トイレトレーニングはいつから始める?開始の目安になるポイント3つ

赤ちゃんだった子が活発に動くようになると、気になってくるのがトイレトレーニングですね。周りのお友達が始めたなんて聞くと不安になるママもいるのではないでしょうか?出来ることなら子どものペースで進めたいですね。目安になるポイントをチェックしてみましょう。

トイレトレーニング開始の目安は?チェックポイント3つ

トイレトレーニングを開始するにあたって、次の3つのポイントについて子どもが出来るようになったかチェックしてみましょう。
3つともにあてはまると思ったらそろそろトイレトレーニングをスタートしてもいい時期ですね。まだ1つかな、2つかなと思う場合は様子を見ながら準備だけ始めておいた方がいいかもしれません。

1.歩けるようになった

自分の足で立ち、歩くことが出来るようになるのは一つの目安です。歩けないとそもそも自分でトイレに行けない、ということにもなりますね。
また歩けるようになったことで膀胱や直腸の筋肉、それらに命令をだす神経などが発達してくると言われています。そういった点からも歩くことが出来るようになったかどうかは大事なポイントです。

2.自分の言葉や動作で伝えようとする

はっきりとした言葉を言えるようになっていると、言葉でのコミュニケーションが可能となりますね。そうなると、ママもトイレトレーニングの意味を説明したり、トイレを誘ったりしやすくなりますね。
また、はっきりとした言葉ではなくても「ちー」や「ちっち」、「でた」などの簡単な単語でもいいですね。オムツをもぞもぞと触るようになるのも一つの目安です。不快感やおしっこが出たことを伝えたい意思の表れです。

3.おしっこの間隔があいてきた

おしっこからおしっこまでの間隔が2時間以上あくようになったら、膀胱におしっこがためられるようになってきた目安となります。
日中は遊びに夢中になっていることもありますし、ママも忙しくて間隔をはかるのは難しいという場合もありますよね。そんな時はお昼寝の後オムツが濡れていないかチェックしてみましょう。



トイレトレーニング開始の季節は?

トイレトレーニングを始めるタイミングとして気になるものに季節がありますね。せっかくなら最初からスムーズに進めて行きたいものです。季節も重要なポイントの一つになりますよ。

春にスタートがおすすめ!

トイレトレーニングを始める季節は「春」からがおすすめです。
春はこれから夏になっていくためトイレトレーニングの進み具合とあわせて暖かく、暑くなっていきますね。気温の上昇とオムツから布パンツに替わっていく段階とが重なります。
暖かい時期なら家の中でパンツ一枚で過ごすこともできますね。おもらしを冷たく感じることも少ないでしょう。また、おもらしをした時にすぐにおしりや足を洗ってあげることも出来ます。清潔に保ってあげることは子どもの肌にとって大切なことです。
洗濯物が乾きやすいのもママにとってはストレスが少なく笑顔で進められそうですね。

春以外の季節はなぜよくないの?

夏にスタートさせるのがいいのでは?と思う方もいるでしょう。薄着の季節なのでトイレに行くのも楽だし、洗濯物もすぐに乾きますね。一見、適している気もしますが夏が終わった後に控えている季節や、暑さによる頻繁に行う水分補給などの点からはスタートする季節としてはあまりおすすめできません。また、トイレトレーニングの最大の敵と言えるものに「焦り」があります。夏の間に終わらせないとという思いは気付かないうちに焦りにつながることもあります。そう言った点からも夏はおすすめできない季節です。

秋も、夏と同じく次に控える季節が一番のおすすめできない理由です。トイレトレーニングが進んでいく中で布パンツに替わります。そうなってもおもらしをしてしまうことはトレーニング中にはつきものです。冷える季節になってくるとそれはとても冷たい思いをしますね。その冷たさが理由でトイレトレーニングが後退しては残念です。

冬からトイレに誘い始めるのもおすすめ

冬はまだ寒く、大人でもトイレが近くなってしまいがちですね。まだ膀胱の容量が大きいわけではない子どもにとってはさらに近くなってしまいます。厚着の季節でもあるので、トイレに行って脱ぐことが大変だったり、おもらしした時の冷たさや洗濯物の乾きにくさなどあまりおすすめはできません。
しかし、トイレに誘い始める時期としては冬からでもいいですね。少しずつトイレに興味を持たせたり、オムツでの生活をしながらママに余裕がある時にトイレに誘ってみるのはいかかですか。

トイレに連れて行くタイミングは?

子どもの様子を見て声をかける

子どもの様子を見て声をかけてみましょう。
・夢中になっていた遊びに飽きてきたかなと思われる時
子どもは何度も声をかけられトイレに連れて行かれるうちにトイレが嫌になってしまうこともあります。その都度、遊びを中断されるのも苦痛ですね。夢中になっていたはずの遊びに飽きてきたかなと感じた時に声をかけると嫌がらずに行くことも多いです。

上にあげたチェックポイントを目安に声をかけるのもおすすめです。
・成功から2時間弱くらいの時間が経過した時
・もぞもぞしている様子

決まったタイミングで声をかける

日常生活を営む中で必ずある行動の中にトイレへの声かけを入れることもおすすめです。
・寝起き
・お風呂の前
・食事の前
この場合は子どもの様子とは関係なく誘うので最初は成功しないことも多いと思います。まずはこのタイミングで声をかけ、トイレに行くことをルーティンにしてみましょう。慣れてくると、成功する回数が増えてきますよ。



