お正月は折り紙をしよう!簡単にできる門松・さる・コマ・ぽち袋などの折り方20選

折り紙で日本のお正月を彩りませんか?飾って楽しい門松やダルマ、2016年の干支「申」の折り方だけでなく、折って遊べるコマ、お正月の食卓にぴったりな箸置きや箸袋、お年玉を入れるぽち袋など実用的な折り紙の折り方もご紹介します。どれも簡単にできる折り方なので、ご家族で、親戚と一緒に折り紙を楽しんでください♪

お正月は折り紙で「和」の心を育みましょう!

折り紙は日本の伝統の遊びのひとつです。「折り鶴」「風船」などは伝承折り紙と言われ、誰もが知っている昔からの折り方です。一枚の紙から様々なモチーフや立体のオブジェを作り出すという発想と技術は、日本人の細やかな精神と器用さの象徴ですね。お正月は日本伝統の遊びである折り紙で「和」の心を育みましょう!

世界の「origami」

日本の伝統的な折り紙はインターネットの普及とともに世界に広がり、「origami」として世界中を魅了しています。世界各国の折り紙クリエーターが試行錯誤し、日々新しい折り紙の折り方を考えています。YouTubeでは日本語だけでなく様々な言語で折り紙の折り方が紹介されています。言葉はわからなくても、折り方の動画を見るだけで同じ物が作れる!折り紙はとても優秀なコミニュケーションツールですね。

折り紙の上手な選び方

■サイズについて
小さいお子さんには定番サイズ(15cm×15cm)の折り紙が折りやすくておすすめです。小さい折り紙で作った方が可愛いアイテムもあるので、ママが折る場合は15cm四方の折り紙を4分の1(7.5cm×7.5cm)に切って使ってもいいですね。

■折り紙を買うときの注意
折り紙は正方形でなければキレイに折れません。折り紙のパッケージに「15cm×15cm」と書かれていても実際は1mmずれていて、三角に折ったときにキレイに角が合わないこともあります。購入の際は「150mm×150mm」または「15.0cm×15.0cm」のようにミリ単位まで明記されている折り紙を選びましょう。

お正月は「和紙」の折り紙もいかがですか?

和紙製の折り紙は通常の折り紙よりも高価で、厚みもあるため少し扱いにくいです。でも和紙の優しい質感に触れると、ほっこりして穏やかな気持ちになれます。子どもには1枚ちぎらせてあげてください。紙が「繊維」で作られていることが目に見えて理解できます。
子どもとたくさん折り紙を折るときは、和紙ではなくお手頃な「和紙風」千代紙などを使うといいですね。



お正月に折りたい!おめでたいアイテム

おめでたいお正月飾りを折り紙で作ってみましょう!

1. 門松

難易度:★★
お正月飾りと言えば、門松ですね。お家の前に大きな門松を飾るのは敷居が高いですが、こんな可愛い門松なら、いくつも作ってリビングや子ども部屋に飾れますね。
小さめの折り紙で作ってシルバニアのお家の玄関に飾っても可愛いですよ♪

2. 鏡餅

難易度:★★
みかんも乗った本格的な鏡餅です。鏡餅を飾らないご家庭では折り紙を折りながら、子どもに日本の伝統的なお正月について教えてあげるのもいいですね。

3. ダルマ

難易度:★★
簡単に折れる分、表情で遊びましょう♪お腹の部分に「福」や「寿」、「合格」などの文字を書くとおめでたい雰囲気が増しますね。

4. 羽子板

難易度:★★
日本のお正月遊びのひとつ「羽子板」を折り紙で折ってみましょう。長方形(縦横比1:2)で作ります。15cm×7.5cmの折り紙が用意しやすい大きさです。

5. 羽

難易度:★★
羽子板には「羽」が必要ですよね。羽子板を作った折り紙の半分の大きさの正方形です。7.5cm×7.5cmの折り紙で作るといいですね。

6. 扇子(末広)

難易度:★★
扇子は「末広」とも呼ばれます。扇は先に行くにしたがい広がって行く形状から「末広がり」つまりおめでたいイメージがあります。
緑色の折り紙で作ると「松の葉」みたいですね。

2016年の干支「申」を折り紙で

干支も折り紙で作ってみましょう。2016年(平成28年)の干支は「申」です。大きいサルや小さいサルを作ってサル親子にしたり、表情を変えたり、リボンを付けたり、いろいろと楽しんでください♪

