足の冷えとサヨナラしよう!足が冷える原因と足の冷えを解消する方法6つ

足が冷えて辛いとき、靴下を重ね履きしたり、熱めのお風呂で体を温めているという方いませんか?それ、実は間違っています!逆に足の冷えを助長させてしまうのですぐにやめましょう。足の冷えの原因を知って、寒い冬もぽかぽか足で過ごしましょう。今回は、足が冷える原因と足の冷えを解消する方法6つをご紹介します。

足が冷える原因とは?

血液が運ばれにくく「熱」が伝わりにくい状態によるもの

全身に血液を送るために心臓は動いていますが、栄養だけでなく、「熱」も一緒に体中に運んでいます。人間の体は血液によって体温調節がされているため、足が冷える原因も「血液」が関係しています。

心臓から一番遠い手や足は、重要な臓器が多くある上半身よりも、血流が弱くなっています。
体の重要な臓器の体温保持が優先されるため、まずは命にかかわる臓器へと血液が運ばれます。そうすると手や足などの末端の部分は血流が弱くなり、血行不良になってしまいます。
そして、血行が悪くなることで、「熱」が運ばれにくくなるため、結果的に足が冷えてしまうのです。



足の冷えを解消する方法6つ!

【1】足の裏の角質をとる

全然関係無さそうな気もしますが、実は足の裏の角質をとることで足の冷えも解消されることがあります。
角質がたまっていると、足の裏に刺激が伝わりにくく血行が悪くなっていることも。そのため、今こそ角質ケアを行いましょう。
冬場はとくに乾燥することもあって、ガサガサゴワゴワになりがちですよね。
足の裏の角質がつるんと剥けるグッズもあるので、ぜひやってみてくださいね。

さらばっ角質 エキスプレス 1個
※2015年12月15日現在の価格です。

【2】お風呂に入る

お風呂に入って体を芯から温めましょう!
お風呂から出たあともポカポカが長続きする、入浴方法を紹介します。

■長風呂派の方はこちら
38~39度のお湯に15~30分浸かるだけです。
お風呂の温度が38~39度というとちょっとぬるめですよね。でもそこがポイントなんです。
熱いお湯に30分浸かっているのはちょっと大変。冬は40~42度くらいのお湯につかっている方も多いと思いますが、高い温度では体の表面しか温まっていないこともあります。
そのため、少しぬるめのお湯でしっかり温まることが大切なんです。

■長風呂をが苦手な方はこちら
30分もお風呂に浸かっていられないという長風呂が苦手な方は半身浴!
時間も15分でOKです。
半身浴の前に5分だけ全身浴をしていから、残りの10分を半身浴にすると効果的です。

高い温度のお湯は肌の乾燥にも繋がるので、ぬるめがおすすめ!
寒いところから温かいお湯につかると心臓がびっくりしてヒートショックを起こすこともあります。脱衣所と浴室を暖めてヒートショックも防ぎましょう。

バブ ゆずの香り 20錠入
※2015年12月15日現在の価格です。 入浴剤を入れるのもおすすめ!楽しく入浴できるグッズでリラックス。

【3】ストレッチをする

お風呂上がりにストレッチするのも効果的!筋肉を動かしてほぐすことで体が温まりますよ。
筋肉を動かすと熱がうまれるので、ストレッチをしている間にだんだん体がぽかぽかしてくるはずです。
足の指をグーパーグーパーと繰り返したり、立っているときにかかとを上げてつま先立ちをする動作を繰り返すだけでも効果があります。

【4】靴下の重ねばきをやめる

足の冷えに悩んでいる方の多くが行っている「靴下の重ね履き」。重ね履き用の靴下も売られているくらいなので、重ね履きは普通にやっていたという方が多いですよね。
しかし、靴下の重ね履きは足の冷えを助長させてしまうこともあるのです。
靴下を重ね履きすることで足が締め付けられ、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると更に足が冷えてしまうため、悪循環になってしまいます。
どうしても足を暖かくしたいというときは、靴下をやめてレッグウォーマーにしましょう。

【5】締め付けられるような服を着ない

靴下と同様に、締め付けられるような服や補正下着などを身に付けていると体の血行が悪くなってしまうので避けましょう。薄着をすると体の表面から熱が奪われるのでよくありませんが、何枚も重ね着するのも締め付けられるのでよくありません。
そのため、服を選ぶならふんわりとしたゆるめのものや、UNIQLOのヒートテックのような1枚で暖かくなるものを選ぶようにしましょう。

▼UNIQLOのヒートテックについてはこちらもどうぞ ユニクロのヒートテックはもうチェックしましたか?いま注目されているのは、従来のヒートテックよりも約1.5倍も暖かい極暖ヒートテック。また従来のヒートテックも椿オイルでなめらかさ、マイクロ繊維でやわらかさを実現しました。

【6】固い靴や合わない靴を履かない

人は歩くとき、足の指も動いています。歩き始めた赤ちゃんの足を観察すると、足の指で地面をつかむようにしながら歩いているのがわかります。本来であれば自由に動かせる足の指も、自分の足に合っていない靴を履いているとだんだん動かせなくなってしまいます。
その結果、足の血行が悪くなってしまい、足の冷えに繋がるのです。

ハイヒールなどを履いていると、つま先のほうに体重がかかってしまうため指は動かしにくいのでよくありません。他にも幅の狭い靴や小さい靴を無理して履いているのもNGです。
足の指が自由に動かせる、自分の足にぴったりの靴を選びましょう。

足を温めて健康的な毎日を!

いかがでしたか?
足を温めることで血液の循環がよくなり、体全体が温まりますよね。人は眠る前に体温が下がるので、体が温まっているとスムーズな睡眠に繋がりやすいと言われています。眠る1時間前にお風呂に入りなさいと言われているのはこの理由があるからですね!

足を温めることで、よく眠れるようになったり、むくみや冷え性を予防してくれたりと、女性には嬉しいメリットばかり。「頭寒足熱」という言葉もあるくらい、足を温めることは大切なんです。
足の冷えを解消して、寒い冬もぽかぽか足で過ごしましょう。