乳腺炎の症状が知りたい!原因や対処法も併せてご紹介します

出産を終え、やっと赤ちゃんと対面できた!という喜びに浸りつつも、ママの身体は出産による疲労、産後の回復、ホルモンバランスの変化、そしておっぱいの生産と大忙し。授乳するママにとってよくあるトラブルの一つに乳腺炎があります。乳腺炎は軽いものから重度なものまで段階によって症状も様々で、決して他人事ではありません。でも、乳腺炎になっても慌てないで。しっかりとした知識を持って落ち着いて対処していきましょう。

乳腺炎について知りたい

「乳腺炎という言葉は耳にしたことがあるけれど、そもそもどんなものなの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。出産・授乳を未経験のママにとってはなかなか想像しづらいのではないかと思います。

乳腺炎とは、その名の通り「おっぱいの通り道である乳腺が炎症を起こしてしまう状態」のことを言います。
乳性炎と一口にいっても、段階によって症状も異なり、いくつか種類があります。場合によっては治療が必要になり授乳を中断しなければならないこともあります。

そうなってしまう状態まで放っておかないためにも、乳性炎について、詳しく知り自分できちんと判断・対処できることが大切であると言えるでしょう。



乳腺炎の症状は?

1.おっぱいにしこりができる

おっぱいのしこりは、乳腺炎の初期症状の一つでもあると言われています。
しこりとは、おっぱいの一部がカチコチに硬くなることで、硬くなった部分を触ると痛みを伴うこともあります。石が入っているかのように、外からみてもその部分が妙に盛り上がっていたり、いびつな形をしていることが分かるでしょう。

2.おっぱいが熱を持つ

乳腺炎になると、おっぱいの一部が腫れて熱を持つようになり、この症状は初期のうちから見られます。
痛みを伴うこともあり、赤ちゃんを抱き上げたり、腕を上げたりするときに、筋肉痛とは違う違和感や痛みを感じることもあるかもしれません。

3.乳頭に白い斑点が見られる

赤ちゃんがおっぱいを飲む際に口に加える乳頭部分に、白いニキビのようなものができることがあります。これは、白斑もしくは乳口炎とも呼ばれ、痛みを伴う場合とそうでない場合があります。
これによって、おっぱいの出る部分を塞いでしまい、母乳が詰まってしまうため放っておくと乳腺炎が悪化する恐れがあります。

4.熱、悪寒、関節痛などの症状が見られる

乳腺炎が進行してくると、発熱を伴うこともあります。ほかにも、悪寒や関節痛など風邪をひいたときとよく似た症状が見られます。

熱に関しては、後ほど詳しくご紹介していきます。

5.授乳時、もしくは何もしていなくてもひどい痛みを感じる

赤ちゃんが生まれて最初の数日間は、おっぱいを吸われる度に強烈な痛みを伴います。しかし、ママの身体も慣れてきて次第に痛みを感じなくなってきます。
ところが、乳腺炎になると授乳時に痛みを感じるようになります。また、炎症が進むと寝ているときなど休んでいるときにまでおっぱいに痛みを感じることがあります。

悪化すると熱が出ることもあるの?

先ほどちらりと述べましたが、乳腺炎の症状の一つとして発熱を伴うことがあります。
通常、38度以上の発熱になると本格的な乳腺炎としてみなされます。ただし、発熱に伴い悪寒や関節痛など風邪によく似た症状が見られるため、「育児疲れかな?」と勘違いしてしまうママも少なくありません。

発熱と同時に胸のしこりや痛みがある際には、乳腺炎を疑いきちんと対処をするようにしましょう。



乳腺炎の種類は?

乳腺炎には細かく分類すると色々な種類がありますが、大きく分けて「急性うっ帯乳腺炎」と「化膿性乳腺炎」の2種類に分けることができます。
では、それぞれの違いについて見ていきましょう。

急性うっ帯乳腺炎

おっぱいが出る部分が塞がれてしまったり、おっぱいの通り道である乳管と呼ばれる管が詰まってしまうことで起こります。
上記でもご紹介してきたような、しこりや熱を持つなどといった症状が見られます。

程度にもよりますが、まだ初期段階の頃であれば自分で気をつけて適切なケアを行うことで悪化させずに改善することもできます。

化膿性乳腺炎

化膿性乳腺炎は、乳腺炎がさらに悪化し、細菌がおっぱいに感染して激しい炎症を起こしている状態にあります。おっぱいが全体的に赤みを帯びて腫れ、痛みを伴います。乳腺の周囲に膿がたまり、場合によっては母乳に膿や血が混じることもあります。

細菌に感染しているため、病院で医師の治療を受けることが必要です。

乳腺炎の原因は?

