お正月の定番お雑煮!味も具材もバラエティ豊かなご当地お雑煮まとめ

お正月というと豪華なお節やお年玉、初詣などたくさんの「お楽しみ」がありますよね。「お雑煮」もそんなお正月の楽しみのひとつ。実はこのお雑煮は日本全国で色んな種類があり、人々を楽しませているのです。基本のお雑煮レシピに加え、「え!こんなお雑煮があるの?!」なんて驚いてしまう、そんなご当地お雑煮をご紹介します。

お正月にお雑煮は欠かせませんね

お正月にお雑煮を頂いている方は多いのではないでしょうか。小さいころから当たり前の様にお正月にお雑煮を頂いていたので、お正月のお雑煮はもはや欠かせない存在です。

ところで、お正月にお雑煮を食べる理由をご存知でしょうか。日本では年に一度、元旦に神様がやってくるといわれており、神様へのお供えとしてお餅を飾ります。お供えをしたお雑煮には神様の力が宿るとされており、お供えしたお餅を切り分けお雑煮として頂くことで神様からのご加護が受けられると考えられているのです。お雑煮はその年の豊作や一家の繁栄を願ったものだったのですね。

そんな日本全国で頂くお雑煮ですが、全国で同じお雑煮を食べているというわけではありません。地域によって色々なお雑煮があるのです。どんなお雑煮があるのでしょうか?早速ご紹介しましょう。



関東風と関西風、お餅と出汁の違い

お雑煮は大きく分けて、関東風と関西風とで分けることができます。どんな違いがあるのでしょうか?

角餅、それとも丸餅?焼く?茹でる?

最初にご紹介したいお雑煮の違いは「お餅」です。関東のお雑煮に入れるお餅は、角餅を焼いて入れます。一方、関西のお雑煮に入れるお餅は、丸餅を茹でて入れます。関東は焼いて香ばしいお餅を頂きますが、関西はホワッとした柔らかいお餅を頂きます。

何故このような違いがあるのでしょうか。関東で角餅がお雑煮に使われるようになったのは江戸時代と言われています。
丸餅は餅を丸めて作るという手間のかかるお餅なのですが、人口の多い江戸時代ではその手間をかけていられないということで、お餅を切り分けるだけの角餅が使われるようになったそうです。ちなみにこの丸餅と角餅の地域の境は、関ケ原と言われているそうです。ちょっと面白いですね。

出汁や味付けも異なります

お餅の次に、出汁や味付けも関東と関西では異なります。関東では出汁の味付けはすまし汁で、関西では白味噌仕立てなのも大きな違いです。
関西の白味噌仕立てのお雑煮は、昔から京都で白味噌仕立てのお雑煮を作っていたので、そのまま白みそ仕立てのお雑煮の文化が残ったものと思われます。

一方関東でも昔は味噌を使ってお雑煮を作っていたようですが、江戸時代に武士の多い江戸で、「味噌をつける(失敗して評判が落ちてしまう意味)」として縁起が悪いとされ、しょうゆ味のすまし汁となったようです。

具材も様々!食べてみたいご当地お雑煮

お雑煮は大きく分けて関東風、関西風と分かれるということをご紹介しました。ですが地方のお雑煮を調べてみると、色んなお雑煮があることがわかります。どこの地域もとても美味しそう!そんなご当地お雑煮をご紹介します♪

北海道

関東と関西、色んな地域の人に開拓された土地なので、ご家庭によってお雑煮は醤油と白味噌とで様々です。具材は北海道らしく、イクラや海老など豪華なお雑煮です。ちなみにお雑煮は角餅です。

岩手県

岩手県のお雑煮は一風変わっていて、すまし汁に大根やニンジン、セリなどの具材が入っています。お餅は角餅を別の椀に入れたくるみダレにつけて頂きます。

山形県

鶏がらでとった出汁に、醤油で味付けしたスープです。具材はセリやぜんまいなどの山菜をたっぷりと入れたお雑煮です。角餅を使いますが焼かずにそのまま入れるご家庭もあるようです。

京都府

茹でた丸餅を白味噌ベースのスープに入れます。具材は大根、ニンジン、鶏肉とシンプルなものが多く、お正月には色んな甘味処でお雑煮を頂くことができるようです。

奈良県

白味噌ベースのスープに基本の具材が入っていますが、茹でた丸餅を甘い黄粉につけて食べる風習があるようです。なんだか美味しそうですね。

広島県

名物の牡蠣から出汁をとったスープに丸餅を煮ます。すまし汁にして頂くことが多いようです。しっかりとした牡蠣の出汁がとても味わい深いそうです。

香川県

餡子の入っているお餅を白味噌のスープに入れます。餡餅をお雑煮に入れるというとかなり驚かれますが、意外にも白味噌と餡餅が合い、美味しいです。白味噌も香川県は甘めですのでお菓子のようなお雑煮です。

