帰省は身軽に!年末年始を楽にするネットで買えちゃう東京土産20選

バタバタとせわしい師走に年賀状の用意にクリスマス、大掃除と、家族のためにママはお疲れ様です。せめて、帰省のときだけでも、荷物を少なくして身軽になっていただきたい…そんな思いを込めまして、ネットで買ってそのまま帰省先に送れちゃう東京土産をご紹介します。

帰省土産はネットで送って、身軽に帰ろう

バタバタと大荷物を抱えての帰省は大変です

家でのクリスマスが終わったと思ったら、大掃除をしてあっという間に年末。荷物をまとめてやっと出発すると、車が渋滞したり、天候不良で飛行機が飛ばなかったり…という経験ありませんか?
人も多くて、思うように動けないし荷物もたくさんあって大変です。

だから、せめて「お土産くらい」は楽ちんに、ネットでまとめて送ってしまいましょう。
帰省の道中では混んでいるし、時間もないかもしれないし、荷物が増えるのも大変だから、もう先にネットで手配して「あ!お土産買い忘れた!」ということがないようにしませんか?

年賀として、たくさんの親戚やご近所の方に渡す人も、数が多くたってなんてことありません。一気に実家に送ってしまいましょう。



ネットで帰省土産を送っておくメリット3つ!

メリット1:前もってゆっくり選ぶことができる

時間があるときに、子どもと一緒に選んだってかまいません。「おじいちゃんはこのお菓子好きかな?」「おばあちゃんは喜んでくれるかな?」と相談しながら選ぶことだって、家でだからスムーズ!ゆったりした時間に、おやつを食べながら選べます。

メリット2:日時指定して、帰省する頃に届けることができる

前もって、帰省先に「お土産を宅配で送らせてもらいます」と伝えておく必要があります。あちらの都合のいい日を確認しておきましょう。そうすれば、あとの受け取りはあちらにお願いしちゃいましょう。
自分で受取りたい場合は、自分が帰省してから受け取るように手配すればOKですね。

メリット3:数が多くても、なんでも、荷物が少なくなって楽ちん

お土産を前もって送っておいて、荷物が少なくなれば余裕が生まれます。子どもに構ってあげられる時間もおのずと増えて、子どもも大人もストレスフリー。身軽になればいいことたくさんですね。

帰省土産だからこそ、気をつけたいお土産のエチケット3つ

エチケット1:送り先には必ず一言伝えましょう

突然、荷物を送られたら、それは「すぐに開封していいもの」だと思い、また「全部自分たちに送られたものだ」と思うものです。帰省したら、他の人に配ろうと思っていたお土産までも食べられてしまって、年末に親と大喧嘩…なんてことにならないように、連絡しておくのはこちら側のエチケット。
都合のいい日、時間帯も確認してから配送手続きをしましょう。

エチケット2:できれば常温で日持ちがするものを選びましょう

年末年始はどこの家庭も冷蔵庫はパンパン状態です。そんなところに「Aさん、Bさん、Cさんと実家の分のお土産として生ケーキ送ったから冷蔵庫に入れておいて」というのは無理な話。
「冷蔵庫に入れなくても日持ちする常温のもの」を用意しましょう。泊まる部屋の端っこにそのまま放置しておかれても大丈夫なものだと、受け取る帰省先も、送る方もストレスフリーです。

また、年末年始は配達業者も大忙し。配達が遅れてしまうこともあり得ます。その時にあわてないためにも、ここは「常温、日持ちがするもの」がおすすめですよ。

エチケット3:相手がもらって嬉しくなるお土産を買いましょう

例えば、住んでいる地元でしか買えないもの、普段帰省先の家族が食べる機会のないものを選ぶと、相手に喜ばれることが多いでしょう。そして、「年賀」らしく紅白にしたり、和菓子にしたりするのもいいかもしれません。
でも一番は「みんなが喜びそうなもの」ですね。お母さんお父さんの好みを思い出して、お口にあうものを選ぶのが一番喜ばれるポイントかもしれません。



ちょっと特別!東京だからこその「銘店お土産」6選

1:一度は食べてもらいたい高級ウエハース!「イタリアBABBIのウエハースチョコ」

「たかがウエハース」と思うことなかれ!BABBIのウエハースを食べたら、今まで食べたウエハースとあまりに舌ざわり、味が違って思わずウエハースに謝ってしまいたくなるほどですよ。
60年ほど前にイタリアでジェラートのコーン工場からはじまったBABBI、一度日本撤退しバレンタインの季節にしか食べられないものになっていましたが、昨今実店舗を東京に復活!東京銀座の店舗を中心に日本中のデパートに広がり始めていますが、まだまだ地方では食べられない地域もたくさん。

