生理痛と頭痛の関係が知りたい!その頭痛は偶然じゃない?

生理になる前後に頭痛がするような気がする、という方は少なくないのではないでしょうか?では実際に生理痛と頭痛にはどんな関係があるのでしょうか?

生理の時って頭が痛くなる…

生理が近づくと、頭が痛くなるかも…とドキドキしながら憂鬱な日々を過ごす人も少なくないのではないでしょうか?

日ごろから片頭痛の発作を起こしやすい方の半数の人が、生理中に頭痛が起きると感じているようで、実際に生理2日前から3日目までの間に頭痛を起こすことが多いとされています。
しかし逆に、自分が頭痛もちだと思っていながら、生理の周期と関係あることに気が付いていない女性も多いのも事実です。

生理前後の頭痛は症状が重いことが多く、薬に頼ることが多くなりますが、合わない薬を使い続けているとかえって頭痛がひどくなってしまうことにもなりかねないのです。



頭痛は生理痛の症状の一つ?

生理の周期に連動して起こることがあります

生理前から鈍い痛みが続いたり、生理が始まると頭痛のピークが来たりと症状は人それぞれですが、生理痛の頭痛の主な原因として考えられているのは、生理周期に伴うエストロゲン(卵胞ホルモン)の激減です。
このエストロゲンは女性ホルモンの一種で、卵子を育てる働きがあるのですが、排卵後と生理前にはその分泌量が激減します。

エストロゲンが激減する時、セロトニンという脳内物質もへ減少します。このセロトニンが減少すると、脳の血管が広がって、片頭痛の発作を起こしてしまうのです。エストロゲンが大きく減少する生理2日前から3日ごろまでが頭痛が起きやすくなるのです。
このセロトニンは脳が興奮状態になると急増して、その後激減します。生理前はイライラすることが多いですよね。これも脳が興奮状態になっているので、セロトニンの増減が起こり、頭痛が起きやすくなっているのです。

生理前の衝動食いが頭痛の原因になることも

また、生理前には甘いものが猛烈に食べたくなって、ドカッと食べてしまったりすることありますよね?この衝動食いが頭痛の原因になっていることもあるのです。甘いものを食べると、血糖値が上がります。これを下げようと膵臓からインスリンが分泌されます。
インスリンが分泌されると体脂肪が作られやすくなり、この体脂肪からプロスタグランジンという血管を拡げる物質が作り出されるので、片頭痛の原因になってしまうのです。

月経関連片頭痛って何?

生理前後に起きる頭痛のこと

生理の2日前から3日目までにおきる片頭痛を「月経関連片頭痛」といいます。生理周期に伴って変化するエストロゲンの増減によって起きると考えられています。

月経関連片頭痛の特徴

◆通常の片頭痛よりも痛みが強い。
◆頭痛が長く続く。
◆再発しやすい。(ちょっと良くなったと思ってもまた痛くなる)

が挙げられます。通常より症状が重いので、市販の鎮痛剤は効かないことが多いです。症状が良くならないからと量を増やして飲んだり、繰り返し服用しているうちに「薬物乱用頭痛」になってしまうことがあるので、注意が必要ですよ。

日本頭痛学会の慢性頭痛の診療ガイドラインでも、月経関連片頭痛の場合は片頭痛専用のトリプタン系の薬剤の使用が奨められています。最後にリンクしているサイトを参照してみてくださいね。

月経関連片頭痛の診断

片頭痛もちの方でも、自分の頭痛と生理との関係に気が付いていない方が多いのも事実です。頭痛を起こしやすい方はまず自分がどんな時に頭痛を起こしているのかを自分で把握するようにしましょう。3ヵ月間ほど(生理周期で3周期)頭痛を起こしたタイミングを記録して、そのうち2周期で生理二日前から三日目までに頭痛が起きているなら、月経関連頭痛と考えてよいでしょう。
この頭痛の記録をした「頭痛ノート」は診察を受ける際にも非常に役立ちますので、必ず持参するようにしましょうね。



月経関連片頭痛の緩和方法

【1】まずは水を飲んでみる

水分不足になり、血液が濃くなると、頭の血液の流れも悪くなってしまい頭痛を引き起こすことがあります。頭が痛いかも?と感じたら、悪化させないためにもまずは一杯、水を飲んでみましょう。

