夜泣きはいつから始まるかについての体験談・口コミ

夜泣きはいつから始まるかについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

夜泣きはいつから始まるの?

激しい夜泣き…いつから?対策は?

子どもが1歳少し前くらい、やっと少しまとめて寝てくれるようになったな、というあたりから、急に夜泣きが始まりました。週に3~4回、下手したら一日に3回くらい起きては「ギャー!」と泣き叫び、抱っこしても声をかけてみても、おっぱいを吸わせようとしてみても、まるで私のことに気付いていないような感じです。新生児に戻ったみたい…鳴き声と体格はパワーアップしているというのに、これは困った…としばらくは途方に暮れるばかりだったのですが、色々な対策を試すうち、「一度電気をつけて起こしてから抱きしめてやり、再度寝かしつけをする」というのが、結局は一番お互いの体力消耗が最小限で、その日のうちの再発も少ないのではないか?という結論に達しました。しくなくとも、うちの子にはそれが合っていたみたいです。【夜泣かれかーさんさん(30代)】

昼と夜が逆転した赤ちゃんの対処法

赤ちゃんが生まれてうれしい半面、夜鳴きは本当に大変です。ミルクやおっぱいをあげて、すぐに寝てくれればありがたいのですが、赤ちゃんの中には、昼と夜が逆転している子もいます。起きるのは、昼の2時から夕方に掛けて、そして、みんなが寝静まった夜中から明け方まで起き出し、中にはその間中ずっと泣いている赤ちゃんもいます。お母さんは眠いし立って抱っこしないと赤ちゃんは泣いてしまうしで体力も限界です。でも、そんなときでも、大変だからといってカーテンを閉めて真っ暗にしたまま昼過ぎまで寝てしまうと、赤ちゃんの逆転生活はいつまでも直りません。朝は毎日、カーテンを開けて生活音も出すようにしたほうがいいですよ。お母さんは明るい中、昼寝ぐらいの時間しか取れなくてしばらく寝不足で大変ですが、赤ちゃんが2、3ヶ月になる頃には、昼と夜の逆転が直っていきます。がんばってくださいね。【314さん(30代)】

規則正しい生活がかえって…

上の子供が夜ぐっすり寝ない方でした。私自身も寝不足で何とかぐっすりねてほしいと思っていました。そのため朝と昼の区別をしっかりとつけるよう朝は7時くらいには起こし午前中は外で遊び午後は少し昼寝をさせて夜の9時くらいには寝室で寝かす、という生活を続けていました。とても規則正しい生活のためそれ以外の生活をすると寝つきが悪かったりひどい夜泣きをしてしまうようになってしまいました。1歳を過ぎたあたりからだったと思います。なので遠出をしたり旅行に行った日の夜は本当に憂鬱でした。必ず深夜にぎゃんぎゃん1時間は泣かれるので。旅行や遠出の際もなるべく途中で昼寝をさせたり家では布団で寝ていたので旅行も部屋は和室にしてもらい布団で寝るようにしたりなどかなり気を付けました。1歳から2歳と大きくなるにつれて徐々に回数が減り幼稚園入園の頃には深夜のぎゃん泣きはなくなりました。今は3年生になり全くありませんが、他の子に比べて寝ぼけて泣いたり起きたりするのは多い方だったと思います。【Norizow2さん(40代)】

夜泣きは「昼夜逆転」が原因かも??

生後2週間過ぎあたりから夜泣きが激しくなりました。授乳してオムツを変えても泣き続けたり、眠っても1時間置きに起きてしまったりと産後の疲れと重なりとてもしんどく辛かったです。なので1ヶ月健診の時に助産師さんに相談しました。そしたら赤ちゃんが「昼夜逆転」してるのではと言われ、考えてみたらお昼にたくさん寝ているなと気づきました。昼と夜のメリハリをつけることが大切とアドバイスをもらいそれからお昼は軽くベランダなど外に出たり部屋を明るくし、日が沈んだら部屋を暗くして静かに過ごすように心がけました。そしたら1週間程で逆転が治ったのか夜いい子に寝てくれるようにとても楽になりました。赤ちゃんによって治る期間が多少違うみたいですが、夜泣きに悩んでるママさんに1度試してほしいです。いま生後2ヶ月になりましたがお腹が空いた時しか泣かず、おっぱいを飲んだらすんなり夜中は寝てくれるようになりとても助かってます。【まいさん(20代)】

