新生児黄疸って多いの?気になる原因、症状、治療が必要な場合とは

出産後嬉しい気持ちもつかの間、赤ちゃんに黄疸が出ていると言われて、光線治療を行うために保育器に入ってしまったら?その時、新米ママは何もかもが初めてのことでもしかしたら動揺してしまうかもしれません。そんな新生児黄疸についていくつか知っておきたいことをご紹介します。

黄疸とは?

黄疸はなぜ出てくるの?

黄疸とは何らかの原因で体内の血液中で古くなった赤血球を破壊する時にできる物質であるビリルビンが血液中に増加するために起こる現象です。

このビリルビンは黄色い色素の物質なので、ビリルビンが血液中に増加すると、肌や粘膜が黄色くなる症状があらわれます。またビリルビンの数値が高い時は白目まで黄色くなる場合もあります。
大人ですと肝機能の障害時に黄疸が見られることがありますが、赤ちゃんの黄疸はどうなんでしょうか。詳しく説明していきます。

ビリルビン数値が高すぎるとどうなるの?

ビリルビンの数値が高いことで、ひどい場合ですと、脳の神経細胞が破壊されてしまうのです。これは核黄疸と呼ばれ、この病気は現状では治療方法がないそうです。

症状としては聴力障害が出たり、ひどい場合は脳性まひなどの症状を引き起こしてしまう怖いものなんですね。このことからビリルビン数値が高くなった場合はすぐ処置を受ける必要が出てきますし、早期の治療を適切に行えば重症化することはほとんどありません。



なぜ新生児に黄疸が多いの?その原因

新生児黄疸というのは血液中のビリルビンが増えることで起こります。もともと、お腹の中の赤ちゃんには赤血球の数が多いのですが、ママの胎内から出てくると、同時に赤血球は壊されて減少していきます。

たとえば、大人でも赤血球中のビリルビンは必ず体内に発生しているのですが、それらは肝臓で処理され、腎臓から排泄されるという機能が働いてくれるために問題はないのです。一方の新生児の赤ちゃんはまだ肝臓の働きが未発達なため血液中に残ったビリルビンの処理が追いつかいのです。そのため、生後2日ぐらいになると黄疸が出てきてしまいます。このことからこのような現象を新生児黄疸と呼んでいます。

肌の色が黄色くなっているので初めて見たママはもしかしたら驚いてしまうかもしれませんが、新生児黄疸というのは別段珍しいことではなく生理的現象がほとんどなのです。ただその後の血液中のビリルビンの数値によっては病的な場合も考えられることもありますので黄疸を指摘された場合は、その後の経過は注意深く観察する必要があります。

新生児黄疸の種類とは

生理的黄疸

大抵の場合はこの生理的黄疸と呼ばれるもので、まだまだ体が未発達な赤ちゃんですので、血液中のビリルビンがうまく処理されずに体外へ排泄されないためにおこる現象のことを指します。

これは新生児の赤ちゃんには多く見られる現象で2~3日ごろから黄疸として出てきて7日~10日ごろには落ち着くものが多いようです。たいていの場合は特に処置を行わなくても徐々に落ち着いてきます。

母乳性黄疸

母乳を飲んでいる赤ちゃんに時々見られる黄疸です。ビリルビンは肝臓で処理されるのですが、母乳には肝臓の中の酵素の働きを弱めてしまう女性ホルモンが多く含まれています。そのため母乳を摂取することで血液中のビリルビンの処理を遅らせてしまい、黄疸が出てくることがあります。こちらは生理的黄疸の場合より、落ち着くのは少し期間を要します。

母乳性黄疸が出たからと言って母乳を一時的にやめるなどの必要はありませんので心配しないでくださいね。

溶血性黄疸

新生児溶血性黄疸とは赤ちゃんとママの血液型のRh因子が異なることで起こる溶血性黄疸です。
通常、ママの体はお腹の赤ちゃんの赤血球に対する抗体を作ります。その抗体が母子間で異なったものの場合、ママの抗体が赤ちゃんの赤血球を壊そうと攻撃してしまいます。抗体が出産前に胎内で壊された状態でお腹から出てくると、血液中には処理できなかったビリルビンが多く残ることになります。これが新生児溶血性黄疸の原因となります。

出生した時から黄疸があったり、産後24時間以内と早期に黄疸が出た場合はこの溶血性黄疸の可能性があります。
ただし、この溶血性黄疸は2人目以降の出産時に見られる現象で、初めて(1人目)の出産時には黄疸はさほど強く出ることはありません。

先天性胆道閉鎖症

原因は未だに解明されていないのですが、ママの胎内で一度作られた胆管という器官がなんらかの炎症によって閉塞してしまうことでおこる病気です。
だいたい、10,000人に1人の割合で発生するようです。また女の子が男の子より発症例が多く、実に男の子の2倍以上とのことです。
こちらは産後すぐではなく数か月以内に赤ちゃんの皮膚や白目が黄色っぽくなります。同時に便が白っぽくなるのも特徴です。

新生児肝炎症候群

新生児肝炎症候群とは肝臓の中に胆汁が溜まることによってビリルビンが高くなってしまうという肝機能障害を起こすものでこちらも原因はわかっていません。
原因がわからないため、感染症や内分泌疾患、先天性代謝異常などいろいろな病気の可能性をが考えられるためこのような症候群という総称で呼ばれています。だいたい4800~9000人に1人の赤ちゃんがこのような原因不明の病気を持って生まれているそうです。