ウエハースって、こんなに美味しくできるのね…と驚きつつ、もう一枚もう一枚と食べたくなっちゃう高級ウエハース。親族みんなで味わったらあっという間になくなっちゃうかも。

▼購入は下記オンラインショップで

BABBI(公式オンラインショップ)

2:東京で豆菓子といえばここ!「麻布十番 豆源」

麻布十番駅を降りてちょっと歩くと、人の出入りが激しい一際にぎわった店が「豆源」です。その人気は、味のバリエーション。豆菓子といえば、お年寄り向きという発想を覆す、真新しい味がたくさんあって、あれもこれも試したくなっちゃいます。
帰省先でこの豆を出したら、きっとみんなで「これ美味しい!」「どんな味なのかな」と盛り上がること間違いなしですね。

▼購入は下記オンラインショップで

豆源(公式オンラインショップ)

3:日本橋の老舗海苔店がキティとコラボ「 味つけ のりチップス 3缶 セット」

山本海苔店 × はろうきてぃ 海苔 味つけ のりチップス3缶セット
※こちらの価格は2015年12月11日現在のものです。 日本橋の山本海苔は、150年以上も歴史のある老舗の海苔屋です。海苔って世代を超えてみんなに人気がありますよね。こちらお菓子は、海苔に「うめ顆粒・玄米・ごま」などをまぶして、2枚で貼り合わせてサンドイッチしたもの。手軽につまめるお菓子になってます。缶が可愛いうえに、きちんと東京仕様なキティちゃんが嬉しいですね。

▼公式オンラインショップでは以上で送料無料キャンペーン中!(2015年12月11日現在)

山本海苔店(公式オンラインショップ)

4:フルーツといえば!の老舗高級店「銀座千疋屋 銀座ひとくちフルーツゼリー」

銀座千疋屋銀座ひとくちフルーツゼリー 28個
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 千疋屋といえば、知らない人はいない高級フルーツ店の老舗。その千疋屋が選んだフルーツで作られたグミに近い歯ごたえのフルーツゼリーです。常温で尚且つ個包装だから、ちょっと小腹がすいた時にふとつまめる手軽さがいいですよね。お正月に丁寧に入れた紅茶のおともにも、お母さんが喜びそうです。

▼公式オンラインショップでは「Web限定送料無料商品」がたくさん!(2015年12月11日現在)

銀座千疋屋(公式オンラインショップ)

5:年賀らしい東京土産「福福 招き福猫(手作り最中)」

福福 招き福猫(手作り最中)5個いり
※この価格は2015年12月11日のものです。 市ヶ谷にある「福福茶寮」のネットショップ「fukuhuku 福福」。ここにはおめでたいお菓子がたくさんありますが、その中でも誰もがつい目を細めてしまう「招き福猫」ちゃん。食べてしまうのが可哀そうになるほどの愛らしさです。年始ですから、めでたい形がたまりません!
餡子は別の小袋に入っていて、食べるときに自分で入れるタイプ。だから常温で2ヵ月もちますよ。
北陸産米の最中に、丹波産の餡子です。
他にも8個入り、15個入りもありますよ。

6:誰もが認める東京の名和菓子屋「とらや 干支パッケージ小形羊羹12本入」

とらや  干支パッケージ小形羊羹12本入
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 「田舎のほうが美味しいものが多い」。そうです、全国の美味しい素材があるからこそ、東京にも名物が生まれるんです。じゃあ、東京には何があるのか…といえば、老舗とブランド力ではないでしょうか。「とらや」と言えば誰もが知っている東京の名和菓子屋。ここの羊羹であればどんな親戚だって「あら、いただくわ」と言いそうですよね。

やっぱりいつもの!?東京駅や空港で買える「定番お土産」5選

1:やっぱりこれははずせない!?「東京ばな奈 チョコバナナ味」

東京ばな奈(東京ばな奈ツリー チョコバナナ味 8個入り)
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 東京土産といえば?と質問したら、ほとんどの人が答えるかも知れない「東京ばな奈」。その中でも「スカイツリー限定」の味と言えばこの「チョコバナナ味」です。どうせなら、東京駅でも買えない限定の味を送ってみませんか?日持ちが一週間ほどなので気をつけてください。

