生理不順や不妊治療で行われるカウフマン療法とは?その効果と副作用、処方される薬について

不妊治療や生理不順の改善のために行われる「カウフマン療法」。ホルモン剤を使用し、正常なホルモンバランスを取り戻すために行うもので、体への負担も少なく、婦人科では広くとりいれられています。黄体機能不全などの症状がある場合など、妊娠につなげるために検討している方へ、その方法や効果を解説します。

カウフマン療法とは

ホルモン剤を使用し、生理周期を整えます

カウフマン療法とは、生理不順の治療法のひとつで、ホルモン剤を使用して生理周期を整える方法のことをいいます。

不妊治療として紹介されることも多いのですが、「将来赤ちゃんが欲しい」と考える女性で生理不順という方は独身の方でも適用されることのある治療法です。

女性の体では黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2つの女性ホルモンが生理周期を担っています。この2つのホルモンバランスが崩れると生理が遅れる・生理が来ない・1ヶ月に何回も生理が来るというような生理不順を引き起こしてしまうのです。このホルモンのバランスを整える治療法がカウフマン療法です。

治療方法

ホルモン剤を服用

女性ホルモンは生理周期に合わせて分泌量が変化します。カウフマン療法では、この女性ホルモンの分泌量の変化を薬で人工的に起こします。そのため、黄体ホルモンのはたらきを行う「デュファストン」と、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」とに代わる「プレマリン」と呼ばれる薬を同時に服用します。

治療の流れ

生理が始まってから排卵までは卵胞ホルモン(エストロゲン)が多く分泌され、排卵を境に今度は黄体ホルモン(プロゲステロン)の量が増えるというのが大まかなホルモン分泌のリズムです。

これと同じようなリズムを作るために、エストロゲン製剤であるプレマリンを一定期間服用し、その後デュファストンを服用するというように、2つの薬を周期的にうまく使い、リズムを起こしていきます。

具体的には月経3日目頃からプレマリンを飲み始め、エストロゲンを補充し、高温期に入る月経から15日目の頃にデュファストンを服用しプロゲステロンを補充します。およそ1ヶ月かけてホルモンを補充し、正常な生理周期をつくっていくような流れになります。

ホルモン剤の投与方法は、薬を飲む場合だけでなく、注射の場合や、湿布薬のような物を貼り付けるタイプの場合もあります。

カウフマン療法の効果


人工的にリズムを作ってあげることで体が反応し、卵巣などの機能が正常になる可能性があります。排卵障害があった方が正常に排卵されるように改善され、妊娠しやすい体になることも期待できます。

医師の指示に従い、2、3ヶ月〜半年ほど行うことで、その後は薬を服用しなくとも正常に排卵し、生理周期が安定することもあります。そのため、妊活中の方、不妊治療中の方にすすめられる治療法です。

副作用


デュファストン、プレマリン共にホルモン剤ですので、個人差はありますが副作用が出ることがあります。カウフマン療法で使われるホルモン剤は比較的副作用のリスクも少なく安心できるものが多いですが、やはり人によっては頭痛やめまい、気分の落ち込みなどが起こることがあります。その場合は無理に治療を続けず、医師に相談する方がよいでしょう。

また、ホルモン剤は太るという印象を持つ方も多いですが、これは副作用ではありません。ホルモンの分泌が安定したことにより、本来の女性らしい体つきに戻ったということが理由の1つであり、治療が正常に進んでいという状況ですので不安に思うことはありません。

正常な生理周期を取り戻し、妊娠しやすい体へ


カウフマン療法を行うことで、卵巣などの機能を正常に戻し、生理周期が安定すれば、より妊娠しやすい体に近づきます。
また、不妊治療だけでなく、生理が来ない、不順などの場合にも取り入れられるため、健康な体づくりのために独身の方でも治療を受ける人もいます。

生理周期が安定していない場合、ホルモンバランスも安定せず気分の浮き沈みがあったり、体調をコントロールできなかったりと毎日の生活への影響も意外と大きいもの。

気になる場合は一度産婦人科で相談してみるのもいいのではないでしょうか。 ▼関連記事