胆汁が溜まり腸管内へ排泄されないと、脂肪の吸収が悪くなり、これと一緒に吸収されるはずのビタミンも欠乏してしまうという怖い病気です。赤ちゃんに必要なビタミンKが欠乏すると出血しやすくなり,脳出血などを起こしてしまう危険性もあります。

新生児肝炎症候群
岡山県倉敷にある妹尾小児科のホームページです。 ※こちらを参考とさせていただきました。



新生児黄疸の症状とは

新生児黄疸はほとんどのケースが頭から黄色みが出てきて徐々に下へと着色していくようです。肌だけでなくまれに白目が薄い黄色になる赤ちゃんもいます。
産後間もなく、赤ちゃんが目を開た時に白目が黄色になっていたらママや周りの人は最初驚いてしまうかもしれませんが、産まれて間もない赤ちゃんの体の機能はまだ未完全なために起こる現象なので落ち着いて先生の説明を受けてみてくださいね。

産後、入院中は毎朝看護師さんがやってきて赤ちゃんおでこにハンディタイプの器械を当てて「ピッ」と計測してくれます。これはビリルビンの数値を測っているので、退院まで毎日黄疸の経過を見てくれているので安心してください。新生児黄疸であれば7~10日経過すると徐々に消えていくことがほとんどです。退院後も1ヶ月検診までに目で見て黄疸が気になったり、便が白っぽい(灰色がかった白色,クリーム色やレモン色のこともあります)場合はかかりつけの小児科で診てもらいましょう。

新生児黄疸はいつからいつまで続くの?

新生児黄疸に多い生理的黄疸ですと、だいたい生後2~3日後から頭のほうから黄疸が出始め、生後7~10日ごろには落ち着いてきます。
ただし、母乳性黄疸になると、まず黄疸の出始めは生理的黄疸と同じ2~3日後ですが、だいたい1ヶ月頃まで黄色みは残ることが多いようです。その場合は一ヶ月健診時に黄疸がまだ出ていることがありますので、その際に先生の判断で再度ビリルビンの数値を計測したり、光線療法処置を施して様子を見ます。

一方、病的な要素が原因である場合ですが、まず血液型不適合から起こる溶血性黄疸であれば、産まれてから24時間以内にはすでに黄疸が出てきます。その後適切な処置を受けることによって数日~数ヶ月後に黄疸は落ち着いてきます。

注意すべきは肝機能障害によって起こる黄疸です。入院中は特に数値はさほど問題なかったのに、産後数ヶ月後に黄疸が出始めるということなので、産後すぐや数日後の黄疸は病院にいる間に数値にも現れるため、その後の判断や処置はすばやくできるのですが、退院後に出てきた黄疸はママももしかしたら気づけないという恐れもあります。少しでも顔が黄色いかな?うんちが白っぽいかな?と感じたらすぐに小児科の先生に診てもらいましょう。

新生児黄疸の治療法とは

新生児黄疸はほとんどの赤ちゃんに現れるようですが、たいていは生理的現象のため何も処置をせずに自然に血液中ビリルビンの数値が下がるのを観察します。入院中にビリルビンの値が数値15mg/dl以上と少し高くなれば血液検査などを経て、必要に応じて「光線療法」という処置を行います。

治療方法は、保育器に目隠しをした状態で赤ちゃんを入れて、その中で直接体に青い光や緑色の光を浴びせることでビリルビンの数値を下げる処置を行います。
このことから昔は黄疸が出た場合に、血液中のビリルビン値を下げるために外で日光浴したほうがよいとされていましたが、現在の見解では日光を赤ちゃんに当てても効果は見られないため、必要な場合は病院できちんと光線療法を行うことがビリルビン数値を下げるのに直接的な効果をもたらすと言われています。

一方、産後すぐに黄疸が現れるもので、溶血性黄疸の疑いがある場合で光線療法のみでは難しいと判断された場合は、赤ちゃん自身の血液を抜いて入れ替える「交換輸血」という方法を行います。光線療法は産院で行いますが、交換輸血などの処置が必要な場合は、NICUなどより高度処置が可能な医療機関への転院が必要になってきます。

もし我が子が新生児黄疸になってしまったら

初めて出産に加え毎日が初めてのことばかり。そんなまだまだかけだしのママにとって赤ちゃんが黄疸と言われたり、はたまた目隠しされて保育器に入ってしまったのを見ると大抵のママは赤ちゃんがかわいそうで申し訳なく思ってしまうと思います。赤ちゃんと別々の夜をすごし不安になってしまうかもしれません。

でも赤ちゃんの体もまだまだ未発達なためにこうした症状も出てきてしまうのは珍しいことではありません。先生を信じて、赤ちゃんと別々の時は「ゆっくり休もう」と深く考えすぎないことが大切です。

病的な黄疸の場合も、先生は毎日赤ちゃんの様子を診てくれて次の判断もすばやくしていただけますので、ほとんどの場合は後遺症など残る心配もありません。
ただし、退院後はママの判断が必要になってきますので、黄疸や白っぽい便が出た場合や何か少しでも気になることがあればすぐお医者さんに相談しましょう。

未発達な赤ちゃんでも回復力はすごいです

新生児黄疸は体が未発達なために起きてしまう現象です。それでも未熟な赤ちゃんの体の中は一生懸命戦っています。きっとこれから赤ちゃんの回復力の速さにはママも多々驚かされてしまうことでしょう。

入院中は初めてのことばかりでママももちろん不安ですが、赤ちゃんも不安な中、ママの知らないところで頑張っています。だからママも落ち込まず、笑顔で待っていたいですよね。

赤ちゃんの未知なるチカラを信じて、そしてママもママとしての第一歩なんだと思って強い心を持って一緒に頑張りましょう。