乳腺炎で熱が出た…!そんな時授乳しても大丈夫?対処法や治療についても解説

授乳時期のママのトラブル「乳腺炎」。しこりができるだけでもつらいのに、発熱を伴う場合もあるんです。そんな時、授乳していいのかどうかも悩みますよね。乳腺炎で発熱してしまった場合の対処法をまとめてみました。

乳腺炎で熱が…

おっぱいがぱんぱんに張ってしまったり、しこりができて痛くなったりと、とにかくつらい乳腺炎。赤ちゃんのお世話に集中したいのに、おっぱいが痛くて思うように動けないママもいらっしゃるかもしれませんね。では、そもそもどうして乳腺炎になってしまうのでしょう。



どうして乳腺炎になるの?

乳腺炎には2つのタイプがあり、それぞれ原因が異なります。
まず「急性うっ滞乳腺炎」の場合は、母乳が乳腺に溜まってしまうことが原因となります。母乳の出始める時期や、断乳・卒乳をした時に母乳が多く作られることでなりやすい乳腺炎です。

次に「化膿性乳腺炎」の場合は、乳腺が細菌感染してしまうことが原因となります。傷のついた乳頭から細菌感染するパターンと、急性うっ滞乳腺炎が進行して起こるパターンがあります。

乳腺炎の症状は?

乳腺炎の主な症状はこちらです。

・おっぱいにしこりができ、熱を帯びる。
・おっぱいを押すと痛い。
・おっぱいが赤みを帯びる。
・母乳の色が濃い色になり、黄色に近い色になる。
・発熱する。



乳腺炎で熱が出ても母乳はあげてもいいの?

乳腺炎を治すためには、しこりを解消することが必要となるのでママが発熱してしまっても授乳をすることは可能です。むしろ、普段とは違った抱き方での授乳やしこり部分を押しながらの授乳など、工夫して授乳し赤ちゃんにどんどん飲んでもらいましょう。ただし、発熱に伴い医師に抗生物質などを処方された場合は、医師に授乳しても良いか確認し、指示に従うようにしましょう。

乳腺炎になったらどうしたらいい?

まずは医師の診断を受けましょう

「もしかして乳腺炎かも?」と思ったら医師の診断を受けましょう。赤ちゃんを連れて病院へ向かうのは、なかなか難しいかもしれませんが、ストレスや疲労で乳腺炎が悪化する可能性もあります。一人で悩んでいるよりはきちんと医師や助産師に話をする方が良いと思われます。

食事内容にも注意が必要です

母乳はママの血液から作られています。そのため、ママが甘いものや脂っこい食べ物を多く食べていると母乳がドロドロになってしまい、その結果乳腺が詰まりやすくなってしまいます。野菜や魚中心の食事にすることで乳腺の詰まりを予防することができるので、食生活を見直してみましょう。

炎症がある時は冷やしましょう

おっぱいのしこりが痛み、熱を持っている場合は、その部分を冷やすことでいくらか楽になることができます。タオルなどでくるんだ保冷剤や濡れタオルでも大丈夫ですが、冷却ジェルシートを使用すると動きやすく便利なのでおすすめです。

葛根湯も有効ですが、医師や助産師の指示に従いましょう

風邪のひきはじめに効果があるといわれる葛根湯。葛根湯は体の熱、腫れ、痛みを和らげる作用があることから乳腺炎にも効き目があるとされています。実際に乳腺炎が治った、というママの声を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

葛根湯は漢方なので赤ちゃんにも害はなく、ママも安心して服用することができます。ところが、長期間服用することによってむくみや血圧上昇を起こす可能性もあり、葛根湯が体に合わないと食欲不振、発疹などの体調不良が起こることもあります。万が一に備えて葛根湯を服用する場合でも医師や助産師に相談し、指示に従った方が良いでしょう。

治療法や薬はあるの?

乳腺炎に伴う発熱や炎症に対して抗生物質や解熱鎮痛剤が処方されることはありますが、乳腺炎のつまりを解消してくれる薬はありません。乳腺炎の対処法としては、上記の通り食事内容に注意し、授乳方法を工夫する以外に、以下の方法があります。

きつめの服を着ない

サイズのきつめの服を着ていると、胸元が圧迫されてしまい、乳腺も押しつぶされ負担がかかってしまいます。また、きつい服を着ることによって、血行が悪くなってしまいます。乳腺に負担がかかることと、血行が悪くなることによって乳腺炎になりやすくなります。予防するためには、身体を締め付けるような服や下着の着用は避けるようにしましょう。

乳頭を清潔に保つ

乳頭から細菌が入るのを防ぐため、乳頭を清潔にしていることも大切です。洗浄綿などを使用し、授乳前後に乳頭を拭き、授乳パットをつけている場合は授乳毎に新しいものと交換するようにします。1日に何回もある授乳のたびに行うのは少し手間に感じるかもしれませんが、乳腺炎にならないためにも心掛けましょう。

症状がつらい時は迷わず医師の診断を受けましょう

ママが予防法や対処法を行ってみても解消されずつらいときには医師に相談しましょう。薬の処方や、アドバイスをしてもらうことで、気持ちも楽になり、早く確実に乳腺炎を解消することができます。

つらい体のまま1人で悩まず、周囲の人の力を借りるように意識したいですね。授乳することで解決することも多い乳腺炎、早く治りますように。