生理だと思ったら着床出血?出血量の違いや症状を解説

生理の時期に出血があると生理だと思い込んでしまいますよね。でももし妊娠している可能性があるなら、その出血が生理ではなく、妊娠時に起こる出血であることがあります。今回は生理なのか、妊娠による出血なのか、違いについてまとめました。

着床出血って何?

妊娠は卵子と精子が受精して(受精卵)、その受精卵が子宮内膜に根を張る(着床)ことで起こります。
受精卵の周りには絨毛(じゅうもう)という細かい毛のようなものがあり、着床時に子宮内膜を傷つけることがあります。この時に出血することがあり、これを「着床出血」と呼んでいます。

妊娠した時に必ず着床出血があるかというとそうではありません。実は無い人のほうが多く、確率で1~2%の方に起こりうる出血と言われています。
ちなみに「着床出血」という言葉が定着していますが、医学用語では「月経様出血」というそうです。

着床出血の量はどのくらい出るもの?

では着床出血はどのくらいの量がでるのでしょうか?
一度に多く出るのか、生理のように1週間ほどかけて少しずつ出るのかどうなのか、着床出血がないとおかしいの?など色々な疑問がありますよね。そのあたりをみていきましょう。

着床出血の量とは

着床出血の量は、出ない人もいるくらいなので個人差はありますが、出血していても少なく、おりものに少し血が混ざっている程度が多いようです。少ない出血なので、気付かない方も多いと言われています。1日から数日で止まることが多く、生理にしては短かったかな?と思う方も多いようです。

ですが、生理のように1週間ほど出血があり、生理のような量の方もいらっしゃいます。

出血の色は?

着床出血は色で生理かどうか見分けることができるのか気になりますよね。茶色いおりものが出た、真っ赤な鮮血が出た、生理のような感じだった、と個人差があるようです。
なので、色で着床出血だったかどうかを判断するのは難しいようです。

あれは着床出血だったんだ!と気付くのは妊娠が分かった後、ということが多いようです。

生理のような出血の場合

着床出血が生理のような出血だった場合だと判断が難しくなります。もし妊娠の可能性がある場合は、「もしかしたら?」ということも気にしておく方がよいかもしれません。
生理が来たと思っていたらいつもより少なく2日で終わってしまい、実は妊娠していたという場合もあります。

こんな場合はすぐに受診を

着床出血なのか生理なのかわからないけど、いつもと違うな…と感じる時は一度受診することをおすすめします。その際、妊娠の可能性があるなら、きちんと医師に伝えるようにしましょう。
ここでは特に受診したほうがよい症状について、説明していきます。

大量に出血する場合

いつもの生理よりも出血が多い場合は着床出血でも生理でもなく、不正出血の場合があります。身体の何かしらのサインかもしれませんので早めに受診しましょう。
また、大量の鮮血だと緊急性が増します。特に妊娠していた場合の大量出血は、流産や子宮外妊娠の可能性も考えられます。

妊娠していないはずなのに…という場合は、子宮で何かしらの病気のサインであることが多いです。子宮筋腫、子宮内膜増殖症、がん、ポリープなどが考えられます。
ナプキンでは収まりきらないくらいの出血であれば、すぐにでも医師に診てもらいましょう。。

我慢できない腹痛がある場合

着床出血の場合は生理のような鈍痛になることは少なく、下腹部が少し痛む程度という場合が多いと言われています。

我慢できないほどの腹痛がある場合は「大量の出血がある場合」にもありますが、妊娠しているなら流産や子宮外妊娠の可能性もあります。

また子宮外妊娠は卵管で着床し、卵管が破裂してしまうと、激しい腹痛と出血を伴い危険な状態になります。我慢できない腹痛は一刻を争うこともあるので早く医師に診てもらいましょう。

着床出血かも?と思ったら

着床出血かなと思ったら、生理が来た日と同様におりものシートやナプキンで対応しましょう。

また生理予定日1週間後から妊娠検査薬が使えます。
着床出血が起こる時期は、生理予定日の1週間前から生理予定日あたりなので、出血がある時期に妊娠検査薬を使っても正しい判定は出ないと思っていたほうがよいでしょう。

妊娠検査薬で正しい判定ができる時期になり、陽性反応が出たり、だらだらと出血が続く場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

着床出血は個人差が大きいもの

妊娠を意識すると、着床出血なのかどうなのかが気になってしまいますよね。
ですが着床出血は人それぞれで、出血がない方、あったことに気付かないくらい少しの方など様々です。中には着床出血だと気付かずに、生理だと思っていた方もいらっしゃるようです。

着床出血によって妊娠が左右されるわけではありません。ストレスを溜めないようにリラックスして過ごせるといいですね。