おっぱいが痛い時の体験談・口コミ・母乳外来やマッサージも

授乳などでおっぱいが痛い時の体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

授乳などでおっぱいが痛い時どうしていましたか?

こばん@猫さん(40代)

一人目の母乳育児の時でしたが、断乳ではなく卒乳を目指していたので結構歯がしっかり生えそろってからも飲ませていました。そうしたら乳首が切れてしまい、傷がパックリ開きました。背中まで響くような痛みで、最初は我慢して飲ませていましたが、ベビー用品を売っているお店を覗いたら、シリコン製で出来ている乳首の形をした、陥没乳頭の方や乳頭に亀裂や痛みがある人向けの商品を見つけて購入しました。それを着ければ痛みなく授乳が出来ました。

Kettyさん(30代)

完全母乳で1歳2.3ヶ月頃まで母乳をあげていましたが、私が風邪を引き抗生物質を処方されたことを機に、断乳を決行しました。それまで毎日あげていた母乳を急に止めたわけですから、日を追うごとにおっぱいが張ってしまい痛みを熱を伴ってしまいました。パンパンに張ってしまったおっぱいを、自分で搾乳し溜まった母乳を全部出し切って、一時的に痛みはなくなりスッキリしました。ところが、人間の体は巧妙に出来ているそうで、溜まった母乳を全部出し切ってしまったことで、体が、更にいっぱいの母乳を作らなければ!と反応し、更に大量の母乳を作り出し、またまたおっぱいが張ってしまう事態に。そこで、母乳外来に電話で相談したことろ、全部を搾乳して出し切るのではなく、少しずつ少量を搾乳していって下さいとのこと。そうしていくうちに、張りや痛みもなくなりました。

えりえりさん(30代)

出産してから半年くらいまでは、おっぱいの出がよくしばらく授乳時間があいてしまうと張ってしまってとても痛かったです。外出してすぐにあげれない場合は、外出前に搾乳していくようにしていました。あまりためてしまうと乳腺炎になると聞いたので、なるべくまめに搾乳はするように気をつけていました。乳腺炎になると熱が出たり大変なようなので、ならないように対策は必要だと思います。母乳外来というものもあるみたいなので、相談してみるのもいいかもしれません。

cocoaさん(20代)

私は出産直後から母乳の出が良く、2時間起きに母乳をあげないとおっぱいがかちかちに張ってしまい痛くなるので大変でした。出産の痛みから解放されたばかりなのに、こんな痛みが待ち受けているとは想定外でした。夜も子供が5時間位起きないと、眠れないくらいおっぱいが痛くなりました。母から、乳腺炎になると大変だからと母乳マッサージをすすめられ、二カ月程週に一度母乳マッサージに通いました。、マッサージは痛かったですが、マッサージ後はおっぱいの痛みも張りも取れてふわふわになるので本当に助かりました。甘いスイーツやお餅を食べるとすぐ痛くなるので、食事には特に気を使っていました。

floweryoshiさん(30代)

現在ほぼ母乳で育てています。出産前後の一ヶ月ほどは乳首になにかあたるとものすごいビリッとするような激痛がはしりました。また、授乳の際も激痛!看護師さんの母乳が出ているかのチェックの際もとにかく乳首が痛くて痛くて…。ぐっと我慢しました。ヒリヒリというかビリっというか…。例えて言うなら擦り傷をその上からザーッとこすられているような痛みでした。ですが不思議なものでしばらくたつと授乳の際全く痛むことはなくなりました。クリームやオイルによる乳頭ケアなどは全くしていません、強いて言えば時々授乳後自身の母乳を最後に乳首に塗っていました。私自身はわりと楽なほうであったのかと思います。今は息子に歯が生えてきて、寝ぼけて噛まれてしまう時とても痛かったりします^^;



おっぱいが痛い時の詳しい情報はこちら

母乳が出ないという悩みは数多く聞かれるけれど、その一方で実はひそかに悩んでいる人が多い“母乳過多“。「母乳が出るだけいいじゃない!」と言われてしまい、なかなかまわりには相談できないというママも多いようです。乳腺炎などのトラブルも心配ですよね。そこで、母乳過多の原因と、対策方法をまとめてみました。