夜泣きは産後1ヶ月くらいからでした。

私が出産したときですが、夜泣きは出産後1ヶ月後くらいから始まりました。それまでは、帰省していた主人の姉がよくだっこをしていてくれたので、あまり泣くことは無かったです。でも、姉が実家に戻ったとたん夜泣きが始まり、その後3ヶ月になるくらいまで夜泣きは続きました。毎日一晩中泣くのでどうしようかと思いながら日々の生活を送っていたところ、近所のママ友からおしゃぶりを与えたら夜泣きがおさまったと聞いたので、私もおしゃぶりやはがためを与えてみました。そしたら、泣き止むまでの時間が短くなり安心できました。みなさんも夜泣きには悩まされていると思いますが、おしゃぶりやたはがためは本当におすすめしたいですね。 【ジュンジュンさん(50代)】

6か月から始まった夜泣き

30代に入って初めて妊娠出産を経験し、現在9か月の女の子を育てています。娘は生後1~2か月頃くらいが一番泣きが激しかったです。夜泣きではなかったのですが、昼夜問わずよく泣いていました。3か月過ぎたくらいから泣きが減り、子育てが楽になりました。4か月に入るくらいには、7時半に寝て朝の5時までぐっすり寝てくれていました。が!6か月頃になると突然夜めそめそして起きるようになりました。もしや夜泣きが始まったのかなと思い、とりあえず授乳していました。その日から現在に至るまで、夜何回か泣いて起きます。ひどい泣きではないですが、ぐずるような甘えた泣き方で授乳をするとまたすやすや寝てくれます。【じじさん(30代)】

夜泣きの時期は赤ちゃんの成長度合いによって個人差が!

赤ちゃんの夜泣きについてですが、個人差があるので一概には言えませんが、生後3ヶ月から6ヶ月くらいから始まるようです。夜泣きが始まるのが世間一般で最も多いのは大体4ヶ月から5ヶ月ぐらいみたいです。まだ夜泣きが始まっていないママからすると、いったいいつから夜泣きがはじまるのか気になりますよね。夜泣きが始まる時期は、赤ちゃんが急激に成長をして、ママと他人との区別を付けれるようになる頃です。そのため、夜泣きは赤ちゃんが健全に精神的に成長をした証であるとも言えます。赤ちゃんの成長具合によって夜泣きが始まるんですね。夜泣きが始まる時期が速かったり遅かったりしたからといって何か問題があるわけでもありませんので、それほど気にする必要はないと思います。我が家は生後3ヶ月から激しく夜泣きをし始めましたので、大変でしたが。【クラウドさん(30代)】

退院当日から始まりました

長女がまだ生まれたばかりの話です。初めての育児ということもあり、全身全霊を尽くして育児に没頭していました。少しでも泣けば、抱っこをしてあげ、少しでもぐずれば何時間でも抱っこしてあげるという今考えてみても地獄のような毎日でした。もちろん当時は幸せ一杯の日々でした。夜泣きは産婦人科を退院した直後から始まりました。今振り返って見ると、夜泣きの原因は、もしかしたら母乳の量が足りてないということだったかもしれません。病院から完全母乳を勧められ、マッサージや食事に気を使い頑張って母乳オンリーで行ったため、途中からミルクをあげようとしてもまったく受け付けず苦戦したこともあります。夜泣きは3ヶ月頃には落ち着きましたが、早い段階からミルクと混合していれば、もしかしたらもっと早くに夜泣きが収まっていたかもしれません。【キンキんさん(40代)】



夜泣きに関する詳しい情報はこちら

一般的に夜泣きの始まりは生後6ヶ月が多いと言われますが、いつ始まるかは個人差があります。育児中のママが「夜泣きが始まった!?」と感じるタイミングは大きく分けて3度あるようです。その月齢ごとの夜泣きの赤ちゃんの特徴と、付き合い方をあわせてご紹介します。