※公式オンラインショップがありますが、「スポンジにカスタードが入った」タイプの東京ばな奈の販売はありません。(2015年12月11日現在の情報です)

2・新しいけど定番!さくさくが美味しい「東京カンパネラ ショコラ」

東京カンパネラ ショコラ(10個入り)
※この価格は2015年12月11日のものです。 東京土産の新定番になりつつある「東京カンパネラ」。ラングドシャクッキーを3層も使ってクリームをはさんだ歯ざわりのいいチョコレートクッキーです。一度食べたらまた食べたくなる美味しさで、今やすっかり東京駅や羽田駅の定番商品に!パッケージもスマート、それもそのはず世界的デザインコンテストで金賞を受賞したパッケージなんです。

3:さくさくがとまらない!大人気ラスク「東京ラスク ミックス18枚入」

【公式】東京ラスク ショコラスクミックス18枚入(ミルク&宇治抹茶&ラズベリー)
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 さくさくと歯ごたえが大人気で「ラスク」をあっという間に大人気のお菓子に押し上げた立役者「東京ラスク」。チョコでコーティングされたラスクが「ミルク」「宇治抹茶」「ラズベリー」がセットになってお土産に重宝です。

▼公式ショップでは期間限定販売の「ショコラスクドロップ」が販売中!(2015年12月11日現在の情報です)

東京ラスク(公式オンラインショップ)

4:シリアルとシュガーバターがたまらない「銀のぶどう シュガーバターサンドの木」

シュガーバターサンドの木 14個入銀のぶどう シュガーバターの木
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 あまりに行列ができているので、つい並んで買ってしまった経験のある人もいるのでは?サクサクとバターの風味がたまらない大人気のミルフィーユ。お土産にももちろん!たくさんあってもあっという間になくなってしまうのが目に浮かびます。

▼公式ショップでは期間限定で他の味との詰め合せセット販売中!(2015年12月29日まで)

シュガーバターサンドの木(公式)

5:選ぶのもお疲れ…という時に「東京スイーツ食べつくしセット」

東京スイーツ食べつくしセット(10種10点)
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 東京スイーツの夢の福袋がネットで購入できます!「江戸祭(人形焼)」「東京メイプルバウム」「東京やわらかスイートチョコレート」「東京ミルクチョコサンドクッキー」「パロミータスプレミアム プリティボトル(プリン)」「信玄袋(人形焼)」「東京ミルフィーユ かさ音」「栗きんつば」「東京マカロンラスク」「東京スイーツ バナナロールケーキ」と十種類入り。
親戚に好きなものをお年賀に選んでもらうってのも、スペシャルですね。

親戚の子たちに大うけ!おすすめ「東京スペシャル市販菓子」3選

1:雷おこしとブラックサンダーの夢のコラボ「東京サンダー」

東京サンダー220g【東京限定】
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 台湾でも空前の大ヒットの「ブラックサンダー」と、東京名物「常盤堂の雷おこし」がコラボ!ナッツとココアクッキー、あられを黒糖風味のチョコで包んだレアなブラックタイガーです。いつもはコンビニで数十円でブラックサンダーを手に入れてる小中学生(いえ、高校生も?)新たな味に興奮するかも!?

2:ビッグなだけじゃない!虹色に輝く「ジャイアントレインボーポッキー」

ジャイアントレインボーポッキー 東京限定販売 7つの味 21本入り グリコ
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 それはそれはびっくりするくらい大きいポッキーなんです。そしてひとつひとつが個包装されていて、色が違う!一体これはどうしたことだと、もらったほうは「びっくりポン」な、サプライズがつまったポッキーです。(ただし折れて届くこともあるので、年賀にはちょっと不向き。別途おまけ的に選ぶのをおすすめします)

3:4種類の東京スペシャルな味!「亀田 柿の種ピーナツ入り東京限定 4種」

亀田の 柿の種 ピーナツ入り 東京限定 4種 16袋
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 柿の種といえばお父さんの酒のツマミ、と思いきや、この東京限定味は「甘辛天どん風味」「もんじゃ焼き風味」「コク旨デミグラス風味」「だしカレー風味」と子どもも興味津々の楽しい味がいっぱい。大人はおつまみに、子どもはおやつにパリポリ!