トイレトレーニングを始める前に

トイレトレーニングを始めようと思い立ったその日にいきなりスタートさせるよりも、いくつか準備をしてスタートさせましょう。
事前準備の間に、ママも子どもも心の準備ができますね。

オムツ交換の時に

そろそろトイレトレーニングを考えるようになってきたら、オムツを交換する時に「おしっこ出たね」や「ちー出てるね」などの声かけから始めましょう。先にママがそういった声かけをするようになることで、真似が大好きな子どもはおしっこが出た時に真似をするようになります。自分でおしっこが出た時に伝えられるようになる第一歩です。
もし、オムツを替えようとしたときにまだぬれていなければそのタイミングでトイレに誘うのもいいですね。「すごーい!!オムツに出てないよ」など大げさに言うとその気になることもありますよ。まだまだ始める前なのでトイレで成功しなければいけないわけではありません。
子どもにとってはトイレは未知の世界で「怖い」と思う場合もあるようです。そういった不安をオムツ交換の時などに取り払っておくことでスムーズにスタートできることもあります。

絵本を読んでやる気にさせる

ノンタン おしっこしーしー (赤ちゃん版ノンタン)
※2016年2月1日時点の価格です。 トイレトレーニングをテーマにした絵本が数多く出版されています。お気に入りのキャラクターや動物など、子どもが気に入りそうなものから選んで読んでみましょう。好きなキャラクターがトイレでおしっこをしている姿を見ると、トイレへの興味をひくきっかけになりますよ。
途中で嫌になってしまった時の励みにもつながるといいですね。一緒に頑張る仲間がいるのは子どもも嬉しいのではないでしょうか?

トイレに必要なものを揃える

まずあるといい物としてトイレの中に置く事ができる踏み台や子ども用の小さな便座です。
大人にとってはちょうどいいサイズのものも子どもの体にとっては大きすぎることがあります。
その場合、便座の開いている部分が大きくそれだけで不安になってしまうこともあるでしょう。子ども用の小さな便座があるだけで不安が少し解消されるのではないでしょうか?持ち手がついているものやハンドルになったものなどもあります。楽しく進めるきっかけになるといいですね。

踏み台があることで、女の子は座りやすく、男の子は高さが高くなり立ってする場合も楽になりますね。始める前にトイレに準備してあるといいでしょう。

こんな方法でうまく進むことも

なかなかうまくいかないこともありますね。そんな時はこの様な方法を試してみるのもおすすめです。

ご褒美シールを使う

ビバリー シール ミッキー&フレンズ ごほうびシール手帳セット SL-149
※2016年2月1日時点の価格です。 ご褒美シールを用意すると意外と子どもは喜んでトイレに行ったりします。この画像のように、台紙付きで最初から「ご褒美シール」として売られているものもあります。手帳や台紙にシールがたまっていくことはそれだけで楽しくなりそうですね。成功した体験を子ども自身も振り返ることができます。
また、子どもが好きなシールを用意してカレンダーやママが用意した紙に貼っていってもいいですね。シールだけなら100円ショップで購入することも出来ます。

・オムツやパンツを濡らすことなくトイレで成功した時
・濡れちゃったけどトイレに行くことが出来た時
などシールの種類やご褒美方法をわけてもいいですね。

おもちゃでトイレを楽しく演出

大人にとっては当たり前の場所として行くトイレですが、子どもにとっては不安を感じる場所かもしれません。トイレに行くことが「楽しい」と感じられるようにするのはスムーズに進めていく上でもおすすめです。
おもちゃやぬいぐるみなどを置いて、子どもが「行きたい」と思える場所にアレンジしてみましょう。行きたいと思えることは成功への第一歩ですね。
狭いからおもちゃを置く事は難しいという場合は、壁にイラストを貼ってあげるだけでもトイレの雰囲気は変えられます。子どもが好きなキャラクターやアニメのイラストや画像を貼ってもいいですね。また、ママと子どもが一緒に描いた絵や、一緒に作った折り紙の作品などを貼ってもいいでしょう。子どもにとって特別な空間を作ることができますよ。

休息日を設ける

トイレトレーニングをスタートしてすぐに順調にトイレに行けるようになるともちろん嬉しいことですが、それはなかなか難しいものです。長く続く中で、ママも子どももストレスがたまることもありますね。
そんな時は思い切って休息日を設けてはいかがでしょうか?トイレトレーニングのことは一旦忘れて、その日はオムツで過ごさせ思いっきり遊びに熱中させてあげてもいいでしょう。公園などに出かけても良いですね。
気分転換をすることでママも気持ちが楽になりますよ。

焦らずゆっくりと!子どもとママのペースで進めよう♪

おじいちゃんおばあちゃん、ママ友など周りの人の声で焦るママもいるでしょう。トイレトレーニングに焦りは禁物です。子どもの成長がそれぞれのように、トイレトレーニングのペースもそれそれでいいのです。
ママにとって気持ちに余裕が出来た時、また子どもの準備が整った時が始め時です。順調に進んでいるつもりが後退することもありますが、オムツはいつかははずれるものです。焦らずゆっくりとママと子どものペースで進めていけるといいですね。