妊娠13週のつわりや便秘などのトラブルについての体験談・口コミ

妊娠13週のつわりや便秘などのトラブルについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

妊娠13週のつわりや便秘などのトラブルってどういうもの?

情緒不安定になってしまった

つわりの症状は人それぞれだと思います。私の場合は8週目くらいから始まり、一番辛かったのが13週目あたりでした。育児雑誌など読むと、多くの人が10週を過ぎたあたりから楽になる、なんて書いてありますが、全くおさまる気配なし。むしろ、10週くらいからきつくなってきました。一番つらかった13週目の主な症状は、だるさ、吐き気、情緒不安です。掃除も家事もできず、ほとんど主人にやってもらっていました。とにかく一日中ベッドから起きられないんです。こんなに辛いものとは知りませんでした。吐き気は夕方が一番辛くて、18時すぎになるとトイレとお友達です。主人が夕食をとっていると必ず嘔吐してしまい、主人には迷惑をかけました。情緒不安の症状もでて、些細なことでイライラしたり、涙が止まらなかったりして、自分でも感情がコントロールできないことがまたストレスになりました。結局、実家にもどり休ませてもらうことで、どうにか乗り越えました。15週くらいになって、ようやく収まってきましたが、つわりピークは本当に闇の中という感じでした。【なめこさん(30代)】

空腹に起きるつわり

私の場合、妊娠がわかった時からしばらくは、いわゆる「つわり」といったような症状は感じず、つわりはない体質なんだと思い、ほっとしていました。ですが妊娠4カ月に入るかというあたりから、起床時と就寝時になぜか胸やけのようなムカムカする不快感を感じるようになりました。何か口にすると落ち着くのでお腹が空いてくると気持ち悪くなるのだと確信しました。就寝時は特に不快を感じたらすぐ食べられるわけではないですし、始めは何とか耐えられたのですが、夜は寝られなくなってしまうほどになってしまったので、いつも寝室にパンやおつまみ昆布を持ち込んでいました。寝る前に何か食べる事自体かなり抵抗がありましたが、そんな事は考えていられずとにかくストレスを溜めず睡眠をとる事を優先しました。お腹が目立ってくる6カ月位までダラダラと続きましたが、空腹を満たせば治まるといった解消法があったのでなんとか乗り切れました。【みゅう★さん(40代)】

つらいつわりを乗り切る

妊娠6週目くらいから始まったつわりに限界を感じてきている頃だと思います。毎日パソコンや雑誌で「つわり」を検索してはいつまで続くのかとか、ひどい人のブログを読んで自分はまだましだと気持ちを立て直したりと、本当に辛い日々です。私は4回の出産を経験していて、1人目のときからひどくはなかったのですがつわりはありました。それが出産を重ねるごとにひどくなり4人目のときには何回も吐くようになりました。1日中吐き気に襲われ、吐けば少しは楽でもまたすぐ気持ち悪くなる。そんな毎日でした。13週目は気持ち的に「もうすぐつわりが終わる!」ということだけを信じて乗り切ってきたと思います。実際15週でつわりは終わりました。吐いている時は冷たい飲み物しか受飲めなかったのですが、冷たい飲み物は吐く時にラクだったので食べ物を食べた後に飲んでました。【すずやんさん(30代)】