年末年始の一食を豪華に助けてくれる「東京のご馳走土産」6選

本来は常温、日持ちがするものがベストだけれど、帰省先のお母さんと相談したら「冷凍庫、あけておくわよ!」と言われたり「食事の用意が大変…」と言われたならば「土産をみんなで食べられる食事にする」というのも手です。お食事系東京土産、いろいろありますよ。

1:お節や雑煮に飽きた頃に、みんなで味比べ「東京横浜ラーメンセット」

有名店 ご当地 ラーメン 厳選 6店舗12食セット 16 (東京 横浜 ラーメン) (ホープ軒 吉村家 せたが屋 ひるがお 二代目けいすけ 侍)
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 和食が続く年末年始、つい「カレーが食べたい」「ラーメン食べたい」と大人からも声があがることがありますよね。がつんと12食入っているので、お客さんがきても対応できて頼もしい東京横浜ご当地ラーメンセット。
中身は「ホープ軒(吉祥寺)」「吉村家(横浜)」「せたが屋(世田谷)」「ひるがお(世田谷)」「二代目けいすけ(高田馬場)」「侍(横浜)」の有名どころのラーメン!味比べで盛り上がりながら食べられますね。

2:東京の魚といえばここを外せない「人形町 魚久の京粕漬切り身」

東京のデパートではここの店舗が時折出す「切れ端パック」が大人気。何時間も並んでゲットする人もいるほど、人気の高い粕漬けなんです。「やっぱり魚久ね」一口食べればそんな声も出てくるほど、本店食事処もいつも人でいっぱい。年末年始にふさわしい食事が作れちゃいますね。

▼公式オンラインショップではお正月に喜ばれる「キングサーモン一本漬 」もあります。(2015年12月11日の情報です)

魚久(公式オンラインショップ)

3:たれではなく塩でさっぱりが浅草流「浅草うな鐵の塩ひつまぶし」

【産地直送】「浅草うな鐵」塩ひつまぶし
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 一昔と比べて、うなぎはめっぽう高くなりました。うなぎを食べる機会もきっとみんな減っていることでしょう。だからこそ、お正月に食べたい!それも浅草流塩味で!年末年始で胃がお疲れ気味でも、塩味なら食べやすく、そして〆のお茶漬けにすればスルスル食べられること請け合いです。

4:野菜もセット!やっぱりみんなですき焼きでしょ「浅草今半 すき焼きセット」

浅草今半  すき焼セット(E440) 786071
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 年末年始といえば、家族集まってのお鍋が定番です。そのお鍋も年末年始は「家にあるものを適当に」というわけにもいかなくて、帰省先のお母さんは用意するのも大変。
だから、野菜も入っているすき焼きのセットだと、出かけた後でもすぐに用意ができて重宝します。しかもそれが、東京のすきやきの名店「今半」だったら!いうことなしですね。

5:食べ過ぎた胃にやさしく染みる「浅草むぎとろ 味付とろろセット」

浅草むぎとろの味付とろろ
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 東京で麦とろといえば「浅草むぎとろ」と言われる名店です。本店は食事もでき、1000円のむぎとろバイキングには行列ができることで有名なお店。そのお店の味を手軽に自宅で味わえる味付けとろろは、何か物足りない時に、マグロとご飯にのっけで丼に、食欲のない時にと大活躍。スルスルといただけるので、もらったほうも嬉しくなりますね。お好み焼きの種に入れても!

6:お鍋に入れてもよし、子ども大好き唐揚げにしてもよし「東京しゃも一羽解体セット」

東京しゃも一羽解体セット
※この価格は2015年12月11日現在のものです。 東京のしゃも文化は長いのです。もともと闘う鶏として輸入された鶏ですが、その味の美味しさから江戸時代、東京(江戸)で「しゃも鍋」が食べられていたという記述が残っているそうです。
そんな歴史深い鶏肉を、一羽そのまま!あ、ガラは絶対捨てないでくださいね。よく洗って煮出してスープをつくればびっくりするくらい美味しい出汁が取れますよ。

さあ、お土産の手配は終わった!あとは帰るだけ!

お土産の手配が終わると肩の荷がおります

年末年始、紙にリスト化して次々にそのタスクをこなしていっても、それでもバタバタとしてつい忘れることも多いんですよね。だから、ネットショップでお土産を手配したら「は~これで一つ肩の荷がおりた」となるはずですよ。あとは荷物をつくって、帰省すればいいだけ!

楽しい年末年始を、家族みんなでお過ごしください。