼットの上の棚にまとめておくと、いざというとき慌てなくて済みますよ。

忙しいママだからこそ、使いやすい収納を!

いかがでしたか?
毎日家族の服を洗濯して、仕舞って…を繰り返しているママにとって服の収納は重要です。収納ひとつでいつもの家事がぐっとラクになりますよ。

「ママ~あの服どこ?」と毎日聞かれるママ。もしかしたら収納方法が悪いのかもしれません。
どうしたら家族が使いやすくなるか、どうしたら服を仕舞いやすくなるかを考えてそれぞれに合った方法を探してみてくださいね。
忙しいママだからこそ、使いやすい収納で家事の時間短縮をしましょう!