妊娠報告を親にしたときの体験談・口コミ

妊娠報告を親にしたときについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

いつどうやって妊娠報告を親にした?

安易に伝えてはいけない

今までは、子供ができたと分かったらスグに親に伝えるものだと思っていました。でも、メディアやインターット、また看護師の友人からの話により、妊娠後も様々なリスクがあり必ずしも無事に産めるわけではないんだと実感しました。私が一人っ子ということもあり、両親や祖母は「孫が見たい」「孫はまだか」としつこいくらい期待していました。なので、すぐに伝えたい思いもありましたが、その反面、もし何かあって流産してしまったら…と思うと、安易に報告して後で哀しい気持ちにさせたくないと考え、安定期に入るまでは秘密にしておきました。私自身、初産ということもあり、報告後あまりに親から期待されてしまうと疲れてしまいそうだなと思ったのも理由の一つでした。ただ、つわりが結構ひどかったので、結局安定期に入る前に母にだけは相談の意味合いも込めて報告しました。【amomoさん(30代)】

一番に報告

実家が遠方という事もあり、ちょうど8週目に実家に帰る予定があり、8週目直前の検診で心拍が確認でき、母子手帳も貰えたので、エコー写真を見せて帰省時に報告しました。入籍後すぐに妊娠したので結婚式が半年後の予定だったので両親も最初は戸惑っていましたが、とっても喜んでくれました。主人の両親には帰省後に報告しましたが、主人の両親もとても喜んでくれて嬉しかったです。結婚式は出産後に延期にしましたが、結婚前から早く子供が欲しいねと話してて、子供は授かりものなので、私たちもとても嬉しかったです。やっぱり妊娠報告は一番に家族にしたかったので、それまでは周りには秘密にしていました。妊娠初期は色々な不安もありますが、報告すると色々とサポートやアドバイスを貰えるので、両親には早めに報告して良かったなと思います。【グリーンさん(30代)】

嬉しい気持ちもあるがあまり早まりすぎも良くない妊娠報告。

2人子供がいて今は3人目妊娠中です。第一子の妊娠前に、一度繋留流産しています。8週の時の検診で赤ちゃんの心拍が確認できないということで流産になりました。私の両親にとっては初孫だったのでその前の7週の時に既に懐妊していることを伝えていたので、がっかりさせてしまう結果となりました。その事もあって次に妊娠した時(第一子)には、4ヶ月になった辺りで妊娠の報告をしました。でも二人目の妊娠の時には、第一子もいるのであまり気にせずに、また悪阻もひどかったので10週あたりで早々と妊娠報告をし、近居にいるので上の子の育児を助けてもらいました。3人目妊娠した時も同じタイミングで妊娠報告をし、育児を助けてもらっています。【れんこんもち21さん(30代)】

辛かった報告

私はいわゆる授かり婚をしました。妊娠がわかった時は、まだ学生で一人暮らしをしていました。正直、親に話すのは少しためらいましたが私の中に宿ってくれた命をなくすことは考えられなかったので、親に報告しました。人生で初めて、本気で父親に叱られたと思います。しかし、両親は叱ってくれましたが、受け入れてもくれました。本当に有難いことだと思います。しかし、彼はなかなか親に報告せず、話したと思ったら受け入れられないから堕ろせの一言でした。彼の両親は、頑として受け入れてはくれず、彼女の言いなりになるなと、怒っていました。直接私に会いに来て頼むからなかったことにしてくれと、面と向かって言われました。彼も彼の両親と同意見でした。報告をしてから2年、今は…1歳半になる娘と両親と楽しく4人で暮らしています。【きなこさん(20代)】

早めの妊娠報告で親のサポートを受けました!