福岡県

あご(とびうお)出汁のすまし汁で頂くお雑煮です。丸餅を煮て他の基本的具材と共に頂きます。あごは煮干しと異なりえぐみの少ない上品な甘さの出汁ですので、とても優しく上品なお雑煮なのです。

鹿児島県

海老の出汁をとった豪華なスープです。大きな海老を入れるのも特徴で、かなり豪華なお雑煮です。



基本のお雑煮レシピ

色んな地方のご当地お雑煮をご紹介しました。どこのお雑煮も美味しそうですね。ここからは基本のお雑煮レシピをご紹介しましょう。関東と関西のお雑煮をご紹介します。

関東風のお雑煮レシピ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/14177/recipe/5752
我が家のお雑煮 関東風 関東風のお雑煮(4人分)

<材料>
鶏肉…200g
大根…1/4本
にんじん…1/2本
干しシイタケ…2枚
小松菜…適量
かまぼこ…適量
一番だし…5カップ
塩…小さじ1/2
しょうゆ…小さじ1
角餅…4個

<作り方>
(1)鶏肉は1口大の大きさにそぎ切りにし、酒と塩(いずれも分量外)を揉みこみ下味をつける。干ししいたけ(※)もそぎ切りにする。小松菜はサッと硬めに茹でて3cmの長さに切る。
(2)出汁に1の鶏肉としいたけ、大根人参を入れて煮立てる。灰汁を取り除き野菜が柔らかくなるまで煮て、塩と醤油で調味する。
(3)角餅を焼き、お椀に入れて2を入れる。小松菜とかまぼこを添えて完成。

※干ししいたけは前日に戻す。

我が家のお雑煮 関東風 by PROUDさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
「我が家のお雑煮 関東風」東京なので、すまし仕立て。角餅と鶏肉に野菜たっぷりのお椀です。,しいたけ,小松菜,餅,大根,かまぼこ,雑煮,椎茸,にんじん,酒,人参 ※こちらを参考にしました

関西風のお雑煮レシピ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37686/blog/12951911
我が家の関西風お雑煮 関西風お雑煮(4人分)

<材料>
和風だし…600cc
水…600cc
ニンジン…5cm
大根…5cm
里芋…2個
鶏もも肉…1枚
白みそ…大さじ4(塩分の強さにより量は調整)
餅…適量
柚子皮…適量(お好みで)

<作り方>
(1)人参と大根は厚さ2㎜のいちょう切りにする。里芋は皮をむき、厚さ5㎜のいちょう切りにする。
(2)鍋に水を入れて人参と大根を中火にかける。煮立ってから5分弱火で煮る。
(3)出汁を入れて里芋を加え5分煮る。その後白味噌を加え溶く。
(4)鶏肉を12等分に切り、3に加える。煮立たせずに弱火で10分煮る。
(5)お餅を焼く。
(6)お椀にお玉1杯のだしを入れてお餅を入れてから、具と出汁を入れる。好みでゆずの皮を添える。

※このレシピはお餅を焼くレシピですが、茹でる場合は5の工程で焼かず、他の鍋で茹でるようにします。

我が家の関西風お雑煮 by nickyさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
我が家の関西風お雑煮 by nickyさん」 お正月二日目の、関西風お雑煮からです.関西風というと、しっかりお出汁をとった白みそ仕立てですね.入れる具は、ニンジン、大根、里芋など.我が家では、家族が好きな鶏肉も入れます.<関西風お雑煮・鶏… ※こちらを参考にしました

お正月は家族でお雑煮を頂きましょう♪

お雑煮は神様にお供えしたお餅を頂くことで、今年1年の幸福を願ったり神様のご加護を受けるという意味合いがある食べ物です。このことを知っている人はもしかしたら少数派かもしれませんね。こうした意味合いを知った上でお雑煮を頂くと、なんだか神秘的な気持ちになります。家族にこうしたうんちくを話しながら頂くと一層楽しいかもしれません。

「お雑煮ひとつで全国でこんなに違いがあるなんて!」と驚かれた人も多いかもしれませんね。住んでいるエリアは違っていても、「おいしそうだな」と思ったお雑煮に今度のお正月はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

皆さんのお正月が笑顔にあふれていますように。