7. 顔だけおさる

難易度:★
とても簡単なおさるのお顔。頭とあごは両サイドより大きめに折ると、楕円形の可愛いお顔になります。

8. 全身おさる

難易度:★★
画像では首を折り返すところが見えにくいですが、折ってみると意外に簡単です。

9. 立体にも出来るサル

難易度:★★
わかりやすい画像です。上半身部分を折り曲げる角度で印象が変わります。顔を描いても面白いですね。

10. 一枚でサル親子

難易度:★★★
画像では頭を折り返す部分がわかりにくいので、画像を止めて確認してください。9番のサルの折り方と似ているので、先に7番のおさるさんを折ってから挑戦するとわかりやすいです。



遊べる折り紙

お正月遊びのひとつ「コマ回し」。折り紙でコマを作って、みんなで回してみませんか?誰が一番長く回せるかな?

11. 折り紙3枚で作るコマ

難易度:★★
3枚を別々に折って組み合わせます。1つ1つの折り方は折り鶴より簡単です。回すコツは必要なく良く回るコマです。

12. 折り紙1枚で作るコマ

難易度:★★★★
1枚で作るコマの折り方は色々あります。どれも難しいですが、子どもの前で折ってあげたらとても喜びます。小学生の男の子も興味津々ですよ!

折り紙でテーブルコーディネート

お正月に使いたいおめでたいモチーフの箸置き、三が日(さんがにち)で使う箸を入れておく箸袋を折り紙で作ってみませんか?家族でそれぞれ違う箸置きや箸袋を使うとわかりやすいですね。おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントすると喜ばれるかもしれません。
お正月の食卓を彩る折り紙をご紹介します。

13. 富士山の箸置き

難易度:★★★
「一富士二鷹三茄子」ということわざの通り、富士山は縁起が良いと言われています。青や水色など様々な色で折ってみたいですね。

14. 鶴の箸置き

難易度:★★★
鶴というよりクジャクに近いですが、羽を広げた姿はとても華やかでお正月の箸置きにピッタリです。金色と赤色の両面折り紙や千代紙で作ってみてください。

15. シンプルな箸袋

難易度:★
折り紙の柄や色合わせによって箸袋の出来映えが違ってきます。お正月らしい配色で作ってみましょう。

16. おめでたい鶴の箸袋

難易度:★★★
おめでたい鶴の箸袋の折り方です。和紙や両面折り紙で作りましょう。

お年玉も折り紙で包みましょう!

お年玉袋を買い忘れちゃった!?そんなときは折り紙でぽち袋を折ってみましょう。気持ちのこもった贈り物になりますね。

17. うさぎのぽち袋

難易度:★★
かわいいうさぎのぽち袋です。何色の折り紙でもいいですが、やっぱりピンク色がおすすめです。うさぎを白い方で作ってもいいですし、ピンクのうさぎも可愛いです。

18. 鶴のぽち袋

難易度:★★★
おめでたい鶴のぽち袋はお年玉を入れるのにピッタリですね。和紙や金色と赤色の両面折り紙などで作ると華やかなお正月になりますよ。

しめ飾り風?お正月リースを作ってみよう!

松飾りと同じ時期に飾るしめ飾り。折り紙でしめ飾り風のお正月リースを作ってみませんか?
お正月リースは8個のパーツを組み合わせる作り方をおすすめします。漢数字の「八」は扇と同様に、末広がりでおめでたい数字と言われています。

19. 鶴のリース

難易度:★★
同じパーツを8個作って組み合わせます。ひとつひとつを折るのは簡単ですが、8個作るのに時間がかかります。千代紙で作ると日本らしくなります。赤色と白色の折り紙で紅白のリースを作るのもいいですね。

20. リース台でしめ飾り風お正月リース

難易度:★
同じパーツを8個作って組み合わせます。ひとつひとつを折るのは簡単ですが、8個作るのに時間がかかります。組み立てるのは簡単です。 リース台には折り紙で作ったお正月アイテムや、赤い折り紙や千代紙を梅の形や扇状に切ったモチーフを貼ると華やかになりますね。水引や組紐を使っても「和」な雰囲気が出ていいですね。

冬休みも折り紙を楽しみましょう!

冬休みは、おじいちゃんおばあちゃんの家で、普段会えない親戚の子どもたちと折り紙を折ってみませんか?
ママと動画を見ながら覚えた折り紙を「こんな折り方、知ってるんだよ!」と得意げに従兄弟に見せる姿も可愛いです。おじいちゃんやおばあちゃん相手に「私が折り方を教えてあげる!」と先生になるのも、子どもにとっては嬉しい瞬間です。
日本伝統の折り紙遊びで、良い新年をお迎えください。