親への妊娠報告みなさんどうされていますか。嬉しさのあまりすぐに報告する方もいらっしゃいますし、あまり初期だと流産の可能性もありますので、安定期に入ってからという方もいらっしゃいますね。我が家では、妊娠してすぐに報告しました。理由は、以前に一度流産した経験がありまして、その時妊娠初期だったのですが、つわりや体調不良が酷くて、親の助けを必要としていたからです。今回の妊娠も同じく体調が悪く、助けが欲しかったのですぐに報告しました。実親と義理の親の両方に報告しなければなりませんが、どちらが早いとかで揉めたくなかったので、主人が義理親、私が実親に同時に電話して報告しました。報告した結果とても素直に喜んでくれてうれしかったです。同時に妊娠初期から手厚いサポートを受けられてとても助かりました。正直また流産したらどうしようと心配していましたが、結果論ですが無事出産まで辿り着く事が出来ました。これも両家の両親のおかげだとも思っています。【シャドウさん(40代)】

親への妊娠報告

孫を心待ちにしていた両親に報告したタイミングは、心拍が確認でき先生のお墨付きをもらってからの安定期に入った12週目でした。第一子時に、妊娠7週で心拍が確認できないまま流産したのでまた流産してしまうのではないかという不安があり年齢も34歳だったため慎重になりました。先生がおっしゃるには、一般に10~15%の頻度で流産はあるそうです。周りの友人にも聞きましたが妊娠8週までに流産した経験者が、5人中3人もいました。敢えて言わないだけで流産は珍しいことではないと理解しましたが、想像していたよりもショックが大きかったです。喜ぶ顔を早くみたい気持ちと、早く伝えて流産した時に親まで悲しませる事を考えると、安定期に入ってからで良かったと思っています。【たまきさん(40代)】

体調を考えて電話連絡でした。

妊娠が判明すると嬉しい反面、体調面や経済的な事、育児への不安など色々な感情が溢れてきますね。私は、「子供が欲しいな」と思っていた時期に妊娠できたので心構えは出来ていたハズですがやはりこれから起こる初めてのつわり、妊娠生活、出産、育児と未体験へ道のりは不安ばかりでした。しかし、そんな時やっぱり頼りになるのは人生の先輩である両親でした。親への報告は、病院を受診して妊娠が分かった時期です。あまり早くても…と思いましたが両親は、何かあった時にいつでも頼れる存在でしたし、妊娠、出産を経験した母親の意見や実体験も知りたかったので早めに報告しました。ちょうどお正月の時期で帰省する予定でしたが体調面を考えて断る理由として妊娠報告をしました。電話連絡になってしまいましたがとても喜んでくれました。【にゃにゃんさん(20代)】

言いふらさないで

第一子の妊娠が分かったのは、妊娠5週目の時でした。自宅で妊娠検査薬を試し、陽性が出たので翌日に産婦人科に行き、妊娠確定の診断を受けました。夫と相談して、里帰り出産する事にしたので、お世話になる私の母親には直ぐに伝える事にしましたが、夫側の両親には安定期になったら伝えようと決めました。ですが、私の母親に伝えて、夫の方に伝えてないのが心苦しく感じ、妊娠9週目の時に夫が、夫の両親に伝えました。他の親戚には、まだ安定期ではないから、伝えないで欲しいとお願いしました。ですが、夫の両親は嬉しさのあまり、直ぐに夫の祖父母にも伝えたようで、こちらに夫の祖父母からオメデトウと、電話がきました。そして夫が、祖父母に、まだ安定期ではないから他の親戚には伝えないで欲しいとお願いしました。が、嬉しさのあまり、祖父母は夫側の親戚、ご近所に伝えまくりました。嬉しい事だから、良いだろう!と、こちらの気持ちは無視でした。まだ、安定期ではないから、本当に言って欲しくなかったんです。これは、私の側の親戚にも、同様の事が起こりました。この事がきっかけで、私達夫婦は、自分達の親戚の口の軽さに気づきました。親だろうが、信頼出来ないという、残念な思いでした。なので、第2子を妊娠したときは、里帰りしないことにして、本当に信頼出来る、私の叔母にだけ報告しました。両親達には、妊娠7ヶ月になってから報告しました。【ポコポコさん(30代)】

