妊娠5週のつわりについての体験談・口コミ

妊娠5週のつわりについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

妊娠5週のつわりってどういうもの?

私が妊娠5週のつわりで苦しんでやったこと

わたしは妊娠5週目くらいでだんだんつわりがひどく感じらるようになってきました。食べられなくなってともかく気持ち悪くなりました。食べられないのにトイレで何回も吐いて胃液しかし出てこない状態になりました。なのに妊娠するとは思っていなかった為、通勤が車で片道43キロあるところで本当に大変でした。通勤途中車を止めて何度も吐いていました。家にいるときはほぼ横になってベッドで寝ていました。食事は少しでも水分を、食べられるものをと思っていたので果物やゼリー、アイスクリームを中心に食べていました。冷たいと気持ち悪さが抑えられるのでこれらのものは良かったです。気持ち悪くなってくると氷もよく舐めていました。ちょっとだけ気分がスッキリしたのを覚えています。【みいちゃんママさん(30代)】

つわり明けの体重増加に注意

妊娠6週でつわりが始まりました。たべづわりというやつで、食べないと気持ち悪く、ずっと飴を食べていました。体重増加と虫歯が気になるのですが、四六時中たべづわりなので飴をずっと口に入れていました。なぜかお米で食べられなくなってしまい、炊き立てのごはんを食べると気持ち悪くなってしまい、夕食のメニューに困りました。スパゲティや焼きそばでしのぎ、お米が食べられないことは経済的にも本当にしんどいと思いました。やがて10週を超える頃たべづわりもおさまりお米も食べられるようになり、安定期には問題なくなんでも食べられるようになりました。しかし、妊娠前は嫌いだったチョコレートが美味しくて、チョコレートばかり食べるように味覚が変化してしまい体重増加が恐ろしいです。【momoさん(30代)】

妊娠がわかって次の日からつわり!つらい!

妊娠に気づいたのかこの頃でした。検査薬で陽性反応が出て、びっくりしていると、さっそくつわりらしきものが始まりました。昨日まではなかったのに、妊娠と分ったらさっそくつわりか・・・と少し落ち込みました。症状としては、なんとなくだるい、気持ち悪いから始まりました。何をするにもきつかったので、仕事に行くのもつらかったです。第3子の妊娠でしたので、上の子の世話は今まで通りしなければならないけど、気分が悪くて何もしたくないというのが正直なところでした。食欲もあまりなく、晩御飯を作りたくないから、買いに行きたいのだけど、体が動かないということばかりでした。しかし、自分が食べたいと思うものははっきりしていたので、自分が食べたいものを食べたい分だけ食べよう。という軽い気持ちで無理に子供たちと一緒の物を食べず、この時期を乗り切るように心がけると、晩御飯つくりも苦ではなくなったように思います。【すやまさん(30代)】

つわり対処法

つわりは妊婦さんにとって最初の試練と呼べるかもしれません。早い人は3週目くらいから。多くの方は5週目くらいから始まります。症状や辛さも人それぞれで、起きているのが苦痛な方もいればつわりは全くなかったなんていうケースもあります。そもそもなぜつわりが起きるのか。インターネット等で検索すると様々な理由が出てきます。ホルモンバランスがどうとか、自律神経がどうだとか。しかし、その明確な理由は医学的に明らかになっていません。原因がわからない以上つわりの特効薬のようなものも存在しません。まさに妊婦さんにとっては辛い試練になるわけですね。しかし、効くかもしれない薬はあります。おなかの赤ちゃんに悪影響が出るかもしれないと通院を我慢しないでください。お医者さんはお腹の赤ちゃんに影響が出ない方法で対処をしてくれます。影響の少ない薬や漢方等を処方されます。注意点としては漢方は薬局などでも簡単に手に入りますが、妊婦さんが飲む場合は必ず担当医のご相談してください。漢方といえど服用方法を誤れば悪影響が出ることもあります。
【きょうさん(30代)】

一日だけのまるで赤ちゃんからの合図のようなつわり

私の場合は妊娠5週に突然とんこつラーメンが甘く感じることがつわりのはじまりであり、妊娠に気がついたきっかけになりました。体調はいつもと変わりなくその日も朝ご飯もしっかり食べました。その時点でも気分の悪さなどは全くありませんでした。しかし、昼食にとんこつラーメンを食べた瞬間甘く感じ、そこから気分がどんどん悪くなっていきました。餃子も味がよくわからなかったように覚えています。まるで冷えのぼせのようなぽっぽする感じともどすまではいかない何ともいえない気持ち悪さでした。その日に妊娠が判明したのですが、それ以降は朝と夜の通勤時間に少しムカムカするくらいで目立ったつわりはありませんでした。味覚の変化もとんこつラーメンくらいで、トマトばかり食べるようになった以外はなんら変わりのない食生活ができました。こんなつわりもあるようです。【ゆみすけさん(30代)】

喜びもつかの間のつわり

2人の子供を妊娠、出産しました。1人目の妊娠は一般的な8週目あたりからのつわりの始まりでしたが、2人目はよくよく考えると5週目からつわりの症状がありました。2人目の子供はなかなか授かることが出来ず半ば諦めていたのですが、妊娠しており喜びもつかの間、つわりに苦しみました。友達に報告する前につわりで調子が悪いことを周りに知られ早く報告することになってしまいました。
2人目なので6週目くらいに病院を受診したのですが、そのころにはもうつわりで気持ち悪くて診察室で横になりながら問診を受けたのを覚えています。その後つわりの症状はますますひどくなりほぼ寝たきり状態で上の子はおばあちゃんに面倒を見てもらっていました。【ピヨママさん(30代)】