妊娠中の辛い便秘

もともと便秘がちで、生理前に便秘になり→生理中に解消、というパターンができていたのですが、妊娠してからは生理がないので慢性的に便秘のままになってしまいました。それが一番顕著に表れたのが、妊娠13週目ごろ。ちょうどつわりの酷い時期で、水があまり飲めず、動くこともなかなかしんどかったので料理ができずちゃんと野菜が取れていなかったことも、原因の一つだったかと思います。それまで一応2日に1度はお通じがあったのが、3~4日ごとにしか出なくなり、ある日お腹に激痛が走りました。激痛の後、かた~い便が出て、その後は腹痛がおさまったので、便秘による腹痛だと思いました。しかしその激痛が2度ほどあり、お腹も張っているので、お腹の赤ちゃんに悪影響があるのでは・・・と思い、予約はまだ先でしたが緊急で診察してもらうことに。エコーで見ても赤ちゃんは元気で、子宮口の開きなど異常もなかったので、おそらく便秘による張りだろうということで、便をやわらかくする酸化マグネシウムのお薬を処方してもらいました。このお薬を飲むようになってからは、便の硬さは少しだけ解消したようで、完全に健康な便の様子とは言い難いですが、腹痛が起こることはなくなりました。つわりの時期はなかなか食事と運動で便秘を解消することが難しいですし、市販の薬も飲めないので、我慢せずにお医者さんに相談した方がいいようです。【なはりんさん(20代)】

つわりでも水分を摂って便秘を解消しよう

妊娠13週目ごろになると便秘に悩まされるようになりました。そのころはまだつわりがあって、思うように食べたり飲んだりすることができませんでした。そのためかお通じも悪く徐々に便秘になっていきました。私は妊娠前は便秘には無縁でしたので、便秘があれほど苦しいとは思いませんでした。お腹がはってとても苦しかったことを覚えています。そのころは3~4日に一度くらい便意をもよおすのですが、トイレに行ってもすっきりとは出ませんでした。力んでも硬い便がほんのわずかしか出ないのです。一度、肛門の近くに便があるのに、どうやっても出ないときがありました。一生懸命力んでも出ません。そこで思い切って自分の指を直接肛門の中に入れて、便をかきだしました。そしたら硬い便が少し出ました。ほんのわずかな量でしたが、そのときは詰まって出なかったのでとても苦しかったです。今思えば、つわりのときでも水分を多く摂るようにすべきだったなと思います。【たかこさん(40代)】

赤ちゃんが3~4頭身に成長した、妊娠13週目

妊娠13週目のエコーでは、大きくなった赤ちゃんの姿にびっくりしました。前回(妊娠11週目)の44mmから、64mmへと成長していましたし、前回よりもさらに元気に、手足をバタバタさせているところを見せてくれました。また、顔の形がちょっとわかるようになり、鼻のふくらみも確認できました。この検診は、お腹の張りと痛みによって予定外のものだったのですが、その心配を先生が汲んでくれたのか、いろいろな角度から赤ちゃんのエコーを見せてくれました。腕だけはっきり映ったところも見ることができ、グーを握って関節もわかる、立派に大きくなった腕や足が確認できたので、ものすごく安心した覚えがあります。前まで2頭身だったのが、このときには3~4頭身になって、赤ちゃんらしい姿に近づいてきました。【なはりんさん(20代)】

産婦人科の緊急連絡先を控えておくと安心です

夜中にどろっとしたおりもののような感覚があり見てみたら下着に茶色っぽい血がついていました。痛みはなく出血も一回かぎりでした。産婦人科に電話したら、一回きりで痛みが無いならいそがなくて大丈夫、次の日に通院でしてくださいとのこと。診察時間外にお医者さんに直接相談でき大丈夫と励ましてくれたことで安心できました。次の日診察を受けたら胎盤の付け根あたりに少し血が溜まっていてそれが流れ出たようでしたが赤ちゃんは元気でほっとしました。妊娠時のトラブルは昼夜関係なく起きます。出血にも原因はいろいろあり自分で判断するのはとても難しいです。産婦人科の緊急連絡先を控え、少しでも不安なことが起きたらすぐに相談することをお勧めします。【ちえちさん(30代)】



妊娠13週のつわりや便秘などのトラブルに関する詳しい情報はこちら

妊娠13週目頃になるとつわりのピークを脱出する人が増えてきます。赤ちゃんは腕や足、指といった関節を曲げたり伸ばしたりしながら一生懸命体を動かしている時期です。今回はつわりの終わり方にも焦点を当てながら、妊娠13週目のママの体の変化や、赤ちゃんの様子を見ていきたいと思います。