男性には分からない妊娠、出産の苦労

二人目を妊娠して心拍が確認できてから、両親に妊娠の報告をしました。母親は経験があるからか、おめでとうと言ってくれて、その後はそっと見守ってくれました。しかし父親は4歳になる上の子供に「お兄ちゃんになるだよね?」と言って子供自身は何のことか分からず戸惑っている表情を見せました。そのとき母親はそれはまだ言うべきことではないと父親を慌てて止めてくれました。私としてはそっと見守ってほしかったのですが、やはり父親は出産の経験がないからでしょうか…。妊娠した喜びを分かってくれたのはよかったですが、妊娠すれば子供は産まれてくるのは当たり前だと思っているようでした。出産の苦労ってやはり男性には分からないものなのかなあと少しショックでした。【makさん(30代)】

喜んでくれたよ

1人目の妊娠は、義理の母が一番最初でした。初孫ということもあり、大喜びしてくれました。丁度結婚式が終わって2ヶ月目に妊娠したということもあり、計画的に進んだことも喜びの一つでした。次に義理の父に伝わり、その後に私の両親に妊娠の報告をしました。当時私の両親は別居をしたばかりでしたので、父は喜んでくれたのですが、母は自分の生活と親の介護が精一杯という感じでしたが、喜んでくれたことを覚えています。妊娠報告をして後からは、頻繁に義理の母から夕食の誘いがあり、何となく家族として認めてくれたような気がしてうれしかったです。また、安産のお守りのようなものももらったり、性別はいつ分かるのだろうか?と妊娠がきっかけで話す内容も増え、義理の両親宅に顔を出すことも多くなりました。やはり妊娠を報告するからには誰からも喜ばれたいものです。【RINNEさん(40代)】

2回目の妊娠報告!その反応は・・・。

これまでに3回の妊娠と出産を経験してきました。3人も子どもがいるのですが、元夫のモラハラが原因で離婚しています。1人目が1歳の頃、職場復帰し忙しい私に大使、モラハラ発言がひどい元夫から逃げるように1度実家に戻るというトラブルがあっての2人目妊娠でしたので、私の両親はあまり喜んでくれませんでした。それよりも大丈夫か?やっていけるのか?という感じでした。義理の両親は、2人目の孫が生まれるということで、両手を広げ歓迎ムードでした。義理の両親にとっては元夫のモラハラはそれほど問題ではなかったようです。私も当時は夫のやっていることがモラハラという非常に悪質なものであるということが認識できていなかったため、まさか離婚をするとは思っていませんでした。なので実家の両親の反応には正直がっかりでしたが、今考えてみると私が逆の立場だった場合、同じような反応をしていたかと思います。【RINNEさん(40代)】

妊娠報告は幸せの絶頂期?

離婚した3児の母の経験話です。当時モラハラという言葉がまったく知られていない時期でしたが、まさに私の結婚生活は子どもが1人生まれるにつれ夫の暴言がひどくなっていった感じです。なので約10年間かけ、状況がひどくなっていったため、私もまさか離婚をするとはまったく考えていない3回目の妊娠報告を私の両親にした時の嫌がった顔は今でも覚えています。孫が生まれるのに喜んでくれないんだとがっかりしました。義理の母へ報告した際にも、大喜びとまではいきませんでした。今考えてみると私が逆の立場だったなら、同じようになぜこんなにトラブルがあるのにまた子どもを作るんだと考えたかと思います。妊娠報告を親にする際には、一生添い遂げられる人との出会いが会って初めて幸せ一杯のものになるのだと痛感しています。【RINNEさん(40代)】



妊娠報告に関する詳しい情報はこちら

孫の誕生を心待ちにしている両親。間違いなく妊娠を喜んでもらえると想像できるだけに、早く妊娠方向をしたいものですよね。でもちょっと待って。早すぎる報告が原因で、後々辛い思いをすることもありますよ。また、実父母と義父母の報告時期に差をつけたがために、トラブルになることも…。今回は親への妊娠報告のポイントをまとめてみました。