早め軽めの悪阻に炭酸水

ちょっと悪阻を感じるには時期尚早かなと思いつつ、軽い吐き気におそわれました。妊娠が分かって5週目から8週目まで車酔いしたような状態が続きましたが、周りの妊婦さんたちの症状と比べたら比較的軽く済んだと思うので、その点はラッキーだったかなと思っています。重い状態ではなかったので特に対処はしませんでしたが、あまり気にせずに普段通りの生活を心がけました。水分はきちんと摂るようにし、炭酸水や、炭酸水にレモン果汁など柑橘系の果汁を足したものを飲んだら、気持ち胃がスッキリした気がします。たまにコーラとかの炭酸飲料も飲みましたが、まあ糖分を考えると炭酸水に果汁の方が断然いいですね。コーヒー好きで、こちらには特に嗜好の変化が現れなかったので、ツワリの時から妊娠中を通して、いつも通りに飲んでいました。【キンピラ小町さん(30代)】

妊娠発覚後直ぐ始まったつわり

生理予定日を一週間過ぎて生理が来なく、妊娠かな?と思い妊娠検査薬で陽性反応が出ました。
反応が出た一週間後、産婦人科で胎のうが確認でき、待望の妊娠を喜んでいた矢先、妊娠5週と5日目に今まで経験したことがない気持ち悪さが襲ってきました。
こんなに早くつわりって始まるの?と初めての妊娠、つわりにベッドから起き上がれず、会社に行くことが出来ませんでした。
会社にはまだ心音が確認できて、妊娠が確定したら報告をしようと思っていたので、風邪を引いたと話して休みました。
普段滅多に休まない私が、突然風邪で休むなんて、と怪しまれたのと、隠しきれないほどの吐き気と食べつわりがあったので、二日休んだあと直ぐに上司に報告をしました。
つわり始めは素麺やアイスクリームなどのさっぱりとした物ばかり好んで食べてましたが、そのうち同じものを食べすぎたのか、素麺を見るのも気持ち悪くなってしまいました。
クリスマス、お正月の時期でしたが、御馳走はお預けで、ひたすら横になって耐えていました。
産婦人科で処方されたプリンペランも常に服用していました。
人それぞれだと思いますが、妊娠発覚後、直ぐに本格的につわりが来ることもあるようです。【たくさん(30代)】

つわりで苦しんだ妊娠初期

妊娠超初期症状として、倦怠感、熱っぽさ、眠くなるといった症状があり、妊娠4週目で産婦人科に行くも、胎嚢すら確認できず。5週目頃から上記症状のほか、食欲不振、吐き気も始まり、これがつわりか。と実感。それから症状が日に日にひどくなり、少しでも食べると気持ち悪くなったり、吐き気だけでおさまらず実際に吐いたりもした。プラスよだれつわりも始まり、毎日多量の唾液が分泌され、飲み込むのも辛かった。なので、唾液はペットボトルに吐いていた。ものの2時間ほどで500㎜ペットボトル一本溜まってしまう量だった。このよだれつわりが吐きづわりを誘発し、本当に食べることも起き上がることもつらい日々が続いた。つわりでよく聞く、ご飯の炊ける匂いで気持ち悪くなる、それは私はなかったが、とにかく起き上がることがつらく、料理も出来ず、起きて食べることもままならなかった。お風呂と歯磨きの時は本当に地獄。お風呂は入る前に気持ちを奮いたたせ、吐く覚悟で入る。実際吐くことは、なかったが、何度もえづきながら入った。歯磨きの時は布団に横になって磨いた。そうでないと吐いてしまうからだ。このような症状は6週から20週頃まで続いたが、よだれつわりだけは産後まで続き、私のマタニティーライフは快適とは言えなかった。【あいぴんさん(20代)】

つわりが始まる時期

妊娠5週の頃、インターネット等で調べるとそろそろつわりが始まる人もいるようなのに、私は全くそんな気配はなく、とても元気でした。もしかしたら、私はつわりが軽いのかもしれないと思っていました。つわりがないか、軽ければ良いなと考えながら、それまで通りの生活をしていたのですが、結局妊娠3ヶ月に入ってすぐにつわりが始まりました。そこから2か月ほどは食欲もなく、仕事に行くのがやっとで、仕事に行けても途中でトイレにこもって吐いてしまったり、気分が悪くなったりしました。つわりは、症状も始まる時期も本当に人それぞれなのだと実感しました。幸い、つわりは2か月ほどでほとんどおさまりましたが、これが出産まで続く人は本当に大変だと思いました。【ぴっちぃ4さん(20代)】



妊娠5週のつわりに関する詳しい情報はこちら

妊娠5週目は、これまでの「妊娠したかもしれない」という可能性から「妊娠した!」という確信に変わる時期です。これまで何となく感じていたつわりも少しずつ強くなってきますし、赤ちゃんも前週より確実に成長しています。それでは妊娠5週目の頃にママの体に表れる症状や赤ちゃんの様子を、ママたちの体験談を交えながら見ていきましょう。