【2】光や音をシャットアウトする

片頭痛は光や音で悪化することが多いです。光や音をシャットアウトして、静かな暗い部屋で眠れると良いでしょう。

【3】ツボ押し、マッサージをしてみる

こちらの図で、上から百会、風池、天柱といい、どちらも頭痛のときにおすすめのツボです。息を吐くタイミングに合わせて優しくゆっくり押してみましょう。

百会;頭のてっぺん、つむじの手前にある
風池;首筋の外側、髪の毛の生え際の窪んだところにある
天柱;風池から2センチ内側2センチ下にある

【4】アロマテラピーを試してみる

自律神経の働きが整うと、セロトニンの分泌も調整されます。自律神経の働きを整えたいときや、ストレスからくる頭痛の時におすすめなのは、ラベンダーやペパーミントの精油です。ローズやゼラニウムなども女性ホルモンの働きを整えたいときにおすすめです。

頭痛におすすめのローションの作り方
◆ペパーミント4滴
◆ラベンダー 6滴
◆無水エタノール(または精製水)3ml
◆精製水   27ml

無水エタノールに精油を混ぜて(エタノールを加えない場合は精製水に混ぜて)よく振ります。同じ精油を蜜蝋クリームと混ぜてクリームにするのもおすすめです。このローションやクリームを頭皮やこめかみ、首の後ろなどに塗布してみてくださいね。

【5】トリプタン系の頭痛薬をのむ

月経関連片頭痛はいつもより症状が重いことが多く、市販の痛み止めは効かないことが多いです。それにも関わらず頭痛のたびに飲み続けたり、量を増やしたりしていると薬物乱用頭痛といって、かえって頻繁に頭痛が起こるようになることがあります。月に10日も頭痛があるようであればその可能性があります。薬をやめて病院で相談してみましょう。
病院では、血管の拡張を防ぐトリプタン系の頭痛薬が処方されることがあります。これは片頭痛専用のお薬です。

生理の時の頭痛を緩和するために普段からできること

【1】ツボ押しをしたり、肩をぐるぐる回す

頭痛の緩和方法のところで御紹介したツボを押したり、肩をぐるぐる回すなどして、筋肉が凝り固まらないようにしておくとよいでしょう。お風呂にゆっくり浸かって普段から血行をよくしておくのもいいですよね。

【2】甘いものや頭痛を悪化させる可能性のある食べ物を避ける

摂りすぎると片頭痛を起こしやすいとされている食べ物があります。以下にあげたものはその一例です。甘いものを摂りすぎてしまうと、インスリンが過剰に分泌されて、頭痛の原因になることがあるので摂りすぎには気を付けましょうね。

・チョコレート
・化学調味料を多く含むもの
・インスタント食品
・チーズ
・香辛料
・肉類
・海藻類
・ナッツ類
・赤ワイン
・ビール

【3】鉄分など自律神経を整える栄養素を補給する

頭痛もちの方は、貧血の症状があることが多いようです。日ごろから、鉄分を多く含むものを意識して摂るようにするといいでしょう。EPAやビタミンEなども自律神経を整える働きがあるので意識して摂るようにしましょうね。

◆頭痛もちの方におすすめの食材◆
鉄分を多く含む   ;うなぎ、たまご、ひじき、ほうれん草など
EPAを多く含む   ;亜麻仁油、青魚、ナッツなど
ビタミンEを多く含む;ナッツ、うなぎ、ニンジン、カボチャなど

【4】ストレスを溜めないようする

ストレスが溜まると自律神経の働きが乱れてしまいます。生理前は特に理由がなくてもホルモンの働きの関係で自律神経が乱れがち。それにストレスが加わってしまうと、頭痛や生理痛の症状も悪化してしまうことがあります。上手にストレス発散をして、ストレスを溜めないようにできたらいいですね。適度な運動もおすすめですよ。

頭痛がひどい場合は医師の診断を受けましょう

頭痛には別の重大な疾患が隠されている場合があります。自己判断はせずに、頭痛を繰り返したり、薬を飲んでもよくならなかったりと症状がひどい場合には病院で診断を受けるようにしましょう。
月経関連片頭痛と、通常の緊張性の頭痛では処方される薬の種類が違います。

つらい頭痛から解放されるためには、病院の診断を受けるのが一番近道かもしれませんよ。

慢性頭痛の診療ガイドライン

日本頭痛学会

参考図書

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
※2015年12月24日現在の価格です。