溢れるメイクグッズを収納!100均や無印良品のアイテムと簡単DIYワザまとめ

持っているメイクグッズすべて把握できてますか?ドレッサーの中に溢れていませんか?知らず知らずのうちに増えているメイクグッズ。100均や無印の収納アイテムを使ってひと目でわかって取り出しやすい収納に変えましょう!今回は100均や無印良品の収納アイテム、100均材料や牛乳パックでできる簡単コスメ収納DIYをご紹介します。

メイクグッズの収納、どうしてますか?

女性に欠かせないメイク道具ですが、形や大きさもバラバラで収納しにくいですよね。
なんとなくまとめて置いてるけど、取り出しにくかったり、中のものが見にくくなっていることありませんか?

毎日使うものだからこそ、きちんと収納して使いやすくしたいですね。
メイク道具は肌に使うものなので、清潔かどうかも気になります。「簡単に掃除できるか」という点も気にしながら収納していきましょう。



メイク収納も100均にお任せ!

かごを使って種類別に分けて収納する!

ドレッサーなどの引き出しに化粧品を仕舞っていると、開け閉めしている間に中がグチャグチャになってしまうことがあります。
引き出しの中に「かご」を入れて、種類別に分けて収納するときれいに仕舞うことができますよ。かごの大きさはさまざまなので、引き出しのサイズを計って組み合わせて使ってみてくださいね。

かごはプラスチック製がおすすめ!
ファンデーションが割れて粉が飛び散ってしまったときも、さっと洗い流せるので清潔に使うことができます。 すべての化粧品が一緒に入っていると必要なものを取り出す際に掘り起こさなければいけないので大変ですよね。
メイクブラシ、リップ、ファンデーションなどと分けておくことで引き出しがスッキリ!どこに何があるか一目でわかるので、身支度をする時間もぐっと短くなります。 浅い引き出しには書類ケースがおすすめです。小さなケースと一緒に使うことで、収納しやすくなりますよ。

プラスチックケースを使って可愛く収納!

人気過ぎてどこに行っても品切れ状態のダイソーの「スクエア収納ケース」
ふたは別売りですが、一緒に使うと重ねることもできます。カラーはブルー、イエロー、ピンク、ホワイトの4色。スモーキーカラーが可愛すぎますね♡ こちらもダイソーで人気の「編みかご風ボックス」。こちらは200円商品です。
スクエアボックスと違いふたがカチッと閉まるので万が一倒してしまっても中身が出ることはありません。
持ち手がついているのも嬉しいですね。

グラスや透明のケースで見せる収納

ダイソーのコットンケースは可愛い!と大人気。下から1枚ずつ取り出せるので、いちいちフタを開ける必要がありません。
置いてあるだけでも可愛いですよね♡ ダイソーのシャイニーポット。中にはコットンや綿棒などを収納しましょう。
クリアの他にピンク色もあって可愛いですよ。
カットガラスのようになっているので、中が見えにくくなっています。 グラスにブラシやリップなど細長いものを入れて見せる収納するのもおすすめ!
同じ種類のグラスでも、高さの違うものを組み合わせても素敵ですね。

無印良品の収納グッズで見やすくきれいに収納しよう!

アクリルケースで美しく収納する

重ねずに広げて収納できるので、チークやアイシャドウなどの色も見やすいですね!
アクリルなのでとっても丈夫!ドレッサーの上においても、棚に入れても、見やすくて使いやすいアイテムです。 気づくと増えている口紅やグロスもアクリルケースに収納すればどんな色があるか一目瞭然!
きれいに並んでいるコスメは見ているだけでも楽しくなりますね。

PPメイクボックスで小さなコスメも仕切り収納

アイシャドウやチークなど小さなコスメは、仕切りのあるPPメイクボックスで収納しましょう!
重ねて使うことができるので、カラーボックスなどの棚に仕舞うときも楽々です。

ナイロンメイクボックスを使ってまとめて収納

化粧品の量がそれほど多くない方におすすめ!
化粧水を立てて収納したり、PPメイクボックスを中に入れて小さな化粧品を収納したりと、さまざまな化粧品をまとめることができます。
これひとつでどこでもお化粧ができるので便利ですね。ナイロン素材なので軽くて洗えるのも◎。



コスメ収納をDIYしてみよう!

空き瓶を使ってブラシや綿棒ケースを作る

おうちに空き瓶ありませんか?
空き瓶がいくつかあったら、ぜひ空き瓶収納をDIYしてみましょう。

■材料■

空き瓶    3つ
針金     
板      10×30cmくらい
つまみ    3つ

■作り方■
1.穴をあけた板につまみを付ける。
2.よく洗って乾かした空き瓶の口に針金をしっかり巻きつけ、持ち手をつくる。
3.針金をつまみにかける。

全ての材料が100均で揃うので、簡単につくることができますよ!
穴をあける加工ができないときはつみみでなく画びょうやフックでもOK。セリアには可愛いつまみの他にアンティーク風の画びょうやフックがたくさんあるのでチェックしてみてくださいね。 ブラシや綿棒を入れるのに便利ですね!壁に付けて可愛く収納しましょう♡

ガラス鉢+ビーズで立てる収納づくり

100均に売っているガラス鉢とビーズでブラシを立てられる収納を作りましょう。

■材料■

ガラス鉢    1個
ビーズ     適量

■作り方■
ガラス鉢にビーズを入れるだけ!

ビーズを入れたガラス鉢にブラシなどをザクザクさして立てる収納に。
ビーズは単色使いでもいろんな色を混ぜてもきれいですよ。ビーズは大きめのものを使うのがおすすめです。

マグネットシートで簡単メイクアップボード!

話題のメイクアップボードも100均材料でつくることができますよ!

■作り方■

マグネットシート

好きな柄の布

■作り方■
1.マグネットシートを額にはまる大きさにカットする。
2.1のシートに好きな柄の布を貼りつける。
3.2のシートを額にはめる。

あとは貼りたいコスメの裏に磁石を取り付けるだけ!磁石は両面テープや接着剤で付けてくださいね。
額に色を塗ったり、ラインストーンなどを付けても可愛いです。

牛乳パックや空き箱で小箱を作ろう!

作り方は簡単!好きな深さに切った牛乳パックに布や紙を貼りつけるだけ。
引き出しの中に入れたり、いくつか作った小箱をくっつけたりととても便利です。

お皿とカップを重ねてメイクアップスタンドに

こちらも超簡単DIY!裏が平らなお皿2枚とカップ1つでメイクアップスタンドができますよ。

■材料■

お皿     2枚
カップ    1つ
強力接着剤

■作り方■

1.カップのふちの部分に接着剤を塗り、お皿の真ん中に貼りつける。
2.1のカップの反対側も同様に接着剤を塗り、もう1枚のお皿を貼りつける。

カップはどちらを上にしても大丈夫ですが、写真のようなろうそく立てで作る場合は、バランスが悪くなるので面が大きい方を下にするようにしましょう。

毎日のメイクを楽しくしよう!

いかがでしたか?
メイクは毎日行うものなので楽しくしたいですよね。ちょっとした工夫でメイク道具を収納するものもDIYで可愛くすることができるので、ぜひやってみてくださいね。

時間がないときでもさっと取り出せるように、そしてひと目でわかるようにしておくとメイクがグッと楽になります。100均や無印良品などのアイテムを使って整頓してみましょう。