実は、授乳中のママの4人に1人が乳腺炎にかかると言われているのをご存知でしょうか。突然やってくる激しい痛みや不快感を伴う乳腺炎、その原因をいくつか挙げてみました。

・ママの育児疲れや睡眠不足、ストレス
・授乳中の食事の内容(脂肪分が多い、野菜不足など)
・授乳間隔が開いたり間隔が定まっていない
・赤ちゃんの母乳の飲み方(飲む量の偏りや、飲む姿勢など)
・母乳の飲み残し
・きついブラジャーなどでおっぱいを圧迫

乳腺炎にかかる人の多くが、産後一ヶ月未満の授乳中の母親であると言われていますが、中には半年、一年を過ぎて授乳に慣れてきた頃に発症する人も少なくありません。

授乳に慣れてくると、授乳が生活の一部となり、あまり食事や生活習慣に気を使わなくなってくるかもしれません。しかし、そんな気の緩みが乳腺炎を引き起こすこともありますので気をつけましょう。

乳腺炎の対処法が知りたい

気をつけていても、乳腺炎になってしまうこともあります。
特に生後間もない赤ちゃんとママは、お互いに慣れないことばかりです。思うように休めなかったり生活のペースをつかむのは決して簡単なことではありません。

「乳性炎になってしまったかも」と思ったら、軽くみるのではなくしっかりと早めの対処が必要です。早めに気づいて適切な対処をすることで、重症になるのを防ぐことができます。

全身は温めながらも患部を冷やす

はじめに述べたように、乳腺炎とは「おっぱいの通り道である乳腺が炎症を起こしてしまう状態」を表します。
乳腺炎に限ったことではありませんが、炎症を起こしている場合、その患部を冷やすことが大切です。これは日焼けや捻挫をしたときも同じです。

乳腺炎でおっぱいの一部が赤く腫れていたり熱を持っている状態のときには、冷却ジェルシートなどを使って冷やすようにしましょう。
※ただし、炎症がひどく皮膚がただれているといった場合には、直接皮膚に当てないようにしたり医師の判断を仰ぐようにしましょう。

冷やすのは重要ですが、身体全体が冷えてしまうのはNGです。おっぱいは血液でできていますから、血行が悪くなってしまっては、おっぱいの出に支障がでてしまいますし、何より冷えは基本的に体によくありません。
もし、時間が取れるのであれば半身浴などはお勧めです。炎症を起こしている胸部分は湯船につけず、下半身からゆっくりと全身を温めるようにしましょう。

授乳は積極的に行う

乳腺炎になってしまうと、痛みを伴うために授乳をするのが億劫になってしまうかもしれません。しかし、乳腺炎はママだけでなくママと赤ちゃんの二人三脚で治していく必要があります。

あまりにも症状が悪化していたり、細菌に感染してしまった場合を除き、基本的には授乳は止めずむしろ積極的に行うことが大切です。赤ちゃんがおっぱいを吸うことで詰まりを解消してくれる効果があるからです。搾乳でも良いですが、赤ちゃんのおっぱいを吸う力は思っている以上に強いのです。

また、赤ちゃんによって個人差はありますが、授乳間隔は3時間を空けないようにしましょう。基本的に一度の授乳につき両方のおっぱいを吸わせるわけですが、その際、おっぱいを飲ませ始める方向を交互にすることがポイントです。

授乳をさせる体勢も工夫してみましょう。具体的には次でご紹介していきます。

授乳の体勢を工夫する

おっぱいは、乳房から哺乳瓶のように一つの穴から出てくると思っている人も少なくないかもしれません。しかし、実際にはおっぱいの通る管(乳腺)はたくさんあり、はじめのうちはだいたい片方4〜5本程度、だんだん増えてきて多い場合では10本ほど開通する人もいるといわれています。

いつも同じ体勢で赤ちゃんにおっぱいをあげていると、確かにおっぱいは出るかもしれませんがいつも同じ乳腺から出るおっぱいを吸わせていることになり、結果として他の乳腺が詰まってしまうという可能性があり、それが乳腺炎につながる恐れがあります。

そのため、乳腺炎の予防・対策方法として色々な体勢で授乳をすることが大切です。
具体的なポジションとして、次のイラストのように、フットボールを抱えるように赤ちゃんを脇に抱えて授乳することで、胸の内側の乳腺を刺激することができます。
フットボール抱き(もしくはラグビー抱き)の他にも、

・縦抱きで抱っこした状態で授乳する
・牛や馬などのように、ママが四つん這いになって授乳する
・仰向けに寝転んで胸の上に赤ちゃんを乗せて授乳する
・横になって授乳する(添い乳)

などがあります。授乳体勢を変えることでだいぶ楽になることがありますので、ぜひ試してみてください。

初期段階など場合によってはマッサージが有効

はじめに、乳腺炎時に自分でマッサージを行うことについては、専門家からも奨励している意見とそうでない意見と分かれるということを述べておきたいと思います。

というのも、乳腺炎に限らず肩こりなどの際「揉み返し」といってマッサージをすることによってかえって症状を悪化してしまうことがあるように、乳腺炎のときに間違った方法でマッサージをしてしまうと悪化してしまう恐れがあるからです。

