赤ちゃんのおもちゃは消毒してる?消毒方法とおすすめグッズ5選

赤ちゃんのおもちゃって消毒してますか?神経質になる必要はありませんが、まだ抵抗力のない赤ちゃんには特に清潔なおもちゃで遊んで欲しいですよね。赤ちゃんのおもちゃの消毒のやり方とおすすめのグッズについて紹介していきます。

赤ちゃんのおもちゃの消毒はやっぱり必要?

生後6ヶ月頃まではこまめに消毒しよう

赤ちゃんの月齢がまだ小さいうちは抵抗力がありません。そのため、赤ちゃんが生まれてから生後6ヵ月頃まではこまめにおもちゃの消毒をして清潔にしておきましょう。

しかし、赤ちゃんが生後6ヵ月前後になると、ハイハイをしたり何でも口の中に入れて確かめたりする時期になってしまいます。そうすると、いくら消毒をしても追いつかなくなってしまいます。
自分で動けるようなると、フローリングのゴミやホコリなども体内に入ってしまうので、そのくらいの月齢になったら、気になるときだけ消毒をするようにするといいですよ。

口に入れただけなら過度に気にしなくても大丈夫

赤ちゃんはおもちゃなど何でも口に入れたり舐めたりしちゃいますよね。大人からすると、ちょっと汚れが気になってしまうものです。
でも、おもちゃを毎日消毒する必要はないですよ。赤ちゃんは適度な菌と接触することで抵抗力を高めていきます。あまり神経質になりすぎて何回も消毒していると、免疫力がつかず、強くなりません。

熱湯消毒できるものは熱湯をかけるだけ、洗えるものは洗うだけと洗剤や消毒液などはあまり使わないようにしましょう。
おもちゃを綺麗にし過ぎる方が、かえって赤ちゃんの体に負担をかけないこともありますよ。ただし、洗ったり、熱湯をかけたりして水で濡らした場合はしっかり乾かすのを忘れないでくださいね。



おもちゃの消毒にオススメの5選!ぴったりの方法で消毒しよう

おもちゃの消毒方法にはいくつかありますが、おもちゃの素材や、家族のライフスタイルに合ったやりやすい方法で消毒しましょう。

消毒液につける

手軽に効果を期待できるのは消毒液に浸けて消毒する方法です。哺乳瓶を浸けているときにおもちゃも一緒に入れておくと、一度に消毒できます。時間を有効に使えて、忙しいママにはぴったりですね。

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠
※価格は12月18日現在のものです。 哺乳瓶・乳首、器具類を除菌する洗浄剤で、軽くて小さい錠剤なので持ち運びや保管にも最適です。水2リットルに対し1錠を溶かして漬けておくだけで衛生管理ができるので簡単ですよ。消毒した後は後は、水ですすがなくてもすぐに使えます。

ピュリファンS 1000ml
※価格は12月18日現在のものです。 哺乳びん・ニプル(乳首)・野菜等のつけおきに使用できる殺菌料製剤です。液剤を80倍に薄めて、1時間以上つけおきするだけで哺乳びん・ニプル等を清潔にしてすることができ、これもすすがなくてもOKですよ。

除菌シートで拭く

除菌シートも手軽におもちゃを消毒できます。特にプラスチックのおもちゃにおすすめです。

エリエール 除菌できるウエットティシュー ノンアルコールタイプ詰替え用 60枚入×2パック
※価格は12月18日現在のものです。 100%食品用原料の除菌成分を使用したノンアルコールタイプのウェットティッシュです。ノンアルコールタイプなので顔や口もとにも安心で、おもちゃの消毒にぴったりです。厚手シートなので使い易くておすすめですよ。

キレイキレイ 除菌ウェットティッシュ ノンアルコールタイプ 30枚×3個パック
※価格は12月18日現在のものです。 手・指の汚れ・バイ菌をしっかり拭き取り、除菌するノンアルコーツタイプのウエットティッシュです。持ち運びに便利なので、公共施設のキッズスペーズなどで使うときにおすすめの商品ですよ。

除菌スプレーをする

洗濯できない素材のおもちゃや時間がないときは除菌スプレーをシューっとかけてあげてください。これも手軽におもちゃを消毒できますが、その際はノンアルコールを選んであげてくださいね。

ノンアルコール 4つの力で除菌・消臭|ドクターサポート(Dr.support)スプレー 500ml×2
※価格は12月18日現在のものです。 瞬間除菌に強力消臭してくれるノンアルコールタイプの除菌ズプレーです。乾燥後も菌を寄せ付けす、
毎日の除菌、消臭はこれ1本でOKです。気になるところに気軽にスプレーして使えますよ。

赤ちゃんのおもちゃを消毒するときの注意点

おもちゃに残った消毒剤に注意して

赤ちゃんのおもちゃを消毒するにあたって1番注意しなければならいことは何でしょうか?それはおもちゃに残った洗剤です。
食器洗剤や住居用洗剤などには、界面活性剤などの化学薬品が含まれています。これらを使って赤ちゃんのおもちゃを消毒した後、ふき取りが不十分のままだと洗剤がおもちゃに残ってしまうことがあります。

赤ちゃんのおもちゃを消毒したり洗ったりする時には、できるだけそれらの洗剤を使用しないようにししょう。また、アルコールスプレーも赤ちゃんによっては危険なときがあります。
これはアルコールにアレルギー反応を起こす体質の人がいるからなんです。赤ちゃんによってはアルコールアレルギーの可能性があるかまだ分からない場合が多いので注意してくださいね。



神経質になりすぎず、適度な消毒で子供の成長を見守ろう

プラスチックや木のおもちゃによだれがついたり汚れたら、布で拭く、布製のおもちゃは時々洗濯したり天日干しにしたりするなどの対応で十分です。
適度に消毒をしながら清潔にすることを心がけましょう。 あまり神経質にならずに赤ちゃんの成長を見守ってあげたいですね。