生理中の頭痛がツライ、生理の時に頭痛が起こるメカニズムとは

生理中の頭痛、辛いですよね。生理前後に頭痛が起きる人は少なくないですが、なぜ、生理の時に頭痛が起きるのでしょうか?そのメカニズムから対処法まで御紹介します。

生理中って頭が痛くなる

生理前や生理中に頭が痛くなった経験のある方も多いのではないでしょうか?日ごろから片頭痛の発作を起こしやすい方の半数の人が、生理中に頭痛が起きると感じているようで、実際に生理2日前から3日目までの間に頭痛を起こすことが多いです。
しかし、自分が頭痛もちだ、と思っていながら、生理の周期と関係あることに気が付いていない女性も多いのも事実です。

生理前に頭痛が起きることがわかっていると、その痛みの辛さを思い出して憂鬱な気分になって過ごすことにもなりがちですね。



生理中ってなぜ頭が痛くなるの?

原因はセロトニンの減少

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)は、月経の周期に従って、増減します。健康な女性の場合、排卵前までにエストロゲンがピークになり、排卵後に激減。その後徐々に増え、生理前にまた激減します。エストロゲンが激減する時、セロトニンという脳内物質もへ減少します。
このセロトニンが減少すると、脳の血管が広がって、片頭痛の発作を起こしてしまうのです。エストロゲンが大きく減少する生理2日前から3日ごろまでが頭痛が起きやすくなるのです。

妊娠中はエストロゲンの分泌の変動があまりないので、片頭痛発作の症状はなくなったように感じますが、出産後に女性ホルモンの状態が正常に戻るとまた発作がおきるようになってしまいます。

甘いものの食べ過ぎやイライラが原因のことも

またほかにも生理前に甘いものがドカッと食べたくなったり、イライラしたりしますよね。実はこれが頭痛の原因になっている可能性があります。
甘いものを食べると、血糖値があがり、インスリンが分泌されます。すると体脂肪が作られやすくなって、その脂肪から血管を拡げるプロスタグランジンという物質ができて、これが片頭痛の原因となります。イライラの場合は、イライラして脳が興奮状態になると、セロトニンという脳内物質が大量に出た後に急減します。これが頭痛に繋がるのです。

これらのことが重なり合って、生理前後には頭痛が起きやすい、と言えるでしょう。

月経関連片頭痛って何?

生理前後に起きる頭痛のこと

生理の2日前から3日目までにおきる片頭痛を「月経関連片頭痛」といいます。

月経関連片頭痛の特徴

◆通常の片頭痛よりも痛みが強い。
◆頭痛が長く続く。
◆再発しやすい。(ちょっと良くなったと思ってもまた痛くなる)

が挙げられます。通常より症状が重いので、市販の鎮痛剤は効かないことが多いです。効果がないにもかかわらず繰り返し使ってしまったり、量を増やして使ったりすることで「薬物乱用頭痛」になってしまうことがあるので、注意が必要ですよ。

日本頭痛学会の慢性頭痛の診療ガイドラインでも、月経関連片頭痛の場合は片頭痛専用のトリプタン系の薬剤の使用が奨められています。自分の頭痛が月経関連片頭痛なのかどうかを知ることがとても大切ですね。

▼慢性頭痛の診療ガイドラインはこちら

日本頭痛学会

月経関連片頭痛の診断

頭痛を繰り返す人は多くても、それが月経関連頭痛なのかどうかはわからずに過ごしている場合が多いですよね。頭痛を繰り返す人はどんな時に頭痛が起きているのか最低でも3ヵ月程記録を取ってみましょう。
自分でどんなタイミングで頭痛が起きているか知ることはとても大切ですし、病院に行った際にはその記録を見せれば治療にも役立ちますよ。

3ヵ月記録をとって、頭痛がそのうち2回の生理前2日から3日目の間に起きているならば、月経関連片頭痛と考えていいでしょう。この場合は市販のお薬は効きにくく、病院で処方してもらわないと手に入れることができなお薬が推奨されています。早めに病院にかかると、そのつらい頭痛から解放されるかも。



生理中の頭痛の対処法は?

【1】市販の鎮痛剤の飲みすぎに気を付けて

生理中の頭痛は症状が重く、市販の鎮痛剤は効かないことが多いようです。病院で処方されるトリプタン系のお薬が血管が拡張することで頭痛がおきる片頭痛用のお薬です。自分の頭痛が月経関連頭痛かも?と思ったら、我慢せずに病院を受診した方が楽になれるかもしれません。

頭痛の度に鎮痛剤を繰り返し繰り返し飲んでいると、薬物乱用頭痛といって、かえって頻繁に頭痛が起こることがあります。月に10日も頭痛があるようであればその可能性があるので、薬をやめて、医師に相談してみましょう。

【2】光や音をシャットアウトする

片頭痛は光や音で悪化することが多いので、暗く静かな部屋でじっとして眠りましょう。

【3】ツボ押しを試してみる

頭痛の時におすすめのツボ押しをしてみましょう。こちらの図で、上から百会、風池、天柱といいます。息を吐くタイミングに合わせて優しくゆっくり押してみましょう。

百会:頭のてっぺん、つむじの手前にある
風池:首筋の外側、髪の毛の生え際の窪んだところにある
天柱:風池から2センチ内側2センチ下にある

【4】甘いものを食べ過ぎないようにする

上の項目にも書きましたが、甘いものの摂りすぎが頭痛の原因になることもありますので摂りすぎには気を付けましょうね。

【5】自律神経を整える食事を意識する

自律神経を整える食事をすることで、セロトニンの分泌もコントロールされますよ。鉄分、EPA、ビタミンEがおすすめです。

鉄分   :うなぎ、たまご、ひじき、ほうれん草など
EPA   :亜麻仁油、青魚、ナッツなど
ビタミンE:ナッツ、うなぎ、ニンジン、カボチャなど

これらのものを上手に取り入れた食事ができたらよいですね。

頭痛がひどい方は医師の診断を受けましょう

頭痛を繰り返したり、薬を飲んでもあまり良くならない場合には薬があっていなかったり、重大な病気が隠されている可能性もあります。

早めに病院にかかるようにしましょう。月経関連片頭痛であれば、市販の薬は効きにくいです。
自分の頭痛がどんな時に起きているのかを記録を取るようにして、生理前後に起きているようであれば病院で相談してみましょう。