マッサージをするメリットは、血液の循環をよくし、原因となるしこり詰まりをほぐすこと。
自分でマッサージを行う際には、炎症を起こしている部分は避け、優しくもみほぐすようにします。熱が出ているとき、激しい痛みを伴うときは避けましょう。

熱が出ているときや激しい痛みがある、または自分では不安なときは、助産師などプロに依頼することをおすすめします。

食事に気をつける

健康・肌のトラブルでよく対処法として食事の見直しが挙げられますが、なかなかすぐに結果として表れるものではありません。だからといって軽視してはいいというわけではありませんが、乳腺炎に関しては割と即効性があると言えるでしょう。
ですから、とにかく乳腺炎の可能性を感じたらすぐに食事を見直すことが大切です。

おっぱいは血液でできていますから、血液がドロドロになるようなものの摂取は控えるようにしましょう。具体的に注意する点は以下の点になります。

《積極的に摂取したいもの》
・「葉酸」「カルシウム」「ビタミンD」を多く含む食材
・白身魚・赤みの肉
・海藻類
・根菜・イモ類(大根、ニンジン、ごぼう、レンコン、サツマイモなど)
・豆類(大豆、小豆など)
・水分補給をこまめに行う(ゴボウ茶は血行がよくなると言われています)

《摂取をできるだけ控えたいもの》
・油もの(揚げ物や肉の脂身など)
・ケーキ、チョコレート等のスイーツ
・乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルトなど)
・お餅

基本的に、和食は低カロリーでバランスがよく、母乳には非常に向いているとされています。
そして、偏った摂取をしては別のトラブルを招いてしまう恐れもありますので、バランス良く食事をすることを心がけるようにしましょう。

胸を圧迫させないようにする

胸を圧迫することで乳腺に負担がかかり、それが乳腺炎の原因となってしまうこともあります。乳腺炎の予防・対処法として、下着の見直しを行うことも大切です。産後の体型を気にしてすぐにワイヤー入りのブラにする人もいるようですが、ワイヤーレスの授乳ブラを使用するのが望ましいでしょう。

また、寝るときにもおっぱいの一部を圧迫しないよう、横向きではなくできるだけ仰向けに寝るようにすることを心がけるとよいかもしれません。

ひどくなった場合は治療が必要?

乳腺炎にも程度がありますが、その境界線は目に見えてはっきりと分かるものではありません。症状の感じ方や現れ方に個人差もあります。ここでご紹介してきたことなどを自身で心掛けたり対処しても改善されないときには、すぐに専門家のところを訪れることをお勧めします。

乳腺炎は、放っておくと自然に治るというものではありません。それにどんなに辛くても赤ちゃんのお世話は休むことができません。適切な処置を受けるようにしたいですね。

ちなみに、乳腺炎の治療は以下のような場所で対応してくれます。

・婦人科・産婦人科(できれば分娩をした場所が理想的)
・母乳外来に対応している助産院
・乳腺外科・乳腺専門家

乳腺炎はある日突然起こるものですので、余裕のあるときに前もって近くの病院などを調べておくと安心です。

乳腺炎の治療にはこのようなものがあります

乳腺炎で専門家の治療を受ける際、その方法は施設によって異なることがあります。母乳育児を推奨しているかどうかでも、対応が異なってくるかもしれません。
細菌に感染していない場合、母乳育児を続けながらの治療を行ってくれるところもあるかもしれません。

ただし、細菌に感染している場合や本格的な治療が必要と判断された場合には、解熱鎮痛剤・抗生物質が処方されることになります。点滴によって治療が行われるケースもあります。
また、膿瘍ができている場合には、注射針を使って吸引したり、切開して取り出すこともあります。

少しでも心配な時は医師を受診しましょう

乳腺炎は、母乳育児をしていくママの多くが経験しています。乳腺炎を経験したことがある人なら、きっと誰もが口を揃えて「もう二度とあんな辛い思いはしたくない!」と言うことでしょう。

ある日突然やってくる乳腺炎、日頃からその予防とケアが大切です。もし乳腺炎になってしまっても、対処によって改善される余地のある初期段階ですぐに気がつくことができるように、こまめにおっぱいの様子を観察したりケアを行いたいですね。

慣れないうちの授乳は特に、ママも疲れてしまって「もう嫌だ!」と弱音を吐きたくなることもあるかもしれません。それでもおっぱいを通じて我が子とつながっていられる期間というのは一生を通してほんのわずかな時間です。
いろいろとトラブルもあるかもしれませんが、授乳ができることの喜びをしっかり味わいながら、乳腺炎の予防・そして対処をきちんと行っていきましょう!